2014年05月26日

経路に触れる

心屋オープンカウンセリングに、行ってきました。
(いつの・どこ地区・誰サンかは、ナイショ!うふふ)
今年は、セミナーとか、カウンセリングとか傾聴とか、
機会があったら心療内科(!?)とか、
禅とかヨガとかタイ古式マッサージとか、
受ける!春!にしよう!と思って、(そうそう去年も思ってたわ。去年は阿部さん×黒斎さんのだけ行けたわ)
ようやく笑いヨガに続いて、初カウンセリングだよ。
(今年の春はボランティアの予期せぬとびこみ仕事が多くて用事ばっかだったから)
あ、10年以上前にスクールカウンセリングを受けた事があるから二回目か。

カウンセリングの中身は・・・
話せないので・・・
ないしょ。

あたしは、家に、響子さんという、
年だけ数十年も取った三歳児がいるのでねぇ…
この困った、かまってチャンに対して、
どういうふうに、話しを聞く心持ちをすればいいのか、プロの技が見たかったのだ。
どうやって、心を揺さぶり、気付きに持って行くのか。
あたしがやると、喧嘩を売ってるようにしか受け取られないから。
もちろん機会があったら、あたしの悩み(やる気が無い事)もカウンセリングしてもらおうと思ったよ。
だけど、ほかにいっぱい希望者がいて、あたしはただ他の人が悩みを打ち明けるのを聞いてるだけだった。

聞いてるだけだったけど、
相談者さんとカウンセラーさんが、お互い、
なにか、魂に触れるかのような言葉を発する時、
あたしの胸は勝手に揺さぶられて、
涙がぼろぼろ出た。

当事者である相談者さんは泣いてないのに、
あたしだけがぼろぼろ泣いてしまった。
相談者はローテーションで複数人いたんだけど、
あたしは最初から最後まで泣いてしまった。
なんなんだ。
あたしにはぜんぜん関係ない悩みなのに。
(話し終わった当の相談者さんに、ポカーンとされてガン見されたよ。笑)

この間、笑いヨガに行った時、無理して本気で笑うと、
絶対泣く、と、とっさに思って、笑いを抑えたんだった。
たぶんね、それと同じモノに触れてるんだと思う。

これはー。
涙がいっぱい流れるっていうのはー。
一見、浄化に見えるけど、
浄化ではない。

涙を流しても流しても、
そこにあるモノは、消えない。
そういうタイプの涙。
反応してるだけの涙。
相談者さんじゃなくて、あたしの場合がね。
心の奥底に神経みたいな、水脈みたいなのがあって、
むきだしの神経に触ると、ビビッと来てとびあがる、みたいな、ただの反応。
だから、その、経路がある限り、
触れれば何度でも何度でも反応して、涙が出る。
これはねー。
この経路は、無くならないな。
無くなったら、あたし、肉体的に死ぬね。
そんな気がする。
それとも、それをこっぱみじんにしたら、大悟が来るのかな〜。
その辺は到達してないからわからないわ。
(大悟が来るんだったら…木端微塵にしてみても良いかもしれない…)

カウンセリングはサクサク進み、
いちおう丸く収まってお開きになった。
その時感じたのは、みんなの中に流れている経路は、
あたしと同じだという事と、(これはワンネスって事ではなくて、
肉体を含む、魂的な事ね)
あたしはけっこうイジワルだ、という事だ(笑)。
面白い発見がいっぱいあるから、大人数のカウンセリングは良いなと思ったよ。
次はタイ古式マッサージに行ってみる!



posted by 辰多みか at 23:44 | 気の交流 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。