2014年06月19日

空(くう)はどこにある

高校生の頃、腑に落ちなかった人も多かっただろう、
1=0.9999999999…

微分積分の授業の、一番最初に、先生が言ったよね。

「0.99999999999…と、どこまでも続くこの数は、「1」と同じと言って差し支えないんです。」

なんか、頭が「???」となりながらも、
テストのために、一生懸命、自分を納得させたよね。
(あたしはいまだに納得してないよ!笑)

1=0.9999999999…

先生の言ってる事に従って、
微積の考え方でいくと、
右辺の0.99999999…を左辺にもって来た場合、
1-0.9999999999…=0 に、なる。

納得いかないけど(笑)、なぜか、 0 に、なっちゃった。

その0・ゼロが、空(くう)のゼロ。
だけど、本当の、「何も無いという意味のゼロ」ではない。
だって、定義上の、ゼロだもん。
「いち」と「0.99999…(永遠に9が続く)」を、
同じものとみなすよ!という、約束事の上での、ゼロだもん。

「納得する感覚」に誠実に書くなら、
1-0.9999999999…=0.00000000000… に、なる。

だから、
「1」と「0.9999999999999…」の間の、
0.00000000000000000000…が、
空即是色の、「空・くう」なんだ。



あるいは、
大きい大きい素数があるとして、
その素数で、1を、割るとね、
とてもとても、小さい小さい、数になる。
(↑素数の逆数ね)

素数は、果てがなく無限にある、と、今から2000年以上前に、
ユークリッドさんが証明してるので、
小さい小さい「素数の逆数」は、無限にあるの。
でも、どんなに小さくなっても(分母の素数が大きくなっても)、
ぜったいに、ゼロには、ならないの。
その、素数の逆数と、本当のゼロとの、あいだ が、「空・くう」

くう は、なにもないわけではない。
ほんのわずか、有る。
無限小。




それでね、大事な事は、
「空・くう」を「有る」にすると、「色=肉体」が、まったくの何も無いという意味の「本当のゼロ」になり、

「色=肉体」を「有る」にすると、「空・くう」が、まったくの何も無いという意味の「本当のゼロ」になるんだ。

どちらか一方しか、「有る」になれないの。

だから、「肉体をまとって生きる」を選択すると、
「空・くう」の方が、
まったくの、
ゼロに、
「回転体における回転してない中心」に、
「本当のなにもないという意味のゼロ」に、
なるんだ。


posted by 辰多みか at 17:42 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。