2012年09月27日

蘭とフジバカマと浦島太郎

庭のフジバカマが咲いたよ。


「藤袴」は 大昔、 中国で 「蘭」 と言われていたんだよ。

現在の、大きくて、ピンクとか白とか 豪華な花の「蘭」は本当は「蘭花」といわれていて、

「フジバカマ=蘭」と、「ラン=蘭花」とは、似ても似つかない、別物なんだよ。

フジバカマの花は、ホコリ取りブラシみたいな、くすんだピンクの地味〜な花をしてるよ。






他にも、「れんげ」 と 「れんげ草」 が、本当は別物なんだけど、


「しょうぶ」と「花しょうぶ」が別物なんだけど。




みんな、ごっちゃになってても、あんまり気にしてないよね?!

(正直、どうでもいい と思ってるよね?)



あたしは気になる〜



ていうか、こんな名前付けた人が、ダメだと思う〜

(あ、ハッキリ言っちゃった)




「れんげ」は 蓮華、「ハスの花」のことで、

「れんげ草」は、春に、田んぼに咲く、かわいいピンクのお花。色と花の感じがハスに似てるからだよ。

 だから、ラーメン食べる時についてくる、レンゲは、ハスの花びらみたいなスプーン の事なんだよ。

「しょうぶ」は、五月に「しょうぶ湯」に入れる、ガマの穂みたいな花が咲く はっぱのことで、

「花しょうぶ」は、花がアヤメに似て、葉っぱが しょうぶに似た、 他にも色々ものすごくまぎらわしい 花の事で。

 だから、五月に、お風呂に、「花しょうぶ」を入れたら、大間違いなんだよ。だめだよ。




本当の「蘭の香り」は 桜餅 みたいな香りなんだ。フジバカマを、半乾きにすると、におってくるの。

あたしは、花が咲くころ、今の頃の フジバカマを刈り取って、半乾きにして塩漬けにして、ふたの無いビンにいれて、

いつも、風の通る窓辺に置いておくの。癒される香りだよ。一年は軽く香りが持つよ。

今年もまた 作らなくちゃ。





昔 むかしの 浦島太郎が、玉手箱をあけたとき、


「蘭のようにかんばしい体は 風にふきとび」

みたいな(意訳) 一節があるんだけど、






その時の うらしまたろうの体は、フジバカマみたいな匂い だったって事だね。


ちょっとワイルドな香りだよ。嗅げばわかるけど。



今、「ワキガ」 っていわれて、嫌がられてる、アポクリン汗腺 って、


昔は、フェロモン として 活躍していたんじゃないかなぁ〜 って、思うんだ。


posted by 辰多みか at 00:04 | 浦島太郎考 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。