2013年12月18日

もしも銀行帰りにひったくりにあったら。

昨日、銀行に行って、お年玉用の新札を両替して、
帰りぎわ、うっかりしてしまい、お金の入った封筒を、
手に持ったまま、店から出たんだ。
そこは信金なので、この時期でもぜんぜん人がいなかったんだけど。

外の風にあたったとたん、ハッ!とした。

なんであたしは、お金をものすごくわかりやすい形で持って歩いてんだろう。

これ、ばったり出会った人が、出来心でひったくっても、おかしくないわ。
出来心じゃなくて、もしかしたら、出入り口に潜んでいるかもしれないし。
年末のこの時期だしね。
うわわーと思って、急いでバッグに封筒をしまった。

けど…
その場面を想像してみる。

あたしの手に持ってる封筒をひったくって、知らない
おじいさん(ごめん、おじいさん限定設定)が、こっちを見ながら
後ずさって逃げようとしている。
こちらが何か言えば怒りだしそうな、でもアワアワした雰囲気だ。

あたしは、
「待って!!」と、大声で言う。
おじいさんは、あたしの大声に一瞬ひるんで、
こちらをちょっと見ながら足を止める。
足がてんでバラバラで今にもつまずいてひっくり返りそうだ。
おじいさんは口から心臓が出そうな顔をしている。
あ、あたしは演劇をやってたから、出そうと思えばものすごい
大きい声が出るんだよ。(みんなにうるさがられたよ)

あたしはさらに続ける。
「待って、お願い、それは姪と甥に渡すお年玉だから!
それは返して。こっちのお金と交換して!」
あたしはそう言いながら、おじいさんににじり寄る。
財布から、お金を出して、渡そうと思う。
たぶん千円札で3枚あれば、ラッキーと、あたしは思うだろう。
一万円だったら、しょうがない、と思うだろう。
その時点で、千円札がたくさんあればあたしはラッキーで、
一万円札しかなければ、ちょっとアンラッキーだ。
お札がなんにもなければ、その封筒を取り戻すのは、あきらめるだろう。

あたしはずっとしゃべり続けながら、
お金を出しておじいさんに渡そうとする。
「どうなさったんですか。年末だから大変なんですか。
これで暖かいものでも食べてください。」

そして、あっけにとられているおじいさんの手から封筒をつかんで、
そして、財布から出したお金を握らせる。
三千円か一万円。
あたしはその時点で、さっと後ろに退くのだ。

あとはどうするか…
警察には行かない。
銀行には…注意喚起はしにいくかもしれない、けど、その時点では、
たぶんまっすぐ家に帰る。

あたしは、思った。
3万円くらいまでなら、たぶん、出せる。
だから、そのまま封筒を取られても、まあ、許容範囲だ。
自分の趣味に使うか、お賽銭で奉納するか、
それか、なにかのイベントの寄付にするか。
そのくらい出してもいいよって常に思ってる額までならば、出してもかまわない。
年末、
お金がなくて、
やりきれない気持ちをかかえている、
見知らぬ
おじいさんに、
出してもいいと、思ったのだ。

そしてその続きも想像する。
おじいさんは、
三千円を握りしめ…
そのままうつむいて、
走ってあたしの元から去る。
あたしが見えなくなったら、
とぼとぼ歩く。
うつむいて。
何分か歩く。
逃げればいいのに逃げない。
歩く。
その足で、交番に行く。

だったらいいな、と、あたしは思う。
その人を捕まえてほしいんじゃなくて、
自分の「やらかした事」に、気付くのだ。
その時、「至福」というギフトをもらえる人もいる。
それは、その時々の、人によって違うタイミングがあるから、
全員がそうなるとは限らない。
でも、そうなったらいいな、と、あたしは、思うんだ。
放り出して、信じる。
そのためだったら、あたしは出してもかまわない。
お金という形をしている愛を。


posted by 辰多みか at 11:30 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

無条件の愛

むすこがさ。
県外にひとり暮らししているの。

かわいいすねかじりむすこクンなんだよ。

たまに、こちらの脛具合(すねぐあい)を、
打診してくるんだけど、昨日も「おれおれ詐欺」ばりに
「俺、オレッ」と電話をかけてきた。

そして仕送りが少し足りない…という話をする。
(いや足りないのではなくて、予算以上に使ってしまうという事だ)
お金…やっぱり「おれおれ詐欺」かよっ!
(いえ本人ですけどね)

最近よく、足りなくなった…と言ってくるんだよね。
もちろん生活が計画的ではない、という事は、よくない。
けど、息子の言い分は、計画外の出費が出てしまった、という話なの。
うん、確かに話を聞くと、計画外なんだよね。
だから、送金してしまうのだけど、(ネットで24時間、一瞬でできるし)
その際、あたしは、ちょっと注文を付けてしまうのだ。
しぶしぶっていうか、取引っていうか。

息子は、親のあたしがいうのもなんだけど、超〜素直で、いい青年なのよ!
悪い事なんてやりっこない!自慢の息子。
だけど、お金を送る時、「次からは計画的にね」とか「はやくバイト
さがしてきてよ」とか、あたしは言ってしまうのだ…。
お金がないわけじゃないのだ。
ただ、考え無しのドラ息子になってほしくないのだ…。

でも、息子は、ちゃんと考えてるの。
考え無しなんかじゃないの。
昨日は、最初、「お金を送ってほしい」、と切り出したにもかかわらず、
電話が終わる頃には、明るい声で、「うん、もしかしたら
足りなくなって、送ってもらうかもしれないから、
先に言っておこうと思って電話したから、うん、そういうことで。」
と、金額の請求せずに切ってしまった。

あたしは・・・

・・・

うーん、まずいぞ。

うん、これはまずい流れだぞ・・・


と、ほんのり、思ったの・・・


これは、あたしが、息子を信じてないって・・・
言ってるって事と、同じなんだよね・・・


お金がないわけじゃないんだからさ。
(ここでもし親にお金が無いと、親の方こそが、無計画だって事が、バレちゃう。
大学行く間の分は、前々から用意しとかなきゃね。それ以上は無いよ。笑)
すぱぁーッと、気持ちよく払ってあげるのが、親のつとめだよね。
出た分は、あとから、本人が切り詰めてつじつまあわせる気でいるかも
しれないしさ。

だから、あたしは、ぐだぐだ言わないで、
「いいよ」ってサッと送金してあげればいいのよ。
ドラ息子ならともかく、そうじゃない素直な子なんだから、
親に完全に信頼されて、サッと窮地を救われれば、
そりゃあ、息子は感動するだろうな、とか、思うわけよ。
あたしだったら、泣いちゃうな。
そして、「無駄遣い…しないで大事につかうよ…!」って涙ながらに
決心するだろうな。

と、自分だったら、と自分に置き換えて、そう感じた。

息子は、昨日の電話でちょっぴり「いいところ」を、親であるあたしに見せた。
これはね、一見、良い事に見えるかもしれないけど、実は、危険をはらんでいる。

それは、お金に対する「いいところ」を見せつづけるために、
借金に走ってしまうという、その、入口だから。
あたしの親父がそうだったからさ。
「お金がない」と言えなくて、生活費を借金してたんだ。
母もあたしたち子供も、何も知らなかった。
ある日、いきなり、父は、その生活を保ち続ける事ができなくなった。
あとは、まあ、みなさん想像にたやすいでしょう〜。
(今のところ、父も母も姉妹もみんな元気ですけど)
じ ご く だった。
うん。
地獄ってきっとあんな所。
あたしたちは、スラムに住んでたのさ。
あはは。
おもいだしたくもない。
そりゃあ、ねずみに洋服をかじられるわけだわ。
あはは。

あら、昔のマボロシに飲み込まれて狂気がちょっと出ちゃったわ…。

まあ、今は、ちょっとはマシ(いや天と地の違い)な所に
す ま わ せ て い た だ い て い る の で
前よりはいいかな。
あはは、いえいえ、とっても感謝してるよ。
今の家族に。
なにより、諦めなかったあたし自身に。

という事で、息子に、無償の愛と信頼を注ぐこと。
それを、実行、実行、実践していくの。
お金という形をしているけど、中身は、信頼と愛なの。

イヤな事じゃないから、ラクラク、楽しんでいくよ〜。
と、日記を書いてたら、息子からメールが来た。
さっき、サッと送金しておいたからさ。
ひとこと「ありがとう」だって。
うん、「いいよ」
ありがとうって言葉をおくってくれて、ありがとう。

posted by 辰多みか at 15:17 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

お金持ちになる方法 A

@では、「お金持ち」の実体を抽象的に書きました。
では、このAでは・・・
ズバリ、お金持ちになるには、を書きます!


じゃあね・・・

ズバリ・・・

ズバリ



・・・

「お金持ち」って、才能なんですよ!

キャーッ
引き寄せの法則ぶち壊しっ


でもね、あたしは、この目で見たから言えるんです。


美人だとか
イケメンだとか
テストが学年一位だとか
走るのが一番早いとか
お掃除が得意とか

そういうのと同じたぐい、それらと横に並ぶ、

才能。


だから、お金持ちになれる才能がある人は、お金持ちになり、
お金持ちになれる才能がない人は、お金持ちにならない。
この場合の才能って、頭が良いから良い会社に入ってお給料が良くて…
ということではなくて、純粋に「お金持ちになれる才能」のこと。

運とか、ぜんぜん関係ない。

神様が不公平とか、ぜんぜん関係ない。

お金はエネルギーだから、出して回せばこっちに戻って来るとか…全然関係ない。

才能。



だから、才能がない人でも、筋トレすれば少しは力持ちになるように。
オンチだけど頑張ればなかいくんみたいにスーパーアイドルになるみたいに。
トレーニングすれば、少しは上手になる事ができる。

トレーニングとは、才能がある人のやっている事を、まねする事なの。
まねるのってカンタンそうだけど、苦痛な人は、まねし続けられないんだよ。
だからお金持ちになれないの。
それが苦痛じゃない人は、才能ある人みたいに、お金持ちになる事ができる。
まあ、本当に才能がある人とは、ケタが違うけど…。

あたしは、まったく才能ない♪
まねしつづけるのが、苦痛だ。(だからお金持ちになれないよ〜)

お金持ちの人は、どういう事を、してると思う?
それを抽象的に、@に書いたわ。
ピンと来たら、やってみてね。



・・・というのもなんなので、次は具体的に書きたいと思います。

posted by 辰多みか at 00:07 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

お金持ちになる方法 @



あたしは この人生で 色々な人に出会い、

「お金持ちになる方法」を、まさに、目の当たりにした事がある。

それ(ら)を見た時、
ああ、これでは、あたしは、あたしの育った家庭は、

生涯、お金がたまる事はないな、と確信した。

方法を教わったわけではない。

インターネットで調べたわけでもない。(そもそもあたしはお金が嫌いだから調べない)


ただ、見ただけだ。「それ」が普通に日常生活な人の、その日常をかいま見ただけなんだ。

でもそれは、あたしが 今まで 想像もできなかった事だったんだ。(だから貧乏だったんだ)


まず、どんな事をすれば良いっていう実践編ではなくて、この目で見た事柄を、
とても抽象的に、箇条書きに書くけれど、

・お金は とても 風 が好き。 風に当たると喜んで、増える。風っていうか、空気かな。
 実物のお金だけじゃなくて 通帳の残高ページも 同じだよ。
 でも飛ばないように ちゃんと手で持ってね。
 同じような意味で、太陽も好き。太陽に当たると喜ぶ。
けど、風ほどは、あんまり長い間は当たりたくないみたい。
 手は離しちゃだめだよ。離すとすぐ飛んでいくよ。
 紙幣は、水の事は嫌い ていうか 怖いみたい。湿気も、火も怖いね。
 硬貨は、綺麗に拭いてくれるんだったら、ちょっと水に入るのは 平気だよ。

・お金は 「移す」事、「移動する」事、場所を変える事で、増えたり減ったりする。
 たとえば、本当に 「たとえば」 だけど、左から右へ移すと増えるけど、逆では減る。
 それは、お金のもともとの性質ではなくて、人間が作ったルール。 
 ルールは少しずつ、毎年変わる。それもルール。
 だから、お金をもっと増やしたければ、人間が作ったルールを、最新のものまで
 熟知して、たくさん理解・記憶しないといけない。
 めんどくさいのはわかるけど、会計士なんか雇ったら・・・だめだよ。
(「なんか」って・・会計士さんごめんなさい) 
 もちろん、お金は 増える方向に 移動させなきゃだめだ。

・お金は 自分を好きな人の事が、大好き。その人に寄っていっちゃうし、離れない。
・お金は いつも自分を見ていてほしいな〜と、みんなにテレパシーを送っている。
見てくれた人だけに優しくする。
・お金の事を、いやらしいとか恥ずかしいとかいう人は、大嫌い。絶対そばに寄らないし、
近くに行ってもすぐに出ていく。
・音を立てると、お金は逃げていく。だから物音をたてるときは、静かに。
・ほっとくと、いじけるよ。

そんな感じです。
本当です。

ひとつ 断わっておくけれど、
これは、「お金持ち」になる方法です。

「自由になんでも買える、自由や時間さえお金で買えるようになる、お金に一生困らないという事」、ではないよ。
そこは、頭に留めといていただきたい。

あたし自身は いまだにお金のトラウマが手放せなくてお金が嫌いで まだ 貧乏だけど
お金がどんなものか この目で見れたのは ラッキーなこと 本当に幸運な事 だったと思う。

で、あたしは、この目にした「お金持ち」の人を、すごくいやらしい人だと感じる。
だから、あたしにはお金が寄ってこないんだね。
posted by 辰多みか at 00:05 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。