2014年06月19日

空(くう)はどこにある

高校生の頃、腑に落ちなかった人も多かっただろう、
1=0.9999999999…

微分積分の授業の、一番最初に、先生が言ったよね。

「0.99999999999…と、どこまでも続くこの数は、「1」と同じと言って差し支えないんです。」

なんか、頭が「???」となりながらも、
テストのために、一生懸命、自分を納得させたよね。
(あたしはいまだに納得してないよ!笑)

1=0.9999999999…

先生の言ってる事に従って、
微積の考え方でいくと、
右辺の0.99999999…を左辺にもって来た場合、
1-0.9999999999…=0 に、なる。

納得いかないけど(笑)、なぜか、 0 に、なっちゃった。

その0・ゼロが、空(くう)のゼロ。
だけど、本当の、「何も無いという意味のゼロ」ではない。
だって、定義上の、ゼロだもん。
「いち」と「0.99999…(永遠に9が続く)」を、
同じものとみなすよ!という、約束事の上での、ゼロだもん。

「納得する感覚」に誠実に書くなら、
1-0.9999999999…=0.00000000000… に、なる。

だから、
「1」と「0.9999999999999…」の間の、
0.00000000000000000000…が、
空即是色の、「空・くう」なんだ。



あるいは、
大きい大きい素数があるとして、
その素数で、1を、割るとね、
とてもとても、小さい小さい、数になる。
(↑素数の逆数ね)

素数は、果てがなく無限にある、と、今から2000年以上前に、
ユークリッドさんが証明してるので、
小さい小さい「素数の逆数」は、無限にあるの。
でも、どんなに小さくなっても(分母の素数が大きくなっても)、
ぜったいに、ゼロには、ならないの。
その、素数の逆数と、本当のゼロとの、あいだ が、「空・くう」

くう は、なにもないわけではない。
ほんのわずか、有る。
無限小。




それでね、大事な事は、
「空・くう」を「有る」にすると、「色=肉体」が、まったくの何も無いという意味の「本当のゼロ」になり、

「色=肉体」を「有る」にすると、「空・くう」が、まったくの何も無いという意味の「本当のゼロ」になるんだ。

どちらか一方しか、「有る」になれないの。

だから、「肉体をまとって生きる」を選択すると、
「空・くう」の方が、
まったくの、
ゼロに、
「回転体における回転してない中心」に、
「本当のなにもないという意味のゼロ」に、
なるんだ。


posted by 辰多みか at 17:42 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

図解・アルファでありオメガである


(図解といいつつ、図は書かないんだけどね!)


(スキャンするのが面倒くさいんで…ごめんね)




・・・だからイメージして。


悟りの一瞥で見た世界は、
すべてであり個
中であり外
上であり下
・・・相反するものが同時に存在する世界だった。




アルファでありオメガである とは、
漢字で書くと、阿であり吽である
もっとわかりやすく書くと、はじまりであり終わりである




これを無理矢理、図解すると、




まる がひとつ有って、

その、円周の線は、にじいろ で。

順番に、赤→橙→黄色→緑→青→紫→ で一周する、

赤と紫が、切れ目なくくっついてみえる円であると、仮定できるんだ。
(実際には形は無いので、比喩です)



だけど別の視点から見ると、
この円は、実は、コイル状になってて、
赤と紫は、ぐる〜んと一周すると、階段の一階と二階のように、離れているの。
(これは本当の形じゃないんだけど、比喩すると、こんな感じだ)



これがΑでありΩである なの。
悟りの世界を垣間見ると、この別視点(目)が、開くの。
目がもういっこ増えるんだよ〜。(本物を嗅ぎわける嗅覚も鋭くなるよ〜。)
だから今より多い次元の物事が、心の目で見えるんだね。


実際には、悟りで見る世界は、
回転体における、回転しない中心だから、
特異点だから、
計算式は破綻して、なんでも有り に、なるんだよね。


posted by 辰多みか at 10:59 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

デジタルという事ではなくて

アナログという事でもなくて。
リアルな話。
この宇宙は 1と0 でできている。
だから、とてもシンプル。

けれど、0が、クセモノだから、
摩訶不思議な事が、つぎつぎ起こるんだ。
とてもとてもシンプルなのに、
とてもとても複雑なんだ。
posted by 辰多みか at 14:47 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

ゼロといち 1と0

指と指をくっつけてみて。
あっ、自分の右手左手じゃなくて、誰か、他人とね。

人差し指どおしを、くっつけてみて。
ETみたいに。

今、ひとりぼっちの人とか、そんなんキモイって人は、
脳内だけでもいいから。

相手は、机とかでもいいから。

くっつけてみて。



さて力いっぱいくっつけあった所で、
考えてみましょう。


アナタは、その人に、なれる?

ぎゅぎゅぎゅーって、力いっぱい、くっつけあって、
アナタたちは、お互い、相手に、なれる?


なれないよねー。


お互いが、考えてる事が、わかる?
この場合は、「考えてる事」であって、「感じてる事」ではない。
感じてる事って、案外、相手にわかっちゃう。
だから、「感情」じゃなくて「思考」の方ね。
相手の思考が、わかる?

わかんないよねー。

「ひざがかゆいよなー」とか「いつまでこれやるの」とか「今日の晩御飯なんだろ」とか、わかんないよねー。
「めんどくさいな」とか「嫌だな」とか「うぜー」とか「恥ずかしい」とかの感情は、割とわかるけどね。
相手の思考は、わかんないよね。

つまり、いくら肉体と肉体をくっつけあっても、
たとえ、一部分を移植したりしても、
相手の心と、ひとつになる事はできない。
相手の心(思考)を、自分と同じように読みとる事はできない。


私たちは、おおもとは、おおいなるひとつ、ワンネスなんだけど、
個々として生きてる限りは、それ(=ワンネス)に、なれないの。
肉体として死んだ時にしか、なれないの。

肉体は、流体で、粘性があって、まるで油膜のようで、
油膜だから、光が入ると、虹色に見える。
肉体の個性はきっと、油膜で分光する、虹色の見え具合なんだと思うの。
油膜の厚さや密度に、微差や偏りがあれば、赤だったり青だったり、
いろんな色に分かれるよ。
肉体と思考と感情は、連動しているから、思考と感情(=心)も、
分光して、いろんな色に分かれる。
阿部敏郎さんは、それを、割れた鏡だと表現されていた。
すごくわかりやすい。
あたしも去年、人間の球体が固体に見えてた時は、そう思ってた。
固体だったら「傷」だし、流体だったら「密度の差」だろう、と思ってるよ。
(体と心は、意志によって変幻自在なので、実際はジェル状の、透明な流体じゃないかな、と思ってる)
なぜ割れてる(ように見える)のか、なぜ流体に偏りがある
(ように見える)のかっていうと、それは、自分が自分自身と思ってる、
弱〜い自分を、守るためなんだよね。

この、流体で、個々が分けられている限り、あたしたちは、
自分の人生を、精一杯生きなければならない。
それをやろうと、アチラの世界で決意して、コチラの世界にやって来たわけだしね。

ワンネスを分断して、個々の人生をもらうというのは、
おおいなる 1 を 分断して、ちいさな 1 をもらったという事だね。
1 を いくら分断しても、もとと同じ 1 というのは、
理屈からしておかしいから、 1 って、濃度の事だとあたしは思う。
もしもワンネスに果てがないのなら、ワンネスは1ではなく、0.99999999999…なの。
そして0.999999…を、分断(ゼロで割る)すると個々の人生の 1 になるので、
0.9999999…を0で覆う(果てが有るという意味)と、1 になるんだ。
今、個々のワンネス成分を覆ってるのは、油膜的な流体なんだけど、
ワンネスを基準にして眺めてみると、流体は「0」に当たるので、
「なにもない」の。
自分がいなくなるの。
流体を基準にして、ワンネスを眺めてみると、
今度は立場が180度ひっくり返るので、ワンネスが「なにもない」になるの。
本当は、ワンネスは、なにもなくてなんでもある なんだけどね。
比較できない、次元の違う話なんだけどね。
文字では表現できないんだけど、とある次元で切り取った断面のイメージを、
むりやり文字で表してみると、こんな感じです。

相手の指と自分の指の間には、「ゼロ」が、有るよ。
「ゼロ」が有るから、現実世界のアキレスは、カメを抜く事ができるんだ。


posted by 辰多みか at 11:38 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

濃度・割合

濃度と
割合は

だいたい同じ意味。

比率もね。


「ワンネス」は、「1」かもしれないけど、
あたしはどうも濃度が絡んでるんじゃないかと思うんだ。
数字の「1」じゃなくて、
濃度の「1」。
濃度・割合・比率は「法則」を内包しているよ。


「空」は「ゼロ」ではなくて、
無限小の事じゃないかと思うの。

無限小っていうかー。

「1」から「0.999999999999999…」をひいた残り、だから、

「0.00000000000000000000000000000000…」これが「空」。

ゼロが、ing
ゼロイング?
いえいえ、being
be が ing
在り続ける、在り続ける。
存在の原動力。



あたしはそう感じるんだ。
もっと感じ切りたい。


posted by 辰多みか at 00:10 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

ゼロのゼロ乗

ゼロのゼロ乗は、

いくつでしょうか?

最近見た本では、「1」になってたな。
(うーん、どの本だっけ。
小島寛之さん著のだと思ったわ。
あとから探しておこう)

wikiを見ると、
「定義されない」
「1と定義するのが妥当」
のふたつがあるな。

今日、娘から、ツタヤに行く途中、急に質問されて、
(娘は中学生)、
とっさに「1って言ってる本を最近見たよ〜」と答えたけど、
やっぱりちゃんと調べた方がいいわ。
あたしの感覚に聞いてみつつ。
posted by 辰多みか at 22:04 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

残像

愛しのいとしのうちのワンコ。
「クルーニー(仮名)」

za01.jpg

彼は、愛でできているの。
(あっ、万物も愛でできているよ♥)

おととい、
「引き寄せの法則 【LOAの部屋】」の中の、
【55 ◆52uE3j0pa6】さんの
「1と0について」
を見てあたしが思った事。

この人が、数の「1」と「0」について感じてるのは、
まぎれもなく、
阿部敏郎さんがいう「いまここ」
神道でいう「中今」
だよね。
まぎれもないよね。

(仏教でいう「中道」は、「いまここ」とは、すこ〜〜しだけ
意味が違う気がする。
うん、中道は Do で いまここは Be な気がする。
同じ事をいってるんだけど、より実践に近い
ハウトゥものが、中道 な気がする。
あくまであたしの感覚だけど。)

ちなみに、ふち(果て)がない「1」の事を、「いまここ」と、いうよ。

ふち(果て)がある「1」は、方向性が発生して、
光が移動できるようになるから、時間が発生するよ。
「1」が円の形をしてるとすると、光速(光の移動距離ではない)と、
円の半径は、同じ意味なの。
ふちとは、「0」のことだよ。
「0」でつつまれている「1」は、個人の生命を表すの。

ああっ、また説明ばっか長くなっちゃったっ。

あたしが書きたかったのはね、
今朝ね、愛しのワンコを、見ていて…思った…感じたこと…

それはね…

今、目の前にいる彼は…

残像 だって ことだ。




残像



意味が伝わるかな〜…


真意が、伝われ〜〜〜!(願)



あたしを見て、嬉しそうに体が反応する彼は、
その動きすべて、目に見える存在すべてが
残像 だって事…
それも、ワンコだけじゃない。
目に見えるものすべて、あたしの肉体・思考さえも、
残像 なの。


お釈迦さまが言ったり、スピリチュアル的に言われる、
「この世は幻」
あたしも、そう言う。

けど、

それ、

真意が伝わってない。


たしかに、「まぼろし」なんだけど。
(これは断言する)


実体のないまぼろしだ と、広い意味でいえば、そのとおりなんだけど、
そうじゃなくってぇ〜、


いまここには、なにも、なくて、
(ワンコも、いなくて、)

(あたしも、いなくて、)


そして、あたしの目に見えているのは、一瞬、一瞬、前の、
いまここから湧き上がる 映像 の、
残像。

残像が連続するから、あたかもそこにあるかのように見える。


あぁー、別の意味にもとらえられるーっ
光が伝播するんだから、残像 で、あたりまえじゃん、なんだけど、
そうじゃなくってぇ〜、

そうじゃなくて…

言葉での説明に限界があるわ…


残像 なんだけど いまここ には なにもないのよ。
そして、ぜんぶある のよ…

あー、
伝われ〜〜。

さっき書いたサイトの「1と0について」に、ヒントが、書いてあるのよ。

あたしの愛しのワンコは、「俺でありたい」と、無意識で
心底願っているから、ワンコの肉体を、自分サイズに、
ひとつにまとめあげる事が、できているのよ。
それは、あたしもそうだし、万物がそう。

俺でありたい という意志の結果が、
今の彼の肉体・精神、目に見える姿なのよ。
彼の肉体を構成している物質は、かれの「意志の形」に、
ぴったり、一瞬の遅れも無く、ついてきているの。

だから、意志がなくなっちゃったら、物質は体を構成しなくなっちゃうのよ。

あぁー、
伝われ〜
うまく書けてないー。

けど、あたしの目に見えるワンコは、
物質をまとったワンコのホログラム映像の、残像 なのよ。

すべてのヒトは、ホログラム映像の残像 を、見ているのよ。 

わかるかな〜。
今日はこれが限界だー。

また、ちゃんと書くよ。
リベンジするっ


伝われ〜〜(佐久間一行ふうに)


(そういえば井戸のおばけ 面白かったな。)


(またへんな方→井戸のおばけとか に脱線するから伝わらないんだろうな。)


ムリムリ。
言葉で伝えるの、ムリ。


あー
もどかしい。

za02.jpg
いとしい

za03.jpg


愛しているよ


posted by 辰多みか at 14:10 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

ゼロといち 0と1

あたしと同じ事を感じてる人をついに見つけた!
なんと2008年ころの2ちゃんねるらしいけど、
今日初めてまとめサイトというのを見ました。
なんだこれは…

ドキドキした…
「55 ◆52uE3j0pa6」さん…
あたしと同じ! あなたはあたしかっ!?ってほどだよ!!

引き寄せの法則 【LOAの部屋】というサイトで見たのよ…
2ちゃんねるをまとめたサイトらしく、たくさん読むところがあって、
全然全部なんて読めないんだけど、
そこで、コテハンが【55 ◆52uE3j0pa6】という人の、
「1と0について」という、抜粋されたモノを読んだのよ…
感動した…
この人は、「見た」。
ちゃんと、見えてる。
悟ってるかどうかまではわからない。
(引き寄せられるって断言してるって事は、悟ってるのかも)
ワンネスを見てる。
宇宙のはじまりを、見ている。
そしてなぜ人がそれぞれ他人の意識になれないのか、その理由を目撃している。
あたしが数の世界で見たものを、見てる。

あたしに見えているモノに興味がある人は、ぜひ
http://abrahamloa.blog129.fc2.com/blog-entry-306.html
を見てみてね。
(あたしが2ちゃんねるの記事を、まとめればいいのか?
この人はちゃんとわかってる、この人はわかってない、と、コメント入れて)

他の人たちは、どうかな〜…
もう5年も前の事だから、今のみなさんはどうなのか、全然知らないし
(さっき2008年のを読んだばっかなので)
なんともいえないんだけど、この中で画家さんという人は、2008年の時点で
ワンネスを体験してないです。見えてないです。残念だけど。

ああ、ぜんぶここにコピペしたいくらいだわ。
2008年ていうと、あたしが悟りの世界をチョロッと見ちゃった頃かな。
あたしが数の世界でワンネスを見たのは、2009年か2010年だったよな。
(リーマンショックの後だから)

うん。
ゼロといちの事を、ちゃんと書いてみよう。
去年、ブログ用の日記をかきはじめた頃に、はしり書きみたいのは
いっぱい書いたけど、たぶんあたし、ちゃんと書いてないからね。
この2ちゃんねるのには書いてないみたい?(全部読めてない)だけど、
無限大と無限小の事もね。
【55 ◆52uE3j0pa6】さんが、言っている 「1」 は、
あたしがいう、「神」「すべての創造主」 の事で、みんながワンネスと
して体験してる事と同じで、
「0」とは、自分と他人をへだてるものの事 なんだよ。
「0」があるから、他人の意識になれないんだ。
でも、「0」があるから、「1」から分離して、個人個人の生命として
生きられるの。
いちをゼロで割ると、生命が誕生するんだよ。うふふ。
そして【55 ◆52uE3j0pa6】さんが言う、「1」はBEで、
「0」がある「10」はBEING というのは、
あたしが感じるのは、0.999999999… ということなんだ。
(【55 ◆52uE3j0pa6】さんが言う「10」は、あたしはちょっと理解できないの。)

「1」は BE で、
「0.999999999…」は BEING だよ。
(ホラ、なにかわかったような気がするでしょ。ふふ)


それで、今現在あたしたちが現実と認識している世界は、
ホログラフィーで2次元の波模様から立ち上がらせた3次元の立体画像か、
または、4次元の鏡像 の、どちらかなんだと思う。(どっちだろう?
もっと次元はいっぱいあるのかな)
うーん、3次元の波模様に光をあててできた超立体画像が、
鏡に映って次元をひとつ落としている姿なのかしら?
そのへんは感じ取れないな。


ゼロは、いわば、命の切れ目 みたいなもので、
うーん、それ語弊があるな。死んじゃうみたいだな、それじゃあ。
切っても死なないんだけどな。むしろ生きるし。

ひとつの命を、切り分けた 切れ目の事をゼロという。かな。
ひとつの命とは、おおいなるワンネス。
ワンネスとは 在る という事。
切り分けると、個人が誕生する。

ゼロの内側は、鏡になっているよ。
ゼロの内側は、完全に個人なんだ。ひとりだけの世界なの。
ゼロでかこまれた中身は、濃度が0.999999…なの。

それでね、宇宙(神さま)は、最初、ひとつ・「1」だったけど、
「0」がほしい と思った宇宙がみずから、「0」を作ったの。
そして「0」の作用で自分と他人との境ができたから、
「0」の作用の結果は、「1/2」なんだよ。
(ホラ、なにかわかったような気がするねっ)

ああ、ということは、ワンネスには、ふちが、ないなぁ。
ふち(境)にゼロが、ないなぁ。
境にゼロがあると、時間が発生する気がする。

望月さんのABC予想の証明には、そのへんが書いてある気がするの。
ワンネスに、ふちがあるかないかが、さ。

わかるかなぁ。
みんなにわかってほしいんだけど。
もっと、いっぱい、ちゃんと、書くっ。

ああ後ね、この世界はらせん状になってて、
さらに、垂直方向から見ると、太極図みたいになってて、
さらに、実はまんまるで、
さらに、ミンコフスキー空間の、光円錐の形をしているのよ。
それらの、まったく違う形が同時に存在するの。
あと、ウロボロスのへびみたいに、中が中、中が中…って
なってるよ。(説明がヘタでごめん)
フラクタルなんだよ。
ウロボロスの蛇は太極図と同じような思想みたいだけど、
太極図は数はあまり関係なくて、ウロボロスの蛇は、素数に関係してる気がするの。
ああそしてね、豊かさとか価値とか愛とかは、虚数軸の方から来るみたいな気がする。

みんなにわかるように説明したいなぁ。
ちゃんと書きたい。
誰かわかってくれないかなぁ。
【55 ◆52uE3j0pa6】さん…

posted by 辰多みか at 01:25 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

台風の気流と宇宙ジェット

このあいだ言ったみたいに、
わたしたちは本当は、まん丸の玉で、
球だから回転するんだけど、その中心は、
真に中心だとすると、

回らない。

あたしはあのあと、こう考えた。


層になっているまるたまは、
もしも、
層自体の厚さにばらつきがあったり、
層単体の中心が、回転体の真の中心と合っていないと、

回転中心は、ぶれにぶれて、
まるたまも回転しながら振動する。
ノイズを出しながら。
そのあと減速するのかどうか、わからないけど、
どうなっちゃうのかは、わからないけど、

回転の中心軸は、一定ではないはずだ。

それが、自己一致していない、わたしたち。
自己肯定していない、わたしたち。
汚いもの(自分)にフタをしている、わたしたち。


もしも、自分が自分に完全一致しているとすると、
厚さにバラツキもないし、各層の中心も合う。
そうすると、まるたまは、完全に、振動せずノイズも出さず、
回る。
すると、真の中心に、回転しない部分ができて、
そこが外の「神」との交流する出入り口になるんじゃないかと思うの。


まるたまじゃなくて、
台風とか、銀河とかの方がわかりやすいかもしれないけど、
そう、中心は、

台風ならば、強力な上昇気流と下降気流が生まれていて、

銀河ならば、ジェットが、上下に思い切り吹き出ている。


それが、わたしたちまるたまの中心の「神」という場所と、
世界のすべての「神」という場所を結ぶ、
出入り口
の形を、
物質的に目視できる例
なんじゃないかと思うよ。

わたしたちのまるたまは、
中心がブレていなければ、外の「神」と、
交流できるの。
その時受け渡しをするのは、空気じゃなくて、

「愛」なんだと思うよ。

宇宙ジェットが、プラズマとすると、
やっぱ「愛」ってそういうたぐいのものかもね。
posted by 辰多みか at 22:30 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

回転体の中心

ず〜っと、考えてるんだけど、

回転体の中心は、回転してるのかな??

たとえば、コマ。
たとえば、地球。

体積(つまり重力も)が充分に大きければ、
もしかしてもしかして、中心は、静止してる?

コマ(独楽)はね、中心は回ってるように、見えるよ。
そして、すごく摩擦熱が出てる気がする。
それは軸中心で回るように、とんがって、強制されてるからなんだろうけど。

もしも中心だけは回転しないとしたら、回転しない範囲は、どこからどこまでなの?
ゼロからゼロまでかな。
原子いっこぶんかな。(まさかね。原子だって幅が有る限り回ってると思うよ)


ず〜〜っと考えてるの。

あたしたちがね、本当は、図で描くと、まんまるの形で、
たぶん、まんまるだから回転していて、
心の一番奥底の部分が、神様と同じ成分なんだから、

そこは、回ってないと思うなー。
ていうか、回らないから、神様 なんじゃないかなー。

と ず〜っと、考えてるの。


回転体は、回転バランスをくずすと、とっても怖いよ。
大きい砥石(といし)とか、命の危険レベル。

もしももしも宇宙が、
中心から遠く離れた所でちょっとバランスをくずすと、
きっと回転中心は、ブレブレになるのよ。
回転無し(無)と回転有り(有)の、無と有を
交互に繰り返すと思うの。

そんなことばかり、ず〜っと、考えているの。

posted by 辰多みか at 22:15 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

ゼロ除算


数をゼロで割るよ。


そうすると、


と ん で も な い こ と が お こ る

らしい。



ゼロは、多くのパラドックスを引き起こす。

わー、すごいパワー秘めてる(笑)

あたしはね、

なんども、なんども書くけど、



「1」を「ゼロ」で割ると、


「生命が誕生する」と、真剣に思ってるのだ。

だって、とんでもないことが起こるのでしょう。

それくらいのインパクトがなくっちゃ。

ゼロには。


うん、「割る」というか、「ゼロで区切る・ゼロで他と分ける」、ね。

まあ、何度も書いてるね。

これからも、何度も書くよ。
posted by 辰多みか at 23:00 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

かけ算は1からはじまって〜、たし算はゼロからはじまる


あたしが前にね、書いた、この宇宙のかたち。

原点は、ゼロじゃなくて、1 のような気がする、と書いた日記。

そう、それは、かけ算(わり算も含む)のことなんだ〜。

たし算は、ゼロからはじまっても問題ないけど、

かけ算は、1からはじまらないと、問題有り、なんだ〜。


たし算の、はじまりゼロは、ホンモノのゼロではなくて、

実は、見た目のゼロなんだけどね。

そこは、1でも2でも良くて、ただ、定規の目盛を、ゼロに合わせてる

というだけなんだよ。

ああ〜あたし、説明がヘタだ〜。


ちなみに、ひき算というのは、たし算と進む方向が逆だよ、という意味しかないよ。



ゼロには、3種類あるんだよ。


ほんものの、ゼロ。

見た目の、ゼロ。

ほぼゼロ。


この、あたしたちが生活している世界で使っているゼロは、

"見た目のゼロ"と、"ほぼゼロ"しか、使ってないよ。


足し算引き算で使う、見た目のゼロと、

実用数学用の、ほぼゼロ。

ほぼゼロは、微分積分に必要。

この世は、数式では、近似値でしか表せないの。

ほぼゼロは、逆数にすると、無限大になっちゃうの。

「空 くう」は、ほぼゼロだよ。


ああ、精神世界では、あたしと他人の間は、

ほんとうのゼロ、なんだけどね。

posted by 辰多みか at 23:00 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

特異点

一次関数があります。


y=x です。



もし y が 5なら

y=x の場合は x=5 だよね。



順番に 小さくなる方にむけて、やっていくよ。



y=4 のとき x=4
y=3 のとき x=3
y=2 のとき x=2
y=1 のとき x=1
y=0 のとき x=0
y=-1 のとき x=-1
y=-2 のとき x=-2

これをグラフにかくと、

yとxの目盛はおのおの、おなじ長さにしておいて、

ゼロを中心にした座標で、グラフの線は、 ゼロ地点を通って、45度の傾きの直線だよ。

直線の果ては、本当は無いんだけど、紙の都合で途中までしかかけないの。


それは、中学の時に習ったよね?


そこまでは OK。




y=x だから

y/x=1 だよね。 同じ数字だから。

でも、yとxがゼロの時だけは 違う。



y/x=0/0= 答えは?

答えが いち では無いのは明白だけど なんなのかは 「わからない」



グラフのここだけが  おかしな点なんだ。



本当は 直線は この点を超えられないんだ。

絵では書けるけど この直線は ゼロより向こうは存在しないんだ。


一本の線に見えるけど たぶん 横(線の進行方向側)からみたら 

線の中心軸がずれてる、二本の線なんだ。


で、そのずれは、かたいっぽうの線だけが三次元側に ずれてるんだ。たぶん。
posted by 辰多みか at 00:02 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

ゼロって 存在意志。

カヴァリエリって人がいたんだって。



そう昨日読んだ微分積分の本に出てたよ。

ちなみにその本の題名は
「微分・積分を楽しむ本」愛蔵版 今野紀雄 PHP研究所

カヴァさんは「面とは無限の数の平行線を集めたものである。立体とは・・・」
と言ったんだって。
でも、線には 幅が無い 幅=ゼロ だからいくら集めたって 面にはならないから
「ゼロの極限値」という概念を生み出したんだって。

ゼロに限りなく近い、ある幅を持つ線 って考えたんだって。
そしたら、集めれば、面になるよね。
これは 微分積分の考え方だよね。
数学を実用に使う時便利な考え方だよね。
「ある幅を持つ線」て時点で、「有る」なんだから
「無い」ゼロとは違うよね。絶対。



あたしは、こう考える。ていうか 感じる。


うーん、線を集めても 面にはならない!
面を集めても(重ねても)立体にはならない!



ある空間で、 線が線でいられるのは、ゼロ で、空間の他の部分と区切られているから!

面が面でいられるのは 外側が ゼロ で 区切られているから! (もちろん立体方向は厚さゼロね)

立体が立体でいられるのは 外側が ゼロ で区切られているから!



ゼロが無いと 区切りがわからないよ。


輪郭部分が ゼロ だって言えるね。


もしかしたら、存在意志が ゼロ なのかも。



線の心の声「私はここに存在したい」から、ゼロで区切られて、線になってるのかも。

線がそうなら面も立体もそうだよ。立体がそうなら、三次元のあたしたちだって。

ゼロをまとって、存在してるんだよ。


あ、点もそうかな。
もう少しつっこんじゃうと 四次元も五次元もそれ以上もだよ。





それか自分の意志じゃなくて、誰かに、「存在しなさい」と言われて存在してるのかも。
「存在しなさい」じゃなくて「存在してもいいよ」かもしれないね。

誰に?



神様に。
ただひとりの神様に。
posted by 辰多みか at 00:02 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

ゼロの正体 りんごをむいてね。

ゼロの正体ってね

あ、この場合は、「本当のゼロ」ね。
「無限小をゼロと勘違いしてるゼロ」じゃないからね。



そう、ゼロの正体は、

あなたと私の間


あなたを私を区切るもの


りんごがあるでしょう。まるまるいっこのリンゴだよ。


皮を むくね。



ナイフでね。くるくる。






そうすると、蚊取り線香みたいに、くるくるつながって、むけてくね。
(まあ、途中で切れちゃってもいいんだけど。)

皮は りんごに ぺったりくっついてた 切れ目ひとつない ちょっと前の形とは変わってしまって、
今は、一本の ひもみたいになってしまった。


一度 切れてしまった 皮と皮は どうやっても くっつかない。皮と身もくっつかない。

もとの形にもどしても くっつかない。



その切れ目に、なにかあるわけじゃない。

全体的にみれば、重さが変わってるわけじゃないし。(ちょっとは汁がたれるかもだけど)
成分的にも変わってるわけじゃないし。(多少酸化して茶色くなるかもだけど)


なにかが切れ目にあるわけじゃない。


むしろ、なにかがなくなってしまった。




なにが?



つながりが。



そう、つながりがなくなったの。




あたしは、その 切れ目が ゼロ だと思うの。


物と物を 区切るもの


それがゼロだよ。



りんご自体は りんごとしては 何も変わってないよ。
でも、切れてるの。
切れてる って事が ゼロなの。
posted by 辰多みか at 00:01 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

アキレスと亀

なんでアキレスが亀を超えられないかっていうと

アキレスと亀がいる世界には 「ゼロ」が無いからなんだよ。

つまり アキレス=亀

アキレスが亀に近づく その間には 途方もない 果てしない 無限小 があって
アキレスは絶対に亀を超えられない。


「アキレスと亀のできごと」は 同一人物 う〜ん、一人の人の中で起こってる事 だからなんだ。


アキレスと亀が 別人だったら

間には 「ゼロ」があるから アキレスは亀を追い越せれる=超えられるよ。
posted by 辰多みか at 00:04 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

「無い」が「有る」

ゼロは 「無い」 って事だけど
現実世界には、そこ かしこに 「有る」
うん、 「ゼロ」が 「有る」

「無い」が「有る」



「無い」が「無い」だと
矛盾だもんね。

「無い」を肯定するための、「有る」

「無い」×「有る」=「無い」



どこに「有る」かというと、



「あなた」 と 「私」 の 間
「私以外の人」と「私」 の 間

私が 私でいるための 膜 みたいの


しゃぼん玉でいうと、



せっけん液でできた 膜 の部分



そこが 「絶対に無い」っていう意味の 「ゼロ」




それは 「超えられない」所 だよね。

自分と相手の間は 「超えられない」よね。



いくら 指と指をくっつけあっても
極端に言うなら 指と指を 切って 縫いつけて ひとつにしてしまっても


相手の 「意識」は 絶対に 自分のものにならない


「ゼロ」を超えれば たぶん できるんだ。



でもそれは 生きてるうちは 絶対にできない事だと思う。
死んで・・・意識だけの世界ならば・・・どうかな?
posted by 辰多みか at 00:02 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

ゼロと無限小の違いは

ゼロと無限小の違いは

有る か 無い か

無限小は いくら小さくても いくら ゼロに 近くても
プラスでも マイナスでも

「有る」



ゼロは、

「絶対に無い」 っていうこと

posted by 辰多みか at 00:01 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

自分の中にゼロは無い

自分の中にゼロは無い
もし ゼロがあると感じているのだったら、
それは、ゼロにとてもよく似た 無限小 
もしも 自分の中にゼロがあったら、
自分は発散して 無くなってしまう。
発散 ていうのは 数学の用語だよ。
自分×ゼロ=ゼロ になってしまう。
posted by 辰多みか at 00:00 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。