2014年05月17日

市民権を得てしまった「ありのまま」

・・・くやしい・・・
・・・くやしいです・・・
嫉妬という意味ではなく、残念という意味で・・・

「ありのまま」が、
ひとりあるきしだしちゃった〜〜。


「ありのまま」とは、もう説明もいらないでしょう、
ディズニー映画「アナと雪の女王」の歌からの言葉ね。

昨日、テレビを見ていたら、
May J.さんが歌ってる裏番組で、同時に水木アニキも歌ってた。
水木さんの前は八代亜紀さんも。
「ありのままの〜姿みせるのよ〜」って。
うん、映画がとても良くて、歌もとても良いんだ。
(あたしはまだ見てないですけど)

映画は見たいし、とても良いのだろうけど・・・
でもね・・・
・・・あぁ。
モヤモヤする。
もう、スピリチュアル的に、「ありのまま」は効力を失ってしまった。
言霊っていうの? 言葉に籠っていた霊力みたいなのが、無くなってしまった。
誰も彼もが「ありのまま」を口にする。
「ありのままで生きればいい」って、口にする。
腑に落ちてないのに、
言葉の音だけで、
唱え続ける。
お経みたいだ。

お経も、もともとは霊力が有っただろう。
ところが、腑に落ちてない人たちが腑に落ちないまま
唱える事で、霊力を失ってしまった。

「神」という言葉も。
初期の意味は、もう一般には伝わっていない。

「ありのまま」は「あるがまま」という似た言葉があるので、
そっちの、あるがままの方だったら、まだ効力は失われていない。
あるがままは、手垢をつけずに残したいわ。

悟りの世界、真理の世界は、言葉で表せないので、
いったん言葉にしてしまうと、足が生えて、歩きだしてしまうんだ。
神さま(真理)に名前を付けると、歩きだしてしまうの。
「ありのまま」も、広まる事で、ひとり歩きをしだしてしまった。
もう、止められない。

ああ、もともとの歌詞の「Let it go」は、
「捨ておけ」
「ほっておけ」
「そのままにしておけ」
「かまうな」
「流されるままに」
「見守るだけにしなさい」
て感じかな。「ありのまま」とは違う。だから「ありのまま」と訳した事にも違和感がある。

そうそう、ありのままは「ワンネス」の事ではないね。
欠点だらけの素の自分の事だね。
そしてその素でいられる人って、ほとんどいないよね。
悟りの世界・真理・ワンネスを見た後にはじめて、
修行して修行して還って行くのが、素の自分 だから。




posted by 辰多みか at 15:56 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

試された!


今朝は響子さんと病院に行ったの。
いつもは、あたしは響子さんの手をひいて
歩いて行くんだけど、
今日は、響子さん、運動のためと、ひとりで
腕を振って歩いていたの。
(とはいっても、よぼよぼ歩きだったけどね)

病院の玄関のガラスの自動ドアから入ると、
ちょうど、出てくるおじいさんとすれ違ったんだ。

おじいさんは、
ちょっとよっぱらいみたいな雰囲気で、
(朝から酒は飲んでないとは思うけど)
あたしたちに話しかけたい雰囲気まんまんで、
こっちを見ながら「おはようございま〜す」と大声で挨拶してくる。

あたしはちょうどお薬手帳を歩きながら見ていて、
こちらも「おはようございます」と、ちょっとニコッとしたけど、
なんだか、酔ってはないけどよっぱらいみたいだし、
話しかけられたら嫌だなと思って、
あたしはすぐまたお薬手帳を見て、おじいさんから目をそらした。

するとおじいさんは、
「いつも連れてきてるねぇ。
あんたも(←響子さんに向かって)こんなおねえちゃんに
連れてきてもらって良かったの。
おねえちゃんも大変だのう。」と、
ニコニコして、言った。

あたしは、歩きながらだったので、ペコッして、
「いえいえ」と言いながら通り過ぎてしまったのだけど・・・

あれっ、
あたし、
褒められた!

しかも、
なんか、
いつも見られてたみたい?!
(一週間に一度必ず通院なので。
でも、そのおじいさんの事は、全然記憶にないわ。)



その時、
あちゃ〜〜と、思った。

あたし一瞬、自分の世界を信じなかったわ。

試された! …と、思った。

あたしがいつでも、自分自身を、
全世界を、
全宇宙を、
そう、あたしの内面の鏡である、
この宇宙を、
信じていられるのかを。

あたしが、ちゃんと宿題を終わらせて、
そして継続して正しい答えが出せているのか、
あのおじいさんは、そのテストのための使者だと。

やっぱり、どの人もどのシチュエーションも、
疑ったらダメだね〜。
「なにこの人…」なんて、思わないように、しよう。


posted by 辰多みか at 23:34 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

出家します

「○○できるようになるのでしたら、
なんでもします!」っていうの、あるじゃん。

あれって、ホントは「なんでもします」って、ウソだよね。
本気で言ってるつもりの人には、悪いけど。真実だから。
実際、イヤな事はやらないし、
無理だ、ありえん、という事も、やらない。
そもそも、△△から逃げてるのだったら、
△△は、絶対、やらないよね。

家庭内のゴタゴタをどうにかしたくて、
「どうにか」なんて綺麗な事言ってるけど、
ホントは、ゴタゴタから逃げたくて、
別方面で助けてくれそうな人に対して、
「なんでもします!」って言うのって、
それ、ただの、逃げ じゃんね。
もし、その人から、ゴタゴタに真向に向かいなさい、
なんて言われたら、絶対、言うこと聞く気ないくせにね。

あたしは家庭内のゴタゴタから、逃げたかった。
今でも、どうにかしたい。
出家すれば、どうにかなるのだったら、
出家してもいいかと思った。
出家するって、すべてを捨てる覚悟。

それってさ〜。
すべてを捨ててもいいんだったらさ〜。
ゴタゴタが、ゴタゴタのままでも、かまわないって、事 だよ。
ゴタゴタを見捨てると言う意味ではなくて、
「しらん」とそっぽを向くことではなくて、
自分にとってゴタゴタしても良い、という、意味。
だって、すべてを捨てるというのは、
ゴタゴタしたくないという執着を捨てるという意味だからさ。
ゴタゴタに、正面から、つっこんで行ったって、いい。
ゴタゴタにみずからつっこんで、まきこまれて、
嫌〜な気持ちになったって、いい。

だから、本当に出家する覚悟があるんだったら、
ゴタゴタに、みずから巻き込まれて、
そして、相手に、負けるんだ。
みずからの勝ちの主張をあきらめるんだ。
出家するって、一番力強く、家の中心に、戻るって事だ。
支配されたくない相手に、みずから好んで、支配されに行く、という事。
奉仕する、という事。
ただし、期間は区切って、最長1年くらいね。
よそで、服従して、よそのお掃除をするのだったら、
うちで、服従して、うちのお掃除をすれば、いいと思うよ。
なので、あたしは、一年くらい、
うちにもどるという、出家を、します。
一年たったら、やめるよ!(笑)



posted by 辰多みか at 21:56 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

死ぬ準備

無気力だ。
やっぱりやる気がでない。
姑を悪者にして
仕事を悪者にして
正当化したかった自分の無気力だったけど、
それらの「原因」と思われる物を、取り去って、
「無気力」に真向から向かい合って、
見つめてみても、
やっぱりやる気が、出ない。
悟りの世界を見ても、
いや、見たから、
出ない。

あたしのやる気って、具体的に何なのかって白状しちゃうと、
「片づけする気」
そして、
「やりたい事をやる気」
そのふたつ。

片づけ以外のほかの家事は、バリバリやってる。
ルーチンワークに関しては。
料理は大好きみたいで(自覚がない)、
一日三食、弁当作り付きでも平気だし、
掃除は嫌いだけど、ほこりが目立てば
自動的に体が動くし、
一番好きな家事は、トイレ掃除で、
一日5回くらいやってる(あの〜、言っとくけど強迫観念じゃないからね。笑)
トイレは、使った時に、トイレットペーパーで、
便座の裏表を拭いておくと、いつも綺麗にしておけるんだよ。
洗剤も使わず一回につき一分もかからないし、
取り外しが簡単な最近のウォッシュレットだったら、
さっとはずして、便座と便器の隙間の水分を拭きとれば、
悪臭防止になる。
(ウチのトイレの自慢は、まったく匂わない事なのだ!)
おふろ掃除も大好き。
どちらかというと掃除機より水回り掃除の方が好きみたい。

なのに、
片づけが、
できない。

それでもいちおう、ギリギリ汚屋敷では無いレベルは保ってる(ハズ)。

あはは〜、去年、夏に、「片づける!」って宣言して
自分を追い込んだ事があったんだけど、
ソコ、今もまだ片付いていない(笑)。

片づけようと、手を伸ばすと・・・
頭の中に・・・
恐ろしい声が・・・するんだ。

それは姑の声。
姑の、口から出る声じゃなくて、
含みで強制してくる、心の声。
あたしの罪悪感を、ぐりぐり刺激してくる、声。
笑顔でね。
いいよいいよ〜と口では言いながらね。
ホントはいいよじゃないんだってさ。
モノを捨てては、いけないんだってさ。
笑顔で嫌味の応酬なんだよ。
捨てる事ができないあたしはどうすればいいの。
で、あたしは、想像でもうイライライライライラしてしまって、
いっこうに片づけが進まない。

それでも、そのイライラを押しのけて、
心の中をよ〜く見てみると・・・
やっぱり、「本当の片づけたくない理由」は、
姑のせいじゃ、ないんだ。
アラ〜?
姑に言われっぱなしなのは、事実、嫌だけど、
理由としては、姑の件は、二番目。
直接の理由では、ないらしい。


よ〜く観てみた答え。
   ↓
片づけは、死ぬ準備。


ああ、あたしの中では、

「片づけは死ぬ準備」なんだって。


だから嫌なんだって。




なんだそれ〜〜〜!





うすうす感づいてたけどさ。

綺麗に片づけちゃったら、あとは死ぬまでのおまけ人生だって。

片づけ終わったら、いつ迎えに来てもいいよ!って、
合図だからね!って、天に向けての宣言だって。

それで、「あたし」は、まだそれは「嫌」だと。

まだ、なにか執着したい物が、ある、と。



でね、あたしの中では、片づけが終わらないと、
好きな事をしちゃいけない、という、バカみたいな
自分縛りがあるのよ。

だから、「片づけ」も「好きなこと」も、どっちも、できないんだ。

できないように、しむけるんだ。

なんですかこれは。


そうだね、執着してるものが、あるんだね。
その正体も、掴んできてる。
3年くらい前から、ときたまその衝動に駆られるんだ。
でもそれを「やって」しまったら、
あたしは、今度こそ、この家にいられなくなるかもしれない。
(あっ、警察沙汰じゃないので、安心して!笑)

どれもやりたくない。
その衝動も片づけも好きな事も。
好きな事が「その衝動」の果てにあるのなら。
今はまだやりたくない。
「その衝動」は、宿題じゃ、ないんだけど、
できればやらずに済ませたいの。
くそぅ。



posted by 辰多みか at 10:20 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

次のブロック

あたしがあたし自身を縛っているブロック。
ひとつは大きくはずれたけど、まだ、在るらしい。
ちょっと内面を探ってみると、まだ「できない」事が
残ってるから、その感覚どおり、まだ、在るらしい。

さっき、
すでにはずれている大きいブロックからの、
大きい振動で、
あたしは激昂して(でも内面は冷静に)、
怒った。
あたし、
怒った。
「言う」事はあったけど「怒った」事なかった。
不機嫌からではなく、
「叱った」
姑を。
目上をだよ。
そしたら、
舅がなぜか大声を出して、
あたしに、どなった。
あたし、
生まれてはじめて、
舅に、どなられたわ。
姑に対してあたしが言ってた内容が、
舅に言ってるみたいに聞こえたらしい。
姑をかばって言ってるのではなかった。
怒鳴られた。
はじめて。

そのあとは、おたがい、何事もなかったかのようで。
いつもどおり普通。


・・・ちょっぴり嬉しかったな。
・・・
マゾか!
マゾかあたし!(笑)

そうか、まだ在るな。
まだ、在るな〜。
どんどんはずれていく。

そして、こういうあたしでいさせてくれて、ありがとう、だね。


posted by 辰多みか at 14:37 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

ブロックのはずし方

気になる事がある。
たまにね、遠隔一斉ヒーリングいたしますっていう記事、見るんだ。
あたしは、やってみた事、ない。
申し込んでみた事、ない。
(だってもう必要ないし)

でもまあ、ちょっと気になるから、
そのヒーラーさんと、希望者さんたちの、
その後とか、見ちゃうんだ。(コメント欄に
感想が書いてあったりするんで。)

どんなんだか知らないけど、
想像するのは、決められた時間になったら、
静かになれる環境で、ひとりで目を閉じ、
「受け取ります」みたいに、
意識を、広げる?
のかなー、と。

そして、その後の感想が、

「スッキリしました」とか
「思考がびっくりするほど沸いてきて、すっきりしました」とか、
なんか、すっきりしてるみたいなんだけど、


それってどうなの〜とか、思うわけよ。
ヒーラーさんは、なんとびっくりなんだけど、
悟りの世界を見てる人なのよ。一瞥してるのよ。
(それはあたしの悟りセンサーでわかる)

でも、受け取る人たちは、そうじゃない。
そしてそれで悟りが促進されてるわけじゃないっぽい。
ただの「気のせい」なんじゃないのかなと、思う。


あたしが考え、
実際、やってみた、ブロックはずしは、
そんな生易しいモノじゃなかった。

ブロックのはずし方も、誰かに聞いたわけじゃないから、
実際、どうやってやってるのか知らないけどさ、
生易しいやり方じゃ、ブロックははずれない。
なんか、空気中を漂ってくる、「気」みたいのを
受け取った「だけ」じゃ、はずれない。
少なくとも、「あたしの場合は」そうじゃなかった。

何をやったかというと、
「言葉に、出した」
感情を腹で受け止めて、その振動で降りてくる言葉を、声にのせて、
実在の空気を震わせて、
音波にして、
そして、きちんと意味を込めて、出した。
いいたい相手に、ぶつけた!←(ホントはこれダメなのかな。)
最初は、怖くて、胸がざわざわする。
感情を胸で受けとめると、衝撃が強すぎて、
答えの言葉が、ぶれぶれになってしまう。
たから、腹に落とし込む。
腹だと、あんまりぶれない。
ていうか、ぶれないから、腹まで届く。
そこで受け止めれるようになると、腹が立たない。
腹が立つ時は、腹で受け止められなくて、胸どまりになっている時。
そんな時は胸が苦しくなる。
きゅーっとなる。
もっと腹が立つと、頭まで行ってしまう。
そうなってしまうと、ちゃんと言葉が言えない。
保身の言葉しか言えない。
だから、ちゃんと、腹でね。

言う時のテクニックは、アサーティブネスを使った。
冷静に「言える」ようになると、ブロックははずれる。
ブロックがはずれるって、要は、それ言っても平気になるって事だ。

だから、遠隔一斉ヒーリングとかで、すっきりしてる人は、
何を基準にスッキリしてるのか、あたしは理解できないんだよ。
なにか、あたしの知らない、秘儀があるのかな?
今度募集があったら、申し込んでみようかしら。
試しに。
う〜ん。
posted by 辰多みか at 11:34 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

老子

老子!
老子!!
老子!!!


いや、老子の事、全然知らないんだけど、
きっと、一瞥後苦しむあたしたちに、なにかヒントをくれる!(かな?)



老子マイブーム来るかも。

ていうか読みたい本がいっぱいすぎて、老子までたどりつかん。

posted by 辰多みか at 00:16 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

「お断りします」

あたしはこの世に生まれ出る時、
課題を、ふたつみっつピックアップして、
意気揚々と生まれてきた。
(たぶんネ)

そのひとつが、
『「いや」と言う事」』

前の記事にもいっぱい書いた
『「いや」と言う事」』
『「いや」を、言う事」』

よ〜く読み返してみたら、
なんだか誤解される書き方をしているわ。

「いや」と言う のは、

「いやいやいやいや〜〜」と、駄々をこねる事では、なくて、
「ああもういやだぁ」と、自暴自棄になる事でも、なくて。

「お断りします」という、意味。

「お断り。」の「いや」。



だから、
「お断りします」と言う事と、「ありがとう」は、セット。
「迷惑をかける事」と、「ありがとう」は、セット。
「生きている事は全て迷惑をかけている事」と、「ありがとう」は、セット。
表と裏で、セットなの。
それで一枚のカード。

なの。



今あたしの前に立ちはだかっているラスボスは、さすがラスボスだけあって、手ごわいわ。
なかなか、「お断りします」が、通じない。
あたしは何度も、AボタンとBボタンを連打する。(ゲーム苦手なのでこれで倒せるのかは知らない。笑)
たまに、「あたしのワガママでごめんなさい、あなたは悪くないわ、
あたしのために用意してくれてありがとう。だけどこれは今必要ないから
遠慮しておくわ。また今度受け取れる機会があったら、
その時は快く受け取らせてね。」と、相手に、ちゃんと伝える事ができたら、
ラスボスに、攻撃の一発が、効くのだ。
いやそれは、もはや攻撃では、ないけど。
これが何度もできて、ラスボスがもう立ちあがらなくなったら、あたしの課題は、クリア。
そのために、ラスボスでいてくれる、響子さん。(←ありがとね)

はやくちゃんと、自己責任で、
「お断りします」が、言えるように、なりたい。

posted by 辰多みか at 23:49 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

あたしの好きな言葉


「忙しくていやになっちゃう」

あたしは、この言葉が、すごく好きらしい(笑)。

わざと、仕事を後まわしにするのにね。
あとちょっとで終わるのに、わざわざ別の事に時間を割いたりするのにね。
お掃除なんて、意識的に、8割しかやらないのにね。
メールの返事をわざと忘れたりするのにね。

そして、本当にタイムリミットになって、
嫌〜な気持ちになって、
ためいきをつきながら、
「忙しくていやになっちゃう」

バカか!

バカか!あたし!

ずっーと以前からあたしはその本音にうっすら気付いているんだ。
「忙しい私」を演出したい。
「忙しい私」でなきゃ、ダメ。
「忙しい嫁」だから、姑のいうことは、絶対に聞かない。
忙しくなかったら、「負け」なんだ。

だから、あたしは・・・

その反動で、

「無気力」になっていったんだと思う。
悟りの世界を見てから。


「忙しくていやになっちゃう」と、忙しくなくても常に思ってる人は、
そのあと、「無気力」で、苦しむよ。
体験済み。
参考にしてね♡
posted by 辰多みか at 23:46 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

あなたの世界の終わり

----
あなたの世界の終わり
―「目覚め」とその“あと"のプロセス―
----

アクアさん以外にも一瞥後の苦しみをしてる方はいらっしゃるかと、
ふと、そうだ、「一瞥後の苦しみ」で検索してみればいいんだ〜と
思いついてぐぐってみた。
(今まで、一瞥では検索したこと無かったな)

そうしたら、なんと、「本」があるらしい!!
それ専用の本があるらしい。
「それ専用」(笑)

おぅ、もう用意されてた。それ専。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E2%80%95%E3%80%8C%E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%82%81%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E2%80%9C%E3%81%82%E3%81%A8-%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E2%80%95-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3/dp/4864510385/ref=cm_rdp_product
↑アマゾンのリンク。長いな。

ふーん。
レビューが魅力的。
これ買ってみる。

読んでからまた感想を書こう。
posted by 辰多みか at 00:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

静寂 ゼロポイント

あたしは経験していない。
「静寂」
「ゼロポイント」
「時間の概念がギューっと凝縮して、無くなる一点」
ひとりひとり表現する言葉は違うけど、そう、覚者が言う、「場所」

場所でもない。
どこにも、遠くでもなく。
すぐ、いま、ここに。
あるらしい。

"それ"が有る、と、文字ではじめて目にしたのは、
数年前見ていた、とあるブログです。
リンクを貼っちゃおう。
http://blogs.yahoo.co.jp/okaerinasai_umarerumaeni
「あの時の呪縛ーリサものがたりー」
ものすごく記事数が多くて、それがどこのページだったか探しきれなかった。
読んでいた当時、こういう経験をして、しかも目覚めた人って、あたしは見つけられなかった。
いたのかもしれないし、確実にいたと思うけどね。
Lisaさんの体験(フィクション形式になってる)した「静寂」、これが
あたしが行きつきたい先だと、当時、思った。
一瞥しても、苦しかったから。
しかも一瞥時、至福も体験していない。
至高・至福感は感じなかった。
ただ、あたしは、死んだ。
"それ"を受け入れたらあたしがいなくなってしまう、と叫ぶ、
自我の断末魔を、聞いた。(これは比喩ね)
受け入れどころか、あたしの自我は、抵抗できない何かの力で、
ずばぁーっと切り裂かれて(これも比喩ね)、中身が、ぐりんっと出た。
それは何にも傷付かない、つるつるの透明な、「  」←(名前が無い)。
切り裂かれたと思ったけど、自我にはどこにも切り口が見当たらず、
だから、心は4次元で、外身と中身がカンタンに入れ替われる仕組みに
なってるんだな、と理解した。
4次元だと、外身と中身は、切らなくても入れ替われるの。
まあ、とにかく、一瞥した時「至福」も「時間が無い」も「静寂」も感じなかった。
だから苦しいのかな〜と思って、
瞑想なり、変性意識状態へ導く呼吸なり、天野聖子さんの自問自答なりして、
「静寂」を体験すれば「いい」のか、と思った。
本を買ってきたりして、そうしようと、、頭では思うのだけど・・・
体が、拒絶する。
押し込められた声にならない声が、拒絶する。
「先にあたしの願いを叶えろ」と。
時に強迫、時に哀願してくる。
ドスの効いた声で、また、声も出さず、おびえるような上目づかいで。
--あたしの願い--
「あたしをさげすむ外部のやつは許さない。」
「"あたし"を守れ。守るのはあたしの表面であるおまえだ。」
「内面のあたしは、おまえを守るので精いっぱいだ。だからおまえも、そうしろ。」
その「願い」が叶うまで、
"あたし"は"あたし"を許さない。
愛に溢れる事を、許さない。
さげすむ外部のやつを愛で赦す事を、許さない。
だから、瞑想に、変性意識に、抵抗する。
周りに責任転嫁している間は、
自分で自分に責任を持ちたくないという事。
責任を放棄するかわりに、
自分の幸せを、手の中にとどめておくことが出来ない。
そういう"法則"になっている。
そんなのわかってる。

だからあたしは、
「いや」と言う事にしたの。
今まで、「嫌と言う人」に、見られたくなかったから。
嫌なとき不機嫌になったりして、嫌なの、周りにバレバレだったのにね。
バレてないと思っていたの。
そんなんじゃねーよッ(怒)って。
↑バレバレじゃん(笑)。
だから逆をするの。
「いや」って言うにはね、
「ありがとう」って、言わなきゃいけない。
んー、「いけない」も違ってて、
言葉でうまく、表せない。
そのへんが微妙。
「嫌」と言う事と、「ありがとう」は、セット。
「迷惑をかける事」と、「ありがとう」は、セット。
「生きている事は全て迷惑をかけている事」と、「ありがとう」は、セット。
表と裏で、セットなの。
それで一枚のカード。
だって、生きているという事は、二元の世界に居る、という事だからさ。
あたしたちはもともと非二元なんだけど、
肉体がある間は、二元なんだからさ。
ぐらぐらゲームをするの。
いかにゼロポイントを取れるか、という。
生きるという事はそういうことなんじゃないかなーと思うよ。
だから、まず先にあたしは、
自分で自分の機嫌を取る。(これって斎藤ひとりさんみたいだ。笑)
もちろん周りに感謝する。
あたしは今これやってる最中。
あたしは面白い。苦しい時ももちろんあるけど。
周りは迷惑みたい。あたりまえだ、迷惑かけるんだから。
だけど、そんな迷惑かけても、殺される事はない。
ていうか今これ書いてるんだから、今時点では殺されてない。
(やってやると相手は憎々しく思ってるかもしれないが 笑)
一回出ていけと言われて、一回私が出ていけばいいの!?と言われた。
いやそれどっちもアナタの妄想世界のハナシだし。
それはアナタの、学び。
アナタはそう言ったけど、あたしが「生きてる」のを赦してくれてる。
今あたしは大丈夫で、ぬくぬく暮らしている。
あたしは「大丈夫」の証拠集めをする。
証拠をいっぱい集めても、集めなくても、おんなじなんだけど、
"あたし"が気が済むまで、終わらない。
もうすぐ気が済むんだよね。
だって、周りは、みんなすごく優しいし愛が見えるもん(出ていけと言われても)。
そうしたら、「静寂」を体験しに行くの。
(行くっつってもどこにも行かないけど)
もうちょっとで気が済む。


なんか思いつくまま書いたらとっ散らかったわ。

posted by 辰多みか at 16:53 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

駻馬

いけずき。
生食。

戦国時代が好きなわけじゃないし、歴女じゃないし、
この馬さんの名前は、いまぐぐってはじめて知った。
平安時代の名馬だ。


あたしは、うまどしなのでー

心の中に、あばれ馬がいるなー、と思ったの。
だから「あばれうま」を検索してみたら生食という名の馬さんが出てきたの。
このこはなんでもかんでも噛みついてきたのでこんな名前らしい。

(別に馬じゃなくてもよくて、あばれ○○ だったら
どういう動物でもいいんだけどね。でもあばれうさぎとかはちょっと違う気がする 笑)

心のなかに

あばれてるヤツが、いるの。

うまどしだから、うまにしてみたの、たとえで。

ライオンでもトラでもゾウでもいい。
そう、あばれてるヤツが、いるの。


あたしは、あばれてるコイツを、なんとかしようとがんばってきたんだった。
宇宙の真理からしたら間違ってる方向に、がんばってきたんだった。
そう、こいつを、押さえつける。
抑えつける。

噛み噛み馬のコイツに対して、
噛まないように、噛まないように。



瞑想したり。
もういちど覚醒(見性・一瞥)してみようとしたり。



だから苦しかったわー。
この苦しみに気付く数年前は、馬自体を抹殺しようとしてたからねー。
(心の事で悩んでいる人は、抹殺しようとして、もがいてる人が多いよ。)



なんで押さえつけるの?
だってさ、制御が効かないダメな人と、思われたくないから。
暴れてるくせに、
いい人にみられたい。


・・・


そんなん、できるわけねー!!
両方ほしいだなんて、欲深!
そしてそれは、まわりにバレバレ!


だから、

心の中の駻馬(あばれ馬)に、「噛んでもいいよ」って、言ってやる。
「好きなだけ噛みな」って。
駻馬は、噛みたいのを押さえつけられるから、よけい噛みたいだけで、
そんな四六時中、噛んでない。よく見てあげな。
だから、「噛んでもいいよ」って、言ってやる。

するとー。

駻馬はー。


「あ、今とくに噛みたくないから、今いいです。次でいいです」と、
言うときも、 ある!


そう、たまーには、

ある!


もしかしたら、涙を流して、
「今まで噛んじゃいけないと言われ続けて、
できなくて悩んでいたけど、そう言われて、
・・・ほっと・・・しました・・・」とうなだれて言うかもしれない。
(まあ、それは絶対「期待」してはいけないんだけど)


そして、噛み噛み馬と、いっしょに、居るの。
駻馬と、一生、ずっと一緒に居るの。


だからね、次に、怒れる事があったら、
思いっきり、「私、怒ってます。気分悪いです。」と、言う。あたし。
「なにおー!」って、怒鳴る、あたし。



これでいいんだ。
そうやってもいい、って常に思ってるから、
「あ、今とくに怒らなくてもいいです。次でいいです。」になるかも。
(「期待」はしてはいけない)
これでいいんだ。

いつ、どなろっかなー(笑)。



それにしても生食ってどんだけDQNネーム・・・



posted by 辰多みか at 16:52 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

平気になる

今日は数ヶ月に一度の予防歯科に行ったの。
虫歯は無いから、虫歯の有無チェックと歯のクリーニングだけするんだけどさ。
歯科助手さんで上手な人に当たると、とってもラッキー。
歯医者の空間が、医者じゃなくて、リラクゼーションな癒し空間になる。
もう至福の時だ。

くちをパカーンと開けて、なんかウィンウィン言ってる器具を
口に突っ込まれたまま、癒されてるあたし。
目に見える風景は、いつもの歯医者さん。
虫歯の治療の時にも見る、同じ風景。
ウィンウィン言う器具も、虫歯の時と同じ。

同じ器具で同じ風景なのに、ぜ〜んぜん違う。

もしかしたら歯科助手さんがちょっと手先がすべって
歯茎をチュインッて痛くするかもしれないのに、
ぜ〜んぜん気にならない。
緊張しない。
平常心。

あたしは中学一年の時にはもうすでに前歯がさし歯だったというくらい
昔から虫歯が酷くて、その頃には予防歯科なんてシステムなかったから、
虫歯が痛くなってから、通った。時間もお金も、痛みもかかる。

幼稚園児の頃は、歯医者が怖くて怖くて行きたくなくてこたつに隠れた
記憶を持つほど、歯医者が怖かった。
今でも、あの、歯医者の玄関にあった、まるい電燈を思い出すたび、
胸がキュッとなる。
でも、治療自体を思い出すと、バカらしくなるほど、なんてことない治療だった。
ただ怖かった。

あれから、もっと痛い治療とかして、そしてだんだん虫歯治療自体も、
なんにも怖くなくなった。
体も病気がちだったから、たくさん注射を受けて、
そして注射もまったく怖くなくなった。

ただ、「怖くなくなる」だけなんだな〜。と、思った。
歯医者の天井を見ながらそう思ってた。

怖くなくなる。
平気になる。

へいき っていうのは、心が平らになる事だと思う。
ぐらんぐらん水面が揺れ動かない事。
水面は、あいかわらず有るのにね。

どんな痛みや苦しみがきても、怖くない。
恐怖を、感じない。
へっちゃら。

肉体を持って生きていく事は、苦しみがなくならない世の中を
生きていく、という事であって、
それに対して、怖くなくなる、というのが、覚醒して学びの後に
通過すればよいチェックポイントなんじゃないかな、と、天井を見ながら、思った。

苦しみを、たのしむ。

Mだな。
Mだろ。

そういうことだ〜。

posted by 辰多みか at 16:59 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

カルマの解放とはD終

@ A B C でようやく第一歩まで来たよ!(笑)
Aで迷走してしまい、Cの次に書くべき事をAに書いちゃったな。
だから、まあ、あっちこっちになるんだけどゴメンね。

Cのつづき。
相手と話をしている時、相手を目の前にして「怒り」が起きた時、
それを攻撃的にぶつけるんじゃなくて、なるべくいったん引く。
場所を離れて、そして心の中を感じてみる。
心の声をよく聞いてみる。
殻A-表 まで行ければ、だいぶ良い。
殻A-裏 までは、なかなか到達しないだろう。
そこまで一気に到達すると、ひょっとすると中心点を目撃して、
悟っちゃうかもしれない。それはそれで大儲けだけど、なかなかそうは行かないんだよね。
だいたいは、殻@どまり。

何度もそんな事を繰り返して、殻A-表 を、常に感じられるようになる。
「本心」の言葉が聞こえるようになる、と、次は、
相手と、対峙する時。
対峙 っていっても、戦争するわけじゃない。
自分を尊重して、同時に相手も尊重するために、
必ずしなければいけない事をする。それは「きちんと正面から向かい合う」という事。
それが対峙。それをやらなければならない。
とても嫌な気がする事だ。
「本心」に気付いていないと、なにか「バレる」ような気がして、
とても向き合う気になんかなれない。
ごまかしてみたり逃げてみたり無視してみたり。
親子でさえできない。
けど、それをやる。
自分の心を素直に認めて、相手の言い分にも耳を傾ける。
なぜあたしをないがしろにするのか、理由を聞き出すのだ。
本当に嫌な事だ。
その「場」は、特別に設けなくても良い。
またいつものように「怒り」が沸いてきたその時その瞬間、
「怒り」の「本心」を、素直に相手に伝えるのだ。
「言わない事で得をしている」事を、やめる。
「言わない」を、「やめる」。だから、
「言う。」
「本心」を、さらけだす。
こどもっぽくてはずかしい「本心」を。
「ないがしろにされているようで悲しい。」それが怒りの本心。
上手に伝えるやり方がある。アサーティブネスの技法を使う。

対峙してはじめて気付く事がある。
ほとんどの場合、相手も自分も「優しさ」でできていること。
本当は「愛」でできているんだけど、
もうちょっと直感的に、「優しさ」でできていることを感じる。
自分の「本心」を伝えてみて、いきなり殺される人って、たぶんいない。
相手を非難攻撃したら、殺されるかもしれない。
けれど、自分のいわば「弱み」を伝えた相手に殺されることって、たぶんない。
だから、だいたい、人って優しい。
「本心を伝えて大丈夫なんだ。」と、一回一回確認して、心の地固めをしていく。

そうすると、気にしていたことが気にならなくなってくる。
相手が、こちらが伝えた「本心」を、どう受け止め、
どう感じるかは、「相手の宿題」。
こちらに宿題があるように、相手にも宿題がある。
それは相手の領分だから、その事についても気にしなくて良いのだ。

そうやって、ひとつひとつ、感情が爆発する回数が減ってきて、
気にもならなくなってくる。
「カルマ」は増えも減りもしないけど、
形を変えて、尖がったのが平らになったり、
へこんでいたのが平らになったりする、たぶん。
すると、反応 しなくなるのだ。

と、いうのが、具体的な(ゴメン。具体例がはずかしくて詳しく
書けなかった。詳しくは「響子さんとあたし」カテゴリでも見て。)
カルマの解消方法なんだろうと思うのだけど。

じつは、

じ つ は 、

じ ・ つ ・ は 。

悟った時に、見る、「ゴール」
「宿題のおわり」

それは、とてもシンプルな構造でできている、という衝撃の事実を、悟った瞬間目撃する。
宿題自体もとてもシンプルで、
宿題の答えも、とてもシンプル。

明確。

こんな、カルマの解消とは とか書いて、Dまで延々書くようなことじゃない。
このDまで書いた解消方法は、いわば対処療法なんだ。


そこで見る「答え」とは、

うん、「答え」とは。


それは、「相手を許す事」



100%、見返りなしで、無条件に、許す事。


それが答え。
生まれかわる時にこれを必ずやりとげてみせますって意気込んで生まれてくる、宿題の答え。

ていうか、悟った時には、それしか見ない。
延々と続く解消方法なんて、見ない。

その「答え」を、知ってしまう。
中心点から発せられる、「答え」を知ってしまう。
すべては「愛」でできているから、それが「答え」なの。

中心点だけが知っている答え。

中心点以外は、受け入れられない。
中心点以外の、殻@と殻Aは、総称して「自我」ともいうよ。
「自我」は、その答えを受け入れられない。
それを受け入れたら、「自我」が死ぬからだ。
悟る時はね「自我」が一時的に死んだ時だから、一瞬中心点まで行けて答えを見るんだよ。

「自我」は、気が済まない。

カルマの解消は、本当は、とても簡単なんだ。
「許すよ〜♪」って、ひとことで済むんだ。
そして、「今、幸せになるよ♪」って、決めればいいんだ。
そうすればすぐに幸せになれる。

だけど、
だけど、
自我は気が済まない。

だから、自我が気が済むまで、Dまで書いた、「対処療法」で、
確認する。

あたしは、「自我」が気が済むまでの道のりが、本当に遠くて、
宿題が巨大で、だから途中でくじけそうになった。
「愛」が溢れ出るだなんて、想像もつかない。
「愛」は無限に溢れ出るものだって、もう知ってるのに。

「自我」の気が済む。
確認、確認、確認を続けて、
自分をないがしろにされてた気分は、すべて幻だったと、確認がとれたら、気が済む。
気が済んだら、その瞬間に、幸せになる方を選んで、
幸せになる。
幸せになるためには、みんながくれる「愛」に感謝しなきゃいけない。
それがヤダッて思ってるうちは、絶対に幸せになれない。

それがカルマの解消方法なんじゃないかと思うよ。
いろんな人の、カルマの解消方法を知りたくて、
いろいろ見てみたけど、具体的に書いてる人がいないから、
あたしの場合を、書いて、みました。
まだ道途中だから、はずかしいわ。



posted by 辰多みか at 22:51 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

カルマの解消とはC

あたしはとにかく説明がくどいから、迷走するんだろうな。
くどい説明から先に読んでね→@ A B
さて、心の層・心の仕組みの説明の話に続いて、とうとうカルマの解消具体例ね。

おさらい。
大前提「覚醒する・悟る」→心の仕組みを知る→悩み・宿題(カルマ)が
有限であると知る→心の仕組みに沿って、カルマを反応させていく。

まずね、なぜ「覚醒する・悟る」のが大前提かというと、
またくどくなっちゃうかもしれないけど、悟らないと、ゴール
地点(宿題のおわり)が、見えないのだ。
カルマの解消自体は、悟らずにやみくもにやったとしてもある程度は解消
されるんだけど、ゴールがわからないから、そのうち嫌になっちゃうんだ。
ああ、嫌になって→悟る、という道もあるんだけどね。
順番はどうあれ、どのみち悟らないと、解消できない。

うーん、ということは、悟ればオートマチックにカルマは解消されるのかもな。
「我々はもともと悟っている。もともと救われている。」と同じ意味で。
うーん。
だ・け・ど。

やっぱ、宿題は、やらないと終わらない。

宿題というのは、「私は今度生まれ変わったら、これこれこういう事を
必ずやります。」と生まれ出る時に誓った事柄。それがカルマ。
それに沿ってないと、「苦しみ」が出てきて、「それ間違ってるよ!」と
教えてくれる。

あたしの具体例。
はずかしい、具体例。
あたしの現在のスペックは、いじめっ子・モラハラー・女・子持ち・三世代同居ね。

結婚前までは、好き放題やってた。
それこそいじめも、夜遊びも。激務で、働いた時間もはんぱなく多かったけど、
お金も自由に使って自由に貯金した。

結婚して、子どもが生まれて、自営業になって、そして同居。
だんだんあたしは、身動きが取れなくなってきた。
自由が、なくなった。
とても狭い。
あたしの宿題は、その狭い空間で幸せが足りている、という事を知る事だ。
そして足りているから、あまった分を人にたくさん分けてあげる、という事だ。
その為に、ぴったりな人が目の前に現れてくれた。
その人は、さまざまな無理難題をふっかけてくる。
あたしは、それに、正確に答えなくてはいけない。
答えを間違うと、苦しみが際限なく襲ってくるのだ。

つまるところ。
目の前に現れた人が、あたしの自由を奪っている、と、感じる。
あたしをないがしろにしている、と、感じる。
卑下な態度であたしからエネルギーを奪っている、と、感じる。
それらは、心の 殻A-表&裏 と、殻@-表&裏 が作用して起こる反応。
心の中に現れる形は、「怒り」。
殻@-表&裏が認識している形が、「怒り」。
けれど、殻A-表&裏 が認識しているのは、「劣等感」「罪悪感」なのだ。
だけど、殻Aを、直接目で見る事はできない。
ものすごく厚いフタをしてあるから。

ここでカルマを解消する。
まず、「怒り」を感じる。
とにかく、心の中でじっ・・・と感じる。
本人に直接怒ってもいいけど、
解消したいんだったら、直接言わずに、まずやってみたほうがいい。
上手に「言う」方法もある。
「言う」のは、だんだんに、やっていくこと。
だから、宿題は一回では終わらない。
時間がかかる。
あ、悟った時に、全部の宿題が終わるのにどれくらい時間がかかるのか、
自分でだいたい見当がつくよ。
あたしの場合は、「数年単位だな。」と感じた。
(だから旦那サマに、「時間がかかるからもうちょっと待ってほしい。」と言った。)
じっと感じて、物にあたりちらしてもいい。あたしはやらないけど。
とにかく、「自分は怒ってる」と、心の中で繰り返す。
「怒ってない」とか言っちゃダメ。
するとものすごい怒りは、10分くらいで収まる。
ここは殻@の領域。
殻@の「怒り」がおさまるころ、殻Aに気付けると、良い。
悟っていれば、殻Aに行くのは簡単。
悟ってないと、怖くて痛くて、なかなか行けない。
けれどがんばって、殻Aに、行ってみる。
すると、そこでは、小さい自分が、泣いてるかもしれない。
ぶすっとして何も言わずに居るかもしれない。
隠れてるかもしれない。
殻A-表では、「あたしを大切に扱ってほしい…」という感情が噴き出ている。
それを感じずに無視すると、殻A-裏が、爆発する。爆発するといってもなくなるわけではない。
なにか攻撃的なエネルギーがほとばしって、自分自身も相手も傷つける。
(本当は相手は傷つけないんだけど、こっちが尖った分相手がへこむので、
一見相手が傷ついたみたいに見える。)
だから、その殻A-表「本心」を、感じてやる。
それが自分自身を癒すことにもなる。
すると、殻A-裏が自分自身を守るために責任を周りに転嫁している状態に、気がつく事ができる。
ここまで行くのは、とても、痛い。
ものすごく痛いと、急に目の前がキラキラと明るく輝く時があるよ。
それはとても不思議な光景なんだ。
責任を周りに転嫁している状態に素直に気付く事を、「懺悔 ざんげ」というのかもしれない。

そうやって、一回一回、やる。
やるしかないんだ、それが生まれる時に決めてきた事だから。
そうするとね、だんだん、「怒り」の回数が減ってくる。

「怒り」を表現できなくて常に卑下な気分でいる人は、「怒り」では
なくて、「自己嫌悪感」とか「体の不調」として感じる事の方が多いと思う。
あたしはそういうタイプではないので、このタイプについては経験からは言えない。
あくまで、あたしのスペックでいくと、カルマの解消第一歩は、こんな感じ。
そう、第一歩だ。
まだまだ続くんだよ。
あたしはこの道途中でくじけそうになったんだ。

くじけずがんばる。→ つ づ く 。


(はやく書き終わりたいー)
長い!
posted by 辰多みか at 16:40 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

カルマの解消とはB

さて@Aと迷走している感があるけど、カルマは解消されるのでしょうか・・・
おさらいすると、
大前提「覚醒する・悟る」→心の仕組みを知る→悩み・宿題(カルマ)が
有限であると知る→心の仕組みに沿って、カルマを反応させていく。

ここまでが、Aだね!
(えっこんな内容だったっ!?っていう 笑)

このカルマを反応させていく、というのが、ちょっとわかりづらいかもな。(あたしの書き方が)
実は私たちの心は、層になっていて、しかもその層がそれぞれふたつに分かれている。
どう表現すればわかりやすいか・・・そう、卵みたいに、なってる。

一番上は、みんなが「自分の顔」と思い込んでる部分で、
卵でいうと、一番外の堅い殻。
それを殻@と仮に名付ける。
殻@は、外側が「表の顔」で、内側が「裏の顔」になってる。
それぞれを仮に、殻@-表 殻@-裏 としましょう。
殻@-表は、「建前」ともいう。
殻@-裏は、「本音」「下心」ともいう。
みんな、この殻@だけが自分の心、と認識して人生を送る人が多い。
なぜかというと、この殻@の下に、殻Aが有るんだけど、
殻@と殻Aの間は、カルマがこびり付いていて、殻Aが見えなくなっているから。
これは、天野聖子さんの説で、あたしもそう思うからこう書いてみる。
あっ、天野さんの説だと、殻@の上には、「肉体」の殻があるんだった。
いま、あたしがしたいのは心の話だけだから、ちょっと肉体は省略しちゃおう・・・
で、カルマで見えなくなってる殻Aは、これもまた表と裏にわかれていて、
殻A-表は、「本心」「本性」で、
殻A-裏は、「性悪な本性」だよ。
いま、悪って漢字を使ったけど、ほんとうのほんとうは、「悪い」という意味はない。
悪くみえるだけで、善と悪 という意味ではない。
殻Aは、窮地に陥った人には、認識可能な領域で、
「インナーチャイルド」とも呼ばれる。
窮地に陥るって、精神をやられる、みたいな事ね。
うつ状態になるとか、精神由来で体の病気になるとか、そういうこと。
人生が順風満帆な人は、殻Aを意識せず生涯を送る人もいるよ。
そしてその下に、殻Bがある。
ん?卵だとすると、どこまでが殻なのかしら。
まあいいや。
卵みたいに層になってるってことで。
で、この殻Bは、
・・・
裏も表も、ない。
わかれて、ない。
というか、あたしの感覚だと、この殻Bは、もはや、殻でも、ない。
白身でも黄身でもない。
ただの、点。
この卵が回転体だとすると、回転しない、真の中心。
ほら、真にバランスを保って回転するとすれば、
中心には、絶対的に回転しないところが現れてくるはずだよね。
理論的にはね。
直径(大きさ)がゼロの、点。
動かない、点。

そこが、生きとし生けるものが、皆、内包する、「神性」
神の、領域。
本当の自分。
だからなんていおうか、
中心点?
うん。
まあ中心点にしておくか。

「人」ひとりは、そうなっている。
そういう仕組み。
そして、じつはその中心点から、太さゼロのコードで、
おおきなおおきな、おおいなる、「あれ」と、繋がっている。
それを、ワンネスとかいう。
神とか。
絶対神とか。
すべての創造主とか。

あっ、ということは、「いまここ」って、ワンネスじゃなくて、
殻の中の、中心点の方だわ。
ただ単に「創造主」という場合も、ワンネスじゃなくて、
中心点の方だわ。

でね、この中心点は、ぐりん、とその「穴」をひっくりかえして、
内側を外側にもできるんだよ。
たぶんその時の形状は、三次元的な球ではなくて、四次元の、
クラインの壺形状なんだ。

で、中心点の「ゼロの穴」が外側に来ると、ゼロの膜ができるの。
1/素数 は、そのゼロの膜を、超えられないんだー。
ゼロの膜の内側は、「鏡」になっているんだよ。
p進数は、これと同じかたちをしているの。

あー、あたしのいうこと、伝わるかなー。

あっ、カルマが解消されてない。

解消されないまま→ つ づ く 。


posted by 辰多みか at 17:05 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

カルマの解消とはA

先に@を読んでね。
@の中でね、「やらなきゃ、なくならない。」と書いたけど、
実は、カルマって、たぶん無くならない。
減らない。
増えも、減りも、しない。
けど、解消 する。
そのへんのニュアンスが伝わるかどうか、
あたしのボキャブラリーでどうだろう、と思う所はあるけれど、
まあ書いてみる。

具体例でいうと。

あたしは、掃除機をかけはじめると、イライライライラする。
「あ゛ーーー」と思わずうなり声をあげるほど、
イライラする。
その時、なにを考えているかというと、
過去に言われたあの嫌味なひとこと だとか、
ないがしろにされた経験だとか、
もったいないから捨てるな、という含みのある、それと見えない仕打ちとか、
そういうこと。
今現在の、あたしの天敵「響子さん」に言われたされた数々の事。
不思議なことに、掃除機をかけるか不用品の片づけをしてる時に、
イライラする事が多い。
不思議なこと、というのは、ほうきで掃いていると、イライラしないからだ。
なんでだろう?? まあいいや。

そのイライラの直接の元は、そういう「仕打ち」の記憶なんだけど、
実は、あたしは、その「仕打ち」に、ちゃんと対処して、
自分自身を守れなかった(と思い込んでる)事に対して、
イライラしてるのだ。
そう、あたしが、あたしのふがいない態度に対して、イライラしてるのだ。
「こう言えば良かった」「断れば良かった」「論破すれば良かった」
「や り た く な い と 言いたかった。」
「卑下にみえる態度で目的を隠して、コントロールしてこないで。」と、
相手の態度を論破したかった。
そして、相手に今だったらこう言う、という、セリフを
頭の中で繰り返す。
それが掃除機をかけはじめると、頭の中ではじまる。一人芝居。

で、これをちゃんと相手に伝えるまで、この脳内一人芝居は延々と、続く。
終わらない。
これがあたしの宿題。

あたしは自分を良く見せたいから、ハッキリ、言わないんだよ。
この、イライラしてる時に頭の中で繰り返している言葉は、
今まで相手に直接言った事がないセリフなの。

自分の得のため(良く見られたいため)、言わない。

宿題とは、それではうまく行ってないからそれをやめなさい、と示されたこと。

それを、やめる。
「言わない」をやめる。

ということは、つまり、「言う。」

それが宿題だった。

いやだ。
やりたくない。
それだったら、我慢して相手を恨んでるほうがいい。
そのほうが楽。
仕掛けてくる相手が悪いんだし恨んで当然だ。

そしてそこを避けるようにぐるぐるぐるぐる回る。
回って回って、何年も経った。
無気力になったりもした。

でもね、もしかしたら、それは反対で、
相手を恨みたいがために、わざと我慢して、わざと「言わない」を
選んでいるのかもしれない。
あたしは、もともと「恨みたい・憎みたい」ただ、それだけなのかも。

そこに気付く。
「あたし」には裏も表もある。
「カルマ」にも、きっと裏と表がある。
裏と表が無いのは、あたしの中心にある、「あの部分」と、
それと同じ成分の、大きな大きな、「あそこ」
それは神とよばれたり愛とよばれたりもする。
最近はワンネスとか今こことよばれたりもしている。
あそこ。
あそこだけが、裏も表もない。
他はぜ〜んぶ、裏と表が、ワンセットで、できている。
裏がダメで、表が良い、というわけではない。
そういうことではない。
ただ、裏表でワンセット、という仕組みですよって事なだけ。

なんかまとまらなくなったわ。
カルマは解消されるのでしょうか(笑)。

解消を願いつつ→ つ づ く



posted by 辰多みか at 22:31 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

カルマの解消とは@

カルマの解消とか、そんなのわけわかんね、と思ってる人も
そりゃあいっぱいいるんだろうなーと思うけど、
あたしの経験からいうと、だいたい、こんな感じだと思う。

まずね。第一条件として、「覚醒する」。
一瞥する とか、悟る とか、ワンネスを経験するとか、
アハ体験とか、呼び名はいっぱいあるけど、みんなひとつの同じ事を指している、
「あの体験」をする。

それがなきゃ、はじまらない。

そう、「覚醒」「悟り」は、はじまりの 第一歩なんだ。
(おわりじゃないんだよ)


「あの体験」をする。

うらもおもてもなくて、なにもわかれていない世界があるのだと。
体験する。
体感する。

その時、自分の中にあった悩みが、霧が晴れるように、ふたつに分かれる。

悩まなくていいところと、悩むところ。

わかれていない世界を体感した時、自分の中で混沌と混ざり合っていた
さまざまな思考が、分かれる。

宇宙の晴れ上がり って、こんな感じなのかも。

「悩むところ」は、真理を理解した今、これからより良く
生きていくために、神様から出されていた宿題だと、気付く。
そしてそれは、有限である、と、気付く。
「悩み」は無限にあるのではない。
それがわかっただけでも、すこ〜しだけ、気が楽になる。

残った「悩み」が、「カルマ」。
そのまま放っておいて、なくなるものではない。
宿題なんだから、やらないと、減らない。
心を静かに滅すれば、なくなる、というものでは、ない。

やらなきゃ、なくならない。

だから、つらいの。

「覚醒」「悟り」を経ても、つらいの。
そのトンネルを抜けるのに、何年も、かかる。
あたしは、5年も経ってるのに、まだ道途中。
(覚醒した仲間がこのブログを読んでる中にもいると思う。つらい人いるよね、がんばろうね。)
あたしは覚醒した時の魂のレベルが、びっくりするほど
低かったので、ほんとうにほんとうに、宿題が多すぎてつらいんだ。

なんか長くて書ききれないので、
つ づ く 。



posted by 辰多みか at 16:35 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

アラフィフ乾燥女の目薬選び

より良く泣くための必需品、「塩酸テトラヒドロゾリン配合の目薬」
(スマイル40 3種のビタミン配合 マイルド)が、もうからっぽなので、
これはイカンイカン、と新春そうそう買いに行ったんだ〜。
今年も泣く気満々だね(笑)。
泣くと魂の汚れ(カルマ)が解消されるからね。

もうからっぽなのは、「マイルド」と銘打ってあるほうで、
今度からは少し爽快感が欲しいな、と思って、「マイルド」じゃない
普通のやつを買ってみたんだ。
そして、今日さしてみた。

「キターーー」ほどじゃないけど、すっきり。普通にすっきり。
普通のよくある目薬。
お値段もおてごろ。300円以下。

だ・け・ど。

あれれー?目のまわりがチリチリするっ。
皮膚が乾燥してるのかな?
毎年この時期に目のまわりが敏感になるんだよな。
3年前くらいからなんだよね。
やだなー、と思っていたら、目薬は乾いて、チリチリは無くなった。

だ ・ け ・ ど 。

数時間後、まつげについていたらしい目薬のスースー成分が、
まばたきを強めにするたびに、瞳の水分で溶けるみたいで、
チリッ チリッ と、地味に攻めてくる。

皮膚の乾いてるところに、チリッ と。

痛い〜地味に痛い〜。

さしてから何時間も、攻撃され続けるなんて。
たまらない、もう無理。
このめぐすりは、だめだ、合わない。
スースーするやつは、冬は、どれも全部だめだ。

ということで、スマイル40だけが悪いわけじゃないんだけど、
アラフィフの冬には、スースーする目薬は避けたほうが良いことが、
身を持ってわかった。
スマイル40マイルドだったら大丈夫。
それか、「塩酸テトラヒドロゾリン」が入ってれば、
どんな目薬でも、泣いた後の充血は取ってくれるはずだから、
より刺激の無いものを選べばいいね。
スースーするのは、しかたがないので、夏までとっておくよ。
ホントは目薬で充血を治さなくても良い環境だったらいいんだけどねー。
まあしょうがないわ。
今年もいっぱい昔のつらい記憶を思い出して泣くぞ〜。



posted by 辰多みか at 23:56 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

2014年うまどし正月

ようやく明日から冬休みだ〜
主婦は、子どもの学校がはじまってからようやくお休みなのよ。
(去年までは仕事があったから、正月も正月休みも冬休みも、
あったもんじゃなかったな。
しかもボランティアイベントづくしだったし)
主婦のみなさま、おつかれさま。
おつかれさま、あたし。

今年の抱負はね。
「悟後の修行」を一生続ける事。
ことし じゃなくて 来年も再来年もだな(笑)。

どうすればいいのか、具体的なところが
よくわからなかったのだけど、
本を読んだりして、なんとなく道筋がわかってきた。
(なにを読んだのかは、またあとで紹介するね。)

内面を顧みる。
そして謝罪と感謝の心で生きる。

具体的には、
内面を顧みるためにする事は、
瞑想する。
内観する。
反省する。
自問自答する。
ヨガをする。
上記5つは、実は、全部、同じ目的の同じ行為を示す言葉なんですって。
ヨガもね。
ヨガって、ポーズを取って柔軟体操をするのが目的じゃないのよ。
言葉にはすぐ、聞いた人の価値観がくっついてしまって、
最初の人が発した言葉と、違うものに変化してしまうから、
それを修正するように本来の意味に沿うように、いろんな人が言い直して、そしていろいろな表現の言葉になるのよ。

適した時間帯は、暗い時間の方がいいね。
朝4時とか。1時間くらい。

そして、自分のまわりが愛でできている事を再確認して、
感謝の心で一日すごす。

それを、毎日、毎日。
毎日毎日毎日毎日。
死ぬまで。
やる。

それがあたしの今年の抱負です。
来年もね。

posted by 辰多みか at 15:08 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

感情の解放

「覚者」は、言う。
「ときには感情の解放が大事だ」と。
「大自然の中で。」と。

あたしは、それ、なに言ってるか、わかってなかったんだなー。
感情の解放?
大自然の中で?

あたしがイメージしてた事
→きれいな海を見て、「きれいー」と言う。
→大きな空を見て、「きもちいいー」と言う。
→かわいい動物を見て、「かわいいー」と言う。
→おいしいものを食べて、「おいしい、しあわせっ」と言う。

・・・

きのう、ハタ、と、気付いた。

い、いや、いやいや、そうじゃない!
「覚者」が言う、「大自然の中での感情の解放」って、そうじゃない!


こうだっ!

「バカヤロー!!○ねッ!」
「おまえなんか○○○○!」←とてもまともに人に聞かせられないコト。
「うわああああああああああああああああああああああああ」

こうだろ!
もう、もう、ぜったい、そう!

だって覚者(アタクシ)がそう思うんだもん(笑)
ぜったい、そう!
だから大自然なんだ!

なんか、安心したわー。
あたし、そんなコト言っちゃいけないかと思ってガマンしてたけど、
これからは、大自然の中で、おもいっきり解放するわー。
わー、すがすがしいっ。
みんなも、安心、してね。
覚者だって、これで、いいのよ。
うん、覚者だから、これで、いいのよ。

posted by 辰多みか at 17:02 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

できる気がする

手放しがね、
できる気がする。
自分をしっかり守って、
境界線をひいて、
(境界線ってね、バリアとは違うんだよ)
あなたもOK
わたしもOK

できる気がする。
そのためには、感謝の気持ちが、
体中から湧き出る準備をする必要があった。
自分の中身を全部調べて、
ものすごくひどくいやらしいこすいずるい自分を見つけて、
そして、いていいよ、それでいいよ、一緒にいようねと言ってあげて、
いつもあたしの味方をしてくれててありがとう、と言ってあげて、
一方でものすごくすばらしいひかりにあふれたまぶしい自分を見つけて、
いつも一緒にいようねと言って、
そして本当の本当の真ん中を見つけて、
心底、安心する。
もう大丈夫だって、確信する。
準備は整った。
だから、できる気がする。
がんばれ、あたし。
そして、がんばらない、あたし。
posted by 辰多みか at 16:28 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

罪を認める

おととい、
外出する間際に、
予期せぬ人が来たりして、
バタバタした。

車で、数十分走ったら、
出掛ける直前まで見ていた、パソコンの
電源を切ってないような、気がした。
さらに、ホットカーペットも切ってない気がした。

サーッと血の気が引いた。
むかし、むか〜し、あたしの実家は…
大きな声で言えないけど、ボヤを出したのだ…
ショートした電化製品で、座布団が燃えた…すこしだけね。
すぐ消火したからなんともなかったけど…
それを、思い出した。

あー、どうしよう。
戻ると、約束の時間に間に合わない。
でも、旦那サマも別の所に外出中だし、
舅姑サンには、頼みたくない。

でもまあ、ホットカーペットは、これまた大きな声で言えないけど、
何度か、切り忘れが…あったのだ。
朝までとか。
小さいサイズのなので、たぶん、全然心配いらない。
コンセントまわりは、過去の経験から、
ものすごく配置に気を付けてるし。
ということで、そっちの方の心配はすぐ去った。
パソコンだな、問題は。
たぶん、画面も出しっぱなしなんだな。
しかも、このブログの画面!
これを、旦那サマに、絶対見られたくない。

想像する…
旦那サマが、暗くなった頃、家に帰って来る。
着替えに二階にあがると、私の部屋がまっくらなはずなのに、
モニターのあかりがボヤーと見えているのだ。
うしろの窓に煌々と映っちゃったりして、
何事だと見に行くと、このブログが…
キャー、やだー。

ぐるぐる頭の中が渦巻いた。
「だって、出掛ける直前に、○○さんが来たんだもん。
いつもはちゃんと切っていくけど、バタバタして…
姑サンに呼ばれたし…
野菜も畑から採って持って行ってもらうって…」
このブログの事はなんて言おう。
あぁ、○○さんさえ来なければ。
あぁ、姑サンが呼ばなければ。
あぁ、○○さんに、野菜持ってけなんて姑サンが
いいところ見せようとするから。
ぐるぐるぐるぐる。
○○さんが来たのが悪い。
姑サンがいい顔したのが悪い。
あたしは悪くない。

やっぱり、そう思いたくて、言い訳をずっと探していた。

あちゃーて思った。

観念した。
じーっと。
心の中を見つめた。
ただ、あたしが、切り忘れた、だけだ。
それだけだ。
あたしが、やった。
切り忘れが「悪」としたら、あたしが、「悪」
ほかの誰が悪い、のではない。

あー、切り忘れちゃったなー。

ただ、そう思ったら、
落ち着いて、腹が据わって、
なぜか、「大丈夫だ」そう感じた。

旦那サマが帰って来る6時前に携帯に電話をしよう。
もし、こちらから先にしないと、電源が入っているのを
見つけた瞬間、きっと旦那サマは速攻電話をかけてくる。
そして、「パソコン電気ついてるよー」と、外出先のあたしにわざわざそれだけ教えてくれるのだ。
いや、親切とも言う?
それって、愛なのか?
だから、先にこっちから、言っとくんだ。
さっきまで考えていた言い訳はしないで、
ただ、切り忘れちゃってごめんね、と。
絶対そんな事で、旦那サマは「出てけー」とか、言わない。
愛を信じる。
自分を信じる。
宇宙に、もう、手放し。

そう決心したら、
ものすごく落ち着いて、そのあと家の事が全然気にならなくなった。
外出先でも上機嫌で、
そして6時前に旦那サマに電話をした。
まだ家にも着いてなかった。
言い訳しないでちゃんと言った。
旦那サマは、ちょっと含み笑いっぽく、しょーがねーなーな感じで
なんのおとがめもなし、俺はそのパソコンをスリープに
しとけばいいの?とか気づかいさえされた。
スリープはいいからそのままにしておいて、と伝えて、
家に帰ってみたら、なんと、
パソコンもホットカーペットも、消し忘れてなかった!
よかったよ〜。
自分を信じて、
愛を信じて、
よかったよ〜。
旦那サマ怒らなかったし。
この、純粋に「罪」を認める、というのを、
一生、ずっとずっとやっていけばいいんだね。
ホントは「罪」でもなくて、ただの「やらかした事」。
「やらかした事」を人のせいにせず、ただ認める。
それなんだよ。
そうなんだよ。

posted by 辰多みか at 23:53 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

降参して手形をもらう


もう、降参しました。

大丈夫。

ちゃんと盾と籠は受け取った。
だから大丈夫。

あたしは身を捧げて
苦悩と共に身を捧げて、
そしてその証拠として約束手形をもらう。
やらかしました。て書いてあるそのカードをひっくり返すと、
裏はキラキラの至福が書いてあるの。
両面でワンセットなの。
なんということでしょう。

両面でワンセットだなんて。

posted by 辰多みか at 23:50 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

苦しみと明け渡し・宇宙の法則

わかったよ。
わかったわかった。
じゅう〜ぶん、身にしみてわかった。
もう、けっこうっちゅうくらい、あきれるほど、わかった。

やってる事が苦しみの方に行っちゃう時は、道筋が間違ってると。
わかってたけどさ。
わかってたよ、あの、目が覚めた日に。
だけどさ…
あがいていたんだ〜〜。
悪あがき〜〜〜。
なんとか"やらずに"すむのならと。

そうだね、
わかりやすく言っちゃうと、
好きな相手に告白しないで、どうやったらつきあえるか、みたいな。
「好きです」なんて、口が裂けても言えないのに、気持ちは伝えたい
というか、察してくれ!みたいな。

それは、ダメだってさ…
宇宙の法則からいったら、ダメだってさ…
ちゃんともがいてドキドキして汗かいて
ぐぉーって吐きそうになって、それでも、
それでも、意を決して、言う!口で言う!(もしくは手紙等をちゃんと手渡す)
だって「好き」なんだから、言ったらいいんだよ。
「嫌い」って言うわけじゃないんだからさ。
でも、それ、できないよね〜〜
胸が、グッて、ウッって、なるよね〜〜
でも、あえてそれを"やる"のが、明け渡し。サレンダー。手放し。
ゆだねる。(宇宙に。宇宙って神の事でもある)
身をささげる。(宇宙に。好きな相手にじゃ、ないよ)
損する。

「好き」って言うの、損する。気がそがれる。
でも、言わないせいで苦しむのだったら宇宙の法則にしたがえば、
その気持ちを言葉にして相手に伝えるのが正解。
それはナニをしてるかっていうと、自分の気持ちを、えいっと、宇宙に放り出しているということ…
見返りを期待せず宇宙に放り出すと、いつかまわりまわって自分のところに戻って来るんだ。
(いったんふられてもその相手といつかつきあえる、とか
そういった次元の話ではないよ)

あたしはこれをやりたくなくて、もう5年も
やらずにすむ方法を探してたんだ。
ばかみたいに…
できないできないといいながら。
自由がなくてできない、時間がなくてできない、
立場が弱くてできない、病気だからできない、
とか、手を変え品を変えてさ。

上のたとえ話は「好き」だけど、「嫌い」も、「いや」も、同じだよ。
言わなくていい理由さがしをしてたけど、
やっぱり、そのトンネルは、抜けなくっちゃいけない。
というか、他に、道が無い。
"やらない"ことは、宇宙を信用してない事になるからさ。
宇宙って、神の事で、
宇宙って、自分自身のこと。

あっ、苦しくなければ、道筋は間違ってないから、
わざわざ損しなくってもいいんだからね。
苦しかったら、こんなことやれん〜…ていう方を、
選ぶのが正しい道なんだよ。

やっぱりぐるぐるぐるぐる回ってここにもどってくるわ。
あと皮一枚のところまで来たな。

posted by 辰多みか at 17:20 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ついに辿り着いたかも

昨日、痛い痛い記事を書きました。
(もっともっと痛い過去はいっぱいあるけれど)

それに付随するように神の定義関係の事も考えてました。

そして、自分の中の、自分で見えない、うわっつらの表面の事も。

うわっつらの表面。

自分で、見る事が、できない。

だって、目はうわっつらについてるし。外しか見れない。

神の定義関係の事は、熱い冷たいみたいに、神経刺激で感じる事だから、
目がなくても、わかるの。
五感じゃなくて、第六感で感じるんだけどね。

でも、自分の姿だけは、見えない。

そのために、「他人」が鏡の役割をしてくれているの。
でもその鏡は、ポジとネガが逆に写る仕様の鏡だから、
よ〜〜く、神経をこらして、感じ取らないと、
そこに写った自分のうわっつらの姿を見るのが、とても難しい。
ものすごくコツが要る。
ふつうの人は、それを見出すまでに、精神をやられちゃう。
(この見方のコツが、水晶透視や他の占いのコツなのかも)

ていうか、精神をやられるから、見えるようになるのかもね。

あたしは、自分の内面に押しやった、醜い、酷い、おぞましい考えの、
腹黒の自分を、自分の中から発掘して、そして、その穴に転がり落ちて、悟りの世界を見た。
神の定義を、見た、見たというか、神経で感じた。
(どんだけあたしがおぞましいかの一例は、昨日の記事ね。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380778967.html )

だから、もう大丈夫なのかな、と思った。

でも、やらなきゃいけない宿題がいっぱいあったのよ。
そのひとつは、相手にちゃんと「ノー」と伝える事。
それをやりたくなくて4年も経った。
で、なんとかがんばって「ノー」が言えるようになってきた。
傍目から見ると、ただの、「反抗期に入った嫁」なんだけどね(笑)。

もうひとつは、感謝してちゃんと受け取る事。

それがなかなかできない。

道筋は間違ってないと思うのに、なんでだろう。
どこかで、あたしは勘違いをしている。
それを、ず〜っと探していた。

そしてね、昨日、なんか、見つけたみたい…

ついに、辿り着いた…みたい…


そして、それを、
やりたくない!やりたくない!やりたくない!って、体中の細胞が叫んでる。
ぐーっと、筋肉が縮こまる。

あたしが辿り着いた、宿題は…

それは、「相手に自分の弱みを見せる事」だ…

今まで、やってきたつもりだったけど、一度もちゃんとやっていない。
それに気付いた。

強がってばかりだった。今も、強がっている。
笑ってごまかしてみたり。
平気なふりをしたり。
悟ったから大丈夫って思ってみたり。

やっぱり神様は見逃さない。
法則のセンサーは、完璧だわ。
そこができなければ、あたしは、本当には自由になれない。

あぁー。
でもホントにやりたくないのよ。
ううーっ

助けてください…
(↑これを口で言え、あたし)

posted by 辰多みか at 11:35 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

泣く準備

ココロの事。
もっともっと自由になりたい。
一度悟りの世界を見てるのに(それを目覚め・気づき・一瞥・見性とか云うみたい)
まだまだ、悟り前とおんなじ事をしてる。
そして、ハッと気づくのだ。まだぐるぐるしてる、と。
なまじ、「見た」から、よけいつらいのかもしれない。
「できない」事が。

あたしは、ひとりで勝手に悟って、
そしてネットでこれはなんだと検索しまくって、
そしていろんな「ホンモノ」の人たちを、見た。
「ホンモノの手法」を、見た。
たくさんあったよ。
ニセモノも、あるけどね。
どれがホンモノか、一度箇条書きにしてブログに書いてみたいな〜。
スピ系でどのブログがホンモノかもわかるよ。
反発くるかな〜。くるよね〜。
やめとこ…(あはは)

あたしが「足りない」所は、どうやら、体を使って発散することらしい、
という結論に、至った。
心屋さんは、正真正銘ホンモノで、みんなでワークして、言葉を口に出したり
感情を出したり、そういった事で、自分の本質に迫っていく手法なんだよね。
(行った事はないのでネットで知った内容です)

一番てみじかで、いちばんカンタンなのに、やりづらい事のひとつに、
「泣く」事があるの。
あたしは、過去を思い出すたび、泣けてくるんだけど、目が真っ赤になっちゃうので
なかなかできないの。
自営業同居嫁だしね。(あはは)
ホントは、大人数で感情を出しまくって、泣きまくれれば、いいんだけどね。

とりあえず、あたしは家で泣けてきちゃうので、どうしようもなく、
苦肉の策で、とある方法をあみだした(?発見した?)。

それは、超基礎的な事だけど、めぐすりをさす なのだ。

今の目薬って、20年くらい前とはうってかわって、
充血を取り去る効能が、あるのだ。
すごいよ〜。あたしは白目が青いから、
めぐすりさすと、充血がなくなるばかりでなく、青白い白目のヒトになって、
「世の中の穢れを知りません」みたいな瞳になるんだからね。

今の目薬は、一般的なのはどれにも入ってると思うんだけど、
ちなみにあたしが使っているのは、「スマイル40 3種のビタミン配合 マイルド」ね。
この中で、充血を取る成分は、

「塩酸テトラヒドロゾリン」なの。

この成分が入っていれば、どの目薬でもいいよ。
よぉく、裏を見てから買ってね。

さあ、充血取る「塩酸テトラヒドロゾリン」入り目薬を手元に用意して、
思いっきり、泣こう!
そしたら、アナタの未来は変わるよ!
あたしも、泣く〜!
posted by 辰多みか at 09:42 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

同じ境遇の覚者のおはなしを聞きたいな。

あたしは5年前に、いわゆる「悟り」、
悟りじゃおおげさかなーと思って「気づき」「覚醒」とか、
「かいま見た」とか、阿部さんのおっしゃる「一瞥」とか、
いろいろ言い換えてるけど、まあ、そういう事があって。
その時、あたしがずっと避けてきた「宿題」を、見た。
その後、なかなかその宿題が終わらなくてさー(笑)。
今、目標の半分地点くらいなのよ。
まあ、この一年で進んで、自分でもよくやったとは思ってるけどさ。

この苦しい悟り後の修行を、どうやって乗り越えようかといろいろな覚者の
ブログを見た。
成功してる人たちとか、スピリチュアルでキラキラ輝いてる人たちとか、
お金を引き寄せてる人たちとか。
みんな、素敵だなと思うけど・・・
あたしは、あたしと同じ境遇の人のはなしを、聞きたいの。
ワガママだな(笑)。

だいたい、精神世界のキラキラなお話をされてる方って、
全員がそうだとはもちろん言わないけど(と思うけど)、
境遇的に、ちょっと自由な感じなの。
つまりは、離婚してひとりだったり、次のパートナーさんと
子供のない生活をされてたり、あたしは女だから女の立場からの
話を聞きたいのに、男性だったり。
そんな感じなの。
覚醒して、離婚を選ぶっていうのは、ものすごく良くわかる、
覚醒するとそうなるだろうなと、あたしも、そうは思うよ。
(あたしは今の所離婚する予定は無いが。)
あたしの宿題は「離婚」じゃなかったってだけで、やらなきゃ次に
進めないって点では、まあ、似たようなモンだけどね。

だけど、同居嫁でキラキラされてる覚者って、見あたらないのよー。
ずっと探してるのに。
そんな人たちの、リアルを、聞きたいのに。
気のせいとか心の持ちようとか、自分でよーくわかってるんだけど、
実際、物理的に生存できる面積が狭いんだから(同居なので)、
その狭い環境で、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
ごはんが自分の分だけ無かったり、おやつが自分のだけなかったり、
一度捨てたゴミをまたゴミ箱からあてつけのように出されたり、
そうされても、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
どこかにいないかな。
さがしているのよ。
(あっ、ごはんが無いうんぬんはもう解決まで持っていった問題なので
今はその点はノープロブレムです)
posted by 辰多みか at 16:07 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

今日も○○○○

○○○○の中には、イライラ が入ります♥
(ハートじゃないだろうよ…笑)

今日もイライラしちゃいました〜♪
テンションあげていかないとへこむわ。
前日記の、狩りガールとは全然関係ないよ。

今日イライラしたのは…やっぱりあたしは、
自由に外出できない身なんだ、と、
また、思い込んでた、から。
外出先で、イライラしました〜。
イライラしながら、「できないハズの」外出を、してました〜。
今、まさに、外出してるのに、「できない!」とイライラしているという…
それは心の縛りの問題だからね。

よ〜く考えたら、
うちは自営業で、家に大人が常に、4人いて、
あたしは朝起きて、すぐエンジンフル稼働で朝の家事をして、
その後、仕事をして、
11時半になったら、昼ごはんのしたく〜昼の家事を13時半までして、
その後、仕事をして、
16時になったら畑仕事〜夕飯のしたく〜犬の世話・片づけ・床ぶき・明日のしたく〜
で、お風呂に入って、家の事がすべて終わるのが 21時すぎ。
仕事は納期制だから納期が近ければこのあと25時まで仕事
そして、5時間寝て朝。

というのを、10年以上やってきた。
仕事は男性と同じ質の仕事だけど、フルタイム相当はさすがに
無理なので、融通が効きやすいものを選んでもらっていた。
こうやって書いたの見て、いつも思うけど、これって、"無理"だよね!?
しかも、外出も買い物も、禁止されているし、
なんのために生きてるかわからなくなっちゃっても…おかしくないよね!?
(誰がこれ読んでくれてるのかしらないけど、同意を求めてるよ。笑)
自分でいくらお金を稼いでも、使っちゃいけないって、おかしいよね!?
(というか自由に使うお金を稼ぐくらいなら、働くな、ぐらいの勢い)
あたしは「おかしい」と思ってきた。
そのたびに、自分の意見を主張してきた。
泣き寝入りなんてしてない。
だけど、そのたびに頭を押さえつけられた。
いえいえ物理的にではなく。
ものすごく狭いところに押し込められた。
お客さんがたくさん来たら、"悪事"=自分のお金で自分の好きなものを買う事 を、
みんなの前でバラされて、血祭りにあげられた。
おかしいよね?
これをおかしいと思うあたしが、おかしいのかな?

家に常に人がいるから、心底、ひとりでほっとする時間が、無い。
一秒も、無い。
なんか隠れて食べてると、いつ呼ばれるか、ヒヤヒヤして味もよくわからない。
前は、舅も姑も毎日のようにあたしの部屋へ上がってきて、
(今は足が悪くなったから上がってこれなくてその点だけはほっとしてる)
自分の部屋なのに、くつろぐ事も、できない。
だってお風呂に入ってても、トイレに入ってても、開けてくるんだよ。
着替え途中なんて、公開生着替えと、同じ。
外出も禁止されてるから、外でほっとする事自体が"悪"。
どうすればいいの、あたし。
で、
あたしは、


モラルハラスメント に 走りました♪
精神的に幅をひろげる事しか頭に浮かびませんでした♪
だって狭かったからさー。

あら、昔語りになっちゃったわ…
まあ昔話はいっぱい書いてきたから…、かいつまんで書くと、
「しらずしらずモラハラをやろうとしてるあたしが悪い」って事に突然気付きました。
そしたら、突然 悟ってしまいました。
神を見ちゃって、神とは、自分自身の芯でした。そしてそれは大きい神と繋がってました。
そうしてね、上に書いた「おかしい」と思ってた事が
全部自分の思い込みで、幻だって事に、気付きました。
そう、おかしくなかったの。

でね・・・
思い込みだって、わかってるのに、まだイライラするの…

神様はさ、イライラもワクワクも、体験したくてヒトの形になったんだよね。
そのヒトのひとつが「あたし」なんだ。
「もー、イライラするー」て思いながら、家族のための買い物(あたしの
ための買い物では無いっ!)をしてる時に、
ああ、神様は、イライラしたいんだから、イライラしてれば、いっかー、と、
思いました。
で、ずっとイライラしてみた♪
で、
・・・
・・・・
まだ気分悪い♪
なおらーん。
まあ、しょうがないね。

神様はね、完璧で、振動もしなかったのよ、きっと。
振るえるための、遊び(余裕)がなかったのよ、きっと。
わかんないけどさー。
まあしょうがないから、まだしばらくイライラしてみるわ♥


posted by 辰多みか at 15:43 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

光の体験

昨日の、「静寂」の体験と同じく、
あたしは、「光」の体験も、いまいち、印象が薄かった気がする・・・?

たしかに、「明るいところ」には、出た。
自分の内面を探っていって、一番奥かと思ったら、外だった。
ぐるんっ て、世界がひっくり返った。
ものすごくびっくりした。

ああー、そうかー、ブラックホールって、この世界が裏返しになる事なのかな。
裏返しになって、また始まるという。
あたしはまだ感じきれないなー。
おしゃかさまは、どう感じたんだろう・・・
(あたしはお経の勉強をしてないから、わかんないです)
お釈迦様は、偉大な物理学者・数学者・哲学者 だと思うよ。
教祖さまじゃ、ないよ。

いろんな人の覚醒体験を見てると、
自分自身が、「光」そのものだった、というのをよく見る。
それは、そうだろうなー、とあたしも納得できるけど、
あたし自身がそういった体験までしたかな、と思い出してみると、
そうでも無いっぽいんだよね。
やっぱこのへんの体感が弱いから、大悟まで行ってないんだと思うよ。

あたしはひとつぶの光子でした ってとこまで行ってみたいな。
でもやっぱまだちょっと怖いのかな(笑)。
posted by 辰多みか at 15:45 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。