2014年06月09日

The moon is shining.

ハチミツが爆発したよ〜〜。(笑)←笑いごとじゃない(笑)

売値2万円はするであろう、大瓶入りの、ハチミツが…
フタを開けたら、50cm四方に飛び散ったよ…。

去年までウチに居た、日本ミツバチちゃんたちの蜜だったのよ…。
(4つあった巣箱は諸事情により今はウチには無く絞ってもらった)

ウチから、先日おすそわけしたお宅から、
「ハチミツが噴き出した…!」と聞いてびっくりしたけど、
たかをくくってたウチも、まさかなるとは。
おととしの分はなんともなかったから。

ふと、戸棚を見たら、ガラス瓶の、金属のフタがね、
ぱんぱんに盛り上がってて、
「これは、やばい!」って、とっさに思った。
もう、汁が、閉めたフタから漏れちゃってるし、
放っておくわけにもいかないので、
意を決して、開けたら、バツッ!って音して飛び散ったわ…。
ガラスや金属が破裂してケガしたらどうしようと、
ビクビクだったけど、中身が1/4飛び散ったのみ…。
でも大損害だ!

自然の酵母で発酵するらしい。
原因は、糖分が結晶化する事により、
結晶以外の部分の水分量が増えて、
酵母が活動し出してしまうかららしい。
なんかそれに加えて、花粉とか、不純物みたいなのが多かったしね。

だから、湯せんにかけて、糖の結晶を溶かしておけば、
発酵は防げるそうだ。
しぶしぶ、全部のハチミツを湯せんにかけて…
味見をしてみたら、なんと発酵した物は、おいしくなってる。
ケガの巧妙?
むしろ発酵した方が良い?
でも、ビクビクでフタを開けるのは嫌だな。

きっと、この発酵したハチミツを水で薄めて放っておけば、
ハチミツ酒(ミード)が勝手にできるよ。(←酒造法違反で捕まり
たくないからやってないよ!)
大昔の人は、あま〜いハチミツ水から勝手にお酒ができて、
本当に、神の恵みだと思っただろうね。
(ブドウも、絞って放っておけば自然酵母で勝手にお酒になるらしい)
ハネムーン(蜜月)という言葉は、この、蜂蜜酒を新婚一ヶ月の
間毎日飲む、というのが由来になっているよ。
(新婚旅行という意味ではないのだ)

あたしは、ぜんぶのハチミツに熱を加えて、酵母を殺しちゃってから
気が付いたんだけど、少し生のまま残しておけばよかったわ。
その残した発酵ハチミツを使って、自然酵母パンをつくれば
よかったな〜と、ちょっと心残り。

(ウチからハチミツ爆弾を受け取られた方々…ごめんなさい〜〜)




posted by 辰多みか at 11:18 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

命のない食べ物

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」をチラ見する。
(がっつり見ではないということ)

この間「物を食べるのは命を奪うことだから、食べる事に拒否反応が出た」というのをやってた。
命を奪う戦争を体験したその人は食べ物を拒絶するので、栄養失調で死ぬ寸前になってしまった。
助かったのは、「牛乳」のおかげ。
「乳」は、命を奪った事による食物ではないから。

「どうぞお飲み」って、母が"出す"やつだね。
たしかに命は奪ってないわ。

それを見て、うちの旦那サマはちょっと考えて、
「ハチミツって、、命は無いよね〜?」と、少しドヤ顔で言ってきた。
たしかにそうだ。
ドヤ顔になるのもわかるわ(笑)。

「種は・・・だめだよね〜?油は?」
と言ってくるので、
「油は種をしぼるからダメでしょ。」と、あたしもドヤ顔で言った。
そうだな〜、他に何があるかな?
「果物」は、植物自身が「どうぞお食べ」って、差し出す物だけど、
種を残せば、命が無い食べ物 でいいのかな?

乳・ハチミツ・海水(塩)・果物 で、
もしかしたら人は生きていけるのかも。
ちょっと味気ないけどね〜。
posted by 辰多みか at 16:21 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

最短シュタイナー問題


「回転対称性の自発的破れ」
回転対称性は、破れる。

回転対称性を持っているものが、ず〜っと、
回転対称でいられるっていうのは、許されてない。
それはこの世界の創造主が決めた事。
創造主って、つまり神ね。

一番わかりやすい、その事例の事を、
「最短シュタイナー問題」という。

説明しましょう。
絵を描かないから、
文字で書くから、
想像してみてね。

正方形が、あるよ。



↑正方形。

正方形って、90°回転させても、180°回転させても、回転させる前と同じ形の、正方形。
そんなの、あたりまえだよね〜。
このことを、回転対称性が有る というの。

じゃあ、4つの頂点から、線を出して、
一番短く、つなげる事ができるかな?

どうやったら一番短くつなげられる?
4つの頂点を、× のように、つなげちゃったらどうだろう?
でも実は、その形より、短くつなげられるやり方がある。
それは、キャラメル包みみたいな形に、つなぐの。
わかるかな〜

>-< こんなふうにつなぐの。

この、頂点から出る線の角度は、30° ね。

これがどうして最短の長さなのか、三角関数をつかえばすぐにわかるよ。
正方形の一辺を、「1」とすると、
 × の場合は、√2+√2 だから、ひとよひとよにひとみごろたす
 ひとよひとよにひとみごろ で、2.8284…だね。
>-< の場合は、ちょっとややこしいかな? 計算は簡単だから大丈夫。
 30°の直角三角形は、斜辺を2とすると、残りの辺は、1と√3 という
 決まりがあるので、それを使って算出する。めんどくさいけどがんばって。
 すると線の長さは、1+√3なの。いちたすひとなみにおごれや で、2.732…だね。
 だからこっちの方が、短い。
ということは、正方形の4頂点を結ぶ最短の線は、
棒が横向きの - こういう場合もあるし、
棒が縦向きの | こういう場合もあるってことだ。

これって、90°回転させたら、元と同じ形にはならない。
4頂点を結ぶ最短の線は、回転対称性を持っていない。
これが回転対称性の自発的破れ。

最短シュタイナー問題の計算はめんどうだけど、目で、一発で見る方法がある。
それは、せっけん液を使うの。
むか〜し、秋山仁先生が、NHK教育でやっていた。
これは自然界にも自然に存在してて、蜂の巣なんかもそうだよ。
一番材料を節約できるから、あの形。

ふしぎだなー。
なぜこんな簡単な事が、美しい対称性を持たないのだろう。
宇宙はもしかしたら平坦じゃないのかもしれない?
果てがないのだから、きっと、平坦じゃ、ないよなー。
本当に不思議だ。
posted by 辰多みか at 17:04 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

2割と残り8割の法則のつづきのつづき


パレートの法則 2対8、8対2

80対20 でもいいし 8割対2割 でもいいけど。

2対6対2 でもいいけど。




人の心の中で。

真の自分(芯の自分) があるとして、

それが、自分の中を占める比率は、80%で。

その80%は、なんと、他の人と、まったく同じ成分でできていて、

あとの残り表層20%は、自分の色 の部分。

自分の色とは、表の顔・裏の顔・自分できづかない自分の三層の事。



でね、80%の、他の人とまったく同じ成分のところは、



愛 で




できているんだよ。

と、あたしは、感じる。

posted by 辰多みか at 23:04 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

パレートの法則とベッセル点


もうすでに日本ミツバチから遠く離れちゃったけど。


パレートの法則って、


ベッセル点のことなんじゃないかな〜って思うんだ。

違うかな〜。

そしたら、まあ、20%でもいいんだけど、22%くらいだね。

ベッセル点だとしたら、重力が関わってくるな〜。

ちなみに、エアリー点ではないと思うな〜。

エアリー点だったら、21%くらいだね。


まあなんにせよ、究極にバランスを取ってるというわけだ。
posted by 辰多みか at 23:03 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2割と残り8割の法則のつづき


これはもう、完全に日本ミツバチから離れるけど。

2対6対2の法則。

どこかできいたお話。


とある人のまわりに、10人の人間がいた場合、

10人のうちひとりかふたりは、必ずその、とある人の事を嫌いで。

その人を大好きと思ってるのも、ひとりかふたりで、

あとの残った6〜8人は、その人の事は特にどうでもよい。


なんだって。


比率の話だから、人数が多くなれば、当然、嫌い・好きの人数も変わるよ。

100人いたら、20人はあなたの事を嫌いで、20人はあなたの事を好き。



だからキリストの弟子13人の中に、裏切り者がいたのは、当然の事だったんだよね。

だから、自分もしかしたら嫌われてるかもってふと不安になっても大丈夫。


「嫌われてるのが当然」で、それは、なんと、自分のせいではなくて、

そういう法則だからなんだよ。あ、パレートの法則というんだよ。


そう思うと、ちょっと心が軽くなるよね?
posted by 辰多みか at 23:02 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2割と残り8割の法


これはね、ハチを見て学んだのではなくて、なにかで読んだ事。

蜂だったか、蟻(アリ)だったか、どっちだったかな?

まあ、どちらも生態が似た昆虫だから、同じなのかもと思いつつ…


働きバチには、働くハチと、働かないハチがいるんだって。

その割合の比は、働かない2:働く6:よく働く2 だそうです。

だから、ある研究者は、その、2割の働かないハチ(あ、やっぱりアリだったかも)

を、巣から、出してしまったのだ。

当然、巣には、働きものしか残ってないよね。

ところが…残ったハチの中から、やっぱり働かないハチが2割出現したという。

これは、フラクタルで…たぶん、、最後の一匹がいなくなるまで(?)

ずっと続く…延々と続く。


素数の現れ方の、逆を見ているような気もするわ。

自然対数の底がここに出ているんだわ?。


その2対8は、必然性があって、そういう結果が生まれる。

ハチの世界では、「2割が働かなくても良い社会」の法則があるということ。

これは人間だって同じだよね。

ひとりぐらしをしていれば、当然家事は全部自分でやるけど、

ふたりで暮らせば、どちらか一人がやればいいし(世論的にいい悪いは別にして)、

家族がとても増えれば(ある一定以上のn値があれば)、

家事をやる人の必要人数は、たぶん一定の計算式であらわせる人数になるよね。
posted by 辰多みか at 23:01 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

蜂が気になる人と気にならない人


まだ結婚する前、

学生時代の友達と、よく旅行に行っていた。

4人グループで。

ある時、ラベンダー畑を見に行こう、ということになった。

北海道は遠いから、近場で、長野県。


ラベンダーは、それはそれはきれいだったよ。

いくらかお金を出すと、花の摘み放題ができたから、みんなでやってみた。



すがすがしい青空に、すがすがしい香りの紫のラベンダー。

花には、ミツバチがたくさん来ていて、メルヘンの世界。


花摘みには、蜂が邪魔だったけど、

最初、蜂を見て、うわっと言ってた(あたしを含め)仲間たちも、

しばらく見てるうちに、蜂がなんにもしないのを確認してからは、

何も気にせずに、花を摘みだした。

逆に、蜂を手で払ったりするほうが危なそうなので、

蜂さんちょっとごめんね〜、とか、どくまで待ってるね〜みたいな感じで、

みんなで花摘みをしていた。

けれども。


ひとりだけ、どうしても、蜂がダメな子がいた。

みんなが「だいじょうぶだよ〜」と言って、どんどん花を摘んでいっても、

その子は、動けないのだ。


花の間の通路で、「こわい〜こわい〜」と言ったまま、足がすくんでしまってるのだ。

飛んでくる蜂にも、過剰に反応して、右へ左へよけまくり。

そのうち、冷や汗で顔がテカテカしだした。

血の気がひいて、テカった青い顔。

さすがにそれを見て、みんなやばいと思いだして、

花摘みをやめて、「降りよう」と言って、花の山を降りた。


途中で、ソフトクリームの屋台があって。

「食べようか?」とみんな色めきたったけど、その子は、

「怖すぎて、胃が痛い…」と言うので、食べなかった。


こわがりすぎだよ〜、と思う3人と、とても耐えられない1人。

この違いはなんなのだろう。

その子には、運悪く(だと思うけど)怖い思いをさせちゃったけど、

どちらの思いにも、正解は無い。


人の心というのは、

そういうことだと思うんだ。

この場合は、目に見えた事だけど、

だいたいの事は、目に見えない。


だから、自分で、自分の心の、形がはっきり見えてくるまで、

よ〜く見る(観察)する事は、とても大事だと思うよ。

posted by 辰多みか at 23:00 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

気にしなければ目に入らない。4千匹の蜂に囲まれてても。


蜂を飼ってるんだけど。

まあ、どうして飼ってるとかはいいとして。

分蜂(ぶんぽう・女王蜂の巣分かれ)がはじまったんだよ。

一回目は、見られなくて、残念だな〜と思ってたら。

次の日、蜂は二回目の分蜂をした。


あたしは、庭を歩いていて、

その渦中にいたんだけど、


全く、気がつかなかった。


蜂がぶんぶんあたしのまわりをとびまわっているのにね。


前提として(あたしの蜂に対する許容スペック)、

毎日、蜂は、ぶんぶん飛んでるんだよ。花を求めて。

ただ、おとなしい日本ミツバチだから、あたしと蜂の距離がいかに近かろうが、

蜂は絶対に刺してこない。

蜂は飛びながら、あたしをよけてくれる。

だから、あたしがぶんぶん飛んでる蜂の中につっこんでいったとしても、

あっちがよけてくれるから、当たらない。

だから、あたしのまわりにどんだけ飛んでても、

怖がる必要もないし、よけなくたっていい。


その分蜂の時も、蜂はあたしをよけて、ぶんぶん飛んでた。

四千匹くらい。

いつもは、まあ、いても100匹くらいじゃないかな?


でも、まったく、あたしはその四千匹を、ふだんと同じに感じてしまった。

まったく、気にならなかった。


だってよけてくれるしね。



なんで気がついたかというと、

となりの森から、ものすごい大きな蜂の羽音が聞こえたから。


蜂は、うちの庭からとなりの森まで、

一面、黒い雲みたいになってたわけだけど、


森の方からの羽音で気がついたんだ。

そう、ふだんはそこから羽音はしないからね(花が無いから)


それで我に返ってまわりを見てみたら、


あたしのまわり蜂だらけだった。


あたしは、蜂の黒い雲の中にいた。


でも、全然気にならなかったし、

気がついた後も、怖くもなんともない。


ただ、分蜂のかたまりをつかまえて新しい木箱に入れなければならないので、

その点だけでは、焦った。

ただそれだけ。


いくら四千匹の蜂の大群だとしても、

気にしてなければ、目にも入らないし、気にならない。

一般の人は、それはそれは怖いだろうね。

あたしも蜂を飼う前のあたしだったら、パニックだったろうと思うよ。

この時期、ミツバチの大群に関する通報がたくさんあるというのも、わかるよ。




そう思った春の日だった。

ああ、日本ミツバチだったら怖がらなくてもいいけど、

スズメバチは別だからね。

そんなにたくさんのスズメバチが、もし自分のまわりを飛んでたら、

いちもくさんに逃げなきゃいけない。

そういうこと。

posted by 辰多みか at 23:00 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。