2014年01月25日

ママの語源

「まま」
赤ちゃんが生まれてから最初にしゃべる(といわれてる)言葉。


「まま」


一番最初に言う「まま」ってさ〜。
意味ないんだよ。



赤ちゃんを産んで、24時間つきっきりで一緒に居てみ?
そうすれば、わかる。
赤ちゃんが最初に発するのは、
「まままままま」とか「んまんまんまんま」とか「ぱぱぱぱぱ」とかの、ただの、音。

音が出るから、赤ちゃんは面白い。
面白いから、また音を出す。
自分から「出る」音が、面白い。
「まま」とも「ぱぱ」とも、言うよ。
言うけど、

決して、

「ママ」と、お母さんの事を呼んだわけではないし、
「パパ」と、お父さんの事を呼んだわけではない。

「ママって言った〜♡」とか、狂喜乱舞する必要ない。
だって言ってないし。

横から、舅・姑が、「マンマって言ってるのよ! おっぱいが欲しいのよ!」
とか、「マンマ食べたいね〜。もう離乳食にしたら?」と
とんちんかんな横入りしてきたって、構う事はない。
だって言ってないし。


ただ、口から音が出るのが面白くて、空気を、出してるの。

その「まま」が、本当にお母さんを意味する「ママ」に変わるのは、
もう数ヶ月先のおはなし。


世界各国、「ママ」って、お母さんの事だよね。
中国語でもそうだよ。
日本語だけは「ママ」は、ごはんの事だ。
それって、赤ちゃんは一番最初に「ママ」とお母さんの事を呼ぶだろう、
呼んでほしい、っていう、願望めいた空耳の具現化なの。
日本では、赤ちゃんは、一番最初におなかがすいたと訴えるだろう、
という、空耳なの。

「ママですよ〜」「まーま」が繰り返し繰り返し、繰り返されて、
赤ちゃんの脳に染み込んでいく。
だから赤ちゃんの方から先にママと言うのではなくて、
母からの刷り込みなんだよね。
一見、そう見えないけどね。

なぜそうあたしは断言するかというと、ウチでは、あたしは
自分の事を「ママですよ」とは言わなかったからだ。
おっぱいの事を「マンマですよ」とは、言わなかったからだ。
なのにムスコは、「まままままま」と、言った。
そして、楽しそうだった。
純粋に音を楽しんでいた。

その時、ああ、世界各国共通して「ママ」なのは、コレから来てるのか、と超納得したんだ。

だから言語学者さんは、学者である男の人の意見ばかりではなくて、
「母」の意見も、聞いてみたらいいと思うのよ。
特に赤ちゃん由来の語源についてはさ。

※ちなみに、あたしは一貫して「おかあさんですよ」と言い続けた。
ムスコは「おかあさん」と発音できず、一生懸命言おうとがんばる
ものの、おたーんん とか おかあん しか言えないで、
最終的により簡単な「かあか」に、なった(笑)。
幼稚園の時に姑に「かあかじゃないよ♪からすじゃないよ♪おかあさんだよ」と
フシを付けて言われ、一発で「おかあさん」になった。
あたしは若干ムッとしたけど、まあ、嫁は姑に何されてもムッとくるもんだからさ。



posted by 辰多みか at 00:05 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

鼻呼吸ができない

さっき、いろいろな瞑想法・呼吸法を、ネットで見ていた。
その中で、ヨガの呼吸法というのをやってみたんだ。
「ハタ呼吸」という名前らしい。

あたしは、腰を痛めた7年前、整体について、丹田について、
いろいろ調べまくった時期があって、骨盤矯正や仙腸関節調整、それと呼吸法に興味を持った。
なが〜く息を吐いてその1/2のスピードくらいで空気を
取り入れる、という呼吸法をネットで見て、よくやっていたんだ。
まだロングブレスなんて言葉、世間になかった頃だよ。
でも、ネットに書いてあるとおりに鼻から出して鼻から吸う、というのが
できなくて、口呼吸しかできなかった。それでも気持ちいいから、よくやっていた。

呼吸法では腰のヘルニアの痛みと坐骨神経痛は治らなかったけど、
病院でもらった「腰痛体操のプリント」と自力整体で良くなった。
その頃は、甲野善紀さんの教えとか、よく読んだな。
坐骨神経痛には、腰割り・股割りが劇的に効く、って、自分の体で思い知ったわ。
(腰痛で悩んでる人は、腰割、股割・野口整体・真向法・自力整体 あたりを
調べてやってみて、自分に合ってるのを続けてみてください)

今でも、口呼吸でなが〜い呼吸(吐くのが15秒くらい)を
よくやっていて、体がポカポカしてくる感覚を楽しんでいるんだけど、
さっき見たサイトでは、鼻を片方ずつ押さえて呼吸する、と書いてあったので、
やってみたんだ…

なぜあたしが口呼吸で呼吸するのか、それは、子供の頃から、
慢性的に、鼻がつまっているからなんだけど…
そのハタ呼吸というのをやってみたら…

吐くのは全く問題なかったけど、吸う時、命の危険を感じた!(笑)
吸えない〜吸えない〜〜空気がちょっとしか入ってこないぃぃ〜
やばいやばい〜すぐに口が開いて、ぷはぁー!と吸いこんだよ。
これあたし大丈夫かなぁ?
鼻つまってるのやばくない?
どうすれば40年以上続く鼻づまりは解消されるのだろう。
(その頃何年も通ってた耳鼻科では原因不明あつかいだった)
ハタ呼吸を続ければ、もしかしたら体の方が適応してくるかも(笑)。
もうちょっとがんばってみよう。

posted by 辰多みか at 14:03 | 整体であること | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

自由になった

響子さんを嫌ってもいい。嫌と言っても思ってもいい。
嫌な事はしたくないと言ってもいい。

あたしは、それを許可しろ、と、周囲に脅迫してきた
被害者を装って。
正当性を掲げて。
まっしろい何の罪もないあたしを演出して。

でも、なんの事はない、あたしがあたしに許可してなかっただけだった。
わかっちゃったら、バカみたいだった。
ていうか、ホントにバカだったわ(笑)。

どうりで、あたしがあたしに「おまえのいいなりになりたくない。」とすごむわけだわ。
あたしのインナーチャイルド、あたしの潜在意識が。

あぁー、「嫌いと思うのも自由、嫌いと言うのも自由、嫌と言うのも自由。
た だ し 結果は受け取ること。」
というのが、ドーンと胸に落ちてきたら(その時あたしは重量挙げみたいに
洗濯竿を掲げていた。)、嫌でも嫌じゃなくてもどっちでもよくなったわ。
響子さんにやさしくしたっていいし、嫌な事を気が変わってやってみたっていい。

あたしは「いい人に見られたい切り札」を、
やっぱりずっと握りしめていたんだな。
「いい人に見られたい」
「いい妻に見られたい」
「いい母に見られたい」
「いい嫁に見られたい」
「いい娘に見られたい」
うぜー。
どうでもいいわっ!
あははは。

さてと、次のステップへ行こう。
今年やりたい事がいっぱいあるからねー。
娘の受験が終わったら…一応あたしの子育ては、そこで終わりだ。(えっ終わらせちゃうの 笑)
とりあえず受験前に3つほどイベントがあって、そのうちふたつは遠方だな。
風邪をもちこまないようにしないと。
そして受験が終わったら、速攻、いちおうガマンしてた東京・大阪へ、繰り出す!
(いちおうっていうかホントに我慢してたんだよ〜)
卒業を待たずに、TDL!
それで近隣の、禅体験に、行く!
カウンセリングやセミナーも、行く!(悟って手放しもしたのにね)
これからまた月イチ東京か大阪だな。
あらっ、また、という事は、あたしは外出を禁止されてるぅキィィーー とか
思ってたけど、外出するにはしてたんだな。しかも月イチ遠出だったね。

まあ…やりたいことをやろう。
あっ、数の世界にもう一回入りたい。
4月が楽しみね。

posted by 辰多みか at 16:54 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

没薬と人参

昼間、にんじんを掘ったのね。
毎回掘って感じるのは、にんじんの香りが、
没薬の香りに似てるな〜ということ。

没薬とは、イエス・キリストが生まれた時、
三人の賢者に贈られた当時の宝物「乳香・没薬・黄金」の没薬(もつやく)ね。

掘ったばかりのにんじんでしか、匂わない。
掘り出して、表面についている土を、むしりとった葉で拭いた時にしか、匂わない。
一瞬の、香り。
葉の香りではなくて、にんじんの皮の表面の香りだよ。
食べても、香らない。

にんじんを栽培してる人は、試しに嗅いでみてね。
posted by 辰多みか at 16:48 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

超常現象 NHK BS

そういえばね、
NHK BSプレミアムの「超常現象」を二週連続で見たんだった。
リアルタイムでも見て、録画しても見たんだけど、
なぜか途中で寝てしまう!

第一回はそれでも何回かチャレンジして、ようやく最後まで見た。
だけど第二回は、どうしてもナポレオンズの人が出てきてから後、
巨大な人形が燃えて倒れる所まで、寝てしまう。
はっ!と気付くと、棒人形がメラメラ燃えて倒れる所。
なぜだろう〜、なぜ見れないのだろう〜。
ものすごく期待して見るのに。

あべちゃんが出てきてちょっぴりドラマ仕立て。
オープニングの音楽は「神の数式」と同じ人だし、CGの神々しさは
神の数式にひけをとらないのに、なぜ寝てしまうのだろう。
だから、まだ第二回は最後まで見ていないの。

第一回の感想はね…
いろいろな超常現象が、脳科学で説明できる、が、
それだけでは解明できないという事も事実、としめくくっていた。
うん、それでいい。
前世の話では、あたしは前世は信じるけれど、
息子の生まれ変わりを話すお母さんの目が…
んっ?て感じだった。
あたしは前世はあると思ってるので、信じたいんだけど、
不安定さを感じさせる事例は、出さなくてもよかったかもと思った。
(番組の真剣な取り組みであるがゆえに)

第二回はね…
途中までしか見てないけどね、
ユリ・ゲラーに代表されるスプーン曲げは、
あたしは、瞬間的な力わざじゃないかと、20才すぎてから
思っているので、どの瞬間に力を入れるのか、
目を皿のようにして見ちゃった。
んーとね、超能力を否定してるんじゃなくて、
瞬間的な力わざ、それができるって事がいわゆる超能力なんじゃないかと思うのよ。
だってあの状態で力を入れられるなんて人間離れしてる。
昔、日本の超能力少年清田くんだったか、スプーンを曲げる時は、
スプーンと友達になる、と言ってた気がする。
あたしは、「そうか〜ラジオみたいに周波数を合わせるのか〜。
幽霊を見る時もきっとそうなんだな。」と、
まだ、波長という言葉が浸透してない頃、すごく感心した覚えがある。
波長を合わせて力技で曲げてると、思うのよ。
まあ、曲げてあるスプーンをつかうトリックも、あるとは思うけどさ。

あたしは水晶透視をやりはじめたからこう思うんだけど「透視」は、あると思うな〜。
いつも見れるんではなくて何回かに一回の確率で「見れる」んじゃないかな。
これはあたし自身がもうちょっと実験的にやってみたいわ。

あとは…寝てしまうのでまだ見ていない。
はやく見なくっちゃ。
眠くなるのは、高次元の話 だからだそうだよ〜(笑)。




posted by 辰多みか at 23:51 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

走馬灯

死ぬ時に見る という伝説の「走馬灯」
あたしは過去に、2回見た。

あっお盆の時に、くるくる回ってる飾りみたいの(本来の走馬灯)じゃないからね。

一度目は、転落した時。
二度目は、悟りの世界を見た時。

一度目は、肉体的に「死」の危険があった。
二度目は、精神的に「死」んだ。

だからやっぱり走馬灯って、死ぬ時に見るんだね。
(死んだ後の人にはインタビューできないから、
生きたまま死にそうになった人の体験談しか聞けないんだけどね)

一度目。
小学生の時。
あたしは家で妹と近所のともだち数人で、おにごっこをしていた。
さわり鬼。
鬼の手が伸びてきて、あたしは触られないように窓にもたれかかろうと、
体をぐーっと後ろに倒したんだ。
そしたら、そこに、窓はなかった。
窓は、開いていた。
うしろむきに、落ちた。
平屋だったから、一階の窓だけど、
落ちた。

いっしゅん。

ふわっと体が浮いて、あたしは空気中に存在していた。
「ああっ」と思ったけど、何もできない。
下は砂利。
とにかく頭だけは打たないようにしなきゃ。
体を丸めて…
そう思ったら、時間がものすごいスローモーションになって、
下に落ちるまでが、10分くらいに感じた。
その間見たのは、自分が生まれてから今の瞬間までの事。
結局映像を見ながら、腰から落ちた。
そんなに高い所ではなかったので、ケガはしなかった。
でも、
今のは何だったんだろう、と、子供ながらに思った。
それが「走馬灯現象」とよばれる現象だというのを知ったのは、
それから少し後の事。
人間は危機的状況に陥ると、過去の記憶の中から、
その状況に最適な対処方法をサーチして探すそうだ。
それが走馬灯現象の、脳科学的な説明。
それを、どこかで読んだ。
ああそうか〜と納得した。

2度目は、悟りの世界を見た時。
あたしは、自分が自分で思ってた以上に
とても腹黒いのだという事に、気付いてしまった。
そのきっかけの記憶は、その頃起こった出来事だったんだけど、
気づきがあった瞬間、生まれてからそれまでの記憶が、
自動的に猛スピードで全再生された感じだった。
そして、あたしの「腹黒」に合致する記憶を、ものすごいスピードで
サーチして、レ点を付けるみたいに「一致」「一致」「一致」って、
数え上げて行ったんだ。
全部終わって。
恥ずかしかった。
猛烈に、恥ずかしかった。
ぐるん、と、勢いが付きすぎてあっちの世界まで行った。
そこは言葉で表せない、全部有る、なにも分離してない世界。
それを見た時「あたし」は死んでいた。
腹黒いあたしもまっしろなあたしも。
ただ、肉体のあたしだけが、車の窓から、過ぎていく湖面を見ていた。

それが、走馬灯を見た時。
2度目に見た時、死んだ腹黒いあたしとまっしろいあたしは、
もう、すぐ数分後に、バーンと生き返ったんだけどね。
この時至福体験とかする人もいるみたいだけど、あたしはそんなのなかった。
すべては「愛」でできている、という事はわかったけど。

ただ、恥ずかしかった。

だから、本当に肉体的に死んでしまって、閻魔さまと一緒に、自分の人生の
走馬灯を見る時さぁ〜、

みんなさー。

・・・

ものすごく恥ずかしいと思うよ。

閻魔さま、こっち、チラチラ見るよ。
カーッと、顔から火が出てるアナタを、チラチラ見ると思うよ。
アナタは、
(こっち見んな!)
とか思っちゃうかもしれないけど、それが閻魔さまの仕事だからさ。
閻魔さまは、たぶん舌を抜かないし、地獄にも落とさないと思うよ。
ただ、アナタを見守ってるだけだ。

ただし、自分の全人生を見てしまったアナタは、
あまりにも恥ずかしければ、言葉を失い(舌を抜かれ)、
ふらふらと罪の意識に染まった世界へ、ひとり歩いて行くのだ(地獄)。
そういう波動で、できてるから。

だから、やっぱり肉体的に生きてるうちに、走馬灯を見れると、いいね。
見るの、ものすごく苦しいけどね。

がんばって!


posted by 辰多みか at 21:47 | 悟り | 更新情報をチェックする

あたしを捕まえた。

響子さんの病名が出たので、
ネットで一日中、調べた。

その病名と、その原因。

ものすごく合致していて驚いたのが、依存性パーソナリティ障害の診断基準。
なんだこれ。
響子さんそのままじゃん。
あたしは、悟りの世界を見た時、心の仕組みを知ってしまったけど、
こんなふうに、心理学ではもう立派に分析されてるんだね。
今までじっくり見たことがなかったので、とても勉強になる。
読んでて何度も納得した。

「自分の手を汚さずに欲しい物を手に入れたい」響子さん。
「いい人」と思われたまま欲求が満たされるように操作する。
もしもその隠された欲求を指摘されたら、指摘した人が弱い者いじめをしているかのように振る舞う。
ずるい。
こすい。
せこい。
無責任。

いやだ!

やっぱりいやだ。
あんな人になりたくない。


一日中ネットを見ていた。

そしたら…

そしたら…

「あたし」を見つけてしまった。

びっくり。
驚愕。

あたしも響子さんの事、言えんわ。
あたしも人格障害だったわ。(←!)

受動攻撃性パーソナリティ障害 だったわ。

これだったんだ!

仕事ができなくなった のは、
これ だったんだ…
こういう「名前」が、ついていたんだ。

あらためて心理学の分析に感服。
こう、スッキリ書いてくれると、目がさめるようだわ。

あたしは悟りの世界を見た時にさ、
「腹黒い自分」を、見たんだ。
『モラハラをしたい私。
密かに復讐をしたい私。
正当な理由で正当に攻撃したい私。
まっしろ。私は、まっしろ。だから攻撃してもいい。』
そう思ってたのに気付いたんだ。
まっしろどころか、真っ黒 なのにね!

気付いた時のあまりの衝撃・あまりの恥ずかしさに、
自分の殻を突き破って、ぐるんとひっくり返ってあっちの世界に行っちゃったよ。

でも、仕事ができなくなったのは、悟りの世界を見てからだったから、
あたしはあたしをつかみきれていなかったのかもな。

今捕まえたぞー。
ああ…
はずかしぃ(// //)

人格障害は「難ありな性格」だから治らないとか書いてあるけど、
あたしは、自分にかかってる全部のブロックがはずれたら、
もしかしたら治る(というか発動・反応しなくなる)かも、と、思ったよ。

あたしがこの先はずすブロックは、
嫌な事を嫌と思ってもいい。
嫌と言ってもいい。
拒絶してもいい。

それが腑に落ちたら、障害は発動しなくなると思うの。







posted by 辰多みか at 16:20 | 自分 | 更新情報をチェックする

依存性パーソナリティ障害

響子さんの病名が出た。
正式に主治医から出た。
今、診断がついていて何年も治療(治る病気ではないので
対処療法)している脳の老化からくる病気の病名ではなくて、
心のやまい系。

こころ の やまい。
そしてその原因は 性格。
依存性パーソナリティ障害。

ほらね、あたしの言ったとおりじゃん。

あたしの言う事は間違っている!と、あたしに対して
猛反発・猛攻撃してきたくせに、

あたしの言ったとおりじゃん。

どうするの。
どうしてくれる。

謝りなよ、私が悪うございましたってさー。
謝りなよ、「みかさんが気のせいって言う」って、周囲に
涙目(嘘泣き)で訴えた事を。
気のせいなんて言ってないだろ!「精神から来てる症状だと思うよ」と言っただろ!
息苦しくなって冷や汗が出てアワアワした時にさ。
苦手な来客の目前で急に体調を崩して「今から病院につれていってぇ…」と弱弱しい声を出した事をさ。

謝れ。

とは、言わなかったし、思わなかった。
(あぁ、ちょっとだけ思ったかな。)

むか〜しブログに書いたとおり、響子さんが精神由来で
苦しい症状から抜け出せないのならば、あたしの復讐はとっくに済んでいる。
(ことわっておくけど、あたしが呪いをかけているわけではないよ)

人格障害だから、発症はあたしのせいではないし、
あたし以外の誰かでも、引き金になった可能性がある。
ていうか、あたしと出会う前からもう何十年も苦しんでる
症状だから、そもそもあたしは関係ない。
あたしはただのきっかけ。引き金。ストレッサー。

ほ〜ら。
自分をほったらかしにするから。
まだ見てない自分が、心の泥沼の中に埋もれているんでしょう。
窒息して「助けて。助けて。」って、言ってるよ?
あたしはその声が聞こえる。
でも、あたしには、どうする事もできない。
その子を助けてあげられるのは、響子さん、ただ一人しかいない。
早く気付いてあげて。
死ぬ間際に、走馬灯に映ったその子を見て、
後悔しても、
遅いよ?


posted by 辰多みか at 16:08 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ぐらぐらゲーム

悟る。
悟るとは、「自分」が「自分以上」でも「自分以下」でもない事を、
体の感覚レベルで強烈に知ってしまう事。
(その感覚レベルの事を「細胞レベルで」と表現している人もいる。)

どう?
自分は自分以上でも自分以下でもない。
自分はどうあがいても自分にしかなれない。
どう?
どう感じる?

悲観?
楽観?

絶望する?
そんなのあたりまえじゃん、と思う。ちょっと怒りながら。
まあそうだねしかたないね、と思う。自分を慰めながら。

それとも、気が楽になる?
そんなのあたりまえじゃん、と思う。笑顔で!
まあそうだねしかたないね、と思う。口笛を吹きながら。

それだったら、人生、楽だなぁ〜と、肩の力が、抜ける。
そう思える人は、もう既に、「自分」が好き。
「自分」を愛している。
腹黒い自分を、ちゃんと、見た事がある。
腹黒い自分を、亡き者にしない。
ないがしろにしない。
「自分」を大事にしている。
だから、周囲からも、同じように愛される。
こういう人は、きっともう悩みはないよね。

ところが、逆に、絶望してしまう人。
そういう人は、「自分」に、なりたくない。
腹黒い自分を直視できない。
いないことにしようとしている。
自分が自分をないがしろにする。
だから、周囲からも、同じように蔑ろに扱われる。

自分は自分以上でも自分以下でもない。
それが体感レベルでわかってしまう(頭で理解する
のではない)のが悟りだけど、自分を自分以上自分以下に
保っておくのって、実はとても難しい。
悟って、仕組みを知ってしまっても、実践するのが、難しい。
だって、「自分」って、ぐらぐらするバランス取りのゲームみたいなものだから。
「玉乗り」みたいな。

「自分以上自分以下」って、ある一点、そう大きさがゼロの、
0次元の「点」にしか存在しない。
肉体を持ってこの世を生きるというのは、外部からの力や
自分内部からの力で、常にぐらぐらを体験するという事。
そうだ、「自発的対称性の破れ」みたいだね。

自分が自分と分離する。
それは苦しみしか生まない。
外部からの力は、常に掛って来る。
それが自然の法則だから。
だけど、その力自体は、苦しみを生み出さない。
外部からの力に抵抗できない、と、妄想してしまうから苦しみが生まれる。
外部からの力がかかっても、自分が自分と分離しなければ良い。
「平常心」
「揺れない心」
バランスをとる。
ぐらぐらゲーム。
疲れちゃう時もあるだろうけど、それが「生きる」という事だから。


しかたがない。


(笑顔で!)

posted by 辰多みか at 16:50 | 悟り | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

響子さんに対して平気になる

平気になる。
怖くなくなる。

怖くなくなると、気にならなくなる。
たとえそれが、そこに有ってもね。

今日も響子さんは、たちの悪い「察してチャン」だった。
響子さんが察してチャンをやりはじめると、
よい人・できる人に見られたいあたしは「罪悪感」がざわざわする。

だけど、あたしはおもいきり悪ぶろうとキャンペーン中なので、
無視。
うーん、それが良いのか悪いのか、あたしが弱いからだからなのか、
無視。

無視はだめだよな〜(書いててやっぱり感じる)

やっぱあたしが弱いからだな。
ぜんぜん悪ぶってないな。
まあいいや。

響子さんの「察してチャン」。
響子さんは、首が張ってつらいそうだ。
というか、つらいのがなぜなのか自分でもわからなくて、
お医者さんや身内から、何年も前から首が張ってるヨ!と指摘
されてるのに気が付かなくて、ようやく最近自覚が芽生えてきたそうだ。
響子さんの感覚では「つらいナー…どうやらもしかしたら首が張ってるからかも」なんだって。
ここまでわからせるのにどんだけ戦ったことか。(そんなはずはないッと言い張り続けた。ただ鈍感だったくせに。)

で、そのつらさを察してほしい時に、
妙〜な行動をする。
いつもは横向きに寝転がってテレビを見ているのに、
なぜかあたしがリビングに居る時だけ、テレビをつけずに、
じーっと天井を見てまっすぐ寝ている時がある。
これが察してほしい時。
これ、超気味悪いよ。
で、そのうち首に手をやったりそわそわしてくるんだけど、
その時…目だけ、こっちをチラッチラッと見てるのだ。
これっ、超気味悪いよ!
だから今日はあたしは、見てやった。
こっちも、チラッチラッと、見てやった。
ときどき、目が合う。
超!!気味悪いよ!
ふつう〜に調子悪い時、まわりの事なんて知ったこっちゃなくて、
見ないよね〜。むしろ目を閉じてどこが調子悪いか感じ取ろうとするよね〜。
響子さんの察してチャンは、そうじゃない。
とにかく「察してもらう」事が目的だから、どこが調子悪いかなんて、
そんなのどうでもよいらしいし、調子を良くするアドバイスなんて無用だし無粋だ。
そ ・ れ ・ が 
病気の原因 なのに!
つらさを察してほしいから、悪い所を具現化するんだ。
だから今日は、見てやったの。
ただ、見ただけ。
何度も何度も目が合う。
けれどあたしは何も言わない。

あたしは腹にすえていたのだ。
もう嫌だったのだ。
その時ずっと心の中で言っていたセリフがある。
「あのね、あたしそういうの嫌なの。何か言いたい事が
あるんだったら、言葉で言ってくれる?」
ずっとそう繰り返していた。
この言葉は、あたしは、過去一度も言った事がない。
立場上言ってはいけない、思ってもいけない言葉だと思って、封印してきた。
もっとうまく、アサーティブネスを使って柔らかく伝えなければ、と思ってきた。
でもそうじゃない。
あたしは、こう思ってもいいし、こう言ってもいい。
自由だ。
あたしはあたしに許可する。
いい人・できる人に見られたいからザワザワしてた心に向かって、言う。
「いい人できる人じゃなくていいし、あたしはもともとそうだったよね。」

平気だ。
怖くない。
だってなにも起こらないもの。

結局、この事の顛末は、業を煮やしたらしい響子さんが動いた。
どうしてもあたしからやさしい言葉をかけてもらいたかったらしい。
(こんなあたしからの優しさなんて欲しいのかよ、ケッ)
あたしにとんちんかんな質問をしてきた。
「みかさんは首が変になったこと、ある?」
もうね、過去、なんどもなんどもなんどもなんどもしてきた質問。またする。
あたしはそれに対して、「あるよ」と何度も答え、何度もアドバイスをしてきた。
なんどもなんどもなんども。
また訊くのか。
なんで?
なにがしたくて?
アドバイスを何度もし、治した経験を何度も話すのにその内容には、
まっっっったく興味がないらしいし、あたしのようにする気もないらしい。
そうすれば「治る」と言ってるのに。
これが「察してチャン」だと、あたしが響子さんを決めつける決定打だ。
アドバイスもいつものように、ふにゃ〜と床に落ちて消えたみたいになって、
しばらくしたら、一度どこかへ消えた響子さんが、
家事でバタバタしているあたしへ体を向けてふすまの向こうから、
みじんも動かず凝固している。
パッと、顔を見たら、そのふたつの目は、あたしを凝視していた。
(ギャーと言いたくなるほど気味悪かった)
とうとう響子さんは言った。
ニコッとして(響子さんがニコッとする時は、嫌〜な事が起こるサイン)
「これ貼ってくれる?」手にはシップを持ってた…
いつもは自分で貼るシップ。(しょっちゅうそのシップを貼って
フラフラ歩いてるよ)
場所的に、自分で貼れる、シップ。

どうしてもね、あたしから「なにか」をしてほしいらしいの。
そうすると、自分の価値が上がる気がするらしいの。
あたしは、響子さんに「それ」に気付いてほしい。
そういう行動を自覚無しに取っているんだと言う事に、気付いてほしい。
自覚無しに、なにかしてほしい相手をチラッチラッと監視してる事に気付いてほしい。
そうしたら「病気」は、治るんだ。

まあ病気が治ろうと治らまいと、あたしの知ったこっちゃないけどね!(悪)
と、あたしの中の罪悪感が言っています。
「気が付かない人だと決めつけるな。できない人だと決めつけるな。あたしをないがしろにするな。」ってね。

うん、あたしの中のあたし。
まだ怖いんだね。
ないがしろにされたら存在価値が消えちゃうと思って怖いんだね。
だから響子さんが嫌なんだ。

あたしはあたしで、「怖くない。平気。」になるまで、
響子さん体験を、続ける。ヤダけど。
響子さんは響子さんで、「自覚なかった。こんな事してたんだ。」
ってなるまでみかさん体験を続ける。ヤダろうけど(笑)。
まあお互い、もちつもたれつっていう、関係なわけだわ。
はやく一抜けたい(笑)。


posted by 辰多みか at 17:00 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

平気になる

今日は数ヶ月に一度の予防歯科に行ったの。
虫歯は無いから、虫歯の有無チェックと歯のクリーニングだけするんだけどさ。
歯科助手さんで上手な人に当たると、とってもラッキー。
歯医者の空間が、医者じゃなくて、リラクゼーションな癒し空間になる。
もう至福の時だ。

くちをパカーンと開けて、なんかウィンウィン言ってる器具を
口に突っ込まれたまま、癒されてるあたし。
目に見える風景は、いつもの歯医者さん。
虫歯の治療の時にも見る、同じ風景。
ウィンウィン言う器具も、虫歯の時と同じ。

同じ器具で同じ風景なのに、ぜ〜んぜん違う。

もしかしたら歯科助手さんがちょっと手先がすべって
歯茎をチュインッて痛くするかもしれないのに、
ぜ〜んぜん気にならない。
緊張しない。
平常心。

あたしは中学一年の時にはもうすでに前歯がさし歯だったというくらい
昔から虫歯が酷くて、その頃には予防歯科なんてシステムなかったから、
虫歯が痛くなってから、通った。時間もお金も、痛みもかかる。

幼稚園児の頃は、歯医者が怖くて怖くて行きたくなくてこたつに隠れた
記憶を持つほど、歯医者が怖かった。
今でも、あの、歯医者の玄関にあった、まるい電燈を思い出すたび、
胸がキュッとなる。
でも、治療自体を思い出すと、バカらしくなるほど、なんてことない治療だった。
ただ怖かった。

あれから、もっと痛い治療とかして、そしてだんだん虫歯治療自体も、
なんにも怖くなくなった。
体も病気がちだったから、たくさん注射を受けて、
そして注射もまったく怖くなくなった。

ただ、「怖くなくなる」だけなんだな〜。と、思った。
歯医者の天井を見ながらそう思ってた。

怖くなくなる。
平気になる。

へいき っていうのは、心が平らになる事だと思う。
ぐらんぐらん水面が揺れ動かない事。
水面は、あいかわらず有るのにね。

どんな痛みや苦しみがきても、怖くない。
恐怖を、感じない。
へっちゃら。

肉体を持って生きていく事は、苦しみがなくならない世の中を
生きていく、という事であって、
それに対して、怖くなくなる、というのが、覚醒して学びの後に
通過すればよいチェックポイントなんじゃないかな、と、天井を見ながら、思った。

苦しみを、たのしむ。

Mだな。
Mだろ。

そういうことだ〜。

posted by 辰多みか at 16:59 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

贅沢

あたしはお茶を習っていた事があって、
一番やってた時は、一週間に3日お茶の教室に行ってた。
(どんだけ〜 古)

もちろん春に秋に正月に、お茶会があり、
作法が違うお茶もやってたので、
それ入れると4日か?どうだっけ。

三昧。
ざんまい。
おちゃざんまい。

やりすぎだろ。(笑)

6年くらいやってたけど、
そんなすごいペースに突入してほどなく結婚してしまったので、
お茶は、それきりいっさいやめた。
引き際も華麗だわ。(自画自賛)

またやってみたいけどなー。
ステップアップする(免許皆伝)のに、当時のお金で○十万円は
軽くかかると見積もった時点で、退いてもいいかな、と
思っちゃったんだよな。
そういうシステムになってるんだよねー。

でも、さすがにお金がかかるだけあって、
贅沢な時間を過ごしたよ。
日常とは違う、
特別な時間、空間。
着物でおでかけ。
立ち居振る舞い、作法は身につくし、お菓子はおいしいし、
お茶碗の見分けがつくし、花の名前も覚えるし、
着物の格がわかるし自分で着られるようになる。
女子のおしゃべりが楽しい。
男子もたくさんいた時で、まあ、いろいろあったわ(笑)。
男女ともみんなすごく仲が良かった。
隠れ妹キャラのあたしは、
少し年上のお姉さんたちにものすごく可愛がってもらえて、
本当に楽しかった。

お茶会で、お寺の縁側でみんなで仕出しのお弁当
(押し寿司)を食べてる時に、仲間のひとりが言ったんだ。

「いつも思うんだけど、本当に贅沢よね〜。
道楽してるなーって思うよ。」

そうだよね、これが、贅沢・道楽なんだよな。
日常生活では、全然必要ないお茶の作法。
それをみんなで一生懸命やって、
着物を着て、一日中正座。
時間の使い方が、本当に贅沢だ。
こういう時間の過ごし方を「豊か」っていうのかも。

posted by 辰多みか at 16:58 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

斎藤一人さん

ちょこちょこと、読んだ本を紹介してるけど、
去年けっこういっぱい読んだので、
これから紹介していこうと思うの。

まずね、まず。
もう阿部敏郎さんとか天野聖子さんとか松村潔さんの本は
紹介したけど、そう、まずね。
あたしが一番最初に、こういったたぐいの本を買ったのは、
斎藤一人さんの本。
hi.jpg
「変な人の書いた世の中のしくみ」

タイトルの「変な人」に、ビビッと来た。
斎藤一人さんは、本を買うまでは、
・お金持ち
・スリム ドッカーン
・ひ と り
・赤いまるのマーク
・痩せれそう
のイメージしかなかった。
ホント、それだけ。
なのに自己啓発コーナーにこの本があったから、
それまでこの手の本は買わずにタイトルだけ見てたけど、
手にとって、パラパラ見たんだ。

最初っから、ビビビビビッ と来た。
斜め読みで2/3くらい読んで(笑)買った。
内容は・・・面白いよ。ポジティブポジティブ!
とにかくあたしが買ったのは、「この人はホンモノだ!」と感じたからだ。

斎藤ひとりさんは、正真正銘、悟った人です。
だからどの本読んでも、「ホンモノ本」だよ。


タグ:ホンモノ本
posted by 辰多みか at 16:16 | 悟り | 更新情報をチェックする

死者とコンタクトを取る

なんで?
あたしはやり方をたまたま本で読んで知ってしまったけど、
なんで?
なんでコンタクトを取りたいの?

なんでみんなそんな事をしたいの?

あたしは、ヤダッ。

そもそも、生きてる人でも関わりあいたくない人がいるのに、
なんでそんなめんどくさい事したいの?
身近にめんどくさい察してチャンがいるのにさ〜。
どっか行って欲しいよ。(あっ本音を言っちゃった)

なんか、しゃべり忘れたの?
伝え忘れたの?
本人の生前に確認するの忘れたの?

そんなのみんな忘れた自分が悪いんじゃん。
死者に、それに答える義務、ないでしょ。
呼び出さないでよ〜。
あたしが死者だったらそう思うかも。
なんで生前に、ちゃんと言ってくれなかったのさー、とか。
もう、あの世に行くんだから手間取らせないでよとかさ、思っちゃうよ。

あぁ、寂しかったんだね、あたしがいなくなって。
とかさ、思わん。
今は、思わん。
あの世をちらっと見ちゃった今、思わん。

だから、みんな死者を呼び出そうと思う前にさー、まず後悔を残さないようにしてよ。
一瞬、一瞬、一瞬。
後悔するな。

49日前だったら死者とはコンタクトとれるみたいだけど、
やめようよ〜。
違う人が来ちゃうかもしれないよ。
あたしはたまたま、た〜またま、
死者を呼びだそうとしてキツネさんが来た場面に遭遇したよ。
キツネさんが悪いんじゃないけどさ。
ほんとにたまたまその横を通りかかっただけなので、
なにごとかとすごいびっくりしたよ。

だ・か・ら。

日々、後悔しないように過ごそうよ。
死んだあと泣いて腹を割って話そうと思うんなら、
とりかえしがいくらでもつく生きてる今、腹を割って泣いて話そうよ。


posted by 辰多みか at 15:52 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

ガクッとブロックがはずれた

さっき突然、
洗濯物を取り込んでいたら、
「自由だー。自由だー。」
心が叫んでいた。

そこまでに至る経緯↓。
洗濯物を取り込むために外に出る。
日が出て暖かいな〜と思いつつも、また心の中は
響子さんが今日やってた「察してちゃん&かまってちゃん」。
・・・ホントにヤダな。
ぜったい察してなんかやらない。
なんかしてほしい時には、質問形で話をしてくる。
気持ち悪い、ああ〜気味が悪い。
あたしがそれをやらなきゃ、あたしが悪いみたいだし、
本当に、嫌だ!
しかも響子さん旦那みたいに、気に障る態度を取ったら、
一喝できる立場だったらいいんだけど、あたしは立場上我慢するしかない。
本当に、嫌だ!
我慢するかわりに報酬をくれ、と、言ってるのに・・・

・・・


・・・



!!




嫌なもんは、嫌と、言ってもいい。
そうだよ。
嫌なものは嫌と言っていい。

あたしは、今まで自分に、嫌と思う自由を、許可してなかった?
嫌だ!と思いながら、思うあたしはダメだと思ってた・・・みたい。
なんだ。
自分が自分に、許可してなかっただけか!
響子さん旦那みたいに、一喝したって何したって、いいんだ!
そんで、察して優しくしてやったっていいんだ!

そしたら、洗濯竿を持ったまま、
「自由だー。自由だー。」心が叫んでいた。
なんか重量挙げみたいだったよ。

もう思いっきり嫌だって、思え!あたし。
嫌って言っちゃえ!
ものすご〜く悪くなっちゃえ。
自由だよ、自由だよ!

なんで洗濯竿を持ちあげた瞬間そう思ったのかわかんないけど、
ブロックがはずれたみたいだ。

心があっち行ってこっち行ってだけど、
これでいいんだ。

これでいいんだでいいんだ。

posted by 辰多みか at 15:18 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

アイソン彗星由来の流れ星は見えるのかな〜

今夜から明日にかけて、
あの、アイソン彗星の塵に由来する流れ星が、
ひっとしたら、見えるかもしれないんだって。
8時ごろ見たけど、なんにも流れてなかったよ。
(雲の間から星は見えてた)

見たいな〜
流れるのかな〜
でも寒いよな〜

と思って、ツイッターでそういうのつぶやいてる人いないかな、と思って見てる。
誰も見えてない…
でも外に出なくていいから寒くなくて便利だわ。
ホントに見えないのかな〜
気になるー。
寝れないじゃん。




posted by 辰多みか at 23:28 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ぜかまし


ぜかまし


・・・


あっ 逆か。


このうさぎみたいのなんだこれ船外機か。

いや違うな。



息子がゲーセンで獲ってきたクッションにひとり見入る母(アタクシ)





ウッ

後ろ姿を想像したら自分きもっ。



キモいののカテゴリに入れちゃった。↓
posted by 辰多みか at 23:27 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする

よく映る鏡を見た

今日は、ヤボ用で銀行に行った。
ホントに、ヤボな用事で、あたしに対応してくれた
銀行のおねえさん(あたしと同年齢くらい)が、気が立ってる。
どうやら、あたしに呆れてるらしいよ。

(このわからんちんの客がぁ〜。)そういうオーラがでまくり。
「はぁ〜。」と、おおきくため息をついて、きびすを返して
後ろの人たちに確認しに行ったり、
ものすごい喰ってかかってくる。
「お客様はそう言いましたよね!?」なんどもそう言う。
「ご心配でしたらこの会社に電話をつないで差し上げるから
ご自分でご確認してください。」いきなり相手先に電話をかけて
あたしに受話器をほいっと渡す。
結局、あたしがしてほしかったやり方で、OKだった。
ご心配どころか銀行のおねえさんのやり方ではダメらしい。
んん?
誰が悪い?
おねえさんは、「おまえが悪いんだよ!」と、あたしに向かって
直球オーラをぶつけてきた。
でも結局、おねえさんのいうやり方では相手会社は受け付けてくれなかった。
あたしも「おまえが悪いんだよ!」って、たぶんオーラで言ってた。
「客商売でそれじゃダメだろ。」って。

あたしは最初、銀行システムがよくわかってないので、おずおずと、
「銀行の方で手続きをしてくださいと相手会社に言われたんですが…」と言ったんだ。
だけど、どうやら、「手続き」を、あたしが言った事と別の事と思ったらしい。
「手続き」の、双方の解釈違い。
なんども「お客さまは最初にそう言いましたよね!?」大迫力でせまってくる。
「銀行の方から郵送しろとおっしゃいましたよね!?」えっなに?そんなこと言ってねーよ!
なんか勝手に「手続き」を脳内変換してるよこの人〜〜。
あたしが言い間違った事に、なっちゃってるよ〜。
あの〜、客商売で、何をしたいの?
客が、銀行のシステムを100%理解してやってくると思ってるのかな?
銀行が窓口の奥で、相手会社とどういう「手続き」をするのかなんて
そんなの知らないよ。
システムがわからん客には、教えてあげるくらいが、
窓口嬢の仕事じゃないの?
たかだか「手続き」の解釈違いなのに…
そんなんじゃ、お年寄りは自分のしたい事を伝えることもできないよ。
老人だったらやっちゃう言い間違いのやりまちがい。
教えてももらえない上に高圧的に間違い(?)を糾弾されるんだから。
自分は悪くないって、そんなに主張したいの?
そんな事やってるうちに、さっさとあたしの件を処理して、
待ってる次の人をやってあげなよ。

さすがにあたしは「はぁ〜。」とため息はつかなかったけど、
最後の最後、確認をした。
「これは結局、言葉の認識違いの問題ってことですよね?
私と銀行さんと会社さんの、3者の間の。」
おねえさんは「はあ、そうですね。」と言ったが、
あたしが「ありがとうございました。お手数かけました。」と
窓口を去る時言ったら、無視 した。
ヤバイ。
こいつヤバイ。
無視だなんて。

でも。
そのあと車を運転しながら冷静になり。
あたしも、これやってるかもしれん〜〜て、思った。
響子さん相手に、やってるな〜って、思った。

言い間違いを、こてんぱんに糾弾する。
双方の勘違いって事もあるのに、
客の言い間違いをこてんぱん て客商売としてどうよ。
あたしは喫茶店でバイトしてる時、お客さんが
注文間違いしたとかよくあったけど、「お客様、そう
言いましたよね!?」なんてこてんぱんにしたことはないな。

そうだ、ウチの外では、あたしは言い間違いは糾弾しないが、
身内だったら、してる。
うん、やってる。
そっか〜、言う方、言われる方、こんな感じなんだ〜って思った。
よく映る鏡を見たな〜って、思った。
だから今日の事は、ちょっと儲けもんだったかもと思う。
儲けもんで良い経験だったから、ここでひとこと言っておく。


バカヤローー




あはは。
posted by 辰多みか at 23:26 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

自分の1/12を捧げる

ルドルフ・シュタイナーさんによると、
自分の1/12を捧げると、死者とコンタクトが取れるそうだ。

なんかオカルトっぽい(笑)

あたしはシュタイナーさんの本は読んだことがなくて、
これは、前も書いた松村潔さんの「水晶透視ができる本」に
書いてあることなの。
同じシュタイナーでも、最短シュタイナー問題
シュタイナーさんとは、別人らしい。
シュタイナー問題のヒトは、ヤーコプ・シュタイナーさんというらしいよ。

自分の1/12を捧げて死者とコンタクトをとる…とは…。
う〜ん、具体的な事は、この本を買って読んでいただこう。著作権もあるし。

あたしが何を書きたいかというと、1/12 っていう
数字がすごく気になって、その数字は、オイラーの式、
1+2+3+4+6+…を無限に足していくと、-1/12 になる 
というのに関係あるのかな、と思ったの。
-1/12は、超弦理論の、次元数の算出の元にもなってる数字だよ。
真相は、シュタイナーさんの本を持ってないから確認できない。
まあそれだけだ。
posted by 辰多みか at 23:25 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

最短シュタイナー問題


「回転対称性の自発的破れ」
回転対称性は、破れる。

回転対称性を持っているものが、ず〜っと、
回転対称でいられるっていうのは、許されてない。
それはこの世界の創造主が決めた事。
創造主って、つまり神ね。

一番わかりやすい、その事例の事を、
「最短シュタイナー問題」という。

説明しましょう。
絵を描かないから、
文字で書くから、
想像してみてね。

正方形が、あるよ。



↑正方形。

正方形って、90°回転させても、180°回転させても、回転させる前と同じ形の、正方形。
そんなの、あたりまえだよね〜。
このことを、回転対称性が有る というの。

じゃあ、4つの頂点から、線を出して、
一番短く、つなげる事ができるかな?

どうやったら一番短くつなげられる?
4つの頂点を、× のように、つなげちゃったらどうだろう?
でも実は、その形より、短くつなげられるやり方がある。
それは、キャラメル包みみたいな形に、つなぐの。
わかるかな〜

>-< こんなふうにつなぐの。

この、頂点から出る線の角度は、30° ね。

これがどうして最短の長さなのか、三角関数をつかえばすぐにわかるよ。
正方形の一辺を、「1」とすると、
 × の場合は、√2+√2 だから、ひとよひとよにひとみごろたす
 ひとよひとよにひとみごろ で、2.8284…だね。
>-< の場合は、ちょっとややこしいかな? 計算は簡単だから大丈夫。
 30°の直角三角形は、斜辺を2とすると、残りの辺は、1と√3 という
 決まりがあるので、それを使って算出する。めんどくさいけどがんばって。
 すると線の長さは、1+√3なの。いちたすひとなみにおごれや で、2.732…だね。
 だからこっちの方が、短い。
ということは、正方形の4頂点を結ぶ最短の線は、
棒が横向きの - こういう場合もあるし、
棒が縦向きの | こういう場合もあるってことだ。

これって、90°回転させたら、元と同じ形にはならない。
4頂点を結ぶ最短の線は、回転対称性を持っていない。
これが回転対称性の自発的破れ。

最短シュタイナー問題の計算はめんどうだけど、目で、一発で見る方法がある。
それは、せっけん液を使うの。
むか〜し、秋山仁先生が、NHK教育でやっていた。
これは自然界にも自然に存在してて、蜂の巣なんかもそうだよ。
一番材料を節約できるから、あの形。

ふしぎだなー。
なぜこんな簡単な事が、美しい対称性を持たないのだろう。
宇宙はもしかしたら平坦じゃないのかもしれない?
果てがないのだから、きっと、平坦じゃ、ないよなー。
本当に不思議だ。
posted by 辰多みか at 17:04 | 日本ミツバチから学んだこと | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

アセンションのその後

「アセンション」
いわゆる流行り言葉ではなく、
本来の意味の。
「アセンション」って、本来の意味だと、
たぶん、「悟り」と、同じ意味だ。
5次元にシフトする?
みんな"わかって"言っているの?
「5次元にシフトする」って、
たぶん、5次元時空目線で、ものを見る って事だ。
5次元時空とは、今現在わたしたちが住んでいる4次元時空に、
いっぽん軸を足した世界。だから、ひとつ、次元が上がった世界だ。
(ふたつ、じゃ、ないよ)
4次元空間 と、同じ意味。
4次元空間と5次元時空は、空間の次元的には同じ意味。
くうかん と じくう
定義は、ぐぐって見てね。

5次元時空目線でものを見るっていうのは、
4次元時空である「今」、肉体の目で3D絵を見る時に
焦点をわざと合わせないようにするみたいに、
心の焦点を、わざと合わせないようにして、心を立体視するの。
すると、平面だと思ってた心が、立体になってて層があるって事が、わかるよ。
(その辺は、カルマの解消とはBに書いた)

アセンションすると、どうなるのだろう。
個人個人ではなくて、
全人類が。

そう、理想である、全人類のアセンション。
それができたら、どうなるのだろう。

あたしはときどき妄想する。
全人類がアセンションし終わった世界を。

「死」は、全人類に平等に与えられる。
その平等性は、この世界を作った創造主が決めた「確率」に、従う。
創造主が、この地球上から、一日1000人の人が死ぬ と決めたとする。
誰がその日「当たるか」は、くじびきで決めるの。
もしくは、なにかが降ってきて、それが当たった人が、「当たり」なの。
「当たり」の人は、無条件で、それに従わなければならない。
そう、無条件で、「死」を受け入れる。
5次元時空目線(悟りからの視点)で見るから、そこには無条件の受け入れと、
感謝 しか ない。
そういう世界。
そういう世界を、妄想する。
たぶんこれって、「正解」 だと思う。

でもきっと、アセンションできてない人からみたら、
とうてい受け入れられない事だと思う。
そして、こうして文字にして書くと、ぜんぜん違う意味に、見える。
さらに、"間違って"伝わるのだ。
この間違いの伝言ゲームの最たるものが、宗教。

ああ、
文字にして書くたび、
「伝わらなさすぎて」
あたしは落胆する。
やっぱり悟った者どうしでないと伝わらないのか。
全人類がアセンションした時、
あたしが書いてる本当の意味が、ようやっと伝わるんだなと思う。
「死」を無条件に感謝で受け入れる事が、
「いけにえとは違う」という事が。
きっと。

posted by 辰多みか at 23:10 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

般若心経

ちょっと前に、阿部敏郎さんのブログに、般若心経の現代語超訳が紹介されていた。
あたしも、そのだいぶ前に同じものをネットで見たんだよ。

いかす!

この世は幻なんだぜ!的な。

心配すんな、的な。

超訳ももちろんイカしてたけど、もともとの意味が、いい!

おぼうさんたちが、真面目な顔で、大きな声で、

「この世は幻!この世は幻!」って、言ってるんだ。
お経を詠んでる時。
みんな、それを、ありがたがって、聞く。

あはは〜。
愉快だわ。

それ(お経の中身)、真実 なんだよ!
みんな半信半疑だろうけど、
真実なんだよ!
posted by 辰多みか at 17:15 | 悟り | 更新情報をチェックする

手塚治虫の漫画「ブッダ」


数ヶ月前に、ツタヤでアニメの「ブッダ」を借りて、
あまりにも酷いその出来に、怒りさえ覚えたんだけど、
この間、図書館へ行ったから、原作の、漫画「ブッダ」を
借りてきたよ。
12巻まであるはずだけど、8巻までしかなくて、そして2日で読み終わった。

感想。
うん、
さすが手塚治虫。
あらためてアニメのひどさに憤慨。
みんなアニメなんて見ないで、漫画を読もうよ!
なんか2月に、第二弾が公開されるみたいだけど、、
浜崎あゆみが主題歌らしいけど、、大丈夫なのだろうか。
人は入るのだろうか。(いや、あゆが悪いんじゃない。)

漫画の方は、冒頭から始終おっぱいがいっぱい(笑)で若干引いたけど、
途中からあまり気にならなくなった。
というかもともと、手塚治虫の漫画って、おっぱいがいっぱいだった気がする。
ブラックジャックしか読んだことないけど。
(余談だけど、ロボトミーの回を、風邪ひいて行った病院の待合室で
読んだことがあるよ!←自慢?)
なんか、最初の22ページで、泣いてしまったわ、あたし。
(それ以降は泣く所はなかったけど)

今見てもグロいから、小学生当時のあたしには相当刺激の強いものだっただろう。
でも、高階良子先生の漫画でもあまり抵抗なく読んでたしな。
うーん、でもやっぱグロいわ。
「生」と「死」を描くには、やっぱり避けて通れない道(表現)なんだろうな。
「ブッダ」の方は、借りてきた8巻の中で、無事「悟り」を開いた所まで読めた。
悟りの描写としては・・・イメージが近くて、おおっと思ったけど、
手塚先生自体は、悟ってないかもしれない?
うん。
悟ってない。
まあいいけど。
近いものは感じてたのかもしれない?

仏教の「ブッダ」=「おしゃかさま」=「シッダールタ」を、
てっとりばやく知るには、漫画はとっつきやすくて良いかもしれない。
仏教の勉強に。
ああ、あと四巻早く読みたいわ。

※追記 残りも読みました。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/386273262.html
期待を込めて読んだけど手塚先生は悟ってらっしゃらなくてとても残念です。
posted by 辰多みか at 17:14 | 悟り | 更新情報をチェックする

夫婦の賞味期限

夫婦関係に賞味期限はあるのだろうか。
うーん、賞味っていうか、保存可能期限ていうか。

あたしは、ある と、思うよ!
(キャー、言っちゃったー!)

それは悟りと同じで、
ある程度、余裕、遊び (遊びって、プレイてことじゃないからね)
があるうちは、感じられない、感じる必要のない事。

たとえば、旦那さんが仕事が忙しい人で、
平日はいつも残業で遅くなったり休日も休日出勤してたり、
なかなか、夫婦で顔を合わせる時間が、生涯かけてあまり多くない場合。
夫婦の賞味期限って、たぶん、感じずにすごせるだろう。

ウチは、自営業になって15年くらいだけど、
自営になった当初、、、しまった、と思った。
旦那サマと、朝・昼・晩、24時間一緒にいる。
適度に離れていれば起こらない衝突が、常に、起こるようになる。
なんだかしらないけど「もったいない!」って、思ったのだ。

「亭主元気で留守がいい」って、ホントに真実だと思ったよ。

もっと離れていれれば、「仲良しの時間」は、もっと長く持つはずのに、
どんどん消費してしまう。
サラリーマンの3倍のスピードで「仲良しの時間」を消費している。
一緒にいれて嬉しい!なんて、感じないよ!そんなの最初だけだ。中二かっ
その当時は、あまりのもったいなさと、それに対して何もできない
自分の無力感に、うちひしがれたものだ。

今サラリーマンの妻で、将来夫が退職して、夫婦が
24時間一緒になる予定の人は、たぶん、その頃に急速に「もったいない!」て思うんじゃないかな。
「我」と「我」のぶつかり合い。
3倍のスピードで消費する「仲良しの時間」。
いたたまれなくてパートに出たり、出るあてがないから
パチンコに行ったり、図書館で時間つぶしたり。
「みんな」の将来が、目に見えてわかるわ〜ニヤニヤ(←いじわる)

でもね、やっぱりそれは、必要な学びなんだ。
衝突が嫌で、面と向かい合わず一生やりすごす人とか、いっぱい
いると思うけど、やっぱり、人と人は、一度きちんと、向かい合わなければいけないと思うよ。
ちゃんと向かい合う事ができたら、その後は、感謝しかなくなるからさ。
まあ離婚する人だっているだろうけど。
とりあえずあたしは、夫婦の賞味期限を、超えた、と、自分では思っている。
次のステージに入った、と、思ってる。
この今の状況には、感謝しか浮かばないから。
離婚する必要もないし今のままでいいんじゃね?とお互い言っている。
悟ってない旦那サマは若干我慢してるみたいだけど。
あ、だいぶ かも(笑)。
今年はふたりで座禅とかセミナーとか行ってみたい。
つきぬけろ〜(→ダンナ)


posted by 辰多みか at 17:09 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

カルマの解放とはD終

@ A B C でようやく第一歩まで来たよ!(笑)
Aで迷走してしまい、Cの次に書くべき事をAに書いちゃったな。
だから、まあ、あっちこっちになるんだけどゴメンね。

Cのつづき。
相手と話をしている時、相手を目の前にして「怒り」が起きた時、
それを攻撃的にぶつけるんじゃなくて、なるべくいったん引く。
場所を離れて、そして心の中を感じてみる。
心の声をよく聞いてみる。
殻A-表 まで行ければ、だいぶ良い。
殻A-裏 までは、なかなか到達しないだろう。
そこまで一気に到達すると、ひょっとすると中心点を目撃して、
悟っちゃうかもしれない。それはそれで大儲けだけど、なかなかそうは行かないんだよね。
だいたいは、殻@どまり。

何度もそんな事を繰り返して、殻A-表 を、常に感じられるようになる。
「本心」の言葉が聞こえるようになる、と、次は、
相手と、対峙する時。
対峙 っていっても、戦争するわけじゃない。
自分を尊重して、同時に相手も尊重するために、
必ずしなければいけない事をする。それは「きちんと正面から向かい合う」という事。
それが対峙。それをやらなければならない。
とても嫌な気がする事だ。
「本心」に気付いていないと、なにか「バレる」ような気がして、
とても向き合う気になんかなれない。
ごまかしてみたり逃げてみたり無視してみたり。
親子でさえできない。
けど、それをやる。
自分の心を素直に認めて、相手の言い分にも耳を傾ける。
なぜあたしをないがしろにするのか、理由を聞き出すのだ。
本当に嫌な事だ。
その「場」は、特別に設けなくても良い。
またいつものように「怒り」が沸いてきたその時その瞬間、
「怒り」の「本心」を、素直に相手に伝えるのだ。
「言わない事で得をしている」事を、やめる。
「言わない」を、「やめる」。だから、
「言う。」
「本心」を、さらけだす。
こどもっぽくてはずかしい「本心」を。
「ないがしろにされているようで悲しい。」それが怒りの本心。
上手に伝えるやり方がある。アサーティブネスの技法を使う。

対峙してはじめて気付く事がある。
ほとんどの場合、相手も自分も「優しさ」でできていること。
本当は「愛」でできているんだけど、
もうちょっと直感的に、「優しさ」でできていることを感じる。
自分の「本心」を伝えてみて、いきなり殺される人って、たぶんいない。
相手を非難攻撃したら、殺されるかもしれない。
けれど、自分のいわば「弱み」を伝えた相手に殺されることって、たぶんない。
だから、だいたい、人って優しい。
「本心を伝えて大丈夫なんだ。」と、一回一回確認して、心の地固めをしていく。

そうすると、気にしていたことが気にならなくなってくる。
相手が、こちらが伝えた「本心」を、どう受け止め、
どう感じるかは、「相手の宿題」。
こちらに宿題があるように、相手にも宿題がある。
それは相手の領分だから、その事についても気にしなくて良いのだ。

そうやって、ひとつひとつ、感情が爆発する回数が減ってきて、
気にもならなくなってくる。
「カルマ」は増えも減りもしないけど、
形を変えて、尖がったのが平らになったり、
へこんでいたのが平らになったりする、たぶん。
すると、反応 しなくなるのだ。

と、いうのが、具体的な(ゴメン。具体例がはずかしくて詳しく
書けなかった。詳しくは「響子さんとあたし」カテゴリでも見て。)
カルマの解消方法なんだろうと思うのだけど。

じつは、

じ つ は 、

じ ・ つ ・ は 。

悟った時に、見る、「ゴール」
「宿題のおわり」

それは、とてもシンプルな構造でできている、という衝撃の事実を、悟った瞬間目撃する。
宿題自体もとてもシンプルで、
宿題の答えも、とてもシンプル。

明確。

こんな、カルマの解消とは とか書いて、Dまで延々書くようなことじゃない。
このDまで書いた解消方法は、いわば対処療法なんだ。


そこで見る「答え」とは、

うん、「答え」とは。


それは、「相手を許す事」



100%、見返りなしで、無条件に、許す事。


それが答え。
生まれかわる時にこれを必ずやりとげてみせますって意気込んで生まれてくる、宿題の答え。

ていうか、悟った時には、それしか見ない。
延々と続く解消方法なんて、見ない。

その「答え」を、知ってしまう。
中心点から発せられる、「答え」を知ってしまう。
すべては「愛」でできているから、それが「答え」なの。

中心点だけが知っている答え。

中心点以外は、受け入れられない。
中心点以外の、殻@と殻Aは、総称して「自我」ともいうよ。
「自我」は、その答えを受け入れられない。
それを受け入れたら、「自我」が死ぬからだ。
悟る時はね「自我」が一時的に死んだ時だから、一瞬中心点まで行けて答えを見るんだよ。

「自我」は、気が済まない。

カルマの解消は、本当は、とても簡単なんだ。
「許すよ〜♪」って、ひとことで済むんだ。
そして、「今、幸せになるよ♪」って、決めればいいんだ。
そうすればすぐに幸せになれる。

だけど、
だけど、
自我は気が済まない。

だから、自我が気が済むまで、Dまで書いた、「対処療法」で、
確認する。

あたしは、「自我」が気が済むまでの道のりが、本当に遠くて、
宿題が巨大で、だから途中でくじけそうになった。
「愛」が溢れ出るだなんて、想像もつかない。
「愛」は無限に溢れ出るものだって、もう知ってるのに。

「自我」の気が済む。
確認、確認、確認を続けて、
自分をないがしろにされてた気分は、すべて幻だったと、確認がとれたら、気が済む。
気が済んだら、その瞬間に、幸せになる方を選んで、
幸せになる。
幸せになるためには、みんながくれる「愛」に感謝しなきゃいけない。
それがヤダッて思ってるうちは、絶対に幸せになれない。

それがカルマの解消方法なんじゃないかと思うよ。
いろんな人の、カルマの解消方法を知りたくて、
いろいろ見てみたけど、具体的に書いてる人がいないから、
あたしの場合を、書いて、みました。
まだ道途中だから、はずかしいわ。



posted by 辰多みか at 22:51 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

カルマの解消とはC

あたしはとにかく説明がくどいから、迷走するんだろうな。
くどい説明から先に読んでね→@ A B
さて、心の層・心の仕組みの説明の話に続いて、とうとうカルマの解消具体例ね。

おさらい。
大前提「覚醒する・悟る」→心の仕組みを知る→悩み・宿題(カルマ)が
有限であると知る→心の仕組みに沿って、カルマを反応させていく。

まずね、なぜ「覚醒する・悟る」のが大前提かというと、
またくどくなっちゃうかもしれないけど、悟らないと、ゴール
地点(宿題のおわり)が、見えないのだ。
カルマの解消自体は、悟らずにやみくもにやったとしてもある程度は解消
されるんだけど、ゴールがわからないから、そのうち嫌になっちゃうんだ。
ああ、嫌になって→悟る、という道もあるんだけどね。
順番はどうあれ、どのみち悟らないと、解消できない。

うーん、ということは、悟ればオートマチックにカルマは解消されるのかもな。
「我々はもともと悟っている。もともと救われている。」と同じ意味で。
うーん。
だ・け・ど。

やっぱ、宿題は、やらないと終わらない。

宿題というのは、「私は今度生まれ変わったら、これこれこういう事を
必ずやります。」と生まれ出る時に誓った事柄。それがカルマ。
それに沿ってないと、「苦しみ」が出てきて、「それ間違ってるよ!」と
教えてくれる。

あたしの具体例。
はずかしい、具体例。
あたしの現在のスペックは、いじめっ子・モラハラー・女・子持ち・三世代同居ね。

結婚前までは、好き放題やってた。
それこそいじめも、夜遊びも。激務で、働いた時間もはんぱなく多かったけど、
お金も自由に使って自由に貯金した。

結婚して、子どもが生まれて、自営業になって、そして同居。
だんだんあたしは、身動きが取れなくなってきた。
自由が、なくなった。
とても狭い。
あたしの宿題は、その狭い空間で幸せが足りている、という事を知る事だ。
そして足りているから、あまった分を人にたくさん分けてあげる、という事だ。
その為に、ぴったりな人が目の前に現れてくれた。
その人は、さまざまな無理難題をふっかけてくる。
あたしは、それに、正確に答えなくてはいけない。
答えを間違うと、苦しみが際限なく襲ってくるのだ。

つまるところ。
目の前に現れた人が、あたしの自由を奪っている、と、感じる。
あたしをないがしろにしている、と、感じる。
卑下な態度であたしからエネルギーを奪っている、と、感じる。
それらは、心の 殻A-表&裏 と、殻@-表&裏 が作用して起こる反応。
心の中に現れる形は、「怒り」。
殻@-表&裏が認識している形が、「怒り」。
けれど、殻A-表&裏 が認識しているのは、「劣等感」「罪悪感」なのだ。
だけど、殻Aを、直接目で見る事はできない。
ものすごく厚いフタをしてあるから。

ここでカルマを解消する。
まず、「怒り」を感じる。
とにかく、心の中でじっ・・・と感じる。
本人に直接怒ってもいいけど、
解消したいんだったら、直接言わずに、まずやってみたほうがいい。
上手に「言う」方法もある。
「言う」のは、だんだんに、やっていくこと。
だから、宿題は一回では終わらない。
時間がかかる。
あ、悟った時に、全部の宿題が終わるのにどれくらい時間がかかるのか、
自分でだいたい見当がつくよ。
あたしの場合は、「数年単位だな。」と感じた。
(だから旦那サマに、「時間がかかるからもうちょっと待ってほしい。」と言った。)
じっと感じて、物にあたりちらしてもいい。あたしはやらないけど。
とにかく、「自分は怒ってる」と、心の中で繰り返す。
「怒ってない」とか言っちゃダメ。
するとものすごい怒りは、10分くらいで収まる。
ここは殻@の領域。
殻@の「怒り」がおさまるころ、殻Aに気付けると、良い。
悟っていれば、殻Aに行くのは簡単。
悟ってないと、怖くて痛くて、なかなか行けない。
けれどがんばって、殻Aに、行ってみる。
すると、そこでは、小さい自分が、泣いてるかもしれない。
ぶすっとして何も言わずに居るかもしれない。
隠れてるかもしれない。
殻A-表では、「あたしを大切に扱ってほしい…」という感情が噴き出ている。
それを感じずに無視すると、殻A-裏が、爆発する。爆発するといってもなくなるわけではない。
なにか攻撃的なエネルギーがほとばしって、自分自身も相手も傷つける。
(本当は相手は傷つけないんだけど、こっちが尖った分相手がへこむので、
一見相手が傷ついたみたいに見える。)
だから、その殻A-表「本心」を、感じてやる。
それが自分自身を癒すことにもなる。
すると、殻A-裏が自分自身を守るために責任を周りに転嫁している状態に、気がつく事ができる。
ここまで行くのは、とても、痛い。
ものすごく痛いと、急に目の前がキラキラと明るく輝く時があるよ。
それはとても不思議な光景なんだ。
責任を周りに転嫁している状態に素直に気付く事を、「懺悔 ざんげ」というのかもしれない。

そうやって、一回一回、やる。
やるしかないんだ、それが生まれる時に決めてきた事だから。
そうするとね、だんだん、「怒り」の回数が減ってくる。

「怒り」を表現できなくて常に卑下な気分でいる人は、「怒り」では
なくて、「自己嫌悪感」とか「体の不調」として感じる事の方が多いと思う。
あたしはそういうタイプではないので、このタイプについては経験からは言えない。
あくまで、あたしのスペックでいくと、カルマの解消第一歩は、こんな感じ。
そう、第一歩だ。
まだまだ続くんだよ。
あたしはこの道途中でくじけそうになったんだ。

くじけずがんばる。→ つ づ く 。


(はやく書き終わりたいー)
長い!
posted by 辰多みか at 16:40 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

カルマの解消とはB

さて@Aと迷走している感があるけど、カルマは解消されるのでしょうか・・・
おさらいすると、
大前提「覚醒する・悟る」→心の仕組みを知る→悩み・宿題(カルマ)が
有限であると知る→心の仕組みに沿って、カルマを反応させていく。

ここまでが、Aだね!
(えっこんな内容だったっ!?っていう 笑)

このカルマを反応させていく、というのが、ちょっとわかりづらいかもな。(あたしの書き方が)
実は私たちの心は、層になっていて、しかもその層がそれぞれふたつに分かれている。
どう表現すればわかりやすいか・・・そう、卵みたいに、なってる。

一番上は、みんなが「自分の顔」と思い込んでる部分で、
卵でいうと、一番外の堅い殻。
それを殻@と仮に名付ける。
殻@は、外側が「表の顔」で、内側が「裏の顔」になってる。
それぞれを仮に、殻@-表 殻@-裏 としましょう。
殻@-表は、「建前」ともいう。
殻@-裏は、「本音」「下心」ともいう。
みんな、この殻@だけが自分の心、と認識して人生を送る人が多い。
なぜかというと、この殻@の下に、殻Aが有るんだけど、
殻@と殻Aの間は、カルマがこびり付いていて、殻Aが見えなくなっているから。
これは、天野聖子さんの説で、あたしもそう思うからこう書いてみる。
あっ、天野さんの説だと、殻@の上には、「肉体」の殻があるんだった。
いま、あたしがしたいのは心の話だけだから、ちょっと肉体は省略しちゃおう・・・
で、カルマで見えなくなってる殻Aは、これもまた表と裏にわかれていて、
殻A-表は、「本心」「本性」で、
殻A-裏は、「性悪な本性」だよ。
いま、悪って漢字を使ったけど、ほんとうのほんとうは、「悪い」という意味はない。
悪くみえるだけで、善と悪 という意味ではない。
殻Aは、窮地に陥った人には、認識可能な領域で、
「インナーチャイルド」とも呼ばれる。
窮地に陥るって、精神をやられる、みたいな事ね。
うつ状態になるとか、精神由来で体の病気になるとか、そういうこと。
人生が順風満帆な人は、殻Aを意識せず生涯を送る人もいるよ。
そしてその下に、殻Bがある。
ん?卵だとすると、どこまでが殻なのかしら。
まあいいや。
卵みたいに層になってるってことで。
で、この殻Bは、
・・・
裏も表も、ない。
わかれて、ない。
というか、あたしの感覚だと、この殻Bは、もはや、殻でも、ない。
白身でも黄身でもない。
ただの、点。
この卵が回転体だとすると、回転しない、真の中心。
ほら、真にバランスを保って回転するとすれば、
中心には、絶対的に回転しないところが現れてくるはずだよね。
理論的にはね。
直径(大きさ)がゼロの、点。
動かない、点。

そこが、生きとし生けるものが、皆、内包する、「神性」
神の、領域。
本当の自分。
だからなんていおうか、
中心点?
うん。
まあ中心点にしておくか。

「人」ひとりは、そうなっている。
そういう仕組み。
そして、じつはその中心点から、太さゼロのコードで、
おおきなおおきな、おおいなる、「あれ」と、繋がっている。
それを、ワンネスとかいう。
神とか。
絶対神とか。
すべての創造主とか。

あっ、ということは、「いまここ」って、ワンネスじゃなくて、
殻の中の、中心点の方だわ。
ただ単に「創造主」という場合も、ワンネスじゃなくて、
中心点の方だわ。

でね、この中心点は、ぐりん、とその「穴」をひっくりかえして、
内側を外側にもできるんだよ。
たぶんその時の形状は、三次元的な球ではなくて、四次元の、
クラインの壺形状なんだ。

で、中心点の「ゼロの穴」が外側に来ると、ゼロの膜ができるの。
1/素数 は、そのゼロの膜を、超えられないんだー。
ゼロの膜の内側は、「鏡」になっているんだよ。
p進数は、これと同じかたちをしているの。

あー、あたしのいうこと、伝わるかなー。

あっ、カルマが解消されてない。

解消されないまま→ つ づ く 。


posted by 辰多みか at 17:05 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

カルマの解消とはA

先に@を読んでね。
@の中でね、「やらなきゃ、なくならない。」と書いたけど、
実は、カルマって、たぶん無くならない。
減らない。
増えも、減りも、しない。
けど、解消 する。
そのへんのニュアンスが伝わるかどうか、
あたしのボキャブラリーでどうだろう、と思う所はあるけれど、
まあ書いてみる。

具体例でいうと。

あたしは、掃除機をかけはじめると、イライライライラする。
「あ゛ーーー」と思わずうなり声をあげるほど、
イライラする。
その時、なにを考えているかというと、
過去に言われたあの嫌味なひとこと だとか、
ないがしろにされた経験だとか、
もったいないから捨てるな、という含みのある、それと見えない仕打ちとか、
そういうこと。
今現在の、あたしの天敵「響子さん」に言われたされた数々の事。
不思議なことに、掃除機をかけるか不用品の片づけをしてる時に、
イライラする事が多い。
不思議なこと、というのは、ほうきで掃いていると、イライラしないからだ。
なんでだろう?? まあいいや。

そのイライラの直接の元は、そういう「仕打ち」の記憶なんだけど、
実は、あたしは、その「仕打ち」に、ちゃんと対処して、
自分自身を守れなかった(と思い込んでる)事に対して、
イライラしてるのだ。
そう、あたしが、あたしのふがいない態度に対して、イライラしてるのだ。
「こう言えば良かった」「断れば良かった」「論破すれば良かった」
「や り た く な い と 言いたかった。」
「卑下にみえる態度で目的を隠して、コントロールしてこないで。」と、
相手の態度を論破したかった。
そして、相手に今だったらこう言う、という、セリフを
頭の中で繰り返す。
それが掃除機をかけはじめると、頭の中ではじまる。一人芝居。

で、これをちゃんと相手に伝えるまで、この脳内一人芝居は延々と、続く。
終わらない。
これがあたしの宿題。

あたしは自分を良く見せたいから、ハッキリ、言わないんだよ。
この、イライラしてる時に頭の中で繰り返している言葉は、
今まで相手に直接言った事がないセリフなの。

自分の得のため(良く見られたいため)、言わない。

宿題とは、それではうまく行ってないからそれをやめなさい、と示されたこと。

それを、やめる。
「言わない」をやめる。

ということは、つまり、「言う。」

それが宿題だった。

いやだ。
やりたくない。
それだったら、我慢して相手を恨んでるほうがいい。
そのほうが楽。
仕掛けてくる相手が悪いんだし恨んで当然だ。

そしてそこを避けるようにぐるぐるぐるぐる回る。
回って回って、何年も経った。
無気力になったりもした。

でもね、もしかしたら、それは反対で、
相手を恨みたいがために、わざと我慢して、わざと「言わない」を
選んでいるのかもしれない。
あたしは、もともと「恨みたい・憎みたい」ただ、それだけなのかも。

そこに気付く。
「あたし」には裏も表もある。
「カルマ」にも、きっと裏と表がある。
裏と表が無いのは、あたしの中心にある、「あの部分」と、
それと同じ成分の、大きな大きな、「あそこ」
それは神とよばれたり愛とよばれたりもする。
最近はワンネスとか今こことよばれたりもしている。
あそこ。
あそこだけが、裏も表もない。
他はぜ〜んぶ、裏と表が、ワンセットで、できている。
裏がダメで、表が良い、というわけではない。
そういうことではない。
ただ、裏表でワンセット、という仕組みですよって事なだけ。

なんかまとまらなくなったわ。
カルマは解消されるのでしょうか(笑)。

解消を願いつつ→ つ づ く



posted by 辰多みか at 22:31 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

カルマの解消とは@

カルマの解消とか、そんなのわけわかんね、と思ってる人も
そりゃあいっぱいいるんだろうなーと思うけど、
あたしの経験からいうと、だいたい、こんな感じだと思う。

まずね。第一条件として、「覚醒する」。
一瞥する とか、悟る とか、ワンネスを経験するとか、
アハ体験とか、呼び名はいっぱいあるけど、みんなひとつの同じ事を指している、
「あの体験」をする。

それがなきゃ、はじまらない。

そう、「覚醒」「悟り」は、はじまりの 第一歩なんだ。
(おわりじゃないんだよ)


「あの体験」をする。

うらもおもてもなくて、なにもわかれていない世界があるのだと。
体験する。
体感する。

その時、自分の中にあった悩みが、霧が晴れるように、ふたつに分かれる。

悩まなくていいところと、悩むところ。

わかれていない世界を体感した時、自分の中で混沌と混ざり合っていた
さまざまな思考が、分かれる。

宇宙の晴れ上がり って、こんな感じなのかも。

「悩むところ」は、真理を理解した今、これからより良く
生きていくために、神様から出されていた宿題だと、気付く。
そしてそれは、有限である、と、気付く。
「悩み」は無限にあるのではない。
それがわかっただけでも、すこ〜しだけ、気が楽になる。

残った「悩み」が、「カルマ」。
そのまま放っておいて、なくなるものではない。
宿題なんだから、やらないと、減らない。
心を静かに滅すれば、なくなる、というものでは、ない。

やらなきゃ、なくならない。

だから、つらいの。

「覚醒」「悟り」を経ても、つらいの。
そのトンネルを抜けるのに、何年も、かかる。
あたしは、5年も経ってるのに、まだ道途中。
(覚醒した仲間がこのブログを読んでる中にもいると思う。つらい人いるよね、がんばろうね。)
あたしは覚醒した時の魂のレベルが、びっくりするほど
低かったので、ほんとうにほんとうに、宿題が多すぎてつらいんだ。

なんか長くて書ききれないので、
つ づ く 。



posted by 辰多みか at 16:35 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

さびくぎとてつなべ

去年の年末は恒例のおせちを作ったよ。
毎年だいたい同じもの。
なますとか、煮物(けんちん)とか、黒豆。

黒豆は、一年に一回しか作らないから、
たま〜に失敗する。
というか、失敗したら取り返しがつかないくせに、失敗する。
今の所勝算は、50%なの。
だめじゃん、こんな勝率じゃ!

どういうふうに失敗するかというと、色があせちゃうんだよね〜。
固いか柔らかいかは煮る時間を長くすればいいだけだから、
この点では失敗はしない。
問題は色なんだよな。
水(または湯)につけてふやかしているうちに、色が抜けて、
紫色のまだら模様の豆になる。
おととしは、鉄鍋で煮ても、重曹を入れても、
結局色は戻らなかった。

去年末(今年の正月の分)は、ひたしているうちにやっぱり色が抜けて、
あー、また失敗かー、と、煮る前からがっかりしたけど、
使う鉄鍋に、少しさびを出したものを使ったら、
なんと煮上がる頃には、黒い色が戻っていた。
真黒い、その名の通り 黒豆 ができた。

どうやら、黒豆のアントシアニンと鉄イオンを結合させれば、
色が安定するらしい。
でも、鉄鍋で煮ても失敗した事があったので、
成功率が百発百中というわけでもない。
だから、あきらかにさびが出た鉄を使えば、いいのかなー。
(鉄鍋は大事に手入れするから、基本的に、さびさせないので)
いつも年末になって、さびくぎを一生懸命探すんだけど、
こんなご時世なのでそのへんに落ちてることもなく、
来年用は、いまのうちに、くぎを雨にさらして、さびさせて準備しておくかー。
わすれないようにしておこう。(といいつつまた年末にあせるかも 笑)

posted by 辰多みか at 16:35 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

出演依頼

うちはある意味、特殊な商品を扱っているので、
テレビや雑誌・新聞などから、取材申し込みが多い(らしい)。
実際、そういった媒体には、多数、商品が出演している。
うん、商品だけね。
こっちから宣伝費を払って売り込んでいるのではないのよ。

けど、何度か、テレビに、モノではなく「人」の出演依頼が来た事があった。
そう、事業主である主人にと、なぜか、配偶者のあたしも。
夫婦そろって、というのもあったし、「奥さんだけ」という
謎の依頼もあった。というか、関係者なら誰でもよかったらしい。
それは、天下のNHKの、誰でもきっと見た事あるあの番組(の中のあのコーナー)。
その白羽の矢は、あたしに立った。
あたしは、

「やだ〜〜〜!」と、断固拒否した。

テレビに出れるのに!
NHKの!
なのに、自分で自分の反応が信じられないが、
あたしは、絶対出たくない!
ぜ っ た い に ヤ ダ ッ
なんだこれ〜。
演劇部に入ってて、ちょっとマスコミに憧れてたはずなのに、
実際話が舞い込んでくると、こうなっちゃうのか!
へんなの!(笑)
で、その番組には別の関係者が出演した。
そうだ、家の中で撮影したい、という話だったので、
キタナイ部屋を撮られるのが嫌だったんだわ。

ということで断固拒否し、他の依頼も主人ともども断り続けて
きたので、あたしはまだテレビには出た事ないんだけど、
今年は「すごい」って言われる事をしたい年なので、
そろそろ依頼が来たら出ちゃおうかな〜。
部屋を常に綺麗にしておかないとな〜(笑)。
て言っても、身バレしたくないからこのブログには書かないから、
出ても出なくても、ブログ的にはなにも無しかなぁ〜。
まあだけど、テレビ局さん、次に依頼物件がありましたら、
前向きに検討するのでよろしくお願いしますね。うふ。


posted by 辰多みか at 16:34 | 日記 | 更新情報をチェックする

尿素って誰の尿?

カチコチかかとに塗るたびに思う、
「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」の尿素って、
誰の尿素?

誰の 尿 ?

尿 ?

キャーッ

いーやー!

と、考えすぎると、精神的に悪いような気がするので、
あまり考えないようにしてはいるものの、それでもちょっと気になる。
実はむか〜しに、一度調べた事があって(10年以上前)、
その時たどりついた回答は、「牛の尿」だった。

たしかに、牛の尿 だった はず。

その時は、まあ、牛乳も飲むし、牛肉も食べるし、
牛革製品にもたくさんお世話になってるから、
尿って言ってもちょっとした分泌物だし、
まあいいっかー と自分を納得させていた。
でも、さっきぐぐってみたら、クリームなどに配合されている
「尿素」は、科学的に合成して作られている、そうだ。

な〜んだ。

ちょっとほっとしたわ〜。

さっきまで牛の尿とか思ってたくせに(笑)。
でも、牛の尿は牛の尿で、「ゆう水」とかいって、
農業用に、すごいパワーのある液体ができるらしいよ。

尿素は、角質溶解作用(はっきりいっちゃうと角質を溶かす)
があるから、厚い角質のかかとには都合がいいんだね。
だけど、その他の皮膚は、角質が厚くないから、
使わないほうがいいみたいだ。
あくまで、尿素配合クリームは、角質用に、ね。
posted by 辰多みか at 16:33 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

顔が痛かった

おととい、スースーする目薬が乾燥した皮膚にしみて痛い、
という日記を書いた。

だけど、

だ け ど、

それ、間違いだったかもしれない。
目薬のせいじゃないかもしれない。

昨日の朝、もう前の晩にお風呂で目薬も化粧もなにもかも、
すっかり洗い流しているはずなのに、
目のまわりが、チリッ チリッ と痛かった。
まわりといっても、目尻限定で。

おかしいなー、と思って触ってみたら、
どうも、目尻のところの、骨の際に痛みがあるようだった。
ここは三叉神経?
とするとこれは、いわゆる顔面神経痛?
それとも、とっても怖〜い、顔面の帯状疱疹?

実は、1月3日に、突然右上の歯茎が荒れて、
痛くて物を噛めない、という事があった。
その時、変な噛み方をしたせいか、舌を噛んでしまった。
前日にかりんとうを食べたので、荒れはそのせい、と思っていた。
けれど、もう舌を噛んだ傷はすっかり治ったのに、歯茎の荒れは、
今もまだおさまらない。
経過がおかしい。
(もうかりんとうは食べてないです)
いつもは歯茎が荒れるとすぐに口内炎になってしまうのに、
そうでもなく、ただ、ざらざらと荒れているだけ。

そして、唇の右上に、大きいふきでものが出来て、
痛くて痛くてしょうがない。
歯茎が荒れたのとふきでものが、1月3日。

そして1月6日に右目尻がチリチリ。
7日になったら、チリチリがもっとひどくなり、
目からふきでものにかけての右頬全部が痛くなり、
右あご下のリンパ腺が痛い。
そしてなんかちょっと熱っぽい?

これはイカン〜〜と焦って、
きのうはほぼ寝ていた。
主婦(アタクシ)が正月明けそうそう寝ている理由が「顔が痛いから」(笑)。
ふざけてるみたいだけど、正真正銘そうなんだからしかたない。
そしてたっぷり睡眠を取って、今朝起きたら、痛みが減ってた。
だけどぶりかえしたら嫌なので、今日は外出しないでおとなしくパソコンの前に座ってる。
なんだろな〜これ。
「神さま、これはどんな意味があるのですか?」と聞いてみたけど、
なんの答えもなし。
おととし脚の帯状疱疹になった時は、胸(ハートのチャクラ部分)に
真黒い重たいものがどっかり乗っていたけど、
今回はそんなものもなし。

ただの疲れかな?
まあたしかに疲れる正月だった(毎年)。
もうちょっと休めということかな?
ただの炎症という気もするけど。
posted by 辰多みか at 16:31 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

相川七瀬さんとよっちゃん

さっきたまたまテレビを付けたら相川七瀬サンが
六本木心中を歌っていたわ。
よっちゃんと一緒にいたけど、よっちゃんが
痩せてて一瞬誰だかわからなかった(笑)。紅白でも見たのに
痩せてたの気付かなかった。
んー、相川七瀬サン、来てるなー。
このアセンションするスピリチュアルな時代を、
牽引する女神になってほしいわ。
うん、真面目な意味で。
posted by 辰多みか at 23:58 | 日記 | 更新情報をチェックする

パックリ傷にオロナイン

この時期、かかと、手の指先、どう?
パックリ、いってない?
あたしは、パックリ、いってるのよ〜〜。
ちゃんとクリーム塗ってるのにだよ〜。

かかとはね、どうしても皮が厚くなって、
そこがパクッといくから、今は、かかと用やすりで削って、
そして、ケラチナミン20%クリームをたっぷり塗っているよ。
それでも気を付けてないと、パクッといくっ。
3日も放置してたら、ダメだね。

「ヒビケア」という、ヒビ割れ用の薬を塗ってみた事が
あったんだけど、ぜんぜん効かなかった。
かかとケア用のクリームというのもいろいろ塗ってみたけど、
くつしたの中で足がすべったり、ぜんぜん皮膚が柔らかくならなかったりで、
どれもだめだった。
いろいろやってみた果てに残った選択肢が、
「かかとは 削って ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」
これだけでOK。
塗った後外出しても、靴の中で足が滑る事もない。
だから朝も塗れる。

手の指先のパックリには、ケラチナミンは塗らない。
足に比べて傷が浅くてしみるから。
昼間は、ユースキンAを手の甲全体に、家事の合間に塗って
手袋で落ち着かせる。日中はそれでなんとかやりすごし、
夜、寝る前に、パックリ傷の中に、オロナインH軟膏をすりこむ。
傷の中に白く盛るようにする。
べたべたするので、手袋をして寝ても良い。
朝になると、なんと、パクッと開いてた傷が、
くっついているのよ〜。
ヒビケアでもくっつかないのに、オロナインだと、くっつくのよ〜。
すごいな、オロナイン!
みんなオロナインの偉大さに気付いているのかな?
あまりにも昔から有って身近すぎて逆に気付いていないのかも。
それでも、指先を使いすぎると、一瞬でまたパクッといくけどね。
逆に足のパックリには、オロナインは塗らないのよ。
傷が深すぎてくっつかないし、足が滑るから。

ということで、アラフィフ乾燥女の方々、ともにパックリとの戦いがんばりましょうね♡



posted by 辰多みか at 23:58 | 日記 | 更新情報をチェックする

アラフィフ乾燥女の目薬選び

より良く泣くための必需品、「塩酸テトラヒドロゾリン配合の目薬」
(スマイル40 3種のビタミン配合 マイルド)が、もうからっぽなので、
これはイカンイカン、と新春そうそう買いに行ったんだ〜。
今年も泣く気満々だね(笑)。
泣くと魂の汚れ(カルマ)が解消されるからね。

もうからっぽなのは、「マイルド」と銘打ってあるほうで、
今度からは少し爽快感が欲しいな、と思って、「マイルド」じゃない
普通のやつを買ってみたんだ。
そして、今日さしてみた。

「キターーー」ほどじゃないけど、すっきり。普通にすっきり。
普通のよくある目薬。
お値段もおてごろ。300円以下。

だ・け・ど。

あれれー?目のまわりがチリチリするっ。
皮膚が乾燥してるのかな?
毎年この時期に目のまわりが敏感になるんだよな。
3年前くらいからなんだよね。
やだなー、と思っていたら、目薬は乾いて、チリチリは無くなった。

だ ・ け ・ ど 。

数時間後、まつげについていたらしい目薬のスースー成分が、
まばたきを強めにするたびに、瞳の水分で溶けるみたいで、
チリッ チリッ と、地味に攻めてくる。

皮膚の乾いてるところに、チリッ と。

痛い〜地味に痛い〜。

さしてから何時間も、攻撃され続けるなんて。
たまらない、もう無理。
このめぐすりは、だめだ、合わない。
スースーするやつは、冬は、どれも全部だめだ。

ということで、スマイル40だけが悪いわけじゃないんだけど、
アラフィフの冬には、スースーする目薬は避けたほうが良いことが、
身を持ってわかった。
スマイル40マイルドだったら大丈夫。
それか、「塩酸テトラヒドロゾリン」が入ってれば、
どんな目薬でも、泣いた後の充血は取ってくれるはずだから、
より刺激の無いものを選べばいいね。
スースーするのは、しかたがないので、夏までとっておくよ。
ホントは目薬で充血を治さなくても良い環境だったらいいんだけどねー。
まあしょうがないわ。
今年もいっぱい昔のつらい記憶を思い出して泣くぞ〜。



posted by 辰多みか at 23:56 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2014うまどしの抱負つづき

きのう、今年の抱負を書いたわけだけど、
書くのを忘れていたわ。
もう少し抱負があるよ。

悟後の修行を続ける事が、昨日書いた抱負。

その他にね、
「すごいこと」を、やる。
やるんだ〜。
「すご〜い♡」って、言われたい。
具体的には、ノーベル賞をもらうとか(笑)。
そして、自分磨きをする。

うふふ。
posted by 辰多みか at 16:33 | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

2014年うまどし正月

ようやく明日から冬休みだ〜
主婦は、子どもの学校がはじまってからようやくお休みなのよ。
(去年までは仕事があったから、正月も正月休みも冬休みも、
あったもんじゃなかったな。
しかもボランティアイベントづくしだったし)
主婦のみなさま、おつかれさま。
おつかれさま、あたし。

今年の抱負はね。
「悟後の修行」を一生続ける事。
ことし じゃなくて 来年も再来年もだな(笑)。

どうすればいいのか、具体的なところが
よくわからなかったのだけど、
本を読んだりして、なんとなく道筋がわかってきた。
(なにを読んだのかは、またあとで紹介するね。)

内面を顧みる。
そして謝罪と感謝の心で生きる。

具体的には、
内面を顧みるためにする事は、
瞑想する。
内観する。
反省する。
自問自答する。
ヨガをする。
上記5つは、実は、全部、同じ目的の同じ行為を示す言葉なんですって。
ヨガもね。
ヨガって、ポーズを取って柔軟体操をするのが目的じゃないのよ。
言葉にはすぐ、聞いた人の価値観がくっついてしまって、
最初の人が発した言葉と、違うものに変化してしまうから、
それを修正するように本来の意味に沿うように、いろんな人が言い直して、そしていろいろな表現の言葉になるのよ。

適した時間帯は、暗い時間の方がいいね。
朝4時とか。1時間くらい。

そして、自分のまわりが愛でできている事を再確認して、
感謝の心で一日すごす。

それを、毎日、毎日。
毎日毎日毎日毎日。
死ぬまで。
やる。

それがあたしの今年の抱負です。
来年もね。

posted by 辰多みか at 15:08 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

大掃除終わった?

あたしは大きい所は終わったよ〜。
すっきり〜。
換気扇もお風呂の天井・壁もIH磨きもやった。
窓と網戸と玄関、外回りはこの間終わった。
なんか汚れてるな〜?と思ったら、
そういえば、去年はみんな腰を痛めて、あたしは帯状疱疹になって、
それで、大掃除をやってなかったんだわ。
どうりで今年になってから、早く換気扇やらなきゃ、とか、
妙な焦燥感があってそれにしてもやる気が出なくて困っていたんだった。

お掃除って、あたしはトイレと水回り掃除は大好きなのに、
掃除機かけるのが大嫌いだった。
なんでかというと、すぐにほこりがうっすら積もるから。
やってもやっても、という感じで嫌だったんだけど、
ある日、これはほこりを取っているんではなくて、
この場所、この面に、空気を当てて風を流しているんだ、と思ったら、
わりと嫌じゃなくなった。
ほこりがすぐに積もっても、イライラしなくなった。
風が流れると気が流れる。
それが心地いい空間作りの基本なんじゃないかと思うよ。
さて、あと掃除機はおおみそかにかけるかー。
posted by 辰多みか at 22:50 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

水虫は気の滞りの病

年末いきなりこんな話題でなんですけど、
あたしは8年くらい前は、水虫だった。
そうだな、ここに引っ越してきて、大所帯になって、
一年くらい経った頃。
舅サンが、水虫が毎年ぶりかえしていやだ、という話をしていて、
ふーん、そうなのーと話を聞いていたら、なんと、
あたしもなってしまった。
それはたしか、4月か5月くらい。
家の中にムカデが出る頃。
いままで水虫なんてなったことなくて、
超、超〜〜ショックだった!!

うつったー、と思ったけど、
よく、よーく、考えてみると、それはただ単に、
あたしの抵抗力が落ちただけだった、と思う。
だって、今もう水虫じゃないし。
もう何年も、ぶりかえしてないし。

梅雨に入る少し前から、右足の小指と薬指の間が水虫になって、
薬を塗ると夏すぎには治る、それが3年間くらい続いた。
その頃、ヘルニアになって、坐骨神経痛になった。
坐骨神経痛は、水虫と同じ、右足だった。
水虫は左足にも出来たけど、右足に比べたら症状も軽くて、
薬を塗ればすぐに治った。

抵抗力が落ちたっていうのはね、
「気」が、足先(小指の方)まで、行ってないみたいだったんだよね。
今思うとね。
「気」が人体の形をしているとしたら、きっとその時のあたしは、
足先が、「無かった」んじゃないかなと思う。
それは、体の偏りから起こっていて、
体の偏りは、骨盤の偏りから起こっていて、
さらにその偏りは、「怒り」から、起こっていた、ように思う。
今は、骨盤の偏りと体の硬さは、自力整体で治したから、
体のすみずみまで血液が行くようになって、とても暖かい体になった。
血液といっしょに、「気」も行くんだよ。
「水分」といっしょに、「気」は行くの。
でもたまに、「怒りがたまる」と、とたんに腰(骨盤)がうまく
動かなくなって、坐骨神経痛が出たりする。
それは、センサーだから、そうなったら自分の行動と感情を
かえりみて、整体である事を努力するように、意識を向ければいいんだ。
あたしは自分の「怒り」と「骨盤の偏り」に気付いてからは、
もう水虫になってないよ。


posted by 辰多みか at 22:49 | 整体であること | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

クリーム


※微グロ微エロカテゴリーです※




このカテゴリーは、自分で書いてて、きもっ て思っちゃう内容が
微かに有る記事用にしてます。
おっぱいとか、
なまなましいとか、
そんな事今さら突っ込んで書かなくてもとか、
ウェ〜て口から洩れちゃう感じの、きもいヤツ。
だからへっちゃらな人だけ見てください↓



クリーム。

cream

クリスマス時期だから、
(あと、こんな時期に誕生日の人が複数人いるおかげで!)
生クリームを、一年の中で一番たくさん使うよ。
どんだけ買うかってくらい、買う。
(それを全部食べてるなんて、どんだけカロリー過多なのか。怖)

生クリームを泡立てたり、
バターを溶かしたりしてると、ふっ と思い出す。
(あ、バターと生クリームは、ほぼ同じ物なんだよ)

「cream」が、なぜ英語で「最上」という意味を持つのか、
その理由をこの目で目撃した日の事を。

そう、creamには、「最上のもの」「最高のもの」といった意味があるんだよ。
クラプトンがメンバーだった、「クリーム」というバンド、
それは、最上のミュージシャンたちが集まった最上のバンドだったから
そういう名前になったんだって。

市販されている、パックに入っている生クリームは白く見えるけど、
ホントの色は、その名のとおり、クリーム色。

牛乳をしぼったままにしておくと、「乳脂肪」の部分だけが、
浮かんできて、「乳脂肪」とその下の牛乳部分に分かれる。
なんで浮いてくるかというと、説明もいらないとは思うけど、
「脂肪」は水より軽いので、水分を押しのけて、
一番上まで浮いてくるのだ。

それを集めたのが、「生クリーム」で、
「生クリーム」を撹拌して更に水分を抜いて固めたのが「バター」。

だから、「最上のもの」を「クリーム」と言うの。
ほんのわずかしか採れない、うわずみなの。
これって、花を蒸して、蒸留したしずくを集めたもののうわずみが、
エッセンシャルオイル(精油)だ、というのに、似てるな。

それらは、知識で知っていたことだったけど、
あたしはある日、自分の目で、目撃してしまった。
それは、なんか、けっこうなショックだった。
(ここから微グロです↓)


なにを目撃したかというと、

自分の母乳をしぼって、コップに入れてしばらくしたら、

白い部分と、黄色い液体の油の部分に、分かれた、という現象を、見たのだ。
黄色い油の層は、ほんの1ミリ程度だったけど。

油が浮いてるっ て、なんかすごいショックだった。
これを赤ちゃんは飲んでるんだなーって。
油脂はある程度は必要なエネルギー元なんだけど。
あぶらっこい食事やおやつを食べすぎるとそうなるみたいよ。
あたしはよく乳腺がつまって、大変な思いをしたんだけど、
これが原因みたいなんだよ。
わー。

だから、今も生クリームを泡立てる時、
「最上部」に集まるから、「クリームは最上」なんだなー、て、思いながら泡だてるよ。
学校の各学年にいる、一握りの頭のいい子たちも、
そういったうわずみ的な感じだよなー、と、ついでに思うよ。


posted by 辰多みか at 15:45 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

BS 神の数式・完全版

NHK総合でやるのかと思ってたら、BS放送だったわ。
一夜目は、録画を失敗して、20分しかとれていなくて、
二夜目は、見る暇がなくて、
三夜目は、後半30分見た。
いちおう、2夜目と3夜目は、録画できてると、思う。(どうかしら。どきどき)

全部見てから、感想書こうかな〜?
年末で、それどころ(見てる場合じゃない)から、
感想も書かないでいよっかな〜?

とりあえず、ちょっと見た感じでは、
説明が増えてるな、という感じ。
9月の放送では、1/0がいきなり∞になってたけど、
今日の放送では、すこ〜し、いきなり感が無くなってたわ。
こうなるから、さらにこうなるから…1/0=∞ って感じで。
9月の放送のは、これを録画するために(!)消したので、
見て比較できない。娘の録画でいっぱいだからさ〜(もうっ)

あしたはとうとう最終夜ね。
主婦には7時代にリアルタイム視聴はちょっとムリだな。
posted by 辰多みか at 22:57 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

有り物で済ませる

あたしはわりと料理が好きで、
野菜は家庭で作っているので、その他の食材を
一週間に一度買い出しに行くのみで、毎日は買い物には行かない。
だから、「有り物」でなんとか作る、というのは、好きだし
あまり苦にならない。

人生の幸せも、有り物で済ませる、のが、
一番てっとり早い幸せなんじゃないかと思うよ。
posted by 辰多みか at 22:55 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

変わらない毎日


「幸せ」とは、
いいこともわるいことも、別段なにもなかった「昨日」が、
「今日」も、やってくる、という事なんじゃないかな。

毎朝思う、
今日も暖かいふとんで、あたたかい体で、起きた。
毎晩思う、
今日も、なにごともなく、過ぎた。

生きているということは、
くずれ続ける体を維持する事。
くずれ続ける生活環境を維持する事。
すべて、変わり続ける。
一度も、止まることがない。

そんな世界に生きていて、
昨日と変わらない今日を過ごした事。
それが、「幸せ」なんだろうな〜と思うよ。
posted by 辰多みか at 23:46 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

イエス・キリストに贈り物

イエス・キリストが生まれた時、
三人の博士が贈り物をしたんだって。

あたしが中学生の頃に聞いた話では、
「黄金・乳香・没薬」だったよ。

原宿の「生活の木」の通販で買えたから、
それぞれ300円くらいで、乳香と没薬を買ったよ。

どちらも木の樹脂で、
どちらも、香 の材料。
没薬は、防腐効果があるから、ミイラを作るのにも使ったんだって。

まつやに みたいなものだと思うよ。
香りも、松とか、ローズマリーとかに、ちょっと似てる感じ。
なんだか懐かしい、というか、古い粉っぽい、感じ。そして少し酸っぱいにおい。

この間、図書館に行ったら、
クリスマス特集コーナーがあって、
そこで立ち読みをしていたら、三人の博士が贈ったものは、
「香と薬と金」と書いてあった。
宝の中身が、具体的には伝わらないけど、すっきり訳したんだな、と思った。
どちらも香や薬として使われていたらしいし、
漢字の名前にも、入ってるね。

30年以上前に買った、その乳香と没薬に、火を付けてみたよ。
(没薬に火が付く前に消してしまったけど)
樹脂=油 だから、あっという間に溶けて火がついて、
そうか、昔は香として使う以前に、
ろうそく代わりにもなったのかもしれない、と思った。
何千年、何万年前に、思いをはせちゃった。

イエスさま、お誕生日、おめでとう。


あたしは黄金がほしいな〜(笑)

posted by 辰多みか at 23:40 | たからもの | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

神の数式・完全版

そうだ、今日から4夜連続で、
「神の数式」の番組をやるというのよ。
さっき、NHKの番宣で知ったのよ。
(当日知るってどうよ笑)

このあいだ(9月?)やったものの、完全版なんですって。
みなくちゃ!

これが神さまからのクリスマスプレゼントなのかなー。

posted by 辰多みか at 16:58 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

EMDRとEFT

もう数週間前になるけれど、
NHKのクローズアップ現代で、トラウマ克服の番組をやっていたんだ。
そこであたしははじめて見た。
EMDRという、治療法を。
なぜ、テレビを見てすぐにブログに書かなかったかというと、
なんとなく書く気がしなかった。それだけ。
テレビに出てらした先生は、
地元民なら誰でも知ってる、どの家庭でも
一度は行った事のあるかもしれない、某有名病院の先生だった。
まあ、その科にはあまり一般的には行かないので、
先生は、存じ上げなかったけど…

NHKのサイトで、ここから、ぜんぶ内容が文字で見れる!素晴らしいわ!↓
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3445_all.html

テレビを見たあたしの感想は・・・
杉山先生の表情に覇気がないのが、若干気になった。
(だからあまり書く気がしなかったのか)

あたしがずっと前から見ているブログで、
トラウマ治療に、EFTという方法が効果的、と常々書かれていて、
それもちょっと興味があったんだけど、
アプローチの方法が、EMDRとEFTは似ているのかもしれないと思った。

トラウマからの感情を、
感じて感じて、感じ尽くす、というのは、いい方法かもしれない。
でも、少し催眠術ぽいな、とも思う。

あたしが、トラウマの思い出しを経て、感情のフタを開け放って、
そのぽっかりあいた穴の場所に転げ落ちて、全身を強く打って、
死んじゃったかと思ったら、
実は自分は生命・意識・命そのもの、だったという、
あの、かけがえのない体験が、
人類みんなが、する必要のある体験だというのならば、
やっぱり転げ落ちて、一回痛い目にあった方がいいのかも、とは思う。
その時本当に、自分は死ぬ。
体は生きながら。
posted by 辰多みか at 16:57 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

はじめての水晶占い

きのう、ちょっと思いついて、
占いを水晶でしてみちゃおっかなー、と思ったんだ。
今まで、人生一度も、自分の事も占ってもらったことないし、
人のことも占ったこと、ないけど。
水晶透視の本も読んだことだし。
ちょっと試しに映像も見えたことだし。

1個30円くらいで買ったくず水晶チャンを、
10個くらいの中から選んで、じっと見る。
でも、なに占うか、ぜんぜん、自分の要望がなかったのでー。
そういえば、義妹チャンが、息子(あたしにとっての甥)に彼女がいない、
という話をしていたので、ホントかどうか、水晶で見てみよう、と、
思いついた。(言っちゃーなんだけどイケメンなのでその発言を疑ってるのよ)
もちろん義妹と甥のいない時にね。
他に、占うようなことなかったしー。

やり方も適当で、
水晶をじっと見て・・・
もしも彼女がいるのだったら、顔をみせて。
もしもいないのだったら、・・・そうだなー、四つ葉のクローバーでも見せて。と、水晶に頭の中で語りかけたんだ。

で、じーっと、見る。
2、3分見てて、そんなことをしている自分が急にバカらしく
なってしまって、まあいっかー、なんでもいいから、このあいだみたいに
映像を見せて、と、願ったんだ。
映像がなんにも見えなかったからね。
光がいっぱいのところで見ていたから、「ブルーフィールド内視現象」の
つぶつぶが良く見えたよ。
焦点を合わせてみたり、合わせなかったり、
いろいろ試してみていたんだ。

そうしたら、水晶の奥行きが、グレーに、立体的に見えてきて、
おおー、水晶の内部にあたしの意識が行ってるー、と、思ってるうちに、
そのグレーが、4枚のはなびらみたいになって、
あら、立体的な4弁の花だわ、と思っていたら、
すこしずつ大きくなって、水晶の表面の半分くらいを覆うようになってきた。
4枚の・・・
4枚のグレーの・・・
4まいの!

四つ葉のクローバーだ!
と、ハッと気付いて、意識が戻っちゃったわ。
もうその瞬間に、四つ葉の映像は見えなくなった。

そうだ、
水晶が答えてくれたー。
うん、できる。
質問を、忘れるのが、いいみたい?
これで、いいのかな?
できてるよね?
占う弊害とか、あるのかな。
生命力が減るとか。
どうなのかなー。


posted by 辰多みか at 16:56 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

メリークリスマス

キリスト教徒じゃないけど。
メリークリスマス。

(言ってみたかっただけ↑笑)

クリスマスケーキも作っちゃったしー。
ディナー(笑)は手抜きで、おさしみとお鍋とひとくちステーキだし。
姑サンの好きなイカを煮て、オードブルが3種。
舅姑旦那サンは骨付き鳥が、だいきらい なので、
鳥は用意しなくて良いし。(骨がついていなければ、必ず一言、
鳥はあんまり、と言ってから、食べるよ。戦時中のトラウマがあるみたい。)

神さまとサンタさんから、じわじわとプレゼント
受け取ってるので、あたしはもうプレゼントいいし、
むすことむすめはどうしようかなー。
まあゆっくり考えよう。

全世界に愛が降り注ぐといいなー。
ていうか、もう降り注いでいるか。



posted by 辰多みか at 16:53 | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

感情の解放

「覚者」は、言う。
「ときには感情の解放が大事だ」と。
「大自然の中で。」と。

あたしは、それ、なに言ってるか、わかってなかったんだなー。
感情の解放?
大自然の中で?

あたしがイメージしてた事
→きれいな海を見て、「きれいー」と言う。
→大きな空を見て、「きもちいいー」と言う。
→かわいい動物を見て、「かわいいー」と言う。
→おいしいものを食べて、「おいしい、しあわせっ」と言う。

・・・

きのう、ハタ、と、気付いた。

い、いや、いやいや、そうじゃない!
「覚者」が言う、「大自然の中での感情の解放」って、そうじゃない!


こうだっ!

「バカヤロー!!○ねッ!」
「おまえなんか○○○○!」←とてもまともに人に聞かせられないコト。
「うわああああああああああああああああああああああああ」

こうだろ!
もう、もう、ぜったい、そう!

だって覚者(アタクシ)がそう思うんだもん(笑)
ぜったい、そう!
だから大自然なんだ!

なんか、安心したわー。
あたし、そんなコト言っちゃいけないかと思ってガマンしてたけど、
これからは、大自然の中で、おもいっきり解放するわー。
わー、すがすがしいっ。
みんなも、安心、してね。
覚者だって、これで、いいのよ。
うん、覚者だから、これで、いいのよ。

posted by 辰多みか at 17:02 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。