2013年11月22日

アイソンとラブジョイ


彗星を見るコツは、「わざと目をそらす」だよ〜。

今日も昨日にひきつづき、朝がんばって起きて、
アイソン彗星を探しました。

昨日はもしかしたら、肉眼で、キラッとしたのがモヤッと見えたみたい・・・
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380800032.html
日に日に光度を増してるという話なので、今日は、
昨日より見えるんじゃないかと、期待して、見ました〜〜

ん〜〜
見えん〜。

肉眼で見えん〜。

なのでそのあたりを双眼鏡で見ると・・・
(ペンタックス 9×20 野鳥を見る用みたいなの)

おおー、青緑白っぽい星がキラキラッと。
これかなー。

双眼鏡をやめて肉眼でそのあたりを、「わざと目をそらして見る」と、
キラッと、見えるよ〜。
ボヤーじゃないんだね。

明日はもっと、あさってはもっともっと光度が増すというから、
楽しみだわ。(毎朝見るよ!)

途中、水星も昇ってきて、やっぱり最初、飛行機?と思っちゃうほど、
ピカピカしてる。
地平線に近いから、オレンジ色に見えるんだろうね。
(夕日が赤いみたいに。)
学生時代、あんなに憧れてた水星が毎日見れて、嬉しいわ。

ネットでいろいろ見ていたら、今は、アイソン彗星の他に、
全部で4つの彗星が見えているらしく、ちょっと興奮しちゃった。
ラブジョイ彗星というの、見てみたい。
名前が意味深(笑)。でもなんと、人名なんですって。
人名でLovejoyってのも、すごいな。
アイソン彗星を見る前や見ながら、北斗七星あたりを探すと、もしかしたら
肉眼でも見えるかも、だって。
コツは、「わざと目をそらす」だよ〜。

11月24日にはアイソン彗星とエンケ彗星、土星、水星が、コの字に並ぶらしい。
うお〜。
絶対見る。





posted by 辰多みか at 14:58 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

アイソン彗星と水星

実はこの3日間、朝5時に目覚ましをかけて、
アイソン彗星を見てみようと、寝る前ははりきって寝た。

朝、目覚ましで起きて・・・
あたしは朝がとても苦手で・・・
あんなにはりきって寝たのに、ぐずぐず起き出す。

1日目は曇りで、2日目はもう明るくて(笑)アークトゥルスしか見えず、
そして今朝、3日目、おおースピカ見えてるー。
(今はおとめ座のスピカが目印!)

で・・・
じいっと・・・
寒いから、
ダウン着て羽毛布団にくるまって・・・

今年の春に、パンスターズ彗星を見ようとがんばったけど、
ぜんぜん見えなかったんだ。
その時も書いたけど、彗星を見るコツは、
「そこを見ちゃいけない」なの。

「わざと目をそらす」なの。

すると、視界のすみっこに、ぼーっとした光の塊が入って来る。
この方法でハレー彗星を見たよ。

でもさ、あたしは今回、どこにどう出るか、ちらっとテレビで見ただけで、
よく知ってなかったんだ。
見ればわかる、と思って見たけど、光が弱いのか、見つけられない。
一瞬、もやっとしたのが見えたけど、双眼鏡でそこを見ても、よくわからず。

寒いし、もう一回寝よう(笑)と思って、やめてしまった。

その時、明るい、オレンジ色の星が東の空から高く上がってくるのを、
あれは飛行機だろうか、と思いながら、見ていたんだ。
(ずっと見てたら動かず、星だったけどね)

で、朝の家事が終わったあと、ちゃんと調べたら、
あたしが見たぼやっとした光の所は、やっぱり彗星がある位置だった。

そして、オレンジ色の星は、水星だった。
(彗星ならず・・・)

水星!水星だよ!
水星も、見たかったんだよ!
人生初水星見たわ〜。
うれしー。

あしたこそ、アイソン彗星をしっかり見ようと、思ったのだ。



posted by 辰多みか at 15:57 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ついに辿り着いたかも

昨日、痛い痛い記事を書きました。
(もっともっと痛い過去はいっぱいあるけれど)

それに付随するように神の定義関係の事も考えてました。

そして、自分の中の、自分で見えない、うわっつらの表面の事も。

うわっつらの表面。

自分で、見る事が、できない。

だって、目はうわっつらについてるし。外しか見れない。

神の定義関係の事は、熱い冷たいみたいに、神経刺激で感じる事だから、
目がなくても、わかるの。
五感じゃなくて、第六感で感じるんだけどね。

でも、自分の姿だけは、見えない。

そのために、「他人」が鏡の役割をしてくれているの。
でもその鏡は、ポジとネガが逆に写る仕様の鏡だから、
よ〜〜く、神経をこらして、感じ取らないと、
そこに写った自分のうわっつらの姿を見るのが、とても難しい。
ものすごくコツが要る。
ふつうの人は、それを見出すまでに、精神をやられちゃう。
(この見方のコツが、水晶透視や他の占いのコツなのかも)

ていうか、精神をやられるから、見えるようになるのかもね。

あたしは、自分の内面に押しやった、醜い、酷い、おぞましい考えの、
腹黒の自分を、自分の中から発掘して、そして、その穴に転がり落ちて、悟りの世界を見た。
神の定義を、見た、見たというか、神経で感じた。
(どんだけあたしがおぞましいかの一例は、昨日の記事ね。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380778967.html )

だから、もう大丈夫なのかな、と思った。

でも、やらなきゃいけない宿題がいっぱいあったのよ。
そのひとつは、相手にちゃんと「ノー」と伝える事。
それをやりたくなくて4年も経った。
で、なんとかがんばって「ノー」が言えるようになってきた。
傍目から見ると、ただの、「反抗期に入った嫁」なんだけどね(笑)。

もうひとつは、感謝してちゃんと受け取る事。

それがなかなかできない。

道筋は間違ってないと思うのに、なんでだろう。
どこかで、あたしは勘違いをしている。
それを、ず〜っと探していた。

そしてね、昨日、なんか、見つけたみたい…

ついに、辿り着いた…みたい…


そして、それを、
やりたくない!やりたくない!やりたくない!って、体中の細胞が叫んでる。
ぐーっと、筋肉が縮こまる。

あたしが辿り着いた、宿題は…

それは、「相手に自分の弱みを見せる事」だ…

今まで、やってきたつもりだったけど、一度もちゃんとやっていない。
それに気付いた。

強がってばかりだった。今も、強がっている。
笑ってごまかしてみたり。
平気なふりをしたり。
悟ったから大丈夫って思ってみたり。

やっぱり神様は見逃さない。
法則のセンサーは、完璧だわ。
そこができなければ、あたしは、本当には自由になれない。

あぁー。
でもホントにやりたくないのよ。
ううーっ

助けてください…
(↑これを口で言え、あたし)

posted by 辰多みか at 11:35 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

全知全能「が」神

「全知全能の神」 って いうじゃん。
神さまって何かな、と言うとき。
ふつう、そう言うよね。

でもそれが、誤解のもとなんだよ〜〜。
もうかれこれ2000年も誤解されてるわ。

そうじゃなくってさ。

「全知全能」が、「神」なの。

全知全能「の」神 じゃないんだよ〜〜。



神がいっぱいいて、その中の、全知全能の神 という意味ではない。

宇宙を作った「全知全能」が、いて、
それに、「神」という呼び名を付けたってだけだよ。
ただの、定義。約束事。

別に名前はなんだっていいし、むしろ名前なんてない方がいい。
名前をつけちゃうと、「どんな名前でもいいという全能性(自由度)」が
無くなるから、定義に矛盾してしまう。

これは、悟りの世界を、ちょっぴりだけでも体感すれば、理解できるようになるよ。
悟りの世界、非二元を体感するには、見たくない過去の自分の、痛い体験を、
もう一度、体験しなくちゃいけないんだけどね。
こんなふうに→http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380719635.html
posted by 辰多みか at 10:42 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

非二元


心の世界。

こころには、段階、層がある。

痛いことがいっぱい詰まっている層は、
うまれた時から、傷付いていたり歪んでいたりする。
これを個性というの。
外の世界の刺激によって、
その傷口がパックリ開いたり、血が出たりして、
痛い。ものすごく痛い。
この層は、二層になっていて、さらにひとつの層はそれぞれ、
「裏」と「表」にわかれている。

ある時。
あまりにも、あまりにも痛くて、
傷口をぐりぐり広げられて、
最初は抵抗するんだけど、もう抵抗する力もなくなって、
なすがままに、傷口から血が吹き出るままに、
最後の抵抗の力も出すのをやめて、痛いまま、
血も涙も流れるままでいると、
傷口は、バカーっと開いて・・・
そして、
その「下」が、ぐりんっと、出てくる。

その「下」は、



裏も表も無い 世界なんだ。


うらも
おもても
ない。

分かれていない。


これを、非二元というの。

本当の自分なの。
自分の神性なの。
神の、性分 なの。

世間ではいろんな名前がついているけど、
真実は、ひとつなんだよ。
それは、傷をバカーっと開いて、死んじゃうと わかる。
生きたまま死んじゃうと、わかる。
あたしは、みんなにわかってほしいの。
思いだしてほしいの。
みんなが連鎖的に思いだす事を、アセンション というんだって。


posted by 辰多みか at 15:49 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

痛いよ

痛い
痛いよ

朝書いた記事。
「友達を家に上げれなかった話」

書いたあと、スーパーに買い物に行った。
ずっと、この思い出の事を考えていた。

痛い。
胸が痛い。

なぜあたしがわざわざプレゼントを持ってきてくれた
友達を、家に上げれなかったのか。
理由は、わかっている。
汚屋敷だった から では、ない。
理由のひとつではあるけれど。
その当時は、汚屋敷だから と、思い込んでいたし、
ずっとそう信じていた。

「おかあさんが家を汚くしている せい で、友達を家に上げれなかった可愛そうなわたし」
そう信じていた。
でもそれは、かくれみのだった。

あたしは、本当は、その子と、深い友達に、なりたくなかったのだ。
嫌いなわけじゃなかった。
「友達」が、要らなかった。
誰とも友達になりたくなかった。
そんなものくそくらえだ、と、内心は拒絶していた。

「そんなものいらない」と拒絶していると、信じていた。
けれども、それも、かくれみのだった。


自覚していたのは強い拒絶だったけど、
ほんとうのほんとうは、
ただ、怖かったんだ。
ともだちを作るのが、
怖かったの。

あたしの思いは、受け取ってもらえないの。
差し出した手から、もらってくれないの。
それは、小学一年生の時に体験した、
忘れもしない、あの、今でも身震いする、経験。
世の中の、洗礼。
相手は、母ではない。
一年生には、衝撃的すぎて受け止めきれなかった、"御挨拶"。

痛いことを、思いだす。
思いださないと、次に進めない。
そして、その時、本当にしたかった事を、今する。
これが宿題で、
やるのが、本当につらい。

痛い痛い痛い
でもこうやって文字にして書くと、整理されて、これだけでも少しは癒される。
(これを、スピ系では、カルマの浄化とか言うみたいだよ)

これから痛い事、いっぱい書くけど。
うん、自分の日記だから、人のことは気にせず、書こっか。
思いだしたらぼちぼち書いてこうかな。


posted by 辰多みか at 15:17 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

友達を家に上げれなかった話

ナゼか急に。
思い出した。
なぜ今、これを思い出すのだろう。
「あたしは受け取り下手」で、
その原因は「幼いころ拒否されたこと」にあるんだよな、と、
ぼんやり考えていたら、思い出した。

中学生3年生の春の、日曜日、
クラスメートが突然うちにやってきた。
その子を、Kちゃんとするね。
特別仲良かったわけではないけど、仲が悪かったわけでもない。
家が近かったわけでもない。
仲良しグループというかなんとなく集まるメンバーの、ひとり。

Kちゃんは、
「お誕生日おめでとう」と、
あたしに、プレゼントを、くれた。
あたしに。
あたしなんかに。
わざわざプレゼントを選んで、自転車にのって、
学区のはずれの僻地のスラム街みたいな所へ、
来てくれた。
あたしなんかの、ために。

中学生の頃のあたしは、今以上に相当ひねくれていて、
誰とも、必要な事以外は、しゃべらない子どもだったの。
学級委員だったけど、雑談の輪には入らなかった。
その特異な行動には、「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」という、
専門用語がついているという事を知ったのは、つい、数年前。

あたしは、Kちゃんを、家に上げれなかった。
「ありがとう。うれしい。どうぞあがって。」と、口がさけても言えなかった。
家は、前も書いたように、汚屋敷。
とても、見せられなかった。
ありがとうと言ったかどうかも、覚えていない。
あたしの頭の中で渦巻いていた言葉は、
「はやくかえって。おねがい。はやくかえって。みないで。」だった。

今、記憶の中にいるKちゃんは、
玄関でうつむいて、じっと立っている姿。

その当時も、その後も、
あたしはなぜかKちゃんに悪い事をしたとは、感じなかった。
今こうして書いてみると、あたし、酷いね。ホント酷いね。
30分くらい玄関で立ちっぱなしにしてポツポツ話をしたあと、
Kちゃんは自転車で帰って行った。
正直、ほっとした。

そのあとも、Kちゃんと仲が悪くなる事もなく、
高校で離ればなれになるまで、
何度か、プレゼントをもらった。
あたしは正直、辟易していた。
なんであたしなんかに、くれるの。
意味がわからない。
おかねもちだって、いいたいの?(←わー、ひどいわ…)
おかえしが大変なんだよ。(←わー、最低だわ…)
またおかえしで悩まなくちゃいけない。

そもそも「場面緘黙症」という精神状態だったから、
人の気をおもいやる、なんて、どうあがいてもできない頃だっただろう。
だけど・・・

Kちゃんは、あたしと、ともだちになりたかったんだな。
急に思い出して、せつなくなった。
Kちゃんの気持ちが。
Kちゃん、せつなかっただろうな。
ごめんね。
本当にごめんね。

思い出の中のKちゃんとあたしを癒す、という手法があるの。
それをさっきちょっとやってみたの。
少しよくなったかな。
もうちょっとやってみよう。


※追記
なぜあたしがこんな酷い事をしたのか、そして酷いとも思ってなかったのか。
理由は汚屋敷ではありません。
ほんとうのほんとうの、ほんとうの理由の記事を書きました。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380717657.html
場面緘黙症児で悩んでいるお母さんたちへ。
posted by 辰多みか at 09:35 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

蟹瞑想

うちは土地柄、魚介類が豊富で。
今日は、舅サンがカニをいっぱい買ってきてくれました。
姑サンが台所が出来なくなってからは、あたしがカニゆで当番を引き継ぎ。
カニっつっても、ガザミ(ワタリガニ)だけどさ。
おいしいんだよ。ミソが。最高なの。けっこう大きいし。
生きたまま大鍋に放り込むんだけど、いっぴき逃げて大騒ぎ(笑)。

で、食べた。
みんなで。

しゃべりながら、テレビ見ながら食べてたんだけど。

あたしは一瞬。

真っ白になってた。
思考が。

なにも聞こえず、なにも考えない。
ただ、目にうつっているのはカニの、殻に入った身だけ。
いつもの、「あの人のせいだ」「あの出来事のせいで」という、
払っても払っても頭から離れない考えとか、テレビを見ようとする
気持ちとか、まったく無かった。
からっぽだった。
「無」だった。


カニ瞑想 


て言葉が、突然、頭の中心から湧き上がってきて、ハッと我に返って、
そして思わず大笑いをしてしまった。

みんなびっくりして、そして、みんなも「だいじょぶかー(笑)」
といいながらつられて笑っていた。

カニ瞑想

あたしは、いつのまにか、瞑想状態に入っていたのか!(笑)

つい最近、どこかのブログで見たんだよ、この言葉を。
心屋仁之助さんだったかしら。


カニ瞑想。
言いえて妙だわ。


カニってすごい(笑)

posted by 辰多みか at 22:17 | 脳と腸 | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

アニメ「手塚治虫のブッダ」雑感

見た。
今見た。
DVD

・・・



・・・




こら〜ッ!

謝れッ!

てづかおさむしに

(あっ手塚治虫氏だよ)


謝れェッ


ていうか、
24時間テレビの手塚アニメ世代のあたしたちに
謝れッ!



わぁぁぁ。
ダメだこれ。

これは一切ネットのレビューも見ずに、
王子様時代だけ、というわずかな情報のみ知ってて、見た。
なんだこれ。
なんといっても絵が酷い!

王様、なに?棒読み?
吉永小百合さまはすぐわかったけど、ほかの声の人がぜんぜんわからん。
で、エンドロール見て、俳優さんがなんか微妙だ。

・・・そしてネットで見てみたら、なんと3部作の、これは第1部だそうだ。
えぇっ大丈夫なの?
いくら「悟り」をこれから描こうとしてるとしても、
これはもうきっと、あたしは見ないなー。
第2部はあゆが主題歌だそうだ。
第1部は、X Japanだったよ。
微妙だ。
超微妙だ。

どうしましょうだよ、これ。
中身の感想まで書く気がしないよ。


posted by 辰多みか at 23:57 | 日記 | 更新情報をチェックする

綺麗なおねえさんは好きですか

あたしは好きです♥

そういう趣味(笑)はありませんが。

純粋に、年上のきれいなひとが好き。

今のあたしの年齢からいうと、綺麗なおねえさんって、
単純計算しても、50才くらいかそれ以上の人、になっちゃうんだけど、
奇跡的に、あたしのまわりにはいつも、綺麗なおねえさんが、いてくれるのだ。
ホント、ラッキー(幸運)だわーと思うよ。

昔から、きれいな年上の人たちが大好きだった。
すごく可愛がってもらって、「みかちゃん、みかちゃん」と言われるのが
ほんと〜に嬉しかった。(みかは本名なので)
あたしは三姉妹の一番上なんだけど、
きっと、本当のあたしは、妹キャラなの。
本当の、本当の自分でいられるのが、心地いいのかな。
お母さんに、甘えられなかったからかな。
うん、素敵な人たち。
ありがとう♥
posted by 辰多みか at 20:42 | 自分 | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

クラウド・アトラス雑感

ゆうべ、借りてきたDVDを見たよ〜。
この映画は、「2回見ないとよくわからない」というレビューを
いっぱい見てから、借りに行ったので、
そのとおり、一回見ただけでは、よくわからない(笑)。
というか、もう一回見て、いろいろ確認したいな〜と思っちゃう映画だ!
だから、最初から、2回は見るつもりで見はじめたんだよ。

2回見てから感想をしっかり書くつもりなの。
今から書くのは、ざっと、見た、手触り感を書くの。

あたしは、この映画が「悟り」について描いていると、
超期待して、見た。
「ストレートに転生輪廻を描いた話」だという前提は、認識した上で見ている。

で、手触りは、
あー、残念だ…

「悟り」に特化して感想を述べれば、
「残念…」の一言だ。

この監督さん(達)は、「マトリックス」で、精神世界ぽい事、
宗教じみた事、ちょっと説教くさい事、を、チラチラ垣間見せてくれたから、
悟りを得てるのかな、と、思っていたけど…
…なんか違ったみたいだ。

登場人物のうちの一人は、映画中で、悟りを得るの。
たしかに、悟りを、得るの。
でも、それが、悟りが、表現できてないの。
「お経をただ詠む人」と、同じレベルなの。惜しいな…

お経をつぶやく事だったら、誰にでもできるんだよ。
(お経には「悟り」が書かれているからね)
女優さん自身が悟ってないからしょうがないとは思うんだけど、
目が…瞳が、違うんだよな。
あと、それに至った経緯。

あー、なんか残念感いっぱいなんだけど、
娯楽映画としては、すごかったな。
エンターテインメントとしては、とても贅沢です。
エンドロールでのネタバレ(?)が凄すぎて、そこだけ何度も見ちゃった(笑)。

あとね、映画の途中で、電子が存在する確率(軌跡)が雲、的な、事を言うんだけど、
それが、クラウド なのかなと思った。
電子雲は、パラレルワールドにもつながる。(これは統計・確率を勉強すると、
よくわかるよ)
アトラスはもともと、地球を肩で支えている巨人の神様の事なんだけど、
人間の、首の一番上の骨(頭蓋骨と首の境目)の事も、アトラスというから、
そこからきてるのかなとも、思った。
タイトルの由来は確認してないから、憶測です。

まあ、ハリウッド娯楽映画として、「うまれかわりの話」程度の前知識で、
気軽に見ればいいと思うな。
そして、もう一回、見て楽しむ(笑)。
ひとつぶで二度おいしい。アーモンドグリコみたいな映画だ。


posted by 辰多みか at 10:46 | 悟り | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

ゼロのゼロ乗

ゼロのゼロ乗は、

いくつでしょうか?

最近見た本では、「1」になってたな。
(うーん、どの本だっけ。
小島寛之さん著のだと思ったわ。
あとから探しておこう)

wikiを見ると、
「定義されない」
「1と定義するのが妥当」
のふたつがあるな。

今日、娘から、ツタヤに行く途中、急に質問されて、
(娘は中学生)、
とっさに「1って言ってる本を最近見たよ〜」と答えたけど、
やっぱりちゃんと調べた方がいいわ。
あたしの感覚に聞いてみつつ。
posted by 辰多みか at 22:04 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

「クラウドアトラス」と「ブッダ」

今日ツタヤへこの間借りたDVDを返しに行って、
そして、「クラウドアトラス」を借りたの。

まだ見てないんだけど、超〜楽しみだ。
あのマトリックスの監督なの。
だからもちろん「悟り」の世界だと思うよ。

今から見る。
(見てから感想書けばよかったかな?)

ついでに、手塚治虫の「ブッダ」(アニメ)も借りてきたよ。
こっちは、どうかな〜。
出家するまでの、王子様時代だけ、だと思うから、
悟りまではいってないよね〜。

こっちは明日見る〜。
posted by 辰多みか at 21:53 | 悟り | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

「光あれ」

神様は、最初、
たったひとつで、
あぁ、たぶん今も、たったひとつ なんだろうけど、

最初、「意志」だけがあった。
「意志」「意識」「生命」そんな感じのが、ひとつ。

世界は混沌としていて(それをカオスという)、
光と闇の区別もなかった。

神様は、どんな気持ちになったのか、あたしは知らないけど(笑)、
「光あれ」と言ったんだって。

何かを見たかったのかな?
何を、見たかったのかな?
何かを見るには、光とか目とか鏡とか対象物が、要るよね。
「光あれ」という事は、実は「光と闇に分かれなさい」という意味だよね、きっと。


神様は、「半分にわかれなさい。そして、残りもまた半分にわかれなさい」と、
うっかり言っちゃったんじゃないかと、あたしは思うのよ。

あたしが思う、
世界のはじまりとそして今現在は。

それは、「1/2+1/4+1/8+1/16+1/32+…が、「1」に限りなく近づく、けれど、
絶対に1には届かない」 と、同じだと、感じる事。

図解してみましょう♥
24816.jpg

こういうこと。

この「無限」が、生命 だと あたしは思うんだ。
そして、半分(1/2)になるためには、境目として、ゼロが、
必要不可欠だったと、思うんだ。

(1/2+1/4+…は、ゼノンさんが「アキレスと亀」で言いたかった事と同じだよ。
無限に足しても1に達する事ができないから、アキレスは亀に追いつかないよ、と、言いたかったんだよ。)
posted by 辰多みか at 17:02 | 宇宙のはじまり | 更新情報をチェックする

扇風機で発電する

今日は、扇風機を4台お掃除して、夏じまいしました。(てもう寒いよね)
カバーをガバッとはずして羽根を止めてる逆ネジをはずして、
ほこりを取ってきれいにして元通りに組み立てて、来年までおやすみ。

掃除をしながら、この羽根を逆に回したら発電できるんだろうかと考えた。

工業用の三相モータならできるはずだ(たぶん)。

でも、扇風機は家庭用だし、どうかなーと思って、ぐぐってみたら、
やっぱり単相誘導モータだからできないそうだ。よくわかんないけど。
(中に永久磁石が入ってないから。ていうか単相か三相かは
発電できるかできないかに関係あるっけ?)
それと、回転方向は、どっちでも発電できるんだってさ。

でもなんと、直流のモータだったら実験レベルでできるみたい。
おもちゃとかミニ四駆用とかのね。
マブチのとかね。
http://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/factory/f_gn.html

100均で売ってる、携帯タイプのハンディ扇風機だったら、
軸を外力で回せば、発電できるんだよ。
http://www.eneene.com/omoshiro/10hatuden/

東北電力のおもしろ実験サイト
http://www.tohoku-epco.co.jp/new_naze/koubou/fuyuyasumi/jikken/01.html

これ知っとくと、非常時に役立つかも〜?
posted by 辰多みか at 16:57 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

水晶透視ができる本


su.jpg

あたしは、今まで一度も「占い」といわれるものを
受けた事がありません。
自分自身でも、占った事はありません。
おまじない なども信じなかった。
未来を知ってどうしたいの?ていうスタンスだった。
それは今も変わらない。

でも、「悟り」の世界を垣間見て、
心の世界は、多次元だと、感じた。
三次元空間以上だと。

そしてそれが、球体でまわりを映す石 や 凹レンズの形の鏡に、
映るのだ、と、心の奥底から、感じていた。
悟りの世界を見た後に。
本当に、まったく、占いには、興味がないあたしが。

なぜそう思うのかというと、悟りの世界の風景は、
「無限大」と「ゼロ」にまっこうから向かい合って、直視する世界だと、
あたしは感じてるから。
鏡は、無限大を有限にまとめることができる。
そして、球体は、四次元空間の、鏡像なの。

あたしの手元にあるのは、水晶球ではなくて、25mmのヘマタイト球なんだけど、
それを手にとるたびに、なんだか、いわゆる水晶占い ってものが、
できるような気がしていた。
悟りの世界とつながるからだと思う。
(それは、アカシックレコードといわれている世界なのかもしれない)

それでね、なにか、悟り関係の検索をしていたら、
たまたま、「水晶透視ができる本」という松村潔さんという方の
本の、プレビューに、行き当たったのよ。
プレビューだから、数ページ、読めるのよ。

http://books.google.co.jp/books?id=H2rNXYdJKYsC&printsec=frontcover&dq=isbn:491621790X&hl=ja&sa=X&ei=iHiFUt3ZKJHakgW_xoCYCw&ved=0CDEQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false

あたしの悟りセンサー(笑)が、全反応した。
この人(松村潔さん)は、悟ってるよ。
ホンモノです。

さっそくAmazonで注文して、最初のページを読んでみた(P3)。
ぞわぞわきた。ホンモノです。
あたしは、プレアデス星人なんちゃらとかのスピリチュアル系な、
さもわかってるかのようなキラキラなブログはとても苦手だけど、
この本はしょっぱなプレアデスとか言ってるけど、ホンモノです。

あたしは、この本で未来を占う気はさらさらない。
あたしがなにをしたいかっていうと、「悟り」の世界を視覚化して、
人類全悟り になってほしいの。
(そうすると全世界が平和になる)
だから、四次元空間とか、無限大とかゼロとか1とか、数式とか、言ってるの。
目に見えるからね。

とにかく、ホンモノの人が書いた本です。
まだ1ページしか読んでないけど(笑)、おすすめ!
ぜひ、悟ったアナタに読んでほしいわ。

あっ、何度も書いてるけど、また書いておくね。
あたしたちが暮らしているこの世界は、「3次元空間でありイコール4次元時空」なんだよ。
ひとつ次元があがると、「4次元空間またの名を5次元時空」 になるの。
たぶん、スピ系で、5次元に次元上昇 とか言ってるのは、
5次元時空の事だと思うよ。(4次元空間+時間1次元の事)。
混乱しないでね。
空間と時空は、違うのよ。







タグ:ホンモノ本
posted by 辰多みか at 11:13 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

トーラスの中身

ポアンカレ予想を調べてみて考えた事。
トポロジー。
この宇宙がトーラスだとすると、
トーラスの中身は、なんなの?

持ち手のついたコーヒーカップとドーナツは、同じモノで、
コーヒーカップは、中身がねんどだけど、
ドーナツは、ドー(生地)だけじゃなくて、もしかしたら
チョコレートがコーティングされてるかもよ?

中身はなんだろう。
からっぽなのかな。
もしもからっぽだったら、そこが宇宙の外の宇宙空間になっちゃうな。
posted by 辰多みか at 17:11 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

あなたがいてくれたおかげで

昨日の記事。
人生というゲームはどうやったら「勝ち」なのか。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380031321.html

嫌いなあの人も、憎いあの人も、攻撃してくるあの人も、
みんなみんな、「あなたがいてくれたおかげで、私は今幸せです」。

それはね、どういう事かというと、
あの人の「受け入れられない意見」を無理やり飲み込むのではなくて、
ただ、存在そのものが、感謝に値する、ということ。

人はみんな誰でも不安に思う。
相手の思うつぼになりたくないとか、
対抗する意見を聞き入れたくないとか。

もしも、自分の好きな事を心のままに好きなようにやり、
嫌なあの人に、「あなたのおかげです」と伝えたら、
嫌なあの人は、「ほらね、私の言う事をきいたから」と思うかもしれない。
または、他の人に、「あの人は今まで私の意見を聞き入れなかったけど、
ようやく聞き入れるようになって。それで今好きな事ができてるのよ。」
と、陰で言われるかもしれない。

それが、とっても嫌なのね。
なにか「盗られた」みたいでさ。
自分の「なにか」が減ったみたいでさ。

ズバリ言うと、「気」をとられたみたいでさ。
気をそがれた〜って感じるの。



そうじゃなくてね。
「あなたがいてくれたおかげで」って、
思えばいいんだって、あたしは腑に落ちたの。

だって、「嫌」な事に気がつくには、「嫌」な人が
いてくれなくちゃ困る。
それだけで、その人は、感謝に値するのだ。

それにね、「常に意地悪されてる、常に自分は大事にされてない、
常に自分の意見に反対される」と感じる事は、実は「常に」ではなくて、
10回そんな事があったら、真にそういうふうにされてる事は、
だいたい1回くらいしかなくて、残りの9回は、自分の勘違い、感じ違い なんだよ。
よーく相手の事を思い出してみると、こちらの事を思ってやってくれてる事って、
とても多いな、と、気が付くの。


なんども、そんな事、文字で読んだりするけど、
(このあたしの記事を読んでくれてる人だって、既に知ってる事だと思うよ。)
本当に、腑に落ちると、「わかった〜」って、本当にすっきりするよ。
すっきり、感謝できる。
嫌味で言ったら、ダメだよ。
「そういう人」がいてくれないと、「悟る事」もできないし。


それが、人生の勝者への第一歩なのだ。

あっ、本当の「人生の勝者」って、
自分の事を、勝者とも思ってないはずだよ。
勝者になろう、と、ほんの少しでも考えただけで、
「勝者」には、なれなくなる。
それは、「愛」の仕組みと、同じ。

北風と太陽の、「太陽」と、同じ。

あたしは、そんな心で生きていきたいな。

posted by 辰多みか at 09:25 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

人生ゲームの勝者

モノポリーのウィナー。
とは言っても、市販されてる人生ゲームのことではなくて、
リアルな、人生のゲームの話。

人生は「とある事」を思い出すための
ゲームっていう前記事はここ→http://loveconquerfear.seesaa.net/article/379520318.html

この、全生命を懸けて取り組む「ゲーム」のね、
勝ち方が、わかっちゃったのだ。

どうなったら「勝ち」なのか…

わかったよ、あたし。

たぶん世の成功者たちが、「成功法則」と思ってることだと思うよ。
(成功者から直にきいた事ないので、憶測。お・く・そ・く 笑)

この人生ゲームの「勝ち」とは…



「あの人みたいになりたい」と思わせる事だと思うの。



こうやって書くと成功者、やらしいなー(笑)。
ぜったい、人前ではそんなこと言わないよ、たぶん。
そして、きっとズバリそうだとは、紙に書いて残さない。
(そういう講習会では口に出しては言うかもしれない)

でも、きっと、たぶんそう。

自分の弱いところ・ダメな所を全部さらけだして、
そしてそんな自分が大好きだって、臆面も無くおおっぴらにして、
失敗を他人のせいにせず、自分の非をちゃんと認めて、
人から気をそがれるような事をされても、その人のせいにしないで
機嫌の良いままで、さらにその人の弱い面も思いやって、
常に誰かのためになる事を、見返りを求めず考えて与えてあげて、
そして、自分のやりたい事を、まわりに「おかげさまで」の感謝をこめて、楽しくやる。
好きな事をおもいきり好きなようにやる。
やりたくない事は、自分に正直になり、やらない。
ひょうひょうとした風のように生きる。
そして、みんなに、「あんな人みたいに、なりたいな〜」と、
憧れられるの。
かつて憎しみ合ったあの人に、「あんな人みたいになりたい…」と、
思わせるの。


誰も損しない。

それが人生の勝者だと思うよ。

これ、ぜったい、正解だと思うな!
セミナーでウン千円で、講習してもいいかもよ、あたし(笑)←これがやらしいの〜

はっ、その前にあたしが成功者にならなきゃ…(いつのことやら?)


うん、でも絶対あたし成功者になるよ!


※本当の人生の勝者になるための注意点を追記しました。

→あなたがいてくれたおかげで 
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/380098662.html
posted by 辰多みか at 15:15 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

トラウマの書き変え もののけ姫編

娘が急に「もののけ姫」を見たいと言い出して、
ツタヤまで借りに行ったのよ。
なんでいまさらジブリなんだろう〜と母(あたし)は、
疑問に思いつつ。

もののけ姫は、うちの家族、誰も映画館で見たことは
なくて、テレビで放映した時に、たまたま見た程度だったの。
なんか、あたしの印象では、腕がちぎれるとか
首がとぶとか…
わあぁぁぁ
な、イメージしか残ってなくて、やだな〜と、思っていたの。
たぶん最初から最後まで見たはずだけど、
覚えているのは、ししがみさま というのが、
鹿なのかなんなのか、なんでししなのか、
なんで透き通ってるのか、わからんな〜程度の記憶しかなかったの。

そして借りてきて、見た。
あたしは他にやる事があったので、最初だけちょっと見た。
あたしが、「うでやくびがとぶんだよね〜(嫌)」と言うと、
娘も「そうそう。ぐろいよね」と言っていて…
そしてその場面…

びゅーんと矢が飛んでうでがすぱぁーっ。
んん?
ぐろくないです。
んんん?衝撃度が少ないぞ?
娘も「あれ〜?」とか言ってる。
「あんまり衝撃的じゃない。」

なんでだ?

ふたりそろって、あんまり衝撃的じゃない。
あたしはおもわず言った、「進撃のなんとかとか見てるからじゃないの?」
「まみった のとか 見てるからじゃないの?」
娘も、「そうかもー」と言った。

あたしは進撃のなんとかとか魔法少女なんとかとか、
見てないのだけど、娘が録画していて、衝撃度の高い所を選りすぐって、
あたしに見せてくるのだ。
やー。

トラウマは書きかえられる、
記憶は嘘だから、書きかえられる、と、よく聞くけれど、
実感なかったし、やってみても実際どうなの?と半信半疑だった。
でもね、もののけ姫のトラウマは、簡単に書きかえられていたのです。
知らないうちに。

という事は、トラウマを解消するワークとか、
記憶を書き変えるワークとか、やっぱり効果があるんだわ、きっと。
うん、きっとそうだ。


posted by 辰多みか at 15:45 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

ポアンカレ予想

ああ、
宇宙に果てがあるのか無いのか
ワンネスに果てがあるのか無いのか

それって、すでに証明された「ポアンカレ予想」を
理解すれば、いいのね。

ポアンカレ予想を証明した、ペレルマンさんは、
華々しい称賛も・・・受け取らず、
フィールズ賞も辞退して・・・

森でキノコをとってほそぼそ暮らしていると…いうのよ。
(ネットでのウワサ)



ああー。
そうなるかもなー。


なんか。
宇宙の形を知ってしまったら、
そうなるかも。


あたしはすでに、森で野いちごをちょっと摘んでみたり
畑で野菜をつくってほそぼそ暮らしてるから、まぁいっかー。(笑)


(やまいもを掘ると、山の所有者の所有権侵害で
逮捕されるから気を付けてね)



(たまにニュースになるのよ)



やまいもはどうでもいいけど、ポアンカレ予想も勉強しなくちゃ。


posted by 辰多みか at 15:37 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

残像

愛しのいとしのうちのワンコ。
「クルーニー(仮名)」

za01.jpg

彼は、愛でできているの。
(あっ、万物も愛でできているよ♥)

おととい、
「引き寄せの法則 【LOAの部屋】」の中の、
【55 ◆52uE3j0pa6】さんの
「1と0について」
を見てあたしが思った事。

この人が、数の「1」と「0」について感じてるのは、
まぎれもなく、
阿部敏郎さんがいう「いまここ」
神道でいう「中今」
だよね。
まぎれもないよね。

(仏教でいう「中道」は、「いまここ」とは、すこ〜〜しだけ
意味が違う気がする。
うん、中道は Do で いまここは Be な気がする。
同じ事をいってるんだけど、より実践に近い
ハウトゥものが、中道 な気がする。
あくまであたしの感覚だけど。)

ちなみに、ふち(果て)がない「1」の事を、「いまここ」と、いうよ。

ふち(果て)がある「1」は、方向性が発生して、
光が移動できるようになるから、時間が発生するよ。
「1」が円の形をしてるとすると、光速(光の移動距離ではない)と、
円の半径は、同じ意味なの。
ふちとは、「0」のことだよ。
「0」でつつまれている「1」は、個人の生命を表すの。

ああっ、また説明ばっか長くなっちゃったっ。

あたしが書きたかったのはね、
今朝ね、愛しのワンコを、見ていて…思った…感じたこと…

それはね…

今、目の前にいる彼は…

残像 だって ことだ。




残像



意味が伝わるかな〜…


真意が、伝われ〜〜〜!(願)



あたしを見て、嬉しそうに体が反応する彼は、
その動きすべて、目に見える存在すべてが
残像 だって事…
それも、ワンコだけじゃない。
目に見えるものすべて、あたしの肉体・思考さえも、
残像 なの。


お釈迦さまが言ったり、スピリチュアル的に言われる、
「この世は幻」
あたしも、そう言う。

けど、

それ、

真意が伝わってない。


たしかに、「まぼろし」なんだけど。
(これは断言する)


実体のないまぼろしだ と、広い意味でいえば、そのとおりなんだけど、
そうじゃなくってぇ〜、


いまここには、なにも、なくて、
(ワンコも、いなくて、)

(あたしも、いなくて、)


そして、あたしの目に見えているのは、一瞬、一瞬、前の、
いまここから湧き上がる 映像 の、
残像。

残像が連続するから、あたかもそこにあるかのように見える。


あぁー、別の意味にもとらえられるーっ
光が伝播するんだから、残像 で、あたりまえじゃん、なんだけど、
そうじゃなくってぇ〜、

そうじゃなくて…

言葉での説明に限界があるわ…


残像 なんだけど いまここ には なにもないのよ。
そして、ぜんぶある のよ…

あー、
伝われ〜〜。

さっき書いたサイトの「1と0について」に、ヒントが、書いてあるのよ。

あたしの愛しのワンコは、「俺でありたい」と、無意識で
心底願っているから、ワンコの肉体を、自分サイズに、
ひとつにまとめあげる事が、できているのよ。
それは、あたしもそうだし、万物がそう。

俺でありたい という意志の結果が、
今の彼の肉体・精神、目に見える姿なのよ。
彼の肉体を構成している物質は、かれの「意志の形」に、
ぴったり、一瞬の遅れも無く、ついてきているの。

だから、意志がなくなっちゃったら、物質は体を構成しなくなっちゃうのよ。

あぁー、
伝われ〜
うまく書けてないー。

けど、あたしの目に見えるワンコは、
物質をまとったワンコのホログラム映像の、残像 なのよ。

すべてのヒトは、ホログラム映像の残像 を、見ているのよ。 

わかるかな〜。
今日はこれが限界だー。

また、ちゃんと書くよ。
リベンジするっ


伝われ〜〜(佐久間一行ふうに)


(そういえば井戸のおばけ 面白かったな。)


(またへんな方→井戸のおばけとか に脱線するから伝わらないんだろうな。)


ムリムリ。
言葉で伝えるの、ムリ。


あー
もどかしい。

za02.jpg
いとしい

za03.jpg


愛しているよ


posted by 辰多みか at 14:10 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

戸締り用心火の用心

ゆうべ興奮したから眠いな。
(午前中に突発的に本屋さんに行って、
突発的に、心屋仁之助さんの
「もうイライラしたくない!と思ったら読む本」
を買って、さっき一時間半で全部読んだよ。
夕べ遅かったから途中うとうとしたけど、
うとうとしながら全部理解できたよ。
サラ〜っと読める。全部知ってた事だったけど…
もうイライラしてないんだけどね。
なんでこれを買ったかというとDVDがついてたから。)

昨日、NHKの地方ニュースで、子供たちが、

「戸締り用心火の用心♪」って、無邪気に歌っていたのよ。

なつかしいな〜。いつも流れてたCMだったよね。
「いちにちいちぜーん」って、CMだったよね。

笹川良一さんという人だったよね。

「日本の首領」

みたいだったよね。
お金持ちっぽかったよね。

でもね、
今、当時のCMを思い出してみると、
あの人は、悟ってたんじゃないかなと感じるよ。

「人類みな兄弟ー!」

あの笑顔。

過去、何をしてたか知らないし、もしかしてブラックな人だったの
かもしれないけど、その「ブラック」にみずから気が付いたのかも、しれないよ。
まあ、憶測だけどさ。
振れ幅が大きいほど(隠したい自分のレベルが低いほど)、
悟った時に、高〜く、飛んでっちゃうからね。
わゴムをものすごくひっぱると、ものすごく飛んでく的な。

瞳から、そんな感じがするんだ。
マハルシさんという人の、写真を見る時と同じ感じがするの。
瞳の。
目に、出るんだよ。
今の政治家さんで、そういう人は…うーんわからないなー。
(あたしの目が曇ってるんだよ 笑)

テレビで見て、この人は…!って直感が騒いだのは、
最近の相川七瀬さんだな。
相川さんはホンモノだと思うよ。

posted by 辰多みか at 16:24 | 悟り | 更新情報をチェックする

ゼロといち 0と1

あたしと同じ事を感じてる人をついに見つけた!
なんと2008年ころの2ちゃんねるらしいけど、
今日初めてまとめサイトというのを見ました。
なんだこれは…

ドキドキした…
「55 ◆52uE3j0pa6」さん…
あたしと同じ! あなたはあたしかっ!?ってほどだよ!!

引き寄せの法則 【LOAの部屋】というサイトで見たのよ…
2ちゃんねるをまとめたサイトらしく、たくさん読むところがあって、
全然全部なんて読めないんだけど、
そこで、コテハンが【55 ◆52uE3j0pa6】という人の、
「1と0について」という、抜粋されたモノを読んだのよ…
感動した…
この人は、「見た」。
ちゃんと、見えてる。
悟ってるかどうかまではわからない。
(引き寄せられるって断言してるって事は、悟ってるのかも)
ワンネスを見てる。
宇宙のはじまりを、見ている。
そしてなぜ人がそれぞれ他人の意識になれないのか、その理由を目撃している。
あたしが数の世界で見たものを、見てる。

あたしに見えているモノに興味がある人は、ぜひ
http://abrahamloa.blog129.fc2.com/blog-entry-306.html
を見てみてね。
(あたしが2ちゃんねるの記事を、まとめればいいのか?
この人はちゃんとわかってる、この人はわかってない、と、コメント入れて)

他の人たちは、どうかな〜…
もう5年も前の事だから、今のみなさんはどうなのか、全然知らないし
(さっき2008年のを読んだばっかなので)
なんともいえないんだけど、この中で画家さんという人は、2008年の時点で
ワンネスを体験してないです。見えてないです。残念だけど。

ああ、ぜんぶここにコピペしたいくらいだわ。
2008年ていうと、あたしが悟りの世界をチョロッと見ちゃった頃かな。
あたしが数の世界でワンネスを見たのは、2009年か2010年だったよな。
(リーマンショックの後だから)

うん。
ゼロといちの事を、ちゃんと書いてみよう。
去年、ブログ用の日記をかきはじめた頃に、はしり書きみたいのは
いっぱい書いたけど、たぶんあたし、ちゃんと書いてないからね。
この2ちゃんねるのには書いてないみたい?(全部読めてない)だけど、
無限大と無限小の事もね。
【55 ◆52uE3j0pa6】さんが、言っている 「1」 は、
あたしがいう、「神」「すべての創造主」 の事で、みんながワンネスと
して体験してる事と同じで、
「0」とは、自分と他人をへだてるものの事 なんだよ。
「0」があるから、他人の意識になれないんだ。
でも、「0」があるから、「1」から分離して、個人個人の生命として
生きられるの。
いちをゼロで割ると、生命が誕生するんだよ。うふふ。
そして【55 ◆52uE3j0pa6】さんが言う、「1」はBEで、
「0」がある「10」はBEING というのは、
あたしが感じるのは、0.999999999… ということなんだ。
(【55 ◆52uE3j0pa6】さんが言う「10」は、あたしはちょっと理解できないの。)

「1」は BE で、
「0.999999999…」は BEING だよ。
(ホラ、なにかわかったような気がするでしょ。ふふ)


それで、今現在あたしたちが現実と認識している世界は、
ホログラフィーで2次元の波模様から立ち上がらせた3次元の立体画像か、
または、4次元の鏡像 の、どちらかなんだと思う。(どっちだろう?
もっと次元はいっぱいあるのかな)
うーん、3次元の波模様に光をあててできた超立体画像が、
鏡に映って次元をひとつ落としている姿なのかしら?
そのへんは感じ取れないな。


ゼロは、いわば、命の切れ目 みたいなもので、
うーん、それ語弊があるな。死んじゃうみたいだな、それじゃあ。
切っても死なないんだけどな。むしろ生きるし。

ひとつの命を、切り分けた 切れ目の事をゼロという。かな。
ひとつの命とは、おおいなるワンネス。
ワンネスとは 在る という事。
切り分けると、個人が誕生する。

ゼロの内側は、鏡になっているよ。
ゼロの内側は、完全に個人なんだ。ひとりだけの世界なの。
ゼロでかこまれた中身は、濃度が0.999999…なの。

それでね、宇宙(神さま)は、最初、ひとつ・「1」だったけど、
「0」がほしい と思った宇宙がみずから、「0」を作ったの。
そして「0」の作用で自分と他人との境ができたから、
「0」の作用の結果は、「1/2」なんだよ。
(ホラ、なにかわかったような気がするねっ)

ああ、ということは、ワンネスには、ふちが、ないなぁ。
ふち(境)にゼロが、ないなぁ。
境にゼロがあると、時間が発生する気がする。

望月さんのABC予想の証明には、そのへんが書いてある気がするの。
ワンネスに、ふちがあるかないかが、さ。

わかるかなぁ。
みんなにわかってほしいんだけど。
もっと、いっぱい、ちゃんと、書くっ。

ああ後ね、この世界はらせん状になってて、
さらに、垂直方向から見ると、太極図みたいになってて、
さらに、実はまんまるで、
さらに、ミンコフスキー空間の、光円錐の形をしているのよ。
それらの、まったく違う形が同時に存在するの。
あと、ウロボロスのへびみたいに、中が中、中が中…って
なってるよ。(説明がヘタでごめん)
フラクタルなんだよ。
ウロボロスの蛇は太極図と同じような思想みたいだけど、
太極図は数はあまり関係なくて、ウロボロスの蛇は、素数に関係してる気がするの。
ああそしてね、豊かさとか価値とか愛とかは、虚数軸の方から来るみたいな気がする。

みんなにわかるように説明したいなぁ。
ちゃんと書きたい。
誰かわかってくれないかなぁ。
【55 ◆52uE3j0pa6】さん…

posted by 辰多みか at 01:25 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

魂が震えるほどやりたい事をやってた時間

きのうはね、
いきなり思い立って、実家に行ったの。
父母に会ってきて、かわいいワンコとニャンコを
めでてきて、そしてあたし自身も、父母に愛をいっぱいもらったんだ。
(さっきの日記に書いた過去の事は、もう過去の事 なんですのよ)
いや、愛って「桔梗屋の信玄もち」の形をしてたけどね(笑)


そして今朝は、
魂が震えるままに、
やりたい事を、
やった!

それはね、

どんなことだったかというとね、


iTunesで、

とりためたCDの、

アートワークを、プロパティに貼り付けまくったのだ!



(笑)




(あっ、アートワークって、ジャケット写真の事ね)





そんなんで午前中つかっちゃった〜

あははは



充実してたな〜



あたしのiPodは、
iPod shuffle なので、
液晶が無いから、「アートワーク(ジャケ写)」は必要ないの。
だから自分で聞く分のCDは、簡単にインポートして、
それっきりなの。

でもね、最近、娘が、あたしの趣味に興味を持ってきた。
ちょうどあたしがはまった年齢くらいだし。
この間、「おかあさんのCD全部私のiPodに入れて〜」と、
おねだりしてきたの。
ういやつじゃのぉ。
この間まで、「歌い手さん」とか「ボカロ」とか、ニコ動で見れるそっちばっかだったのに。

だから、けさ、なんかしらないけど、
アートワークをさがしてきて変換して貼り付けて、
さがしてきて変換して…と、何十枚もやってしまったわ。
娘のiPodは液晶があるやつだからね〜。
やっぱジャケ写をくるくるやりたいでしょう。

そんなこんなで、魂を震わせながら、やりたい事をやったわ。
うん、こんな調子でいいんだよね。

うん、ありがとう。
posted by 辰多みか at 15:52 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

無条件の愛

むすこがさ。
県外にひとり暮らししているの。

かわいいすねかじりむすこクンなんだよ。

たまに、こちらの脛具合(すねぐあい)を、
打診してくるんだけど、昨日も「おれおれ詐欺」ばりに
「俺、オレッ」と電話をかけてきた。

そして仕送りが少し足りない…という話をする。
(いや足りないのではなくて、予算以上に使ってしまうという事だ)
お金…やっぱり「おれおれ詐欺」かよっ!
(いえ本人ですけどね)

最近よく、足りなくなった…と言ってくるんだよね。
もちろん生活が計画的ではない、という事は、よくない。
けど、息子の言い分は、計画外の出費が出てしまった、という話なの。
うん、確かに話を聞くと、計画外なんだよね。
だから、送金してしまうのだけど、(ネットで24時間、一瞬でできるし)
その際、あたしは、ちょっと注文を付けてしまうのだ。
しぶしぶっていうか、取引っていうか。

息子は、親のあたしがいうのもなんだけど、超〜素直で、いい青年なのよ!
悪い事なんてやりっこない!自慢の息子。
だけど、お金を送る時、「次からは計画的にね」とか「はやくバイト
さがしてきてよ」とか、あたしは言ってしまうのだ…。
お金がないわけじゃないのだ。
ただ、考え無しのドラ息子になってほしくないのだ…。

でも、息子は、ちゃんと考えてるの。
考え無しなんかじゃないの。
昨日は、最初、「お金を送ってほしい」、と切り出したにもかかわらず、
電話が終わる頃には、明るい声で、「うん、もしかしたら
足りなくなって、送ってもらうかもしれないから、
先に言っておこうと思って電話したから、うん、そういうことで。」
と、金額の請求せずに切ってしまった。

あたしは・・・

・・・

うーん、まずいぞ。

うん、これはまずい流れだぞ・・・


と、ほんのり、思ったの・・・


これは、あたしが、息子を信じてないって・・・
言ってるって事と、同じなんだよね・・・


お金がないわけじゃないんだからさ。
(ここでもし親にお金が無いと、親の方こそが、無計画だって事が、バレちゃう。
大学行く間の分は、前々から用意しとかなきゃね。それ以上は無いよ。笑)
すぱぁーッと、気持ちよく払ってあげるのが、親のつとめだよね。
出た分は、あとから、本人が切り詰めてつじつまあわせる気でいるかも
しれないしさ。

だから、あたしは、ぐだぐだ言わないで、
「いいよ」ってサッと送金してあげればいいのよ。
ドラ息子ならともかく、そうじゃない素直な子なんだから、
親に完全に信頼されて、サッと窮地を救われれば、
そりゃあ、息子は感動するだろうな、とか、思うわけよ。
あたしだったら、泣いちゃうな。
そして、「無駄遣い…しないで大事につかうよ…!」って涙ながらに
決心するだろうな。

と、自分だったら、と自分に置き換えて、そう感じた。

息子は、昨日の電話でちょっぴり「いいところ」を、親であるあたしに見せた。
これはね、一見、良い事に見えるかもしれないけど、実は、危険をはらんでいる。

それは、お金に対する「いいところ」を見せつづけるために、
借金に走ってしまうという、その、入口だから。
あたしの親父がそうだったからさ。
「お金がない」と言えなくて、生活費を借金してたんだ。
母もあたしたち子供も、何も知らなかった。
ある日、いきなり、父は、その生活を保ち続ける事ができなくなった。
あとは、まあ、みなさん想像にたやすいでしょう〜。
(今のところ、父も母も姉妹もみんな元気ですけど)
じ ご く だった。
うん。
地獄ってきっとあんな所。
あたしたちは、スラムに住んでたのさ。
あはは。
おもいだしたくもない。
そりゃあ、ねずみに洋服をかじられるわけだわ。
あはは。

あら、昔のマボロシに飲み込まれて狂気がちょっと出ちゃったわ…。

まあ、今は、ちょっとはマシ(いや天と地の違い)な所に
す ま わ せ て い た だ い て い る の で
前よりはいいかな。
あはは、いえいえ、とっても感謝してるよ。
今の家族に。
なにより、諦めなかったあたし自身に。

という事で、息子に、無償の愛と信頼を注ぐこと。
それを、実行、実行、実践していくの。
お金という形をしているけど、中身は、信頼と愛なの。

イヤな事じゃないから、ラクラク、楽しんでいくよ〜。
と、日記を書いてたら、息子からメールが来た。
さっき、サッと送金しておいたからさ。
ひとこと「ありがとう」だって。
うん、「いいよ」
ありがとうって言葉をおくってくれて、ありがとう。

posted by 辰多みか at 15:17 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

神様が本当に公平だという話


神様はね、前記事にも書いたけど、

神様って、ただの、1 だし、
ただの、 有る だし、
ただの、 在る だし。
一部で全部で、ポジでネガで、裏で表なの。
ああ、そうそう、神様に無いものはなにも無いけど、ひとつだけ、ないものが、あった!
それは、「無い」が無いの。 それが神様。
「欠けてる」「不完全」は神様に有るけど、「無い」は、無い。

なの。


それで、神様は、ほんとうに本当に、公平なんだ。
そして、神様が作ったものは、全部、愛でできているんだ。
神様は、すべてを、全力で愛しているの。
全肯定 しているの。

というか、「そういう存在」のものを、神 と呼ぶ定義なんだよ。

人にはそれぞれ、「幸」と呼ぶものと「不幸」と呼ぶものが、交互にやってくる。
ひどい仕打ちを受ける事もあるし、殺される事もある。
けれども、それも、全部神様の愛なんだ。
(だからといって殺人をしてもいいよっていうモラルの話ではないよ)

みんな同じだけ、幸も不幸も、受ける運命にある。
けれども、いつも幸せそうか、いつも不幸せそうなのかは、
神様側の問題ではなくて、受け取り側の、問題なんだ。
だって、数を見れば、わかるじゃん。
「幸」が1/2で「不幸」が1/2。
みんな、多少の誤差は有れども、だいたいその範囲に入るんだよ。

殺される事が愛だなんて、信じたくないでしょう。
信じなくてもいいし、これは宗教じゃない。
(信じろって強要したら宗教になっちゃうよ)
なぜそうなのかというと、それは、神様が本当に公平だからで、
神様は、殺人を犯す人でも、全力で愛しているからなの。
殺人を犯しても、その人は、生かされているの。
生きる事を、許可されているんだよ。
その人の存在は、全肯定されているんだよ。神様に。
だから、神様が言うセリフは「いいよ。」「在って、いいよ。」
だけなんだよ。
全肯定だからね。
殺人犯した瞬間に消えて無くならないからね、それが愛の証拠。
うん、だからと言って、相手がある事だから、殺人はよくないけどね。
神様は、世の中の仕組みも作ったので、そういう事はする人は、
損するように、できているんだよ。
それも神様の愛なの。

posted by 辰多みか at 23:16 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

本当にやりたいこと

悟りの世界をチラッと見ちゃってから、5年間。
ゆるせなくてゆるせなくてゆるせなくて〜〜〜悩んできた。

悟れば、苦しみから逃れられる、と、ぼんやり認識していた程度の、
宗教が好きなワケでもない一般人の主婦だったのに、いきなり悟りの世界を見てしまって、そして、「すべての答え」を見てしまった。
結論からいうと、あたしの場合は、悟りの世界を見て世の中の仕組みを知っても、
苦しみからは逃れられなかった。
宿題が山ほど出た。
とても優しい、愛にあふれた神様から。
その宿題が終われば、苦しみがなくなるんだ(←いやこれ誤解ですけどネ)。
あたしがその時知ったのは、宿題が無限にあるわけじゃなく、
山の高さが有限だった、という事だった。
宿題は、人生の旅路のゴールともいいかえられるけど、
そのゴールの終着点が、目に見えた事だった。
それがあたしの悟りなの。
みんなが体験する、至福は無かったの。
だって、ゴールが、遥か遠いんだもん。

その時出された宿題は、

「ゆるすこと」

憎んでるあの人を、

「ゆるすこと」

それはイコール、自分自身をゆるす事でもある。

一瞬で魂が納得した、
いいえ、魂が思い出した、この世の仕組み。

なにがなんでもゆるすって事じゃないの。
自分が納得してなくてもゆるすって事じゃ、ないんだよ。
自分が我慢するって事でもないの。
言葉だけ、表面上だけで、「ゆるしてあげる」じゃ、ないんだよ。

それが、人類みんな、理解できない。
わからないように仕組まれて、生まれてきた。
なんで仕組まれたかっていうと、この世は、それを思い出すためのゲームだから。

ゲームは楽しいからね、みんな夢中になっちゃうんだよ。
みんな、ゲームの仲間にはいりたくて、あの世で神様に、
現世でのゲームに参加したいから肉体をください、って言うんだよ。
今度こそ思い出して見せますって、意気込むの。
そして生まれたとたんに、忘れちゃう。忘れる仕組みだから。
自分を苦しめるというゲーム。
そして、HPも、ホントは無限に補充できるというのに、
無いと思っちゃうゲームなの。
神様に、生命力をください と言えば、すぐにくれるのに、
無いと思っちゃってるから、人から奪うの。
意地悪してみたり嫌味を言ってみたり優越感をもってみたりして、
相手の罪悪感や劣等感から、奪うの。
気を損ねる、気が悪い、いい気味、いい気分、それは、奪い合いのはてに、
減ったり増えたりした(と勘違いした) HP、生命力。

神様は、生命力、この場合は、「気」という意味の生命力を、みんなに
雨みたいに降らして、そしてあたしたちはそれでいつもびちょびちょなんだよ(笑)。
でも気が付かないから、飲まないの。
それが飲めると知らないから、飲まないの。受け取らないの。
ある時は嵐みたいだったり、またある時は太陽からの光の雨みたいのなの。
別名を「愛」と言うよ。
台風みたいにまきこまれて、わぁーとかなるけど、それも愛なの。
受け取ると、体に満たされるんだよ。
そして、自分が受け取った分を、人にあげる事もできるんだ。

それらがさ、悟った時に、全部わかるわけなの。
みんな、理解することができるの。
すごいよ、びっくりするよ、だって、自分って神様の一部なんだから。
神様って、ただの、1 だし、
ただの、 有る だし、
ただの、 在る だし。
一部で全部で、ポジでネガで、裏で表なの。
ああ、そうそう、神様に無いものはなにも無いけど、ひとつだけ、ないものが、あった!
それは、「無い」が無いの。 それが神様。
「欠けてる」「不完全」は神様に有るけど、「無い」は、無い。

そんなこんなで、この世の仕組みと神様と本当の自分(自分サイズに
収まってる神様)に悟りの瞬間気がついたわけだけど、あたしは、宿題をしたくなかった。

なんとかかんとか、憎いあの人をゆるそうゆるそうとしてきたけど、どうしてもできない。
だって毎日、嫌味嫌味ですのよ。毎日意気込みがリセットされる。
でも、ゆるさなければ、自分自身が幸せになれないので、
どうしてもゆるしたかった。

ニコニコ笑顔?尽くしてみる?話を聞いてやる?
神様から受け取る「愛」はタダじゃん。自分の体の外側の経絡に流して、
「衛気」にして、あの人にあげればいいじゃん。「ありがとう」と笑顔で。
「あなたのおかげで幸せです」って。
自分自身の気を奪われないように、きちんと「No」をいえばいいじゃん。
そのやり方も、わかってる。できるようになってきた。

そういうふうに、あたしは、あたしの内面(潜在意識)に、言う。

だけどね、体が動かないんだ。

あたしが、「憎いあの人をゆるす」 というのは、
具体的にどういう事をやるのかというとね、


それは、「あたしが自分の好きな事を好きなようにやって、幸せです!って輝く」って、事なの!


自分が好き勝手に好きな事をやるというのが、
憎いあの人をゆるす という事なの。
びっくりでしょ。
それがこの世のからくりなんだ。

自分が好きな事を、させてもらう。
あの人に「ありがとう」って言う。
「おかげさまで」って言う。
それが、ゆるしなの。

あの人のせいでできないって、もう言えないの。
もう、あの人のせいに、できなくなるの。
「自分が幸せにならない言い訳」が、できなくなるの。
幸せになっちゃったら。

だから、あたしが幸せになっちゃったら、あの人に「ありがとう」って言わなきゃいけない。
それが、まだ、ホントに嫌なんだ〜〜。
気づいた本心。まだそこか。

だから、あたしが心底本当にやりたい事は、「やりたい事をやりたい」、
「幸せになりたい」なのではなく、
「あの人にありがとうって、言いたくない」なのです。
本心が、あたしの認識外で、そう神様に全力で祈ってるから、そっちの願いが叶っているのです。
やっぱりすごいわ神様。どんな願いでも100%叶えてくれるわ。
「あたしは幸せにならなくてもいいから、あの人に感謝したくない」という
願いを聞き逃さずに叶えてくれてるなんて。

うーん、うーん。
でも、もうホントに、ゆるしても、いいかな。
みんな幸せになっちゃっても、いいかな。
宿題が、あとちょっとで終わりそうな気がする。

posted by 辰多みか at 15:48 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

泣く準備

ココロの事。
もっともっと自由になりたい。
一度悟りの世界を見てるのに(それを目覚め・気づき・一瞥・見性とか云うみたい)
まだまだ、悟り前とおんなじ事をしてる。
そして、ハッと気づくのだ。まだぐるぐるしてる、と。
なまじ、「見た」から、よけいつらいのかもしれない。
「できない」事が。

あたしは、ひとりで勝手に悟って、
そしてネットでこれはなんだと検索しまくって、
そしていろんな「ホンモノ」の人たちを、見た。
「ホンモノの手法」を、見た。
たくさんあったよ。
ニセモノも、あるけどね。
どれがホンモノか、一度箇条書きにしてブログに書いてみたいな〜。
スピ系でどのブログがホンモノかもわかるよ。
反発くるかな〜。くるよね〜。
やめとこ…(あはは)

あたしが「足りない」所は、どうやら、体を使って発散することらしい、
という結論に、至った。
心屋さんは、正真正銘ホンモノで、みんなでワークして、言葉を口に出したり
感情を出したり、そういった事で、自分の本質に迫っていく手法なんだよね。
(行った事はないのでネットで知った内容です)

一番てみじかで、いちばんカンタンなのに、やりづらい事のひとつに、
「泣く」事があるの。
あたしは、過去を思い出すたび、泣けてくるんだけど、目が真っ赤になっちゃうので
なかなかできないの。
自営業同居嫁だしね。(あはは)
ホントは、大人数で感情を出しまくって、泣きまくれれば、いいんだけどね。

とりあえず、あたしは家で泣けてきちゃうので、どうしようもなく、
苦肉の策で、とある方法をあみだした(?発見した?)。

それは、超基礎的な事だけど、めぐすりをさす なのだ。

今の目薬って、20年くらい前とはうってかわって、
充血を取り去る効能が、あるのだ。
すごいよ〜。あたしは白目が青いから、
めぐすりさすと、充血がなくなるばかりでなく、青白い白目のヒトになって、
「世の中の穢れを知りません」みたいな瞳になるんだからね。

今の目薬は、一般的なのはどれにも入ってると思うんだけど、
ちなみにあたしが使っているのは、「スマイル40 3種のビタミン配合 マイルド」ね。
この中で、充血を取る成分は、

「塩酸テトラヒドロゾリン」なの。

この成分が入っていれば、どの目薬でもいいよ。
よぉく、裏を見てから買ってね。

さあ、充血取る「塩酸テトラヒドロゾリン」入り目薬を手元に用意して、
思いっきり、泣こう!
そしたら、アナタの未来は変わるよ!
あたしも、泣く〜!
posted by 辰多みか at 09:42 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

片づけなくてもいい

あたしは、前記事に書いたみたいに、
家事に時間がとられるので、もうその他の時間は
なにもしたくないの。
というか、本当に自分のやりたいことを、やりたい!の。
でも、片づけとか、してないから、それを先にやらなくちゃ
好きな事をしちゃいけないっていう、呪いにかかっているの。

でね、夏にさー、片づけをやろう!って決心したんだけど、
あはは、まったく出来てないよ。
思えば思うほど、逃げ腰だよ。
昼寝してみたり。
いつもは見ないブログを見たり。

という事は、あたしの潜在意識は、「言いたい事」が、あるんだ。
「あたしは本当は片づけができる人で、片づけをしてもいい!」というのが
魔法の言葉だと思って、そう自分に言い聞かせてきたけど、
実は逆だったんだ。
ほぇぇー。

自分で自分に聞いてみたら、こういう答えが返ってきた。
「片づけをしなくてもいい!って、認めてほしい。」
って、あたしの潜在意識は言った。

ありゃりゃ。
それが本音か。
「しなくてもいい! って100%受け止めてくれたら、片づけする」って、
あたしがあたしに言った。
なんて困ったチャンなの。

あたしの実家はね、汚屋敷だったんだ。(というか現在進行形…)
カミングアウト。
精神病だった(過去形)り、どんだけ(笑)。

あたしはその中でも、片づけする方だったんだ。
そんな母親になりたくないと思ってた。
こどものころ浴衣を着ようと思って、たんすの底(!)からひっぱり出したら、
ねずみに1/4くらいかじられていたとか、ホント、どんだけ〜〜。
(汚屋敷のエピソードは語りつくせないくらい有る)
汚い家が嫌で嫌で、自分の2畳のスペースだけは、きっちり片づけていたんだ。

でもね、人って汚くても、生きていけるんだよね。
不思議だよね。
だから神様は全生命を全力で愛してるって事の証明なんだよね。

汚くしてもいい。

そう言ってほしいと、潜在意識は言っている。

母親みたいになってもいい。

そう言ってほしいと、あたしがあたしに言っている。

だからあたしの中の見えない力が無理やり抵抗して、片づけをしないの。

うーん。

もうちょっとかかるかなぁ。

はやくきれいな部屋にしたいんだけど。

うーん。

posted by 辰多みか at 11:42 | 呪いの正体 | 更新情報をチェックする

みんな怖い

あたしはバカみたいだけど、
一日、家事に8時間かけてるみたいだ。
ぜんぜんお掃除しないのにだよ?
片づけもしないのにだよ?
指折り数えてみたら、そうだった。
ずーっと立ってて、気が抜けない、そんな時間が8時間。
仕事のほかに、8時間。
そりゃあ、仕事がフルタイムでできないハズだわ。

気が抜けない・・・なぜかっちゅうと同居嫁だから気が抜けない。
ただそれだけだ。
(気を抜くと、ヤられる 笑)
舅姑がいじわるかっていうと、まあそうではない。
普通レベル?
ふつうの、同居家庭。自営業。
同居がイヤな嫁にとっては、耐えられない、レベル。
あたしは、まあ、心の中で文句言いながらでも、別居する意志は毛頭ないレベル。
あたしに対しては、察してチャンで嫌味なレベル。
ごはんはもらえないレベル。
スィーツ…?有るわけない。
外出すると仲良い姑嫁演出のために、ヨロヨロと力なく歩く姑が
世間様に満面の笑みを浮かべながら、あたしの腕をとってくるが、
人がいなくなると、サッ!と払いのけられる、レベル。
家ではものすごく重い植木鉢を、何個も運び続ける姑。
そういうのはできるのに。(そしてもうやめなとみんなから言われてるのに)
ああ、でもこれらはいじわるじゃなくて、ホントに、同居の普通レベルなんだよ。
(これから同居する新婦さんは覚えておいてね。あたしは嫁チャンにやる気は無いけど)

怖いんだ。
みんな。
あたしも、姑も。みんな。
ヤられると思っちゃうから、
怖いんだ。

昨日もね、
ヤられた(笑)。

あたしだけ、果物が無かった。
まあ想定内だけど。うん、流れはわかってるから、予想通り。

そんで、
じりじりじりじり〜〜
心の中で、感じた。
怒ってるのか。
悲しいのか。
愛されてない(と誤解する)から虚しいのか。
前から何回も何回も、あたしにだけもらえないと訴えているのに、
このバカは記憶力が無いのかとか。
やっぱり性格が悪いとか。
そう感じながら、ひとりで台所でその果物の皮を剥いて、
何個も剥いて剥いて、剥きながら、食べた。
あたしは果物がほしいんじゃない。
食べたいわけじゃ、ない。
頭ではわかってるから、心の中の感じを、感じつくそうと思った。

いっぱい果物を剥いて、食べやすく一口大に切って、
タッパーに入れて、みんながすぐ充分食べられように、
冷蔵庫に入れておいた。うちは人数が多いからね。

心の中を感じつくしたら、
姑は性格が悪い。
そこに行きついて、あたしのじりじりする感じは軽くなってた。
あの人はダメな人。
で、それであたしの機嫌が、不機嫌か上機嫌かは、まったく関連が、ないの。
ダメな人はダメな人で、よし。
あたしはあたしで、よし。

んで、みんなに「いっぱい切っておいたから好きな時に食べてね〜」と
にこにこして言った。
嫌味じゃないよ。
嫌味と思う人は、きっと心当たりがあるから、そう思うんだよ。
それってあたしの事だ(笑)。

みんな怖いの。
果物を切りながら、姑がこんなことするのは、
怖いからだな〜って、本当に感じるの。
その、怖さの原因に、気が付くといいのにね。
そうすると、楽になるのにね。


posted by 辰多みか at 11:41 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

数学のドラマ

あたしは数学や物理のドキュメンタリー番組だったら、
ものすごく見たいんだけど、ドラマや映画や小説は、
ぜんぜん興味がないのよねー。

今日もNHKで数学ガールのなんとか…というドラマがあるみたいだけど、
見る気が ぜんっぜんっ 無いな…。
最近、数学の本で知った事なんだけど、福山雅治さん関連のドラマや映画もそう?
「ガリレオ」?(遅っ?!)
でも一度も見たことがないのでなんとも言えない…
そもそも、ドラマを見ないんだよ。

数年前、数の世界にはまりこんでた時に、確か、数学ガールという
ネット小説にたどりついた事があったんだけど、3行くらい読んで
あたしには合わない、と思って読めなかった。
そもそも、小説も読まないんだよ。
本屋さんに行ったら、同じようなタイトルの本があったけど、
ネットを書籍化したのだろうか?
(どのみち読まないけど…)

数学・物理は面白い。
あたしは純粋に、その世界が好きであって、
二次生産物のようなのは好きじゃないみたいだ。
まあ好みの問題なので、ドラマ好きな人はごめんね。
つきあいで見た、「プラチナデータ」は、サヴァン症候群の女の子が、
その天才ぶりを、素数を延々と何も見ないで書き続ける、というので
表現してたけど、そうかぁ〜? 映画の演出だからか、ガラス窓に
ペンで延々と書いてたが(綺麗だったけど)。ホンモノはガラスには
きっと書かない。チラシの裏に書くよ!
そしていっぱいになったチラシを見てちょっとニヤッとしてすぐ紙をぐしゃぐしゃに
丸めて、そして次のチラシに、今度は前より少し小さい字で書くのだ。
たぶんね…。
なんかそういう細かいことばっかりに目が行っちゃって、純粋に楽しめないなんだよな。

「博士の愛した数式」という小説は、数の世界にはまっていた時期、
いろいろなネットのページで名前があがっていたけど、これも読んでいない。
いつか読む気になる時が来るのかしら。
結構評判はいいみたい。

posted by 辰多みか at 23:04 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

本物の悟りの見分け方と「さとり世代」

今、「さとり世代」という言葉が流行っているんですって?
(あたしは新聞を読まないので流行にちょっとうといのよ…
ナゼ読まないのか、新聞くらい読め!と言われるそこのアナタ、
あたしには、新聞の順番が回ってこないんですのよ。
一日前の新聞なんかむなしくて…読めるか!ボケッ!←あーぁ怒っちゃった…)

その流行している「さとり世代」は、「ゆとり世代」の次世代を
表す言葉で、まああれだ、あたしたちの時代の「新人類」と
同系列の言葉だな。
だから、もちろん、本当に悟った人たちの世代っていうわけじゃなくて
なんか無欲で達観してる、みたいな、いまどきの若者の事を指して云っているんだって。

これが本当に、全人類悟り そんな時代がやって来た だったらいいのにな、とは思っちゃったよ。


本当の悟りとは、何か。

「いまここ」にいること?
知らずに一瞬、「その状態」になって、あとから思いだして「あぁあれか」と思うこと?

いや違う。
それらは、違う。
いまここで全力投球する事はあっても、いまここを感じられる事はあっても、
それは、それだけでは、悟りではない。

あとから、あぁあれか なんて、ならない。
一瞬でも悟ったら、そのあと、それが悟りとわからなくても、
そのあと忘れることなんて、ぜっっったいに無いのだ。
(どういう状況で悟ったか は、すぐ忘れるけど、状態の事を、あれか
なんてあとから思いだすことなんて無い。)
字面だけで、真意がぜんぜん伝わっていない。


「悟り」というのは、頭でわかる事とは、違う。
「悟り」というのは、たとえば、
「熱い」「冷たい」「痛い」「大きい」「くさい」「うるさい」
そういった、感覚と、同じ。
(悟りがくさくてうるさい、という事では、ないよ!)

五感で感じる事と同じなんだけど、五感では感じられない。
だから、たぶん第六感 と、昔の人は言ったのだと思う。

感じる、感じる。
悟りの温度が、悟りの手触りが、悟りのすがたが、悟りのにおいが、
悟りの音が、
感じられたら、それが、悟り。
でも悟りには温度も手触りもすがたもにおいも音も、ないのだ!(なんやね〜ん)

自転車に乗れるようになる事、泳げるようになる事、旅行で観光地を、目で見ること。
それと悟りは、似ている。
とても、似ている。

百聞は一見にしかず でしょ。
いちど見たら、忘れられない。
いちど見たら、ぜんぶ理解してしまう。

それが悟り。
悟りの見分け方は、感じたかどうか って事。
気がする ではない。
「気がする」は頭でわかる事。
悟りは、体感をともなう。
そして一度自転車に乗れるようになったら、二度と乗れなくならないのと同じように、
一度悟ったら、もとの状態には、ぜったいに戻らない。

それが悟り。

真意が、みんなに伝わるといいな〜。

posted by 辰多みか at 00:50 | 悟り | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

無限を閉じ込める

無限を閉じ込める
無限を閉じ込める
有限の中に。

そうすれば、計算できる。
発散しない。
数式が破裂しない。

どこに閉じ込める?


とてもカンタン。
手のひらの中の、水晶玉を見てごらん。
水晶玉がなければ、ビー玉でも。

無限遠点までもが、ぜんぶ ぜ ん ぶ 映っている。
球の表面に。

二枚の鏡を合わせてごらん。
合わせ鏡の中に、無限が ぜんぶ 映っている。

posted by 辰多みか at 23:59 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

響子さんの病気

きのうはあたしの「潜在意識」=インナーチャイルド+前世の傷=本当の自分=全生命の源=神と定義されてきたもの の、「ヤだっ」っていう声に従って、ブログを書きませんでした。
ネタはいっぱいあるのにだよ?
ちなみに書きたい事を思いついた時に、紙にメモするんだけど、
昨日メモしたのは4つあって、それをちょっとここに書きうつしてみると、
・ねじピッチの歴史のはなし・モジューロ・超能力→夢・本の中身を見ないでもわかる です。
なんじゃこりゃ〜 だけど、書きたかったのです、あたしは。
(これは昨日書いた4つであって、メモにはさらに、文章にしてないネタがたくさん書いてある。)
でも潜在意識のあたしは、「他にやりたい事があるから」と言って、ネットサーフィンを続けた。こら。
昨日一日、ネットで見てしまったのは、響子さんの病状についてと、
響子さんに、あたしがどう対応したら最善か、ということだった。

すごく有意義な、一日だったと、おもうよ…
そして、わかった事は、今まで数年前から見てきたものと、情報は変わってない、ということだった。
(これは、昨日の一日は無駄な一日だったという事でもある)

響子さんの病状は、
・自律神経失調症
・心身症
・パニック発作
・緊張性頭痛
であり、

あたしがどう対応したら良いかは、
・傾聴

なのです。
それを、再確認、したのです。
あたしは、響子さんが苦しんでいる症状に別の病名がある事を、期待していた。
でも結局、これしかなかった。

そうなのです・・・
この答えに数年前に行きついているのに、
あたしは、傾聴を、したく ない。

したくないの。
あんな、ものすごい察してチャンを、察して あげたくない のです。

何度か、「精神のせい」「気持ちのせい」「原因は精神的なもの」と、
本人に、ハッキリ、言ったことがある。
ほんとうに、ハ ッ キ リ 。

そうしたら、それを聞いた響子さんは、別の人に、
「みかさんに、気のせい と言われた。」と言って、涙ぐんだそうだ。

ちがうだろーーーー!!
それ、意味、ちがうだろーーーーーーーーー!!!

あたしの言い方が、たぶんキツく感じるので、真意が伝わらないの
だろうとは思うけれど、「その体の症状が幻」 だとは、一言も言っていない。
体は、正真正銘、苦しいと思うよ。

あたしは、「あなたは、精神病だと思う。」と、うやむやに伝えたのだ。
(うやむやすぎて伝わらないのだ。むしろ伝わらない方が良いのかもしれない。)
ガンの告知にも似て、「精神病」だなんて、普通の人は、聞きたくない。
実母が精神病だった事もあり、そのへんは、よ〜くわかっている。
だから、ものすごく難しい。

主治医の先生方も、うやむやに言葉を濁すことが何度もあり、
「緊張しやすいね!(笑顔)」「心配が強いみたいだね」
「この薬(デパス)は、肩の緊張をやわらげるからね。」
これらは、別々の、3人の先生方から言われた。
(神経内科2人脳外科1人)

響子さんは、あたしが言った、「精神的なもの」が、まったく受け入れられないのだ。
だから、あたしが間違っている、という事を証明したくて証明したくて、
ドクターショッピングをするのだ。
(そして毎回、上記のような同じ事を言われる)

言った本人に対して、目の前で、違うということを証明しようとしてる態度って、どうよ?
もしもあたしの考えが違っていたら、目の前で、どう言うの?
「ほ〜ら、あなたの言う事は間違っている。あなたの言う事を
聞かなくて良かったわ。」とでも言うつもりなの?
本当の意味で人に気を遣える人は、こっそり調べて、
「こんな事言うの、言いづらいんだけど、この病状は…」と、
言うのが普通なんじゃないかと思うよ。
少なくともあたしはそうしようと思うよ。
これはアサーティブネスな言い方だよ。
ていうか、こんなの(!)に一日費やすあたしって優しいなとか、自分で思っちゃうよ。
(いや一日どころじゃないです。結構調べてるよ。)

だから、完全に受け入れる、傾聴が、あたしはできないのだ。
(すみません、傾聴のテクニックは習ってないけど、
心構え、という事で、例に出してます)
だって、受け入れたく ないもんっ ぷんぷんっ

この段階で、数年、ぐるぐるぐるぐる回っているの。
これができたら、あたしにとって大変な学びで成長だし、
有意義だな、とは思うんだけど、
「本当のあたし」は、まだ、イ ヤ だ っ って、言ってるの。

posted by 辰多みか at 11:30 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

やりたいことでもやりたくない

あたしがこの日記(ブログ)を書こうと思ったそもそもの動機は、
「悟り」の世界をかいま見て、それを書きたい、と思ったのもあるけど、
さらに、その世界が数の世界と同じ風景だ、と気が付いて、
それを描きたいと思ったのもあるけど、
一番?の理由は、たぶん、「やる気」がどこかに行ってしまったから、
探して見つけてあたしの元にもどってきてもらおう、というのが大きかったと思う。

あたしは計画を立てるのがわりと好きだったんだけど、
最近は、とても楽しい計画を立てても、

それを実行するのが、
ものすごく苦痛だ。
そう、とてもとても楽しい事でさえも。

イヤイヤイヤイヤ〜〜!って
心の中が叫んでる。

この前びっくりしてブログに書いたのは、
「おまえのいいなりになりたくない」って、あたしがあたしに言い放った事だ。
あの時は本当にびっくりしたな。

この日記を書く事さえ(これはいったんメモ帳に下書きしているのよ)
のばしのばし〜にしてネットサーフィンしてみたり、
ホントに書く気あるの?って、
自分で自分の心がとらえられない。
だって、早く書きたい!って思ってパソコンの前に座るのにだよ?

だから、
あたしは、もう一回、心の中に聞いてみた。
そしたら、なんか答えが返って来た。
それは、楽しい事でさえも、前もって計画してほしくないっていう事だった。
「今」「今」「今」、やりたいことを、いまやる。そうしてほしい、と。

その瞬間瞬間。
考えない。
やりたいことを、やる。
あとで時間があったら窓を拭こう〜とか、絶対ダメッ って「あたし」が言った。
そのあたしは、右耳の横にいる、かつてのインナーチャイルド。
前にね、あたしが、「もう好きな事していいんだよ」って、心の奥から
救い出して、言ってあげたインナーチャイルドなんだ。
あの時は、本当に、自分自身と一体感を感じて、とても不思議な気持ちになった。
あたしがあたしに重なっていた。
「好きなことしてもいいの?」ってインナーチャイルドは、言ったの。
「いいよ」って、あたしは言って、
そしてそれからも、「いいよ」「いいよ」って、ずっと言っているの。
そのインナーチャイルドが、「計画されたくない」って、言うの。

だから、そうしようと思ったんだ。
今日の事も、計画しないの。
今、したい事を、今するの。

そうやってすこしずつ、あたしがあたしになるんだ。
ほんとにすこしずつだな。


posted by 辰多みか at 16:14 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする

響子さんと過去のあたしを許す

結局は、どうすればいいんだろう。
響子さんが、体を張って(ホントに文字どおり体を張って
病気になって)「わたしをかわいそうと思って」「がんばってる私を認めて」
「本当は私が正しい」「気にかけて」と、雰囲気で要求してくる事に対して。
含みと、嫌味と、卑下に見せかけた恐喝を、無限に繰り出してくる事に対して。
一番良い対処方法は、あたしにとっては、「いちもくさんに逃げる」なんだろうけど。
今現在逃げないあたしは、あたしとして学ぶ必要があるから逃げないんだろうか。

昔、あたしも同じような事してたよ。
熱が出れば、とても苦しそうにしてたみたいだ。
あたしは実際苦しくて、わざとやってる気はさらさらなかったけど、
母は、そんなあたしに、暖かい言葉をかける事はなかった。
「わざとらしい」「おおげさ」「その咳を聞きたくない」そう言われた。
悲しかった。
わかってもらえないと思った。
今思うと、なんで「わかってもらおう」なんて思ったのかなーと思うんだけど。
ただ、風邪をひいただけじゃんねー。
母は母で都合が悪い事があったのだろうけど。

必死な響子さんを見てると、
まず、「許せないな」と感じちゃうんだけど、
あたしの横の声は、言った。
横の声「響子さんは、もうバチがあたっているよ。自分の本心を隠して周りを
  コントロールしようとしてる事に対して。」
あたし「うん・・・。」
横の声「あのままだと、一生病気が治る事は無い。心から笑える日は来ない。」
あたし「うん、それはわかるけど、あたしが「負ける」事を、響子さんは望んでいる。
  バチがあたって病気が治らなくても、あたしが負け続ければ響子さんの望みは叶う。
  それでいいの?」
横の声「負け続ければいいんだ。与え続ければいいんだ。もとになるものは
  永遠に存在していて、尽きる事がないから。
  ほら、自分以外の人々が、すべて自分だ、というのを体験したでしょう。
  世界がキラキラ輝いたあの時。
  「あたし」が昔してほしかった事を、そのまま、響子さんにしてあげればいいんだ。
  「あたし」がかけてほしかった言葉を、そのまま響子さんに言ってあげればいいんだ。
  響子さんはその言葉で一時、心が満たされた気分になるかもしれない。
  だけどね、「あたし」がわかっている通り、それで人は満たされる事は、絶対に、無い。
  心を満たす事は、自分の心の内側から自分によってでしか、できない。」
あたし「響子さんが無礼な事をしてくる事に対して、渇を入れてもいいんなら。
  それさえも保障されなくて、負け続ける事はできない。
  切り札を持っていないと嫌だ。」


やっぱり嫌なものは嫌なんだな。
「それが嫌なあたし」でも、いいんだけどね。
状況は切迫しているのよ。
posted by 辰多みか at 15:51 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

タダと久々の響子さん

最近はね、響子さんの態度に腹が立たないんだ。
超怒りが爆発してたのは、4月が最大値で、
その後は、爆発的なのは無い。
ただ、わからんちんだから、モロバレなのに気が付いてないから、
嫌だな。とは、常に思う。

人って、自分を隠そう隠そうとすればするほど、周囲にバレバレなんだよ。
響子さんは、「私をかわいそうと思って」「私を認めて」オーラを出しつつ、
それをストレートに出してはいない!とかたくなに隠そうとするから、
隠しながらなんとか出そうとするから、ものすごく不自然で違和感があり不快だ。
あたしがそれに反応する所は、あたし自身の罪悪感。
エネルギーを奪われる。

なるべくもう話をしたくないから、いっしょになるタイミングは避けてるんだけど、
(本当のあたしの本心は、響子さんを悟らせる事なんだけど、
それはルール違反みたいなので)
響子さんはなにかと接触してくる。
まあ、毛穴からも「私をかわいそうと思って」とゆら〜んと出てるから、
無視するわけにはいかないでしょう・・・

そのたびにイラッとする。
あたしの罪悪感であり、「許せない」あたし自身に対する、がっかり感。

「許せない」
響子さんを。
「許せない」
あたしを。

またまた今日も多少イラッとして、もくもくと家事をしていた。

横の声「許せばいいじゃんね〜」
あたし「は?」
横の声「響子さんを許す。響子さんは、大変だね。つらいね。と言ってほしいの。」
あたし「そんなのわかってるよ。」
あたしの上からの声?は、右耳の横から聞こえるみたいだ。
(7月の花火の日も、右からだったし)
右の横から声が聞こえるけど、これはあたしの潜在意識なんだろう。
(スピ系では、イロイロ名前がついてるみたいだけどね)

あたし「本心を隠して、欲しいものを手に入れようとしてる態度が気に食わないの。
  響子さんがいろいろつらいのは見ててわかるよ。
  だけど普段以上に、わざと はだめだろ。
  そうする以上は、欲しいものは手に入らないよって、身にしみてわからせてあげないと。
  こどもだってそうでしょ。」
横の声「響子さんを許せないと、自分自身も許せないよ」
あたし「わかってるよっ。だから悟りの世界を見たのに、5年も苦しいんでしょっ。」
横の声「・・・タダなのにね〜」
あたし「はぁ?」
横の声「許すのはタダなのにね〜。お金かからないし。物質もいらない。言葉はあとに残らない。」
あたし「・・・うん、まあ。タダだね。」
横の声「タダなのに、これ以上に価値のある事はない。これ以上に力のある事は無い。
  タダだから、いくらでも、出てくる。尽きる事がない。」
あたし「・・・もしかして、"お金"も、タダなんだね。そうか。
  お金にピッタリ付いている"価値""豊かさ"は、タダなんだ。
  物質のお金は限りがあるけれど、"豊かさ"は、タダで、いくらでも出てくるんだ。
  もっというと、お金本体が無くてもいいんだ。あ、そういう事か。」
横の声「だから、出せばいいじゃん。出せばまた入って来るし。"許し"が。」
あたし「うん・・・やっぱり、まだできない。この事は、忘れないように、日記に書く。」

うん。タダだわ。
愛って、タダだったわ。
そうだね。
posted by 辰多みか at 00:49 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

モンスター・ムーンシャイン

今日はじめて聞いたこの言葉。
4年前、数の世界にどっぷり浸かってた日々に、見なかったのはなぜなんだろう。
出会うのが今という意味があるのかしら。
あの頃は数学というよりも物理寄りだったからかな。



ばかげた理論。
巨大なモンスター。
あたしが数式のむこうに見てるのは、これだな。

月の光を背に、逆光に浮かび上がる、巨人のシルエット。

うん、これだけじゃないね。ほかにもいる。
しかもいっぺんに全身は浮かびあがらないわ。


よし、だいたい予想はついてたけど、
有限群論と代数幾何と弦理論を勉強するぞ〜。
あ、弦理論は予習してある(笑)。
代数幾何は今、線形代数をやってる途中だ。
有限群?なんだっけ?今、イデアルっちゅうのがさっぱりわからん最中なのよ。
道は長いな〜。


有限群論
 モンスター
 ムーンシャイン予想
 頂点作用素
弦理論
 ミラー対称性
 モジュライ問題
代数幾何
 K3曲面
 自己同型群
 マシュー群
保型形式
 24次元

…先の長いメモ↑。


どぶろくで酔っぱらう怪獣。

目が散らないようにね。

posted by 辰多みか at 15:48 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

神はサイコロを・・・


アインシュタインの有名なことば


「神はサイコロを振らない!」←(ちょっとくってかかる感じで。笑)

「Der Alte würfelt nicht」


うんうん。
あたしは、神はサイコロを振るか振らないかは知らないけど、
「神自身がサイコロ」だと思うよ。

完全なランダム。
完全な乱数。
完全な不完全。

ていうか古代の人のもともとの言葉としては、完全なランダムの事を「神と定義」してるんだよね。
まずその現象が存在する、そしてそれに名前を付ける。「神」と。
posted by 辰多みか at 10:57 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

連鎖

陽だまりの中、掃除機をかけていると、
こどもの頃の事を思い出す。

光りながらまきあがる細かなほこり。
母が掃除機を軽々とかけているのを、うらやましく思いつつぼんやり見ているこどものあたし。

母が心の病になったのは、40代前半。今のあたしより若い年だった。

母の苦しみはその当時も見えていたけど、今のあたしから見ると、
もっと深い、苦しみの元、が見える。
それは、親から子へうけつがれてしまう連綿とした苦しみ。

「未熟さ」

年をとっただけでは大人になれないこと。

年をとったこどもが、こどもを産んで育てること。

「愛」という名を借りた依存。


心を病んだ母に殺されかけたけど、
(心中するつもりだったのかもしれない)
その当時も今も、その事については恨んでいない。
ただ悲しかっただけだ。

お掃除の仕方を受け継ぐのだったらいいけれど、
苦しみの元まで受け継いではいけない。
あたしは、気がついた。
ここで、断ち切る。
こどもに、受け取らせない。
「気がつく」ために、あたしの苦しみがあったのだろう、とも、思う。

あたしのために、自転車で買い物に行ってくれるという娘を窓の外に見ながら、そう思った。
posted by 辰多みか at 11:29 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

p進数 独学2日目


眠い!(笑)


(人は、高次元のものを見たり聞いたりすると眠くなるそうだから、きっとこれは次元の高い世界なんだわ)




タグ:p進数
posted by 辰多みか at 11:27 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

メモ p進数


p進数について、今のあたしの感触のメモ。(独学1日目)


中学生くらいが「数」として認識してる「数」とは・・・
0 1 2 3 4 5 6 …
連続している。すべての数。均一。同じ濃度。ひとつの数を塗りつぶすとすると真黒に塗りつぶす。


あたしが以前から感じてる「数」とは・・・
「1」の中身は、無限大。湧き上がる。が、境があるから「1」以上にならない。境はゼロの膜。
1と2は連続しない。接着しない。ゼロの膜に近い中身は濃度が薄い。「1」の中心が一番濃い。
塗りつぶすとすると「1」と「2」の境は色が無くてぼやけた感じになる。波に似ている。
駄菓子の「さくらんぼもち」の感触。
・・・この感触を表す用語が、数学界にあるかな。


p進数とは・・・
あたしが感じてる「数」を、ひっくり返したもの。外側を内側にしたもの。1/「数」。
1/p とは、p進距離 というらしい?(未確認)。あたしが感じている外側の濃度が薄い所が、
p進数では内側(中心)になる。中心にはゼロが有る。ゼロと無限大を内包する「数」がp進数。
p進数は、中心に穴があいている。そこから無限大が湧き上がる。
ドーナツ形。輪。環? 1と2の間に粘着力があるかないかは今の所感じ取れない。(そこまで
学習が進んでいない。) 塗りつぶすとすると中心がぼやけたドーナツ形だが外側はぼやけない。

p進数をひもでつなぐとネックレスができそうだな。


この感触は、学習が終わる時まで、「正解」のままいられるかしら。
(もし途中で「違う」と感じたらこの記事は消すよ)


ここまで学習一日目の手触り。
はやくp進数をモノにして、p進タイヒミュラー理論を読み解けるくらいになって、
望月新一さんのABC予想証明の論文を読み解きたいわ。
そしてリーマン予想を解いてみたい。







タグ:p進数
posted by 辰多みか at 10:45 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

前世とかカルマを見る話

毒を吐きますよ。
毒気を見たくない人は閲覧注意ですよ。

あたしは、スピリチュアルカテゴリーのブログが若干苦手です。
それなのにたまに見てしまうあたしに非があるのだけど、
目に入ってきちゃうものは、しょうがない…。
なぜ苦手なのか、考えてみると、悟りの世界によく似た知識 のみの人が多いからかもしれない。
一瞬でも悟りの世界を見た事がない人が多いから、かもしれない。
愛〜♪ありがとう〜♪許してください♪宇宙人★前世は武士☆プラーナ手から金粉オーブ★キラキラ★天使☆龍☆引き寄せ〜☆ごめんなさい♪

書いてある事は楽しそうだけどさ…。
ホントか?
ホントにそう思ってるか?
ホントにそう思って、言ってる?
呪文とか念仏とかと同じ作用の言葉だと思って言ってるって事、ない?
となえた見返りを期待してない?
ふわふわな、違和感。
もちろん感じてるのはあたしで、本人が「違う」て言えば本人の言うとおりなんだろうけど。

よく目に入るのは、前世がなにものだったか、とか、
前世のカルマがどうとか、前世の同じ空間にいたあの人が現世の身内とか…。
前世がどこかの星から来た宇宙人とか…
うん、だから地球が怒ってるとか・・・
そういう話がいっぱい…

あたしは、「前世」は否定しない。
むしろ有ると思う。
前世のカルマもあると思う。
前世が宇宙人だってことも、もちろん、あると思う。
龍だって天使だってイメージの中には居ると思うよ。

だけど、「それが、どうした。」って思うのよ。
あたしは。

今、現在の人生が、幸せじゃないから、前世療法とかやるわけで、
今しあわせだったら、そんなの、やる必要ない。
しあわせだったらそういう事知りたいとも思わない。
だってよぶんな記憶なんて必要ないじゃん。
今の人生でさえ、消したい記憶があるのにさ。

だから、前世をかいまみたなら、「原因がわかった」って、
さっさと次のステージにうつればいいと思うのよ。
この世でしあわせに、さっさとなればいいと思うのよ。
みんな現世でしあわせになりたいがために、いろんな事をやるんだからさ。
成功も失敗も。

スピリチュアルの摩訶不思議なファンタジックな、そういう所に
囚われて次に進めない人が多いように、あたしは感じる。
だから早く悟りましょうと、覚者は言うんだろうね。

なんだか、おなかがすいているのに、小麦粉をこねて、ちねって、ひとつぶずつの
お米の形にしてから、食べようと思ってるヒトみたいだな、と思っちゃうのよ。
(これは、捕ったどーっの黄金伝説の濱口優さんが作ってたチネリ米だよ。笑)
さっさと小麦粉でホットケーキでも作って食べればいいのに…



(と言ってるあたしも、やりたくない事があってぐるぐるぐるぐるまわってるって
事は、同じ穴のムジナかもしれないわ。)
ホットケーキ食べよう…

posted by 辰多みか at 14:38 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

50Hz・60Hz ごじっへるつ・ろくじっへるつ

関東と関西でさ。
うんもっと細かく言うと、静岡県の真ん中を境に、東と西とではさ。
電気の周波数(Hz)がちがうじゃん。
東が50Hzで、西が60Hz。

あたしは、幼少の頃、東から西へ引っ越しをして、
引っ越しした当日、ことごとく電化製品が火を吹いて、
恐ろしい目にあった事がある。
周波数のせいで。
(いやホントはそんな発火とかは無かったんだろうけど、
子供だったから、母が騒いだ事をおおげさに記憶している)

だから、東が50→西が60でパワーが大きくなりすぎて大騒ぎ、
で、テストの暗記にとても役立った。←転んでもタダで起きない。(笑)

ナゼ東と西で違うのか、ナゼ日本という国は、国家として
統一しなかったのか、ものすごくみんな不便に思う事だと思うんだけど、
その発端は、ただの、会社どおしのライバル心ていうか、
あっちがアレならうちはコレみたいな、
そんな、かんがえなしの事だったんだよ〜…

いち会社どおしの事だから、国家が介入してくるハズ無い。
(その事の大きさに気が付くのは、それからずっと後だ)
まるで、ソニーのベータかビクターのVHSか、だよ。
まあ、ビデオテープくらいだったら、生活にあんまり影響ないからいいけど…。

周波数というのは、一秒間に、何回転してるか、なの。
50ヘルツだと、一秒間に、50回転 してるの。
タービン(=軸に付いた磁石)が。
わりと早いね。(笑)
ぶんぶん回ってるね。
一分間だと、3000回転だね。(50回*60秒)
まあそんなもんかな。熱そうだな。
風力発電の風車は、ゆったり回ってるけど、
たぶん、軸の途中で、ギアボックスがついてて、
回転を増速させてると思う。

ちなみに毎分3000回転を、工学っぽく書くと、こうなるよ↓。
あっ、パソコンで書けないっ。
3000min^-1 か 3000rpm て書く。
前者を使うのは最先端で、後者を使うのは昭和の人だ…。

3000min^-1(まいふんさんぜんかいてん)
 本当は、-1は右肩にちょこんと小さく乗せて書くの。ふつうにパソコンで書けない。
 (wikiとかどうやって表示しているのだろう…)
 min^-1 というのは、minの逆数をかけざんするよ って意味だよ。
 minは、minit(1分)という意味の単位で、minの逆数というのは、1/min という事なの。
 つまり、いっぷんあたりで割った値だよ って事だから、毎分 ていう事なのね。
3000rpm(さんぜんあーるぴーえむ)
 rは、ローテーション。回転。
 pは、パー。 ○ぶんの□の"ぶんの"の意味ね。/ と同じ意味だよ。  
 mは、ミニット。minit 分 いっぷんて意味ね。
ちなみに、パーセント の、パーと、このパーは、同じ意味だよ。
パーセントだってほら、% 、○/○、○ぶんの○ じゃん。
セントは、「100」の略語だよ。
だから、パーセントは、/100 。 ひゃくぶんの。 ひゃくでわると〜。 って事なの。
posted by 辰多みか at 16:14 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

発電機<-->モータ 太陽電池<-->LED

おととい、発電の話を書いたじゃん。

水力(ダム)・火力・原子力・風力 は、すべて、
タービンをぐるぐる回すだけで発電してるって事。

(うん、タービンて視覚的にわかりやすく書いたんだけど、
ホントの原理は…磁石が、回ればいいんだ。
そのためにタービンを回すの。)

これは、水や火や風や原子の「性質」を電気に変換してるって事ではなくて、
ただ単に、タービンを回すための動力をそれらから得てるという事。
要は、タービンが回りさえすれば、その方法は、どうでも、良い。
なるべく安ければ、それで、良い。
電力が足りるなら、人間が回したって、牛が回したって、いいんだよ。(笑)

水力は、水が落ちる力で。
風力は、風車が回る力で。
火力と原子力は、その熱でお湯を沸かして、その水蒸気で。
タービンを回しているだけ。

それだけなのだ。
(だから原材料の調達が安価でできる原子力を、バカみたいに推進してたって事)

と、おとといはそのへんまで書いて、今日ふと思ったのは、
太陽光発電は、どうやってるのかなーって事。
そういえばそれ知らなかったなー、って、思ったから、調べてみた。
するとね、

太陽光発電は、タービンを回してるんじゃなくて、
太陽電池 という、電池そのものだった。
発電の仕組みは、貼り付けた2種類の半導体で、電圧の高低差を作っておいて、
そこに光を当てる(流し込む)事で、直接、直流の電気を作ってた。
(ものすごくおおざっぱに説明してみました)
おもしろ〜い。

これは、ダイオードの原理と同じなんだって。
おととい書いた、「整流器」は、ダイオードの事なんですって。
整流器を熱くする熱を、光として外に出してやるものは、
みんなが知ってる「発光ダイオード・LED」の事なんだよ。

だから、「太陽光発電」と、「発光ダイオード・LED」は、
使い道の向きが逆なだけで、同じ原理のものなんだよ〜。
LEDに光を当てれば、発電できるのだ!

そう、タービンをぐるぐる回す、交流の発電機も、
ACモータ(=交流のモータ。工業用の大きいやつ。マブチのじゃないやつ。)
と、同じ原理なんだよ。
発電機とモータは、使い道の向きが、逆なだけなの。

まとめると、

交流の発電機←→交流モータ 同じ原理!
直流の太陽光発電←→発光ダイオード 同じ原理!
交流→直流へ変換 = ダイオードを通す→直流

ダイオードに光を当てる→直流の発電=太陽光発電
ダイオードに直流を流す→光が出る=LED

こういう事だね。




電気嫌いだけどいっしょうけんめい調べたよ〜。
そして誰にもわかるように、かみくだいて書いてみました。

posted by 辰多みか at 11:16 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

すみれの花咲く頃

トゥールーズはスミレの町という事を書いて、
思い出したよ。
日本にもスミレをイチオシしている町がある。
そこは、スミレが咲くから有名なのではなくて、
宝塚に関係が深いから、有名なのだ。
そこは、静岡県西部・浜松市の北の奥地、春野町。
「すみれの花咲く頃」の歌詞を書いた 白井鐵造さんの生まれ故郷なの。
記念館があるよ。
テングも有名だよ。
(どっちかというとテングの方が目立つかも…)
スミレ好きというと、ちょっと宝塚ファンみたいとか自分で思っちゃったけど、
あたしは特にファンではないです。
それでも、この間、日比谷あたりで、ぶらぶらしてたら、そこの一角が
宝塚色でキラキラしていて、知らずに行ったから圧倒されたわ。
宝塚劇場の前に集まってる人たちとか、日比谷シャンテ地下とか。
なんとなくイメージカラーが、スミレ色。目がくらむほどキラキラで、
宝塚なりきり変身写真とか、一瞬、撮ってみたいとか思っちゃったわ。
やっぱ女だからね。
綺麗なものは好きなのよ。
posted by 辰多みか at 16:43 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

フェルマー

憧れの人だ♥
本職が弁護士さんで、趣味が数学。
いかす。

住んでた町が、あたしの憧れの地だった。
トゥールーズ。
南フランスの小さな町だよ。
行った事ないけど。
(行く予定もなし)
ツルーズ大学という大学があるよ。

スミレが町のシンボルなんだって。
それがあたしの憧れポイント。
スミレの砂糖菓子とか。
素敵。

たまに町のお土産物屋さんに行った人のブログとか見て、
あまりに素敵すぎてためいきつく。
お店の中が一面、紫。
すみれ色なの。
「北海道のラベンダー」くらいのイメージなのかな。
スミレの香りまで漂ってきそうだわ。

行ってみたいな〜。
数学的な何かがひらめくかも〜。
posted by 辰多みか at 16:19 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

交流電流の下の波を消しちゃうということ=ポジティブに生きる

電気の話なので、易しいことばで書くね。
(あたし自身が、よくわかってないからね)
だから、高圧電流(笑)みたいに多少用語が間違ってても、
そこはスルーして、イメージだけ、読みとってね。

普通の家のコンセントまで来てる"電気"って、
交流電流 なんだよね。
交流 って、 AC て書くの。
ちなみに、乾電池は、直流 で、DC だよ。
覚え方は、直で、ダイレクト。 だから、DC なの。
(だから用語は、ダイレクトの直流 だけ覚えればいいよ)

乾電池はね、プラスって書いてある突起の所からは、
プラスの電気しか出ないの。
マイナスは、マイナスなの。
だから常に一方通行のダイレクトな流れで、直流・DCなんだ。

ところが、コンセントに流れている"電気"は、
一定間隔で、プラスとマイナスが、入れ替わっているんだよ〜〜。
(だからプラグにはプラスマイナスが無くて、
さかさまに差し込んでも、さしつかえないのだ!)

だから「交流」というんだけど、ふつうは、家電製品は、
プラスマイナスが入れ換わるような状態では、ちゃんと動かないの。
もしもそれが許される仕様なら、CDやカセットテープは瞬間瞬間に
進んで戻って進んで戻ってで、動けないの。

それでもね、電化製品は、交流のコンセントに差し込んでも動くように作ってあるんだよ。
(もともと交流で動くものもあるよ)

どうやって電化製品が動くようにするかというと、
電化製品の中で、交流を直流みたいに、変換しているの。
うん、変換する、というか、錯覚させてる、というか。

製品の内部でそうしてないモノ(ラジカセとか)は、プラグコードの
途中に、ACアダプタが付いているよ(四角くて熱くて邪魔なやつ。笑)。

製品の内部やACアダプタで、交流を直流ぽくするモノを、整流器とか
整流回路とかいうの。

その仕組みは、「負の波」をいろいろ工夫して消してしまう、という事なんだ。
ACアダプタがどうして熱くなるかっていうと、負の波の分を熱にして逃がしてる
からだとあたしは思うんだ…(ホント電気の事は知らなくてこれ以上はわからなくてゴメン)

そもそもどうやって電力会社は電気を作り出しているかというと、
とあるモノを、ぐるぐる回している だけなの。
ぐるぐる回すだけで、電気が出来るんだよ。

モチロン人間の力で回してもいいんだけど(笑)、それじゃ追いつかないから、
ダムとか火力とか原子力とか、そういうのを使って、
ぐるぐる回している。
タービンを。
(電気を作り出すには、タービンを安定した速度・力で回し続ける事ができさえすればいいんだ。)

そのタービンの回転の仕組みで作り出される電気は、連続する回転運動だから、
絵に書くと、波の形になるの。
回転自体は、なわとびを回してるみたいな、イメージ。
電気の形は、おまつりの夜店で売ってる、レインボースプリングを
横に引き伸ばしたみたいな、イメージ。(さあ、イメージして♥)
ほら、波でしょう〜。

仮に上がプラス(正)で下がマイナス(負)とする。
実用するには、プラスかマイナスか、どっちか一方しかいらないの。
プラスマイナスが交互だと、押して戻して、結局進まないからね。
だから、たとえば下の波(負)だけ消してしまうんだ。
それが整流器の役目で、これがないと電化製品は動かないんだよ。

あたしは人の心も、プラスマイナスが有って、有るからこそ、
超絶にバランスが取れている、と思っている。
この日記には、悟りとか、そういう系ばっかり書いてるけど、
電気の事を思慮する時も、いつも心との相似点ばかり探している。
電気と人の心って、なりたちがとても良く似ていると思う。

だから、カテゴリーも、そんなのばっかなんだ(笑)。

スピ系ブログで、ポジティブなキラキラした事ばかり書いてる人たちも、
マイナスに傾く日があるのが、たぶん、当たり前で、
なぜキラキラしてるかというと、マイナスを受け入れて、さらに、
書かない、言わない、ようにしてるから、だと思うんだ。
それを確かめるために、あたしは覚者さんたちに、会いたかったんだ。
(目で見て確かめるため)
心の整流器を、常に、作動させてるから、キラキラしてるんじゃないかと思うの。
あたしも、そうなりたいと、思っているんだよ。
posted by 辰多みか at 17:11 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする

のらねこの視界

あたしは猫が好き(今飼ってはいない)で、
こどもの頃から、猫がいれば、じっと観察(&ねこかわいがり)
ばかりしていたので、猫の気持ちがわかる!と自負している。
(犬もわかるよ…)

猫に限らずどの動物でもそうだけど、あかちゃんの頃から
飼っていれば、飼い主には警戒心を示さないのが普通。

ところが、もともとのら猫で、成猫になってから飼った場合、
猫は、飼い主に対しても、一歩引いた感じ、というか、
常に危険回避できるように、神経をとがらせているというか、
少し、ピリピリした感じを受ける。
心底リラックスしてない、というか。

その、ふたつの立場の猫たちは、それぞれ、見えている世界が違うように思う。
・怖い事もあるけれど、かわいがってもらえる楽しい世界。
・かわいがってはもらえるけれど、怖い事があるかもしれない世界。
どっちも同じ世界なのに、違うものを、見ている。

それは、あたしたち人間にもあてはまって、
一度怖い思いをした人間は、その怖い事から回避できるように、
神経をとがらせて生きるようになるのだ。
あたしが感じるのは、ほぼ全員の人間が、のらねこの視界で生きていると思うのだ。
個人個人で違っている所は、その程度の差のみで、
基本的に、怖がって生きているのだ。
それは、生き物としての、本能に由来するものだと思うけど…

猫を見ていると、第三者的にそうやって気が付けるのだけど、
自分自身がそのような状態に陥ってるのって、なかなか気付かない。
自分の事に気づけるようになるのが、一番いいんだけれど、
たまには街に出て、人間ウォッチングすると、いろいろ気が付く事が出来て、いいよ。
posted by 辰多みか at 10:56 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。