2013年10月21日

振動の元は歳差運動なのか

今日、外出先で、
インテリアの、空気清浄機を、見ていた。
(うん、たぶん空気清浄機だと思うけど)

透明な球体で、中に水が入っていて、
水中の上から下に芯が通っていて、良く見ると芯が
回転してるみたいなんだけど、その芯の回転に
引きずられるような感じで、水面が斜めになったまま、
回転する。
芯の回転数と、水面の回転数は一致していない。
芯はとても速く回っている。
遠目では、水面がちゃぷちゃぷゆらゆらして見えるんだけど、
水平方向の運動ではなくて、回転運動なの。

それを、ぼーっと、見ていた。
(ぼーっとできる時間があったから、時間いっぱい、凝視していた。笑)

水面の回転は、歳差運動なのかな、と思った。
そう、地球の歳差運動とか、コマのジャイロというたぐいの、あれ。

水面は遠心力を伴いながら、強く回転しているので、
球体は、それにつられてぐらぐら振動していた。

もしも素粒子が振動しているのなら、振動の元は、これなのかな、と思った。
回転する中心軸がひねられる働きのトルク、それがどこから来てる
のかは知らないけど、それによって起こる歳差運動。
歳差運動によって起こる、振動。
(でも振動を起こすには、外部の摩擦抵抗が必要だわ)

慣性モーメント、イナーシャ、視覚的にわかりやすい GD^2(ジーディースクエア)って、
アインシュタインの、特殊相対性理論の、かの有名な式、
E=mc^2 に似ている。(そんなのみんな周知の事かな)

そんな感じなのかな、と思ったの。

斜めに回転する水面は、残像(または存在確率)を、一枚一枚のフィルムみたいに
重ね合わせると、ふたつの円錐を頂点でくっつけたような形になる。
そう、あの、光円錐(ライトコーン)の形。
上の円錐は、水が存在していない(=空気だけが存在している)領域。
下の円錐は、水だけが存在している領域。

切り取り方を変えると、円 楕円 放物線 双曲線 すべてを、
ひとつの円錐ペアの切り口の形で表せるという、あの円錐。 

だから、光円錐って、歳差運動の残像なのかな、って思ったの。
インテリアを見ながら、ず〜っと考えていたよ。


posted by 辰多みか at 01:07 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ゲーセンで精神統一

あたしは前も書いたように、
ゲーセンが好き♥
クレーンゲーム♥

パチンコはやらない。
確率(統計学)が好きなのに、やらない。
まあ、好きだから、やらない のか。

ゲーセンはね、どうして行くのかというと、
精神統一しに行くんだよ。

クレーンの前で、どれだけ平常心でいられるか。
それを、試す。
そして取れたら、もちろん嬉しいから。

ホントはね、そのクレーンの前であたしが味わってる感覚って、

野球で、ボールを投げる時や打つ時。
弓道で、弓を射る時。
サッカーでゴールを狙う時。

などの感覚と、同じものだと思うんだ。
あたしは今までスポーツをやってこなかったから、今、ゲーセンしか選択肢がなかったというだけで。
(ヤクザな生き方だわ…笑)

引き際はサッと引く。
あとちょっとで取れそうって時は、次の人に取られないように、
すぐさま店員さんを呼んで、デフォルト位置に戻してもらってから、帰るよ(笑)。
まあ、そのままにして帰ると変なストレスが溜まるから。

また精神統一しにいかなきゃ〜〜♥
posted by 辰多みか at 01:05 | 自分 | 更新情報をチェックする

出してなんぼ

ほんの少しだけど、芸能の世界、いわゆる芸能界を、ちょっと垣間見た事がある。
あたし自身は、もちろん芸能界関係では無いし、
芸能ぽい事といえば、すこし演劇をやってた事があり、
今もたまに、物陰に隠れつつ人前に出る という(なんじゃそら 笑)
事をやらせてもらってるくらいで(ゆるキャラの中の人ではないですよ)、
芸能界に潜入した事は無い。

ちょっと接触するだけ、それだから感じる、感触、というのが、あった。
それはね、タイトルのとおりの事。
いや、すごい誤解を受けがちな言葉で、それをセレクトするあたしに
品が無いなって事が丸わかりなんだけど、もうそれがぴったりだったんだから、しょうがない。(あたしの感覚が。笑)

そうだったのです。
あたしが芸能界(で働く事)に対して感じた事は、そうだったのです。
これはいわゆる ぬぐ という事を指して言っているのではない。
まあ、表現全般とするとその事も入ってきちゃうんだけど、
それだけではなくて、自分をどんだけ出しきるか、って事。

声を。
動作を。
感情を。
なみだも鼻水も涎も。
ふだんの生活では、ぜったい絶対やらないような醜態。叫び。物を蹴り飛ばし、ぶったたく。
狂気の限界までを、出す。
全部出してるふりして、出してないツワモノのベテランもいる。(それはそれで別次元ですごい)
あふれる愛。
見返りなしの感謝。
自分の中の光を出し切る。
愛にあふれてるふりしてあふれてないツワモノもいる。(それはそれで…笑)
そう、自分をどこまで出せるか。
フリしてる自分をどこまで出せるか。
本当の自分をどこまで出せるか。
出せなければ生き残れない。
「ヘン」こそ強力なツール。
それが芸能界だと、感じたの。

あたしは、ちょっぴり演劇をやってた時、
全部出し切る快感を味わった。
だけど趣味で演劇を続けることもせず、
「普通になりたい」、その願いの方が切実で、普通の人生を望んだ。
「ヘンなあたし」は、隠して隠して隠し通そうとした。
つつましやかに、ヘンが暴れないように人生を送ろうと思った。

そしてそれは叶ったのだけど(普通の人にはなれなかったけどね)、
「自分を出してお金がもらえる」って、すげぇ! って、今さらながら、思ったのよ。

あたしもこれから、「自分を出して人に喜んでもらえる(しかもお金がもらえる)」事を、
ホントに真剣に始めたいと思ってるの。
歌をうたいたいな。
絵を描きたいな。
あたしの中の悪いコを役柄(キャラ)として堂々と人様の前に登場させたいな。
そのために今目の前にある(と、幻なのにあたしには現実に見える)壁を、
すこしずつ低くしてる努力中なの。
もうちょっとで完了なの。
待っててね。
posted by 辰多みか at 01:01 | 自分 | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

お金持ちになる方法 A

@では、「お金持ち」の実体を抽象的に書きました。
では、このAでは・・・
ズバリ、お金持ちになるには、を書きます!


じゃあね・・・

ズバリ・・・

ズバリ



・・・

「お金持ち」って、才能なんですよ!

キャーッ
引き寄せの法則ぶち壊しっ


でもね、あたしは、この目で見たから言えるんです。


美人だとか
イケメンだとか
テストが学年一位だとか
走るのが一番早いとか
お掃除が得意とか

そういうのと同じたぐい、それらと横に並ぶ、

才能。


だから、お金持ちになれる才能がある人は、お金持ちになり、
お金持ちになれる才能がない人は、お金持ちにならない。
この場合の才能って、頭が良いから良い会社に入ってお給料が良くて…
ということではなくて、純粋に「お金持ちになれる才能」のこと。

運とか、ぜんぜん関係ない。

神様が不公平とか、ぜんぜん関係ない。

お金はエネルギーだから、出して回せばこっちに戻って来るとか…全然関係ない。

才能。



だから、才能がない人でも、筋トレすれば少しは力持ちになるように。
オンチだけど頑張ればなかいくんみたいにスーパーアイドルになるみたいに。
トレーニングすれば、少しは上手になる事ができる。

トレーニングとは、才能がある人のやっている事を、まねする事なの。
まねるのってカンタンそうだけど、苦痛な人は、まねし続けられないんだよ。
だからお金持ちになれないの。
それが苦痛じゃない人は、才能ある人みたいに、お金持ちになる事ができる。
まあ、本当に才能がある人とは、ケタが違うけど…。

あたしは、まったく才能ない♪
まねしつづけるのが、苦痛だ。(だからお金持ちになれないよ〜)

お金持ちの人は、どういう事を、してると思う?
それを抽象的に、@に書いたわ。
ピンと来たら、やってみてね。



・・・というのもなんなので、次は具体的に書きたいと思います。

posted by 辰多みか at 00:07 | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

超弦理論はなぜ9次元空間必要なのか

先日、興奮しつつNHKの「神の数式」2夜連続で見たわけですが、
その、第二夜のテーマ「超弦理論」の、とってもわかりやすい本が
あったから、買って読んで見たよ。

「大栗先生の超弦理論入門」-大栗博司- ブルーバックス \980(税別)

超おもしろい! わかりやすい!
物理や数学や宇宙に興味がなくても、秋の夜長の読み物として
読んでも面白い。
眠れない時のアルコール(ナイトキャップ)がわりにも、いいよ。(笑)
中学生だとなんとかついてこれるかなくらいだけど、
高校生以上だったら、だいじょうぶ。
なんてったって縦書きだから。(数式があんまり出てこない!)

そして、読んでみて思った事は、
やっぱり「無限」は魔境なのだという事。
超弦理論、M理論を持ってしても、ゼロと無限を記述する事ができていない。
9次元空間(=10次元時空)を導き出す、オイラーの公式からも、あたしはそう思う。
これらの理論は、やはり、「真理の近似」なのだと。

なぜ、9次元空間が必要なのか?
9次元空間というのは、あたしたちが住もうと思ったら時間が必要で、
イコール、10次元時空に、なるんだけどね。
9次元空間=10次元時空を導きだす数式が、とても面白かった。

その内容まで書いちゃうと、ネタバレになってしまうので、
詳しくは、本を買って読んでほしいのだけど、
その時使うのは、オイラーの公式、
1+2+3+4+5+…=-1/12 という、驚愕の公式なのだ。
「無限」って、「マイナス1/12」 なんですって。
びっくりするよね。
でもね、これは、ゼロの膜を破裂させないように、うまーく、中身だけくり抜いて
導き出した答えなんだよ。
「いかに皮ギリギリまでメロンを食べるか」
なの。
そこに真理が隠れてると、あたしは思ってるの。生命の。

この本では、最後の最後、とんでもない結末が待っている。
それは、まあ、オビにも書いてあるから、思いきりネタバレなんだけど、
「空間とは幻想だった」のです。
これが、最新科学が出した答えなの。

な〜んだ! だよね!(笑)。
そんなの、お釈迦様が、二千年以上前から、口酸っぱく言ってるじゃん!(笑)
ワンネスを経験すれば、誰でも、涙と笑いと至高に包まれて、体験する事じゃん!
て、科学と哲学が、ギリギリ近くまで来ている事を、実感しました。

(でも、科学と哲学は円ではつながらないんだよ。
円でつながったかのように見えるけれど、それはみせかけで、
横から見ると、らせん状になってて、一段だんちがいに、なってるの。)

posted by 辰多みか at 16:36 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

とてもカンタンでとても難しい

わかったのだ。

幸せになるために する事。



それはね。
「幸せになるためにする事」は、
「幸せになる事」なんだ。

はいはい?

わかんない?

幸せになるためにする事、それはただひとつ、幸せになる事。
自分から、みずから自発的に自覚を持って、前向きに、
幸せになる。 それだけでいい。
「今すぐ幸せになっちゃえばいい。」

いや〜、とてもカンタンだね。

そして、


とってもとっても難しい!!



だって、方法はそれ しか 無い んだもの!



この「名言」は、あたしの尊敬するおひとりの、斎藤一人さんが
常に書籍などでおっしゃっている事なんだけど、
あたしも、頭ではわかるんだけど(いちおうその前に悟ったので)、
どうにも、どうにも、腑に落ちない。
心がついていかない。
納得できない。
というか、納得したくない。事。だった。

それが、ようやく納得できる段階まで、来た〜〜。(キターー!な気分だよホント)

この段階まで来るには、人それぞれ、イバラの道がある。
イバラの道とは、「方法はこのたったひとつしかない」、という段階に至るまで、
あきらめ、あきらめ、あきらめ続ける事。
他の方法が無い、と、腑に落ちるまで、トライアンドエラーを繰り返す事。
この方法をやってみてダメだった、こっちの方法もやってみてダメだった、を、
繰り返すこと。
決して、頭の中だけの、思考実験では終わらせない事。(というか思考実験では終わりは無い)
ちゃんと声出して、体を使って、やってみるのだ。
たとえば、この問題がなくなれば私は幸せになれる…とか、
あの人がいなくなれば…とか、
この環境が変われば…とか、
そう思ってたら、環境を変えてみる。でも自然の法則に従い結局は
幸せにはなれないという結果が待っているので、この繰り返し繰り返しを、
身にしみてわからせるのだ。
もちろん周囲との軋轢は、発生する。

すると、最後に「幸せになるためにする事は、今すぐ幸せになっちゃう、という事しかない」という段階まで来る。
悪あがきしてもムダなの。もともと自然はそうなってるの。

その道中の長さは人によって違うし、ひとつの人生でたどり着けない人もいるし、
生まれた時からすでに到達してるような人もいる。

だから、あの人が嫌い、でも、ニッコリ微笑んだ気持ちで、その人の幸せを
考えてあげればいいんだよ。
その「場」が、みんな、上機嫌になれば、いいの。
その時の注意点は、決して見返りを求めない事だよ。ごますり、おべっかは方向が間違いだよ。
自分だけが、まわりとなんの関連も無くひとり上機嫌でいれば、それでいいのだ。
(でもそれができないからみんな悩むんだよね〜〜)
posted by 辰多みか at 15:09 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

ことばはいらないみたい

ko02.jpg

おれさまは、子犬の時に辰多家に来て、はや4年。
黒柴っぽいミックス犬だぜ。

あたし : ねえねえ。

おれさま : んっ?

ko03.jpg

あたし : これ、夏にどの本屋さんでも猛プッシュしてた黒柴くんと赤ちゃんの写真集。

おれさま : ・・・

ko04.jpg

あたし : 本屋で見た時、あまりにもあなたに(色合いが)似てて、笑えて速攻買っちゃったよ。

おれさま : そぉかな・・・

あたし : ワンコはMARUくんであかちゃんは一茶くんというんだってさ。
   
   ミシガン州に住んでるんだってさ。
 
   あなたはMARUくんみたいな色だから、偽マル・・・。

おれさま : なんだよ、感じ悪いな 

あたし : マル似・・・まる二・・・ A か!  ねえ、A(まるに)♪ 

おれさま : なんだよ、二番手とか二番煎じっぽく呼ぶなよ

ko05.jpg

あたし : (かおがヘンだよ・・・) そうだねー。

   サークルKはクルケーだから・・・クルニ? クルーニ? クルーニー!

ko06.jpg

おれさま : 誰だよ

ko07.jpg

あたし : ジョージ・クルーニー。イケメン俳優。

おれさま : イケメンかよ まあいいだろ

ko08.jpg

あたし : いいんだ(笑)。  クルーニー(仮)♪よしよし。

posted by 辰多みか at 23:51 | 日記 | 更新情報をチェックする

人体の要は腰

腰 は 漢字のなりたちどおり、
とっても 重要な部分。

あたしは、腰を痛めてみて、はじめて実感した。
それまでの健康体では、決して感じ取れなかった感覚。
だから、腰椎椎間板ヘルニアになって、その当時は
ものすごく不自由したけど、その体験って、宝だなと、今は思ってる。

痛みがピークだった時は、まったくそんな事考えられなかったのにね(笑)。
だから、今、痛みと戦ってる人たちには、何のアドバイスにも
ならないかもしれないけど、ヘルニアというのは、
きちんと養生すれば、手術せずに必ず治って、
そして、治った後も、"自分のために"機能してくれる、ありがたい症状なの。

ヘルニアの痛みは、最初は腰。
腰を動かすと、自分ではどこなのかつきとめられないけれど、なにかがずれる、
感覚でいうと、積んだブロックがくずれそうみたいな感じがして、
身動きがとれなくなる。痛みがそれを教えてくれる。

昔の日本人は、着物に帯で、きゅうくつじゃなかったのかな〜と
思っていたけれど、ヘルニアになって、はじめて、
昔の日本人の知恵が、身にしみてわかった。
あの、帯は、腰を痛めた時に、本当に助かる。
昔なんて、腰を痛めちゃったら命取りだろうから、
帯で腰を守ってたのかな、と、動けない体で無理やり家事を
こなしながら考えた。
下に落ちたものを拾う時に、前屈するとものすごく痛いから、
足だけ折る形で、上半身と腰は垂直なまま、腰をおろして、
落ちた物を拾う。
その動作が、一番腰に痛みが出ない。
そして、その動作は、茶道で教えてくれる、日本古来の、お作法の動作なの。
たぶん、なんとか道 というものでは、すべてそういう動作をするのだと思う。
健康体の時から常に、腰に負担をかけないようにする動作。
腰がかなめだと、経験的にわかっていたのだと思う。
昔の人すごいなって思ったよ。

そして腰の痛みがちょっと薄れてくる気がする、1週間目、
おしりが痛くなってくる。
ヘルニアで左右バランスが崩れるから、そのバランスを取るために、
おしりの筋肉が筋肉痛になるのかな、と思っちゃうけど、
そうではなくて、それは、坐骨神経痛なの。
坐骨神経は、腰椎からおしりを通って足の親指までずっと続いている太い神経で、
それが短く感じて、とても痛い。
あたしは、この神経が麻痺してしまい、サンダルが履けなくなった。
3ヶ月くらいは麻痺してたな。

ここで神経ブロックとかしても、結局、治るには、自分の自然治癒力に
頼るしかないのよ。
神経ブロック注射は、治すための注射では、ない。
ただの時間稼ぎ。
あたしはブロック注射はせずに、ロキソニンを一日3回、2ヶ月飲んで、我慢した。
時間稼ぎだな、というのは、身内のヘルニア患者がつぶやいたこと。

そうね、2ヶ月、なんとか我慢してこの急性期をやりすごせば、
次のステップ、体操で、坐骨神経を伸ばして治していくことになる。
手術しなくても、治るんだよ。
あたしは、病院で「腰痛体操」という、一枚の紙切れをもらって、
超真剣に、やった。
高橋留美子ちっくなイラストの、体操を。
みんな真剣にやらないかもしれないけど、超真剣にやると、
効果があるんだよ。あたしはヘルニアになる前、前屈で手が床に
着かなかったのに、体操をしたら、着くようになった!
そして希望が見えてきたの。
自分で図書館に行って腰痛関連の本を読んだり、
ネットで調べたりして、そして究極の、腰痛克服のかなめを見つけたの。

それはね、そもそもの腰痛の原因は、「怒り」である事。
そして、体操もいろいろあるけれど「自力整体」が、てっとりばやく良く効く事、だよ。
別にあたしは自力整体の指導員とかインストラクターではないし、
まったく侍従関係もないし、お金がからんでるわけでもないけど、
本当に、身を持っておすすめするの。
あたしは、DVD付きの本を本屋さんで買って、やっただけだよ。
1800円で、治った。
「DVDで覚える自力整体」(2004年)ね。
別に腰が痛くなくても、おすすめだよ。

治った後はね、全く痛くない、という生活ができるんだけど、
不摂生してるな…とか、最近自力整体してないな…とか、そういう時に、
坐骨神経痛が、出るよ。
それは、再発とかではなくて、「体に気を付けなさい」という、
自分の体からの、メッセージなの。
実によくできている(笑)。
人生無駄な事ってひとつも無いわ。

posted by 辰多みか at 23:12 | 整体であること | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

かんじんかなめ

肝は肝臓で
腎は腎臓

そのふたつが 要 だと昔の人は云ったの。

要とは、扇が開閉する時に支点になる所の事ね。
(たまにそこの穴にふさふさの飾り紐を通してあったりするよ)
その、かなめ が無いと、そもそも扇は成立不能で、骨がバラバラになっちゃうよ。
つまりは、重要 という事ね。

昔の人の云う 肝 は、キモと読めば内臓全般だったり、かんぞうそのものだったり。
いろいろいうから、まぎらわしい。
魚が好きで自分で釣ったり、生きた魚を買って自分でさばいたりする人は
よく知ってると思うけど、煮魚は身もおいしいけど、キモがおいしい。
この場合のキモとは、本当に、肝臓オンリーの事。レバーの事。
内臓も食べられる(あたしは食べないけど)、アユなどの魚の内臓の事は、ワタって言う。
(たぶん、この ワタ という言葉は、カボチャのワタ と同じ言葉だと思う。)
こだわって魚をさばく人は、ちゃんとキモを残すよ。

昔の人の云う 腎 は、ズバリ腎臓そのものみたいに思えるけど、
あたしは、腎臓プラス副腎 ではないかと、思っているの。
あたしは腎の気が弱い体質で、活き活きした所がないみたいなのよ(笑)。
腎臓が、尿を作るだけの器官だとすると、生命力とか精気にあたる
腎の気を説明できないから、腎臓本体+副腎が、「腎」だとあたしは感じている。

そのふたつが重要だよと、昔の人は云ってたんだね。
ちなみに、にくづきの 月 に 要 を足すと、
腰 になるよ。
にくづきとは、肉 を簡略化して書いた 月 のことで、ズバリ体に関する漢字の部首の事ね。
だから、内臓としては肝と腎が大事だけど、
体の場所としては、こし が大事だと。

こしがかなめだと、あたしが実感したできごとは、次に書くよー

posted by 辰多みか at 14:23 | 整体であること | 更新情報をチェックする

虹のしくみ

今年は台風がたくさん来るね。
朝方まで雨・風が強かったけど、
早朝、日が急に出て、もしかしたらと思って西の
空を見たら、それはそれは大きな虹が出ていたよ〜。
青空にかかる虹。
綺麗だ。
ちゃんと、はしからはしまであったよ。
副虹も出ていたよ。

「ハレルヤ ハレルヤ」と大合唱が聞こえると思ったら、
「晴れるや!」って、自分の頭の中の声だったわ。(笑)

虹が出る仕組みはどうなっているのだろう・・・
なんどもwikiを見るのだけど、ちゃんと頭で納得できないわ。

ひとつぶの水の粒からは、自分と太陽の位置関係から、
一色の色しか見えないらしい。
(一色というか・・・うーん、その角度に相当する色の部分、かな?)
全部の水の粒がそれぞれプリズムになって分光してるんだけど、
分光した全部の色が混ざって見えるのではなく、
太陽と自分の角度相当の色しか見えないので、大きな、色のわかれた虹として見えるらしい。
全部の色が混ざっちゃったら、ただの、もとの無色の光と
同じだもんね。

不思議だね。
光の事は、これからも、もっともっと勉強していきたいわ。
だってきっと光の中に、真理が隠れている。
光と角度と観察者。光の波長。
うん、真理が隠れてる。

「晴れるや♪」って、
どうして頭の中でリフレインするかと思ってたら、
朝ドラのごちそうさんを見てるからだったわ(笑)。
posted by 辰多みか at 14:23 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

同じ境遇の覚者のおはなしを聞きたいな。

あたしは5年前に、いわゆる「悟り」、
悟りじゃおおげさかなーと思って「気づき」「覚醒」とか、
「かいま見た」とか、阿部さんのおっしゃる「一瞥」とか、
いろいろ言い換えてるけど、まあ、そういう事があって。
その時、あたしがずっと避けてきた「宿題」を、見た。
その後、なかなかその宿題が終わらなくてさー(笑)。
今、目標の半分地点くらいなのよ。
まあ、この一年で進んで、自分でもよくやったとは思ってるけどさ。

この苦しい悟り後の修行を、どうやって乗り越えようかといろいろな覚者の
ブログを見た。
成功してる人たちとか、スピリチュアルでキラキラ輝いてる人たちとか、
お金を引き寄せてる人たちとか。
みんな、素敵だなと思うけど・・・
あたしは、あたしと同じ境遇の人のはなしを、聞きたいの。
ワガママだな(笑)。

だいたい、精神世界のキラキラなお話をされてる方って、
全員がそうだとはもちろん言わないけど(と思うけど)、
境遇的に、ちょっと自由な感じなの。
つまりは、離婚してひとりだったり、次のパートナーさんと
子供のない生活をされてたり、あたしは女だから女の立場からの
話を聞きたいのに、男性だったり。
そんな感じなの。
覚醒して、離婚を選ぶっていうのは、ものすごく良くわかる、
覚醒するとそうなるだろうなと、あたしも、そうは思うよ。
(あたしは今の所離婚する予定は無いが。)
あたしの宿題は「離婚」じゃなかったってだけで、やらなきゃ次に
進めないって点では、まあ、似たようなモンだけどね。

だけど、同居嫁でキラキラされてる覚者って、見あたらないのよー。
ずっと探してるのに。
そんな人たちの、リアルを、聞きたいのに。
気のせいとか心の持ちようとか、自分でよーくわかってるんだけど、
実際、物理的に生存できる面積が狭いんだから(同居なので)、
その狭い環境で、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
ごはんが自分の分だけ無かったり、おやつが自分のだけなかったり、
一度捨てたゴミをまたゴミ箱からあてつけのように出されたり、
そうされても、キラキラしてる人のはなしを、聞きたいの。
どこかにいないかな。
さがしているのよ。
(あっ、ごはんが無いうんぬんはもう解決まで持っていった問題なので
今はその点はノープロブレムです)
posted by 辰多みか at 16:07 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

森でゾッとした話

家のまわりは 森。
あたしはリアル森ガール(プッ なんですのよ。
前はよく森に入ってたけど、ここ数年は楽に入れる森が
なくなっちゃったから、もうしばらく行ってない。
(旦那サマはしょっちゅう行ってる)

うちの周りでは、人里だからかあんまり体験した事ないんだけど、
森って こわいよ。
入る時は心して入ってネ。
うちの近所では、話しかけられた事ぐらいしか無いな。
(あたしは霊感は無いから、見えません。)

森でゾッとした事は、2回あるよ。
両方とも、午後3時をすぎたあたりの時間。
一度目は、うちから車で5分くらいのハイキングコースで、
まだあたしは20代で、友達に誘われて山に入った時。
二度目は家族でものすごい山奥にドライブに行った時。

日が、斜めになってきたな・・・と思ったら、
急に、森の木陰が、うーん、なんていうんだろう、
圧倒的な影の存在感というか、今まで綺麗な木々しか
目に入っていなかったのに、ネガティブな部分に急に意識が
シフトしちゃったというか、
うん、森の陰の部分を、見たんだ。

そこには何もなかったけど。
木のかげしかなかったけど。

ゾ〜〜ッ!とした。
全身の毛が逆立って、鳥肌が立った。
何もいないのに、なにかの気配を感じる。
幽霊とかそんなちっぽけなものじゃないみたい、もっと大きいもの。
(もしも、万一幽霊だとしたら・・・大勢・・・)
おおきい、こわいものを感じた。
自然に対する畏怖の念って、これかと思った。
迷って死んじゃうの、わかる。
そういう恐怖。
ただ日が傾いて影ができてるだけなのにね。

動物はこういう所に好んで住んでてすごいなと思った。
たぶん森や山を怖がるのって、人間だけだ。
山に神がいるって、思っちゃうの、わかるわ。
(それはたぶん神様が作った法則に人間は太刀打ちできない
とうすうす恐れる事からくる、誤解なんだろうけどネ)

posted by 辰多みか at 15:35 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

あたしに見えている世界


あのね

あたしは数学が大嫌いで

物理が大嫌いで

だけど 一般的にいう理科 は好きな 高校生だった。

なにか よくわかんないけど ロマンを感じる理科が好きだった。

こむずかしい めんどくさい部分だけを抜き出したような

数学と物理が嫌いだった。


文系の普通科女子で高卒なのに

どんなカミサマの引力が働いたのか知らないけど、

そのあと30年間 みっちり 工学 をやるはめになった。

カミサマ、なんの因果で あたしは嫌いな数字と計算にたずさわらなければならないのでしょうか。

悲痛な非力な乙女の嘆きもむなしく あたしは来る日も来る日も

サインコサインタンジェント

α鉄フェライト鋼γ鉄オーステナイト鋼

高周波浸炭窒化焼入れ焼き戻し焼きなまし焼きならし

周速度計算梁のたわみ計算強度計算寿命計算

こんなことばっかやってた。

これだけでもイヤすぎるのに

なんだかさっぱりわからん 統計学 までやるはめになった。

Oh my God!!

確率 誤差精度カタヨリバラツキ 平均 分散 標準偏差

不偏標準偏差 

波動関数

不確定性原理

量子力学

素数の規則性の秘密


あぁ

ここであたしははじめて 数の世界を知ったの

数の本当の世界を知ったの。



光円錐=ライトコーン

ここにあたしたちは居るのね。



もともと数学や物理が好きな人たちは

きっと頭の中で完璧に理解してるので

文字にして書く事も 多少むずかしくなっても気にならないのだろう。

だってたぶん難しく書いても、わかるし。


あたしは 全然 わからない。

あたし以外の 数学物理が好きじゃない人たちも きっとわからないよね。

だから、あたしが あたしに 理解させられるようなカンタンな文面で

数の世界を 書きたいと 思っているの。これから。


数の世界の魅力を 書き記したネット記事はいっぱいあるけれど

あたしを含めみんなはソレを理解できないの。

せっかくとってもいい事が書いてあるのに!

数の世界の神様のホントの事が

書いてあるのに!

もったいないな〜。

数の世界は 本当に素敵だよ。

くわずぎらいしてて ゴメンね。
posted by 辰多みか at 16:24 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ホログラフィー

干渉している波の模様が
実体のない 立体画像をつくりだす

三次元も四次元も五次元も
干渉しあう波の模様を、再生したものだとしたら?

熱い冷たい 寒い 痛い も
干渉しあう波の模様を、再生したものだとしたら?

苦しい も 波の模様?

どこに 波の記録媒体(ホログラム)があるの?
どこからホログラムに 光が当たっているの?
posted by 辰多みか at 15:29 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

プラーナちゃう、生理現象や!

エセ関西弁が思わず飛び出すほどの衝撃・・・
あまりにビックリしたので先に結論を書いておきますと、
プラーナを見た!とスピ系で言われているモノは、
「ブルーフィールド内視現象」という生理現象の場合があるよ!
それ、プラーナじゃ、ないよ!

ときたま、スピリチュアル系のブログなどで、
プラーナを見た、というのを目にしていて、
見てみたいと、ちょっぴり気になっていて…
(スピ系のブログはあまり見ないのだけど、
たまたま検索とかで。)

「プラーナの見方」というのを目にしたので、
やってみよう、と思い立った。
やり方は「目の焦点を、遠くを見るのではなく、目から20〜30センチ
前方の所に合わせる」だけ。
カンタンだ!
さっそく青空を見ながら、やってみたよ〜。

すると・・・
目がチカチカしてきて・・・
白い光る点とか、急にうねっと、湧いてきてカーブして消える点とか・・・
いっぱい。視界にいっぱい!
とあるブログでは、「これ」がプラーナですよ!と、自信を持って説明していたわ・・・
これ、ちゃうやん・・・
プラーナちゃうやん・・・
自分の目の中のモノやん・・・(エセ関西弁でごめんネ)

もしも、「これ」がプラーナだと主張するのであれば、あたしは言う、「これ」はプラーナじゃない!
(もしかしたら、別に、プラーナというモノが確かに存在しているのかもしれないが)

なんで断言するかと言うと、目を動かすと、視界にくっついて一緒に動く!
プラーナって、あなたの目に、くっついているの?どうなの?
あたしはひどい飛蚊症もちで、「これ」が飛蚊症ではない事は、見分けがつく。
(以前は、飛蚊症がひどいから、きっと邪魔でプラーナは見えないだろうなー
と思っていたよ。そんな事なかった。「これ」は飛蚊症関係なく簡単に見える。)
前々から、見えてる時があって、特に気にしてなかったから、
ああ、自分の目の中の血とかが見えてるんだろうなー、チカチカするなー。
くらいにしか思ってなかったモノ。それだ。

検索してみたら、やっぱり、「ブルーフィールド内視現象」という
生理現象だよ。
白血球が、見えているんだよ。

プラーナはプラーナで、「気」は有るとあたしは思うし、
その気をプラーナと呼ぶならば、「有る」と思うけど、
生理現象を勘違いしちゃ、ダメだと思うねん。(エセ関西弁で…)

posted by 辰多みか at 10:45 | 気の交流 | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

ヒッグス氏にシャンパンを

おめでとうございます♪
ノーベル賞。

あたしも取りたいわ〜〜笑

ところで、ヒッグス粒子の名前だけは、あたしは何度も日記に書いてるよ。
記念すべき(?)一日目の、あたしの日記は、
まさしく「ヒッグス粒子」の話から、はじまりました。
→ヒッグス粒子
テレビでも「神の粒子」という文字が、踊っているわ。
いやいやいや・・・
ヒッグス氏もその名前は、お気に召さないみたいよ?
物理学者は、その名前、嫌いみたいよ?
あたしは、あんなの神じゃない、と思うよ。

公募でついた名前は、
「神乃粒子」じゃなくて
「発泡白葡萄酒瓶粒子」みたいよ? (←無理やり和訳してみた。あはは)

「シャンパン・ボトル・ボソン」だよ。

名前の事はさておき、
あたしもアトラス実験グループに入ってみたいわ・・・

posted by 辰多みか at 09:49 | DQNネームを笑えない | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

ナルシス


美しい ナルシスへ


ねぇ

気付いて

あなたが見ているのは

鏡。

それは鏡に映ったあなたの姿


あなたは自分の半身を、とうとう見つけたと思ってるけど

それは、半身ではないのよ。

左右逆に映っただけの

鏡像なの。

けっしてあなたと一体になる事はない。

早く 見限って 解放してあげて。

あなたが見ている限り

鏡像も

あなたから目を離すことができない。


早く 本当の 半身に 気付いて

あなたの足元に。

あなたは「無い」と思い込んでいるけれど

地中に 根 がある

あなたの ルーツ

あなたの 根源

左右逆転の鏡像ではなくて

色調反転した "醜い"あなた

地中に埋めてしまった 本当のあなたに

はやく 気付いて。


私は こだま

あなたの エコー

私ができる事は

あなたの言葉を 繰り返す事だけ

あなたの振る舞いどおりに 震える事だけ

真実を あなたに伝える事ができない

はやく 気付いて


肉体が滅びても

また生まれ変わってしまう

この鏡の世界に。

あなたがそんなに愚かだと

人間以下に 生まれ変わってしまうよ

はやく 気付いて
posted by 辰多みか at 11:07 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

数の世界の美・芸術の美

このあいだのNHKの「神の数式」でも言っていたけれど、
数の世界では、「対称性」がある事が美しい、らしい。
そうだっけ?
対称性だっけ?
シンプルなのが美 なんじゃなかったっけ?
あたしは、究極のシンプルがエレガント だった気がするけど、
テレビでは、「対称性」と言っていた。

そして、対称性は自発的に破れる運命にあると言っていた。

芸術の世界では、対称性は、美しくない。
考えてごらん、どこまでも、丸が並んでいるだけの、絵。
ノートの罫線だけの、絵。
つまんない。

芸術の美は、黄金率 が、美だという。
正方形ではない。
長方形。
あたしはちょっぴり絵を描いてた事があって、
先生に言われたことのひとつに、
「左右対称に、書くな」というのがあった。
左右対称は、美しくない。

ならば数式だって、対称は美しくないはずだよ、たぶんね。
あたしはリチュースとか対数螺旋とかクロソイド曲線を、美しいと思うよ。
数式もシンプルだよ。

芸術的な美の観点からいえば、
対称性が自発的に破れていく事こそ、美 だと感じるよ。

posted by 辰多みか at 15:44 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

今日も○○○○

○○○○の中には、イライラ が入ります♥
(ハートじゃないだろうよ…笑)

今日もイライラしちゃいました〜♪
テンションあげていかないとへこむわ。
前日記の、狩りガールとは全然関係ないよ。

今日イライラしたのは…やっぱりあたしは、
自由に外出できない身なんだ、と、
また、思い込んでた、から。
外出先で、イライラしました〜。
イライラしながら、「できないハズの」外出を、してました〜。
今、まさに、外出してるのに、「できない!」とイライラしているという…
それは心の縛りの問題だからね。

よ〜く考えたら、
うちは自営業で、家に大人が常に、4人いて、
あたしは朝起きて、すぐエンジンフル稼働で朝の家事をして、
その後、仕事をして、
11時半になったら、昼ごはんのしたく〜昼の家事を13時半までして、
その後、仕事をして、
16時になったら畑仕事〜夕飯のしたく〜犬の世話・片づけ・床ぶき・明日のしたく〜
で、お風呂に入って、家の事がすべて終わるのが 21時すぎ。
仕事は納期制だから納期が近ければこのあと25時まで仕事
そして、5時間寝て朝。

というのを、10年以上やってきた。
仕事は男性と同じ質の仕事だけど、フルタイム相当はさすがに
無理なので、融通が効きやすいものを選んでもらっていた。
こうやって書いたの見て、いつも思うけど、これって、"無理"だよね!?
しかも、外出も買い物も、禁止されているし、
なんのために生きてるかわからなくなっちゃっても…おかしくないよね!?
(誰がこれ読んでくれてるのかしらないけど、同意を求めてるよ。笑)
自分でいくらお金を稼いでも、使っちゃいけないって、おかしいよね!?
(というか自由に使うお金を稼ぐくらいなら、働くな、ぐらいの勢い)
あたしは「おかしい」と思ってきた。
そのたびに、自分の意見を主張してきた。
泣き寝入りなんてしてない。
だけど、そのたびに頭を押さえつけられた。
いえいえ物理的にではなく。
ものすごく狭いところに押し込められた。
お客さんがたくさん来たら、"悪事"=自分のお金で自分の好きなものを買う事 を、
みんなの前でバラされて、血祭りにあげられた。
おかしいよね?
これをおかしいと思うあたしが、おかしいのかな?

家に常に人がいるから、心底、ひとりでほっとする時間が、無い。
一秒も、無い。
なんか隠れて食べてると、いつ呼ばれるか、ヒヤヒヤして味もよくわからない。
前は、舅も姑も毎日のようにあたしの部屋へ上がってきて、
(今は足が悪くなったから上がってこれなくてその点だけはほっとしてる)
自分の部屋なのに、くつろぐ事も、できない。
だってお風呂に入ってても、トイレに入ってても、開けてくるんだよ。
着替え途中なんて、公開生着替えと、同じ。
外出も禁止されてるから、外でほっとする事自体が"悪"。
どうすればいいの、あたし。
で、
あたしは、


モラルハラスメント に 走りました♪
精神的に幅をひろげる事しか頭に浮かびませんでした♪
だって狭かったからさー。

あら、昔語りになっちゃったわ…
まあ昔話はいっぱい書いてきたから…、かいつまんで書くと、
「しらずしらずモラハラをやろうとしてるあたしが悪い」って事に突然気付きました。
そしたら、突然 悟ってしまいました。
神を見ちゃって、神とは、自分自身の芯でした。そしてそれは大きい神と繋がってました。
そうしてね、上に書いた「おかしい」と思ってた事が
全部自分の思い込みで、幻だって事に、気付きました。
そう、おかしくなかったの。

でね・・・
思い込みだって、わかってるのに、まだイライラするの…

神様はさ、イライラもワクワクも、体験したくてヒトの形になったんだよね。
そのヒトのひとつが「あたし」なんだ。
「もー、イライラするー」て思いながら、家族のための買い物(あたしの
ための買い物では無いっ!)をしてる時に、
ああ、神様は、イライラしたいんだから、イライラしてれば、いっかー、と、
思いました。
で、ずっとイライラしてみた♪
で、
・・・
・・・・
まだ気分悪い♪
なおらーん。
まあ、しょうがないね。

神様はね、完璧で、振動もしなかったのよ、きっと。
振るえるための、遊び(余裕)がなかったのよ、きっと。
わかんないけどさー。
まあしょうがないから、まだしばらくイライラしてみるわ♥


posted by 辰多みか at 15:43 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

※閲覧注意※森ガール・狩りガール

※過激表現が有ります※







このあいだ、NHKニュースで、「狩りガール」というのをやっていたのよ。
またけったいな…と、ハッキリ言っちゃうと苦々しく思いながら、見てたよ。

「狩りガール」を目指している女性、また、実際に狩りをされてる女性は、
やはり強い意志で、思う所あって、やっているのだろう。
その方たちに対して、どうって、思う気はないし言う事もない。
苦々しく思ったのは、「狩りガール」って言葉を軽々しくニュースにした事。

うちは、リアルに身近に、狩りガールならぬ狩人が居るから、
いろんな話を聞くし、いろんなモノを、見た。
「○○ガール」みたいな、オシャレな、軽い感じでは、断じて、無い。
まあ、あたしは実際山に入った事はないし、狩った事もないから、
あたしもいろいろ言えない立場だろうとは、思うんだけどさ。
一時期、言葉が流行った、「森ガール」や「山ガール」と、
「命」を扱う「狩り」とは、
いっしょくたに、考えては、いけないレベルの話だと思うのだ。

あたしは、うん、あたしの個人的な考えでは、
男女差別と言われるのかもしれないけど、
昔から伝えられている考えと同じで、
「女は、山に入ったら、いけない」と思う。
女と男は体のつくりがそもそも違っていて、
そして、役割も、違っていていい、と、あたしは思う。
(自分自身は、不平等は嫌だから、どこかで
帳尻合わせてよって思っちゃうけどね)

山(の仕事)は、男に、やってもらおうよ。
そう思うよ、あたしは。
狩猟人口が減っていると言ってたけど、
なんで減ってるかというと、猟銃を持つ許可を取るのが、
年々面倒になっていって、まるで国は猟銃を持たせないかの
ようにびしばしにしばって、それでめんどくさくなっちゃって、
みんな許可をとるのを諦めるって、聞いたよ。

○○ガールって言葉は、あたしは好きじゃない。
そもそもオシャレ方面から生じた「森ガール」だって、
「まるで森にいそうなファッション」を指す
言葉だったと思うけど、
リアルに森に住んでるあたしから見たら、
トンデモなファッションだったよ。
森に行くのに、ふわふわなモヘヤのニットや
レースのロングスカートなんて、
ぜっっったい着ないし、
着たら自殺行為だし。
ヘンな植物のタネがいっぱい付くよ。
小動物に見間違えられるようなふわふわ感とか
森と溶け込むあいまいな色合いとか、
そんなの着てたら、撃たれるし(マジで)。

その頃、コマーシャルで、森で少女たちが
はだしでバレエの踊りを踊ってるのがあって、
「は!? マムシや毒虫だいじょぶ!?」って
ヒヤヒヤしながら見たし。
あ〜気持ちいい〜と、草むらに寝っころがるCMとか
よくあるけれど、「マダニが!?」、見ててゾ〜ッとする。
ぜんぜん気持ちよくないよ! 危険予知して!

狩猟をやるのには、犬が必要だと聞いた。
それもいっぴきや二匹ではないらしいよ。
イノシシはキバで襲ってくるから、突かれて犬は腹をやられるんだって。
その開いた腹を、猟犬の飼い主である狩人は
手芸用の縫い針と糸で、その場でとりあえず縫うんだって。
だって道具もないし、そうするしか山を降りられない。
内臓が出たまま動けないしね。
もちろん麻酔なんてないし、腹をとりあえず塞いだら、
犬は歩かせて帰るんだって。
そんなことできる?
オシャレ感覚で、できる?
あのニュースを見た大半の人は、「ふーん」て具合で
特に感想も興味もなかっただろうけど、
あたしはモヤモヤモヤモヤ考えちゃったな。
この日記書くためにぐぐったら、「狩りガール」って言葉を作ったのが
猟友会みずから、と知って、ますますモヤモヤしちゃったな。

posted by 辰多みか at 13:38 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

なんで悟りの話ばかり書くのか

あたしは日記に書きたい事が、
悟り(真理・神)の話か
数の世界の、真理・神 の話 しかない。

今日なに食べたとか、
どこ行って楽しかったとか、
もちろん体験してる間は楽しいけど、
日記に書く気が、無い。

書きたいのは、真理・神・悟りのことばっか。

なんでかなー。
だって書くの楽しいんだもん。うふふ。

この、誰か別の人が書いた悟り体験談とか
真理とかは、
悟りたい人・悟り探求人・求道者が読んでも、
「悟るため」には、まったく無力だとわかってるのに、
ただ、自分が書きたいから、書いてるだけ。

だから、人が書いた真理の話は、
「悟るため」には、読んでもなんの役にもたたず、時間の無駄なんだよ〜〜。
聖書とかお経とかコーランとかもね。

悟ってから読むんだったら、役に立つけどね〜〜。

ただ、あたしは書きたいから、書いてる。
たとえていうと、
学校で、予防接種で、並んでいて、
注射を待ってる、ビクビクおどおどしてる子たちに、
もう注射が終わったあたしが、
「どんだけ痛かったか」
「どんだけ痛くなかったか」
「終わってどんだけ安心したか」
大声で、高らかに、自慢してるみたいなもんだ。(笑)

ヤなヤツ〜(笑)
でも書きたいから、書く〜(笑)
posted by 辰多みか at 16:20 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする

神(仮)

真理関連の冊子を昨日駅でもらって
読んでたら「神」という名前について、はっと気付いた事があった。
まあ、何度もはっと気付いていた事だけれど。
(もらった冊子には、神とはいっさい書かれてませんでしたが。笑)

何回も書いてるけど、一般に認識されてる「神」と
悟った時にわかる「神」と、どこが違うのかな〜ていう事。


『万物を創造したのは「神」』という言葉についてね。

一般の人は、『「神」が、万物を創造した』 と、思ってる。
神という名前の人格みたいのが、創造した、と、思ってる。
それはあたしも、悟る前は、そう思っていた。
だって、そう、書いてあるじゃん、て、思ってた。

悟るとわかるのは、「それは誤解で、その認識は間違ってる」って事。

話を整理するとね。
『「神」が万物を創造した』 ってのは、誤解を招きやすいけど真実。
そう、真実なのだよ。
真実なのに、一般の人は、すべての人が、誤解をしている。

本当の真実は、
『万物を創造したものの事を、「神」と定義する』 なのですよ。

ん? わかりにくい?

一般の人は、昔から伝承されてきた、『「神」が万物を創造した』という
言葉は耳にするけれど、そもそも「神」を見たことがないから、
「神」なんていないと思っている。
だから、「神」が万物を創造したわけがないじゃんと、漠然と思っている。

本当の真実は、そうではない。
真実は、万物を創造した「なにか」が確かに存在して、
その事を仮に「神」と定義した、ってだけ。
「神」という呼び方が気に入らなければ、別になんて呼んでもいい。
「創造主」でもいいし「ヤハウェ」でもいいし、「それ」でも、
「あれ」でも「  」でも、「天」でもいい。

そう、真実は、『万物を創造した「なにか」が確かに存在する』 なのだ。

悟れば、その「なにか」が、一瞬でわかるようになる。
その「なにか」について書かれている書物が「本物」か「偽物」か
一瞬で、わかるようになる。
「あの宗教」が、本物か偽物か、一瞬でわかるようになる。
それが「神」なの。
まあ、「神(仮名)」なんだけどね。

posted by 辰多みか at 14:32 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする

ネガティブ・ポジティブ

うちの近くに、孔雀がいるのよ。
たまに、ものすごい大きな声で鳴くよ。(ちょっと迷惑だ。笑)

落ちた羽根をもらってきたんだけど、
ホントに、綺麗ね。
そして良く見ると、本当に不思議なの。

中央の青い濃い丸い部分は、どの角度から見ても、
あんまり色が変わらないんだけど、
長くふさふさしている羽根は、
正面から見ると、赤紫色で、
ある角度から見た時だけ、緑色に、なるんだよ。

これは、羽根の色は、光の干渉によってできている、という事だ。
この仕組みを「フォトニック結晶」 というみたい(ネットで調べました)。

緑も綺麗だけど、赤紫も、綺麗よ。
どっちが優でどっちが劣だなんて、順番が付けられない。
ポジティブもネガティブも、優劣が、実は付けられないのよ。
人間の心は、フォトニック結晶状態だよなぁ、って思うよ。
posted by 辰多みか at 14:31 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

悔しいと口が曲がる

昨日は、いっぱい日記を書いたな〜。
パウリの排他原理の事を一日中考えちゃって、
(ずっと家にいたワケではないよ)
あれもこれもって書いたからな〜。
いまさらだけどひとつにまとめたいわ。
ボゾンが、「力」だけじゃなくて「価値」や「値段」を伝えるイメージが
沸いてきた事に、自分のイメージながら、興味深く思ったわ。
という事は、「力」と「価値」、「値段」は同じものなのかも。
「価値」によって空間は、歪むのかも。
(ていうか逆でね、歪みの大きさが、「価値」の大きさになるのよ、たぶん。
ていうことは、「価値」は高次元に、しみ出しているわ)

実際、昨日考えていた事は、超弦理論ではなぜ11次元時空が必要なのかって
事だったんだけど。
(その計算方法は、とっても、カンタンなんだよ〜)
なぜかボゾンとフェルミオンの事ばっかり書いちゃったわ。

さらに、実際、昨日考えていた事は…
ホントは、朝とっても悔しい事があったの。
くやしい、くやしい〜と、思ってたの。
悔しい〜〜!!と心の奥から湧き出るままに居たら、
超弦理論の事ばっかり考えちゃったんだ。
へんなの。(笑)

悔しい事って、身近な家族の事ではないよ。
舅姑夫子供、直接には、ま っ た く 関係無い事。
悔しい…というより、よ〜く自分の心に聞いてみると、
羨ましい、が、本当みたいだな。
それで、その「悔しい…羨ましい…」を心で感じてたら、
口が、まがっちゃうのね。
すごいね、人間のからだって。
心と体は、見えないあやつり糸で吊られているみたい。

口をまげながら、(自分の意志でまげてるわけじゃないよ笑)
悔しい…と思ってると、なんで悔しく思うのか、
反応する大元の、心の傷が見えてくる。
やっぱり、「あたしはこの家に縛られてる」、と思ってるんだね、あたし。
そうじゃないよって、悟ってわかってるはずなのに、
やっぱりそう思い込んでる。

あたしは行きたい所へ、行けないんだ。
友達は、そこへ自由に行けて、とても楽しい時間を過ごしたみたいだ。
その予定の日すらあたしは記憶から消しちゃってたけど(どうせ行けないから)、
楽しい事後報告を、唐突に目にして、猛烈に悔しくなったんだ。
あたしは、手首足首に、実際、ホントにおもりがついているんだけど、
はずす事もできるんだって、自由になる事もできるんだって、
わかってるけど…できない。
感謝すればいいんだろうって、うすうす感じてるけど、
それも、今のところ、できない。
うん、なんかまとまりがなくって、マイナスオーラ全開の日記だけど、
まあこういう日もあるよ(けっこうしょっちゅうあるよ笑)って事で、
書いておきます。
超弦理論の、次元計算式は、また、あとで。
posted by 辰多みか at 22:56 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

馬鹿は死ななきゃ治らない

一度生きながら死んだ身としては、
この言葉には賛成しかねます(笑)。

「バカは死ななきゃ治らない。」

いえいえ。
死んだら、治るのは、「無知」です。
無知が100%治ります。

そして死ぬと、
馬鹿が100%になります。
そう。100%バカになります。

生まれてからなんとなく生きてる頃は
50%馬鹿ですけど、
死ぬと100%馬鹿になります。

だから死んじゃだめって事ではなくて、
肉体的に死んだらどうなるかは、
あたしも肉体的に死んだ事ないから、わかりません。

ただ、生きながら、自我だけ一瞬でも死ぬと、
100%バカで、いいんだ〜〜って、腑に落ちるようになります。
むしろ100%バカが、いいんです。
だって楽じゃん〜。馬鹿〜。
100%無知が治って、100%馬鹿で過ごせる。
ラク〜。
posted by 辰多みか at 01:07 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

パウリの排他原理E

・・・もうこれでいいかげんにしておこう(笑)
ボゾン(ボソン)が伝えるもののイメージは、
「重さ」「点数」「数のカウント」「価値」「値段」
「比較」「比率」「力」
そんな感じがする。

フェルミオンが伝えるのは、
「物質の材料」
うん、そんな気がする。

なんか用語が間違ってるかもしれないけど(笑)、
そんな感じがする。
posted by 辰多みか at 21:41 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理D

●フェルミオン=フェルミ粒子
1センチ×1センチ×1センチのくぼみがあります。
そこに、1センチ角の桐の角材を入れます。
もう、ほかのものは、入りません!
桐の角材を出さないと、入りません!

いったん桐の角材を出して、水を入れます。
水の体積は、1立方センチメートルです。
もう、ほかのものは、入りません!
入れたらあふれちゃうので、入れちゃダメです。
水を出さないと、入らないんだからね!?

水を出して、1センチ角の鉄の塊を入れます。
もう、ほかのものは、入りません!
鉄を出さないと、入りません!


●ボゾン=ボソン=ボース粒子
1センチ×1センチ×1センチのくぼみがあります。
そこに、1センチ角の桐の角材を入れます。

いったん桐の角材を出して、水を入れます。

水を出して、1センチ角の鉄の塊を入れます。

ただ入れて出しただけなんですけど、
桐の角材も水も鉄も、体積は全部 1立方センチメートルでした。
同じ大きさのくぼみに入った、同じ体積の物でしたが、
どこが違うかっていうと、重さが違っており、
およそ、水が1グラム 桐の角材が0.3グラム、鉄が8グラムです。 


・・・こんな感じ?
posted by 辰多みか at 21:39 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理C

Bまで書いたけど、フェルミオンとボゾンを
逆に書く方がいいなー。
だから先にフェルミオンを書くよ。

●フェルミオン=フェルミ粒子
結婚しました♥
結婚指輪を薬指にはめてます♥
結婚指輪は、もちろん、いっぽんだけあればいいのよ。

●ボゾン=ボソン=ボース粒子
結婚しました♥
結婚指輪は…コッソリ言うけどプラチナで3万円です。
このあいだテレビで見た芸能人の○○さんは、ダイヤがついてて
有名デザイナーもので100万円ですって。


こんな感じ?
posted by 辰多みか at 21:34 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

金木犀

きんもくせいが、今日咲きました。
とっても、いいにおい〜。
庭中、きんもくせいの香り〜。

窓から、家の中にも香って来るよ。
これが「幸せ」なんだねぇ。
posted by 辰多みか at 19:20 | 香草・香料のこと | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理B

●ボゾン
体重計で体重を測ります。
私の体重は、今日は45kgでした。
昨日は、43kgだったのに!
私が体重計から降りたら、
次にAさんが乗って、
こっそり見ていたら、なんとAさんは70kgでした!


●フェルミオン
体重計で体重を測ります。
体重計の測定面の面積は、ひとりぶんしか無いので、
当然ひとりだけしか乗れません!
(肩車とかは無しね)
もうAさんったら、私が乗ってる時に、
いたずらで足を乗せてこないで!



・・・間違ってる?(笑)
posted by 辰多みか at 19:19 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理A

●ボゾン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました
10問で100点満点のテストでした。
結果は、
50点の人が10人、
40点と60点がそれぞれ5人、
30点と70点がそれぞれ4人、
20点と80点がそれぞれ3人、
10点と90点がそれぞれ2人、
0点と100点はそれぞれ1人でした。

●フェルミオン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました。
先生がテスト問題を配りましたが、
適当に配ったので、各列の後ろで
多い、足りない、と騒ぎになりました。
全員に行きわたったところで、
問題が一枚余りました。
適当に配った末の事だったので
余った一枚を持っていた生徒は、
「先生、これ、いりません!」と
迷惑そうに言いました。



・・・間違ってる?(笑)
posted by 辰多みか at 15:15 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

パウリの排他原理

●ボゾン
ダーツで、矢を投げます。
一回一回当たる度に、矢を引き抜いて、
当たった場所(点数)をカウントします。
矢を投げる回数を多くすれば、点数はどんどん上がるよ。


●フェルミオン
ダーツで、矢を投げます。
矢は抜かずに、そのまま置いておいてね。
中心に当たって、高得点!
次の矢も中心に当たりそうで高得点が
出そうだったけど、矢がそこにあったので、
矢に跳ね返って、低得点の所に刺さってしまいました。
中心には、もう当たれないし、
中心どころか、矢がすでに刺さってる所には、
もう刺されない。
だから点数がなかなか上がれないよ〜。


と、思いました。
あたしは。

・・・間違ってる?
posted by 辰多みか at 14:36 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

早生蜜柑

あたしはすっぱい果物は好きじゃないけど、
わせのミカンだけは、好き。

今の時期だけに出回る、皮が緑色ですっぱそうな、あのミカン。
実際は、すっぱくないんだけどね。

あたしは黄色く熟したミカンが、どうも好きじゃないんだ。
いわゆる、コタツで食べるコタツミカン的なアレ。

どう考えても、緑のミカンよりは黄色のほうが甘いだろうし、
みんなも黄色い方が好きなんだろうとは思うんだけど、
黄色いのは、自分で買う気がしない。
緑の早生ミカンは、今の一瞬の時期しか無い事もあって、
わざわざお金を出して、買う。
黄色いのは、ここがミカン産地な事もあり、寒くなると、
知り合いからた〜〜くさん頂いたり、安〜〜く買ったり、
ミカンを入手できなくて困るなんて状況には、絶対にならないのに、わざわざ緑のを、高く、買う。
(そして家族から必ず一言文句を言われるのだ。笑。
言われたってあたしは、買うよ。)

どうしてかなー、と思うけど、
自分でも、わかってる事は、
まず、緑のミカンだけに有る香りが好きな事と、
あとは、子ども時代の思い出だろうなー、と思う。

昔、小学生の頃、
学校で運動会があったり、地域で運動会があったりした。
運動会につきものの、お弁当。
その、お弁当に必ずおかあさんがつけてくれてたのは、
緑の早生みかん。
ほとばしるような、緑の香りをかぎなから、
皮をむくと、今でも、あの時の風景が、空気の温度まで
感じられるほど、鮮明に蘇って来るよ。
だからあたしは、緑のミカンが好きなんだと思う。

人の嗜好って、純粋な好き嫌い以外にも、
くっついてくる体験が、大きな割合を占めていると思うよ。
だからその辺をコントロールする手段があれば、
好き・嫌い って、意識的にコントロールできるものかも、って思うよ。
posted by 辰多みか at 14:35 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

この世はホログラム

プラトンの洞窟・・・哲学
アマテラスの岩戸隠れ・・・神話
この世はホログラム・・・物理学

れっきとした物理学なんですよ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Holographic_principle
とうとうここまで来たわ。
wikiには日本語版が無いわ。
posted by 辰多みか at 15:14 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

ヤマタノオロチと台風と生贄

台風が来る前触れのひとつに、
空いっぱいに、放射状の雲が出る、というのが昔、百科事典に載っていた。
(ちょうど水平線のある一点から、くじゃくが羽根を広げるみたいな形で)

この間の台風で、あたしの住んでる場所は、ほぼ上陸地で直撃を受けた。
うちは高台にあるから、浸水の被害は受けないんだけど、
うちのまわりの畑は、まるで海か川みたいになっちゃって、
苗を植えたばかりの畝が、幾筋もの水の流れができて決壊してしまったのだ。
ちょうど、うちの前の道から、放射状に(扇状に)、低い土地に向かって。

それを見て、ヤマタノオロチって、この事かな、と考えた。
空の放射状の雲。地の放射状の水。
昔の、堤防がちゃんとしてない頃は、大雨が降ったら、必ず川が
氾濫しただろう。そう想像するのはたやすい。
龍なんかは、もろに「水」の神様で、ヘビもおなじたぐいだったろうから、
川が氾濫して、幾筋も流れがあらたにできてしまう事を、
八俣(股) と
言ったのではないかと。

くしなだひめは、ヤマタノオロチを鎮めるために、
生贄にされるんだけど、(ギリシャ神話のアンドロメダもそうだね)
台風が来て、毎年ニュースを見てあたしが思うのは、
必ず幾人かの人が亡くなっている。
防災に力を入れている現代でさえ、亡くなっている。
それもだいたい、台風の大きさと日本に近づいた距離に比例して、
算出できる計算式を想像できてしまうくらい、毎年、決まっている。

昔なんか、もっと亡くなっただろうから、
変な話だけど、どうせ誰かが犠牲になるのなら、いっそ…と…、
「考えて」しまうのも、わからなくはない。
うーん、そうね、もし自分の子どもが不治の病になってしまって、
どうせ一人の命が無くなるのなら、私の方を、と、
親が祈る、っていうのに似た感じかなと。
(生贄というのは、それを実行してしまう事だけど)

先日、好きでもない爬虫類を見に行ったのは、そういうのを考えるためでもあったよ。
昔の、ヘビ信仰とか、龍信仰とかね。
どの爬虫類が、龍に似てるのかな、とかさ。
恐ろしい自然現象が恐ろしい爬虫類に、結び付いたのかなー、とかさ。
体で、あたし自身の体で、感じるため。
(そしてヘビチャンにチョロっと触られて、ヒィィィってなった)

生贄については、「統計・確率」の方だと思うけど。
あっ、アンドロメダが生贄にされたのは、ケトゥス(化けくじら)
に対してなんだけど、星図を見ると、「くじら座」の絵は、もろ「セイウチ」なんだよ。
昔の人って、ライオンがこまいぬになっちゃったりね、昔の人の伝言ゲーム的な、
「怪獣」の伝え方って、面白いわぁ、興味あるわーと思うよ。
それか日本人の、「ケトゥス」の訳し方が間違ってたのか?
posted by 辰多みか at 16:56 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

ワンコ大好き!セイタカアワダチソウ

去年は、てんぷらにするとセイタカアワダチソウがおいしく食べられるって記事を書いたわ・・・
昨日ね、犬の散歩に行ったら、ある地点で、ソワソワ!
そして、モグモグ!
食べる食べる。
もう暗い時間で、なに食べてるかよく見えなくて、
この間は、エノコログサを食べてるんだな〜と思ってたんだけど、
よ〜く見たら、セイタカアワダチソウを食べてた!
ワンコがセイタカアワダチソウを!

背が高く育って花が咲きそうなやつではなくて、
一度草刈り機で刈り取ったあと、伸びてきた柔らかそうな葉をむしゃむしゃ食べてた。
なにが犬にとって魅力的なんだろう・・・
本能で嗅ぎ分けてるってすごいわ。
posted by 辰多みか at 16:55 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

光の体験

昨日の、「静寂」の体験と同じく、
あたしは、「光」の体験も、いまいち、印象が薄かった気がする・・・?

たしかに、「明るいところ」には、出た。
自分の内面を探っていって、一番奥かと思ったら、外だった。
ぐるんっ て、世界がひっくり返った。
ものすごくびっくりした。

ああー、そうかー、ブラックホールって、この世界が裏返しになる事なのかな。
裏返しになって、また始まるという。
あたしはまだ感じきれないなー。
おしゃかさまは、どう感じたんだろう・・・
(あたしはお経の勉強をしてないから、わかんないです)
お釈迦様は、偉大な物理学者・数学者・哲学者 だと思うよ。
教祖さまじゃ、ないよ。

いろんな人の覚醒体験を見てると、
自分自身が、「光」そのものだった、というのをよく見る。
それは、そうだろうなー、とあたしも納得できるけど、
あたし自身がそういった体験までしたかな、と思い出してみると、
そうでも無いっぽいんだよね。
やっぱこのへんの体感が弱いから、大悟まで行ってないんだと思うよ。

あたしはひとつぶの光子でした ってとこまで行ってみたいな。
でもやっぱまだちょっと怖いのかな(笑)。
posted by 辰多みか at 15:45 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

静寂

覚醒した時の体験をね、
少し、物語(神話)っぽく書いたのが「天照らす」なんだ。
3日くらいで全部書いたけど、書き始めた時は、
あんなに長くなるとは思ってなかった(笑)。
5年前(?)の覚醒時には、古事記っぽいとは全然感じなかったし。

それを書いてる時に、ふと、気がついた・・・というか
以前からきづいてたけど、やっぱそうか・・・と思った事。

それは、あたしは「静寂」を体験してないかも、という事。

人によってね、ゼロポイント とか
まったくの無 とか
よびかたはいろいろ聞くけれど、
なんか、それ、体験してない気がする。
だって、ゴーンゴーンという振動はずっと続いてたわけだし。
(あたしはその振動は、「自分は消えたけど事象は存在する」っていう意味で書いたよ)
回転してない中心(回転数ゼロ)は、神との交信点、という事はわかるんだけど。
そこに、一瞬でもすくっと立った事ない気がする。
時間が無だった という体験をしてない、というほうがわかりやすいかな。

だから、すぐに、また自我に巻き込まれちゃったのかなー。
一度覚醒して、自我に引き戻されると、なんていうか、前よりもっと苦しい気がする。
ゴールが見えているだけに、そこにたどり着けないのが、ものすごくもどかしい。

だから、「静寂」を体験したくて、精神世界ブログを渡り歩いていたんだ。
覚者のアドバイスがほしかったんだ。
なんとなく方法は、「瞑想」って事はわかった。
それで、やってみようかな・・・ぐらいの所まで来て、
ちょろっとやってみたりして、行きつ戻りつしてるのが、現状なんだ。
なんか完全に「静寂」に行くのに、尻込みしてる気もするし。
あ、やっぱり、そうなるのが怖いのかもしれない。
まだ逃げてるなー。
posted by 辰多みか at 11:35 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

命が芽生える時

昨日、名古屋の地下鉄で、
座ってるたくさんの人たちを見て、
ぼーっと考えていたんだ。

基本、人を見る(観察)のは好きだよ。
この間、「全員があたし」体験をして、ますます好きになったよ。
(じろじろ見たら失礼だけどね)

人は、うん、生物は、
「いつ」、いのちが 「めばえる」のかなーって。
受精した時?
それとも、その前?卵と精子の時?
それはなさそうだよねー・・
おなかから出てきた時?
うんそれは違うな。

いつなんだろう。
不思議だよね。
あたしは、その答えはわかんないんだけど、
ひとつだけ、ハッキリ、目撃した事がある。

赤ちゃんに、「視線をコントロールする力が生まれた時」のこと。
あたしはまがりなりにも女で、"母"の役目を経験して、
それだからこそわかる、あの瞬間。

赤ちゃんは、うまれたばかりの時は、視線が定まらない。
どこかを見つめてわらったり、また、見つめなかったり。
目に入る情報と、自分のご機嫌は、直結していない。
まだ、視神経が脳に繋がっていない(信号的な意味で)のかもしれないね。

1か月くらいは、視線は定まらないよ。
見つめれば見つめかえされるけど、あとは、あばばって感じで、
好き勝手にご機嫌になったり不機嫌になったりする。

それが、突然、ある時。
離れて座っているこちらを、じーーーーっ と、見てくるようになる。
あたしはその時、ドキーンッ!!てなったよ。
自分のこどもなのに。
たとえれば、幽霊に見つめられているような。
今まで、そこに誰もいなかったのに、
突然、目の奥から誰かが見つめてくるような。
こんなこと言ったら変だけど・・・
怖かったの。正直。

その時、本当の意味で、あかちゃんは目が見えるようになったのかもしれない。
生後1カ月か2カ月くらいかな。
それまでは、あの世とこの世の中間の中途半端な所にいて、
その、視線をコントロールできるようになった時に、はじめてこの世に出てきたような。
そんな感じがした。

posted by 辰多みか at 15:28 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする

ナゴレプ エキサイティング毒蛇

昨日の、名古屋レプタイルズワールドで、
そういえば一番面白かったのは、
「エキサイティングな毒蛇が多数登場する・・・」と、
会場ナレーションのおねえさんが、何度も案内してた、
中井さんという方(男性)の、毒へび解説コーナーだったわ。

もちろん生の毒蛇は登場しなかったけど、
剥製で多数登場したり、
なんといっても話が面白かったわ。
やっぱり、ああいう、ヘビ研究家(?)のような方々は、
「かまれてあたりまえ」なんだねー。
うんうん。
3、4回は血清に助けられてるんですって。若いのに。
だから、絶対家で飼っちゃダメだよ、と、うまくまとめてらしたわ。
毒蛇に会いたかったら、現地へ行け、と。

あと、メリ夫をはじめて生で見たよ。
メリ夫は、ゆるキャラブームになる前のかなり先からテレビに出てた
(と思う)から、結構、ガワに年季がはいってたわ(笑)。

ムツゴロウさんも来たらしいけど、
あたしたちはその前に帰っちゃった。

ハ虫類かー。
うちの庭には、20センチ長くらいの巨大カエル(ひきがえる?)が
住みついてるから、まあ、それを見てればいいかな。
カナヘビもいるし。
posted by 辰多みか at 15:27 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

ナゴヤレプタイルズワールド

今日は名古屋まで、なんでか知らんけど爬虫類を
見に行きました。
はちゅうるいだよ・・・

あたしは、変な汗がいっぱい出たー。
一度、ヘビチャンのしっぽが、ヌルンッ(いやぬるっとは
してなかったけど、イメージ)と、腕に急に当たって来た
時は、飛びあがりそうになったわ。

意を決すれば触る事はできるんだけど、不意に、当たってくるなー!
くびに巻くなんて、とてもとても・・・

もうきんるいが可愛かったな。
猛禽類。
フクロウの事ね。

砂漠の小動物も可愛かったわ。
恒温動物を見ると、ほっとするんだけど、
いざ変温の方に目をやると、やっぱ変な汗でるー。

爬虫類とか、カメとか(亀は爬虫類なんですってよ)、
両生類とか、クモとか(キャー)、親指くらい太いムカデとか(ギャー)
みんな、おそうざいのパックに入っていて、お持ち帰りできる
ようになっていたわ。
それにしてもすごい人で、移動も大変なくらいだったよ。
みんな爬虫類が好きなんだねー。
あたしは、大きいイグアナ、ごんちゃんが超気に入ったよ。
非売品だったー。
みんなはあのおそうざいを買って帰るのかな。

posted by 辰多みか at 23:59 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

甘みと酸味のバランスが…

昨日テレビでね、イチゴの初出荷のニュースをやっていたの。
そこでインタビューに答えていた生産農家の方が、
「この品種は甘みと酸味のバランスが良くておいしいです」
と、言っていたの。

あたしは、ははーん、と思ったよ。
その品種は、あたしもたまに買って食べるけど、
あたしにとったら、「すっぱい」。
好きな人もいるかもしれないけど、
あたしが好きな「章姫」に比べたら、すっぱい。
まあ、それでも耐えられるすっぱさだけどね。

みかんでもそうだけど、
販売してる方が、「甘みと酸味のバランスがいいよ。」
と言ったら、それは、「酸味が有る」で、間違いない!
当然、なにも酸味が無ければ味気ないから、酸味は有って良い
のだけれど、わざわざ「酸味」と言ってくるものは、
気にする人には気になる程度の酸味が、有るということ。

食べてみて、あたしは、「すっぱいっ」という顔をしちゃうんだけど、
「ああー、私はこのくらい酸味があった方が味が濃くて好きだよ。」
と、いう人もいる。
「おいしい」と言わずに、「好きだよ」と、言う。
ものはいいようだね。

なんにせよ嗜好の問題だけどね。
ちなみにその品種は・・・




・・・




・・・紅ほ●ぺです(言っちゃった!)
でも、もしかしたら熟度が足りない状態で収穫してるのかもね。
完熟の完熟だったら、色も綺麗だし、いいかもよ。紅ほ●ぺ(←さりげなくフォロー)

posted by 辰多みか at 14:47 | おいしい科学 | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

「神の数式」の答え。

この間のNHKの「神の数式」第一回・第二回。
なんか知らないけど、面白かったな〜。
むかーし昔、NHK特集を見て、ワクワクしたのってこんな感じだったなーと
思い出したな。
まあ最近(去年)も、ダイオウイカを見てワクワクしたばっかだけど。
昔のは、「コスモス」とか面白かったな。カール・セーガン。
あらっ、コスモスは朝日テレビだわ。

「神の数式」が、今後、どう発展していくかは、あたしはわからない。
あたしが"感じる"のは、神は、ひとつの数式では表せない ということ。
そのたくさんの数式を、代入して代入して・・・式を整えていけば、
ナニか、出るのかもしれないけど…

今の物理学体系のままでは、「神」を表す事はできない。
なぜかというと、今の物理学体系は、全て「近似」で成り立っているから。

しつこいくらい書くけど、
本当の何もない 「ゼロ」と、
極限の、ほとんどゼロだけど「無」ではないゼロを、
いっしょくたにしてる時点で、ダメだ。

無限大と無限小とゼロの所に、生命の秘密があるんだから、と、あたしは思う。

数式がどうなるのかは、あたしはわかんないけど、
「答え」だったら・・・想像つくよ♪

イコールの、右側 だったら、わかるよ。


その「答え」はね、


「1」だよ♪
(断言したー笑)


むしろ 1 にならなければ、神とは言えない。(キッパリ)
ワンネスを経験した人は、わかるよね。



1 かー、どうやって導きだそうかな。

この世は2乗ででできている(→『世界は2乗でできている〜
自然にひそむ平方数の不思議』小島寛之サン 未読です)
のだったら、

(-1)^2 =1 で、
オイラーの等式の2乗 とか、どうかしら。
みんな考えつきそうだな。

※→第1回の感想♪
※→第2回の感想♪
posted by 辰多みか at 16:00 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

尤度

いぬど でも いぬたび でも 無いですよ・・・
そもそも いぬ じゃないし…
ゆうど と読むの。
もっともらしさ の事。

やっぱり統計学は面白いなぁ。
この秋・この冬は、がっつり学問の季節にしたいな。
やりたいことがいっぱいでどうしよう。

小島寛之サン他の、
『21世紀の新しい数学』
『世界は2乗でできている〜自然にひそむ平方数の不思議』

まずはこの二冊を買ってみたいわ。
posted by 辰多みか at 11:34 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする

相手がダメな人でも、こちらが不機嫌になる必要はない

相手がダメ、の前に…
まず、あたし。
あたしは、学校の成績は良かった。
けど、どうも人間関係がうまくないみたいだった。
自分では気付けないんだけどね。

だから、妹たちに、しょっちゅう言われた。
「おねえは頭はいいけど、人間的にバカだね。」
きっつーい姉妹だわ(笑)。
まあ、あたしも妹をいじめてたので、
言われてもしょうがないんだけどね。

それと同じ事を、旦那に言われた。
もちろん妹に言われてた事は、旦那は知らない。

たー、やっぱりあたしはバカだー。

まぎれもない事実みたいだ。
だから、バカで、しょうがない。
治しようがないんだから、しょうがない。
まあ、しらずしらず迷惑かけてる各方面には、
今ここで、謝っておくわ・・・
ごめんごめんッ。(←こら)

で、相手である響子さん。
いろいろ彼女については逸話があるが、
到達した結論は、
「響子さんはダメな人」だった。
これは各方面での一致した意見。
(あたしひとりの意見ではない)

で、響子さんといっしょにいて、
あたしの罪悪感と引き換えに、響子さんの、
決して表に出さない希望がかなえられた時、
あたしはものすごく、不機嫌な気持ちを感じる。

いやらしい、ずるい、こすいやり方で、希望をかなえるのが、
響子さんの常習的なやり方。
ホントに、ダメだ。だめなヤツ。

で、この間、ぼーっと考えていたのだけど、
「響子さんはダメな人」と「あたしは不機嫌」って、
本当は、なにも、関係ない。

それは以前から知識として、世渡り論として、知ってた事だけど、
腑に落ちてなかった、というか、理解したくなかった事で、
あたしとしては、ぜんぜんできてなかった事だった。
まあ、今もあんまり(ほぼ?)できてないけど。

それが、本当に、「関係ない」って、一瞬思えた瞬間だった。
「関係ない」とは、あたしには関係ないもんね〜、みたいな
無責任という意味ではなくて、
そのふたつの事柄には、影響しあう媒体がそもそも存在しないって事だ
うん、つながってないということ。
それをさも影響するかのように、勘違いしちゃってるのが、
あたしたち人間だっていう事。

それは何度も何度も、気が付いている事なんだけれど・・・
すぐに、忘れて、思考の奴隷になってしまう。

だから、なにか問題が起こったら、
「響子さんはダメな人だな。」
「あたしは自分の罪悪感で不機嫌になってるな。」
と、両方認めて、それで、終わり で、いいんだ。
不機嫌を感じていても、次の瞬間には、機嫌良く対応できるよ。
うん、もっと、このへんをトレーニングしたいわ。
posted by 辰多みか at 11:33 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

無限はどこにあるのか

身近ではね。

たぶんね。

合わせ鏡 の間にあると思うよ。
そう、あの、自分と自分の後ろ姿が、永遠に続くかのような、
あの合わせ鏡の、鏡像。
posted by 辰多みか at 23:56 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする

エノコログサ

うちのワンコが散歩の途中で、夢中になって食べる草。
エノコログサ。

匂いだけでわかるのかな?
人間には、かすかな草の香りしかしないけど。
他の草は、絶対食べない。
ちゃーんと、エノコログサだけ食べてる。
これをいっぱい食べると、吐く時があるから、
吐くために、胃をすっきりさせるために、食べてるみたいだね。

自然はうまくできてるよねー。
この時期、エノコログサは、穂が出て、
別名 ネコジャラシ とも呼ばれるよ。
猫も夢中になって、葉を食べるらしい。

えのころ というのは、狗児 つまり いぬのこども・子犬
という意味で、穂を、犬のしっぽ に見立てているらしい。
さらに、犬が大好物だなんて、なんてわかりやすい植物なの。

あたしは、子供の頃、このエノコロ草の先端のはっぱをひっぱって、
すーっと抜けてくる、そうめんみたいな長い茎の先を、
ちょっとかじりながら、学校から帰ってきたな。
木枯し紋次郎みたいに。

5ミリくらいまでは、食べられるよ。食べるというより
汁を味わう、という感じだけど。
少しすっぱくて味があって、おいしいんだよ。
どんな成分があるのか知らないから、せいぜい1、2本だね。
サルビアの花の蜜とかも、吸いながら帰ったわ。
posted by 辰多みか at 23:46 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする

蚊にいっぱい刺されると

あたしの住んでる家は、とっても田舎にある。
丘陵地帯の原っぱで、森があって川があって海があって湖がある。
(でちょろっと富士山も見える)

だから当然、虫が多いよ。
もう、ちょっとのことくらいじゃ驚かなくなったよ。
家の中でムカデを発見する、事以外は。

蚊なんて、毎日畑で、10カ所は刺されるよ。
むしよけスプレーすればいいじゃん、と思っちゃうかもしれないけど、
むしよけしても、蚊の絶対数が多くて必ず刺されるから、
諦めたよ。
ただし、家の中の蚊は、徹底的にやっつける(安眠のために)。

蚊にさされまくって、かれこれ十年近くなんだけど、
(この田舎にやってきたのが10年ほど前)
大発見した事が、あるのよ。

蚊 に、 大量に 刺されると、 腫れなくなる。
毎日、蚊にさされると、 腫れなくなる。

どういう免疫システムが働いてるのか、
あたしはちょっとわからないんだけど、
アレルギーの逆療法的な、そんな感じなんだろうか。

蚊に刺された直後は、やっぱり、かゆいよ、そりゃ。
でも、かゆくてもかかずに、「かゆい。かゆい。」と、
かゆみを味わってみる。ここでちょっとMだな(笑)。

で、当然ぷくっと腫れるんだけど、30分くらいすると、かゆみも
腫れも、サーッ となくなる。
さされた跡は、1〜2mmの、赤いポッツンになるだけ。
顔やまぶたも刺されるけど、お岩さんになったりしないよ。

ここに引っ越してきた当時、蚊にさされまくりながらパンイチの裸で畑を
歩いているおじいさんに、かゆくないのか、聞いてみたら、
ちょっとかゆいけど、腫れないから気にしない、と言っていて、
鉄人だ、と、尊敬の目で見ていたら、
自分が鉄人になっちゃった。あはは。

だから、アレルギー療法で、アレルゲンをわざと大量に体に取り入れるって
いうのは、的を得た方法なんじゃないかと思う。
まあ、命にかかわる場合は経過観察を充分にして、注意しながら
行わなきゃいけないとは思うけれど。
そんなこんなで、また今日も今から蚊にさされに行ってきます。
posted by 辰多みか at 16:32 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする

えらぼう

神様は、
怒ったりしない。

神様が言う言葉は、「いいよ」しか言わない。

「神の怒りに触れた」っていうのは、
人間が自分を正当化するための、勘違いの、言い訳。


神さまは、 「いいよ」 しか言わない。
「あるよ」 しか 言わない。
「あって、いいよ」 しか 言わない。

有 か 無 だったら、
有 が 「神様」

無 は、 さあなんだろう。
「あなたと私は別人」 って事かな。
(あたしはそう感じるよ。)


宗教間対立でね、
あの宗教徒は許せない、だからやっつける。
あの宗教から弾圧を受けたから、うちの宗教徒は全員助ける、そのためにあの宗教をぶっつぶす。
と、いきまいて、争う。
宗教は、「神」と「愛」を説いているはずなのに。
なぜ、信仰している宗教が説いている事が、理解できないのだろう。
それはなぜかというと、そういう行動をとる人たちは、本当には神を目撃していないからだ。


神様は、「あって、いいよ」と言う。
それはね、

平和でも
戦争でも

どっちでもいいよ って言ってるのだ。
本当に神様を「目撃」すると、神様はずっ〜とそうつぶやいてた っていうのが
一瞬で理解できるよ。


戦っちゃダメとか、平和に暮らしちゃダメとかも、言わない。

言わない、というか、むしろ、
「戦っちゃダメでも、いいよ」
「平和に暮らしちゃダメでも、いいよ」
と、神様は言うのだ。


全面肯定なのだ。
神様って、完全肯定 って事なのだ。


戦争でも、
「やっていいよ〜」と、ニコニコ言っているのだ。
だからといって、宗教間対立が、それを理由に起こっている、というワケではない。
逆なの。

「戦争はやってはいけない」と、固く信じているから、やるのだ。対立したい人たちは。
神様から、許可を得られていないと、思い込んでいるから、やるのだ。

実は「戦争でも平和でも、好きにやっていいよ」と、神様は言ってるわけ。
どんなあたしたちでも、否定しない。それが神様。

「やってはいけない」と思い込んでいるから、やる。
それを選ぶ権利がない と思ってるから、やる。

そうではないのだ。
神様は、いけない とは絶対言わないのだ。

ただ、神様の仕事?は、もうひとつあって、それは、この世の仕組みを作ること。
作る、というか、作り上げた という事。

戦争の方向に力を向けると、跳ね返って自分たちの方に戻って来る。
戦争の方向、というのは、平和(愛)と逆方向の事で、
愛を与える方向に対して、愛を奪う方向のこと。
愛を奪う方向(つまり愛を自分たちへ近づける方向)へ力を向けると、
跳ね返って、愛は向こうへ行っちゃう、という事。
その跳ね返りの仕組みを作ったのが、神様。

だから、人間は、平和でも戦争でも、どっちを選んでもいいんだけれど、
自然の摂理に従うと、戦争を選ぶと、人間的には、良くない結果になる。
神様的には、どうでもいい〜♪。
神様は怒らないけど、摂理は、仕組みは・・・人間から見ると、怒ったように見えるかもしれないね。

仕組みは、人間の力では、くつがえせない。
本当に神様を目撃する(悟る)と、その事が理解できるようになる。

私たちは、どちらを選ぶ事も、許されている。
ないと思うからほしくなっちゃう、
できないと思うからやりたくなっちゃうのが人情。

どちらも選べるんだから、
選ぼう。
私たちは、すべて持っているんだから、選ぼう。
無いものなんか無い、すべて有る んだから、
与える方を、選ぼう。

神様は、そんな私たちを、ニコニコしながら、見ている。
「いいよ」とだけ言って、見ている。
posted by 辰多みか at 15:05 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

「神」という便利な名前

人はみな、"悟り"の体験をした時、
この体験が、"神"だと、納得するだろう。

けれども、「"それ"は、"神"で間違いない」、と確信できるのに、
「"神"と呼びたくない」、と思うのもまた、事実。

その理由は、悟った人が感じる「神」と、
悟っていない人々が語る「神」とでは、
あまりにも、イメージが、かけ離れすぎているからだ。

どちらも、全く同じものなのに。

神社にある「こまいぬ」は、もともとライオンがモデルだったはずだけど、
伝承されるうちに、あんな風になってしまった。

「見た事がない人たち」の間で、伝えていく。
すると、あんなふうに、なってしまう。

「神」も同じ。
「見た事がない人たち」の間で、伝えていく。
それが宗教。
実は、「神」は伝えるものでも信じるものでもない。
伝えていくのは、「神を体感するためのノウハウ」で、
信じてもらうのは、「神は体感できるから諦めないで!」っていう事だけだ。


だから、本当に「神」を見てしまうと、
"それ"が本当にまぎれもなく「神」なんだけれど、「神」と呼びたくない。
"それ"が"神"を表す、一番便利で、最適な名前なんだけど、
呼びたくない。
覚者で、あえて呼ばないようにしている人もいるし、
控え目に言う人もいる。

逆に、おおっぴらに言う人は、少し用心した方がいいかも、とさえ思う。
「神」という名前だけで、人は容易に集まるのだから。


あっ、あたしはブログでおおっぴらに言っちゃってる(笑)!


あたしがおおっぴらに言う目的は、
世界の人が全て悟る=世界平和 なんだからねッ(←ツンデレ?)
posted by 辰多みか at 15:48 | あたし神様だったわ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。